おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【Zolo Liberty+レビュー】完全防水&周辺音取り込み機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】

 
どうも、ワイヤレスイヤホン好きのマクリン( @Maku_ring)です。

Bluetoothブルートゥース接続で全ケーブルを無くした完全ワイヤレスイヤホンは通勤・出張のお供。
 

マクリン
防水タイプは雨天・運動時にも大活躍!
 
近年さまざまな価格帯の完全ワイヤレスイヤホンが世に出ており、サウンドの特長も異なります。
 
ヨメ
ねえねえ、多少高くてもいいから、音が良くて移動中も安心して使えるワイヤレスイヤホンがいいんだけど、どれがおすすめ?
 
マクリン
ちょうどいいモデルがあるよ!

それがAnkerのイヤホンレーベル、Libertyシリーズの「Zolo Liberty+」です。

Zolo Liberty+は、同社のイヤホンでもプレミアムモデルに位置づけられています。

上位モデルだけあり、完全防水・最大48時間のロングバッテリー・AAC対応かつ、シリーズ唯一、周辺音取り込み機能を備えるなど、多機能の完全ワイヤレスイヤホンです。
 

マクリン
周辺音取り込み機能があれば、周りの音を聴きながら音楽を楽しめるから安心ですね!
 
そんなわけで本記事は「【Zolo Liberty+レビュー】完全防水&周辺音取り込み機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】」について書いていきます。

 

Zolo Liberty+の外観と付属品

Zolo Liberty+完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

ZOLO Liberty+の外観

マクリン
ZOLOロゴが映える、シンプルでスマートなデザインですね!

 
AnkerのLibertyシリーズの中で最上位機種に位置づけられています。
 

マクリン
米国のクラウドファンディング「Kickstarterキックスターター」で、目標額の50倍以上の金額(約3億円)を集めたことでも話題になったモデルですよ!
 
イヤホン本体はバッテリー内蔵の収納ケースに格納することができます。

ケース側の端子はマグネットになっており、イヤホンを近づけると磁力で吸い付きます。

ZOLO Liberty+のバッテリー内蔵収納ケース
 

ケースは長さ8.5 x 幅4.7 x 高さ2.9cmと、手の平に充分収まるサイズです。

ZOLO Liberty+のサイズ
 

マクリン
外装は金属系の光沢と重みがあって、指紋が付きにくい表面ですよ!

ZOLO Liberty+は金属の光沢と主もみがあって指紋がつきにくい表面
 

ケース側面には、充電用のMicro USB端子を備えています。

ZOLO Liberty+の側面には充電用のMicro USB端子を備えている

マクリン
充電カバーがやや取りづらいですが、爪の先で突起部を軽く持ち上げると外しやすいですよ。
 

イヤホン単体では3.5時間分のバッテリーとそれなりの容量ですが、収納ケースをふくめると、なんと48時間もの連続使用が可能です。

ZOLO Liberty+はイヤホン単体で3.5時間、ケースを含めると48時間の連続再生が可能

マクリン
イヤホン15回分の圧倒的なバッテリー容量!
 

同梱品はイヤホン本体に充電ケース、GripFitジャケット、イヤーチップ、Micro USBケーブル、説明書です。

ZOLO Liberty+の付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 

イヤーピースは本体装着済みをふくめてS/M/L各2個ずつ、GripFitジャケットは4個と、スペアも充分にあります。

ZOLO Liberty+のイヤーチップとGripFit

マクリン
GripFitジャケットがあることで、イヤホンが耳の中でしっかり固定されますよ!

ケース充電中は前面のLEDが点滅し、何番目のLEDが点滅しているかでバッテリーレベルを表しています。

ZOLO Liberty+のケース充電時のバッテリーレベル

LED1個点滅 30%未満
LED2個点滅 30〜70%
LED3個点滅 70%以上
LED3個点灯 フル充電

充電時でないとバッテリー残量が分からないので、その点だけご留意ください。
 

 

Zolo Liberty+のペアリング

Zolo Liberty+のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法はとても簡単です。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間が自動的に接続した後に、右イヤホンのLEDが白点滅するペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Zolo Liberty+」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わり、スマホ画面右上にはイヤホンのバッテリー残量が表示されます。


