おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【Lenovo Yoga S730レビュー】10万円で買えるコスパ抜群のモバイルノートPC

 
どうも、ノマドワーカーのマクリン( @Maku_ring)です。

外でもPC作業する僕は、持ち運びに適したモバイルノートPCが欠かせません。

ここ最近のモバイルノートPCは、軽量コンパクトなだけでなく、性能もしっかり確保しているモデルが揃ってきています。 

そんな中でもおすすめモデルの1つが、Lenovo(レノボ)の「Yoga S730」です。


 
アルミニウム製ボディで高級感があり、軽量かつスマートな一品です。

Lenovo Yoga S730はアルミニウム製のボディ

CPU・SSDの性能をキープしつつ、価格は10万円台からとコスパにすぐれています。

マクリン
2in1タイプの多いYogaシリーズとしてはめずらしく、クラムシェル型PCなんですよ!

そんなわけで本記事は「【Lenovo Yoga S730レビュー】10万円で買えるコスパ抜群のモバイルノートPC」について書いていきます。

 

Lenovo Yoga S730のスペック

Lenovo社の「Yoga S730」は、13.3型のモバイルノートPCです。

Lenovo Yoga S730は13.3型のモバイルノートPC
 
本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名Lenovo「Yoga S730
CPUCore i5-8265U(1.6GHz)/Core i7-8565U(1.8GHz)
GPUインテル UHD Graphics 620
液晶13.3インチ
解像度フルHD(1920 x 1080)
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD)/512GB(SSD)
生体認証指紋認証
端子USB-C(Thunderbolt3) x 2/USB-C x 1
バッテリー約12時間/約9時間
質量1.1kg

 

外観

本体カラーはプラチナのみ。つや消しのアルミ素材で指紋も付きにくく、実用的かつ使いやすい色です。

Lenovo Yoga S730の本体カラーはプラチナ
 

マクリン
天面の左上に刻印された「YOGA」のロゴがクールですね!

Lenovo Yoga S730の天面ロゴ
 
クラムシェル型ながらヒンジ部分が大きく開くのが特徴で、そのまま180°に倒してフラットモードにすることもできます。

Lenovo Yoga S730のフルフラットモード

マクリン
打ち合わせなどでPC画面を共有するときに便利ですよ!
 

サイズ・重量

Yoga S730のサイズは幅307 x 奥行210mmで、A4とほぼ同じ大きさです。

Lenovo Yoga S730のサイズ
 
厚さは最厚部でもわずか11.9mmで、カバンに入れても邪魔にならないスリム設計。

Lenovo Yoga S730の厚みは約11.9mm
 
重量も約1.1kgで、モバイルノートPCとして平均的な重量です。

Lenovo Yoga S730の重量
 
付属のACアダプターは約332gとやや重めですが、他メーカーのPD(Power Delivery)対応USB-C充電器が使用できるため、そちらの使用がおすすめ。

Lenovo Yoga S730の重量ACアダプター
 

RAVPowerの45W出力USB-C充電器「RP-PC104」ならわずか80gなので、僕はこちらとUSB-Cケーブルを使っています。

RAVPower RP-PC104はコンパクトサイズ

マクリン
バッテリー駆動時間は約12時間あるので、アダプターを使わなくてもある程度もちますよ!
 

ディスプレイ・スピーカー

Yoga S730のディスプレイはフルHD1920 x 1080ドットのIPS液晶で、充分な解像度です。

Lenovo Yoga S730の液晶ディスプレイ
 
視野角も広いので、角度をつけても画面は鮮明に見えていました。

Lenovo Yoga S730の液晶ディスプレイ視野角は広い

MEMO
ただしグレア(光沢)液晶で映り込みするため、気になる場合は低反射タイプの液晶保護フィルムを貼るといいでしょう。
 
ベゼルが狭いにもかかわらず、上枠に約100万画素のHD 720p対応Webカメラが付いています。

Lenovo Yoga S730のWebカメラ
 
背面左右のスリットに2機のスピーカーを搭載する、デュアルスピーカーです。

Lenovo Yoga S730のデュアルスピーカー

どっしりしたパワフルなサウンドが特徴で、ノートPCにありがちな、軽い音でなかったのは好印象でした。
 

キーボード

Yoga S730はスリムながら、キーボードはしっかり作られています。

Lenovo Yoga S730のキーボード
 
キーピッチ・キーストロークともに充分あり、問題なくタイプできるキーボードでした。


キーピッチは20mm

キーストロークは1.8mm
 
クリック音は少し大きいですが、押し込み感のある打鍵感で、打ちやすさに配慮しています。

Lenovo Yoga S730のキーボード打鍵感
 
Fn + スペースキーを押すことでバックライトが点灯し、暗所でも作業しやすく重宝します。

Lenovo Yoga S730のキーボードバックライト
 
タッチパッドは横幅10.5cmとそれなりの大きさで、扱いやすいです。

Lenovo Yoga S730のタッチパッド
 
パームレストには指紋認証リーダーを備えています。

Lenovo Yoga S730の指紋認証

マクリン
安全かつクイックにWindowsにログインできますよ!
 

インターフェース

Yoga S730のインターフェースはシンプルです。

右側面はUSB-C(Thunderbolt3) x 2のみ。

Yoga S730の右側面インターフェース

MEMO
こちらのUSB-C(Thunderbolt3)は、ディスプレイ出力にも対応しています。
 
左側面はUSB-Cとヘッドフォン出力/マイク入力コンボポートがあります。

Yoga S730の左側面インターフェース

マクリン
3つのUSB-Cはいずれも電源接続に対応してますよ!

 

Lenovo Yoga S730のCPU・SSD性能

Yoga S730のストレージはHDDでなく、読み書きの速いSSDを採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disc Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版

 

ベンチマークソフト「Crystal Disc Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、それなりに速い値を示していました。

Lenovo Yoga S730のSSD性能
 
CPUにはWhiskey Lakeと呼ばれる第8世代Coreプロセッサー、Core i5-8265Uを搭載しています(一部モデルはCore i7-8265U)。

PCMark 8」の結果は4,000近くあり、Webやオフィスソフトのビジネス用途なら充分に使えるスコアでした。

Lenovo Yoga S730のCPU性能

MEMO
グラフィックボード(GPU)は、専用のメモリーではなく内蔵GPUであるため、動画編集や3Dゲームなど、高負荷の処理には不向きです。

 

Sponsored Links

 

Lenovo Yoga S730レビューまとめ

本記事は「【Lenovo Yoga S730レビュー】10万円で買えるコスパ抜群のモバイルノートPC」について書きました。

Yoga S730はつや消しのアルミボディで、軽量かつスマートなモバイルノートPCです。

フラットモードで使用でき、3つのUSB-Cを搭載し、実用性もすぐれています。

マクリン
第8世代Coreプロセッサーを搭載しながら、10万円台から買えるコスパ抜群のモデルなんですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【2019年】ノマドにおすすめのモバイルノートパソコン【持ち運び可】 【2019年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】 【2019年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】 【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン12選! 【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン19選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です