 

以上がペアリング方法です。

片耳使用は右イヤホンのみ可能となっています(左イヤホンは不可)。

Zolo Liberty+の音質を最大限発揮するために、ここでひとつ入れておきたいのが、公式アプリ「Zolo Life」です。

Zolo Life

Zolo Life

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 

アプリをダウンロードした上で、Bluetooth設定から「Z-up」に接続することで使用できます。

Zolo Lifeを使用するにはBluetooth設定からZ-upに接続する
 

Zolo Lifeは、音声アシスタント・イコライザー・周囲音取り込み機能の操作が行えるアプリです。

Zolo Lifeの機能

MEMO
イコライザー以外の機能はイヤホンからでも操作可能です。
 

イコライザー機能では、プリセットされた5パターンの設定(ポップ・ジャズ・EDM・クラシック・バランス)から選べるようになっています。


 

マクリン
手動調節ができないのはちと残念ですが、入れることで音質はクリアになるので、音楽に合わせた使い分けがおすすめですよ!
 

Sponsored Links

 

Zolo Liberty+の装着感と音質

Zolo Liberty+は耳にはめ込んでから少しひねることで、GripFitジャケットのグリップが効き、しっかり固定されます。

Zolo Liberty+の装着感

マクリン
クセのないデザインながら、ロゴの存在感もしっかりありますね!
 

操作はボタン式かつイコライザー以外はイヤホンだけで操作できるので、使いやすくなっています。


ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 左1秒押し 曲送り(次の曲)
  • 着信中(右/左)1秒押し 通話拒否/通話切替
  • (右/左)2回押す 音声アシスタント起動
  • (右/左)3秒押す 周囲音取り込み機能
注意
音量調整は、音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)もしくは本体で操作してください。
マクリン
シリーズで唯一周囲音取り込み機能を搭載していますよ!

周囲音取り込み機能はノイズキャンセリングとは反対に、安全のために外部の音を取り込む機能です。

なかなか面白い機能で、たとえば電車内でアナウンスを聞き逃したくないときは大変重宝します。

一方、雑音が多い環境下では音をかなり拾うため、やや耳障りに感じてしまいました。
 

マクリン
使いどころがすこし限られますが、交通機関を使う機会の多い人にはおすすめできる機能ですよ!
 
最後にイヤホンの大事な要素、音質です。

サウンドの味付けは全体的に上質。

中低音域が得意ですが、高音までバランスが良く、元音を比較的ストレートに表現している印象です。

AACコーデック対応で、apt-Xには対応していませんが、Android端末で聴いても特に差異は感じませんでした。

MEMO
AAC(AdvancedAudioCoding)コーデックはiOS対応の音声圧縮規格です。apt-XはAndroid対応の規格。
 
先ほどご紹介した専用アプリ「Zolo Life」を使用することで、よりクリアなサウンドが楽しめるので、導入をおすすめします(僕はバランスを使うことが多い)。

中低音をよく響かせる設計なのでロックと相性抜群のイヤホンです。
 

Zolo Liberty+の評価
音質(中低音が得意)
(4.0)
連続再生時間(3.5時間)
(3.5)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)
 

Sponsored Links

 

Zolo Liberty+レビューまとめ

本記事は「【Zolo Liberty+レビュー】完全防水&周辺音取り込み機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】」について書きました。

Zolo Liberty+はAnker最上位モデルで、完全防水・最大48時間のロングバッテリー・AAC対応で周辺音取り込み機能を搭載しているなど、多くの特長をもつ完全ワイヤレスイヤホンです。

専用アプリも備えており、音楽ジャンルに合わせてイコライザーの設定も変えられるなど、音質面にもしっかりこだわっています。

マクリン
ロックを楽しむなら、かなりおすすめできる完全ワイヤレスイヤホンですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【おすすめ】買ってよかった、コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン12選【1万円台以下】 【JBL FREE徹底レビュー】JBL初の完全ワイヤレスイヤホン! 【JBL FREE X徹底レビュー】JBLの完全ワイヤレスイヤホン【接続・音質・使い方】 【Soundcore Liberty Airレビュー】完全防水&スリム設計の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】 【Soundcore Liberty Neoレビュー】完全防水&シリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です