au PAY(Wowma)で千円OFFクーポン

【YOBYBO ZIP20レビュー】フルメタルの高級感とバランスの良い音質を持つ完全ワイヤレスイヤホン

通勤に待ち時間、オンライン会議にと、複数台のワイヤレスイヤホンを活用しマクリンまくり @Maku_ring)です。

ただ、長時間使用する上で大事なのが、質感音質接続性

音がいくら良くても本体がチャチいと、持ち手の満足感が上がりません。

また、電車や人混みで使用すると、音楽が途切れたり動画が遅延したり、ストレスを感じる場面は多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、YOBYBOヨービーボの「ZIP20」です。

YOBYBO ZIP20の外箱

Qualcommクアルコム社のチップ「QCC3040」を搭載する上、Bluetooth 5.2やaptXにも対応し、音楽の途切れや動画の遅延を感じにくくなっています。

また、イヤホンの性能だけでなく、ケースの質感や開閉にもこだわっているのがポイント。

マクリン
ジッポライターのような乾いた開閉音は、1度試すとクセになりますよ!

そんなわけで本記事では「【YOBYBO ZIP20レビュー】フルメタルの高級感とバランスの良い音質を持つ完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「GREENFUNDING」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
マクリン限定1,000円オフクーポン
au PAY マーケット(旧Wowma)様のご厚意で、当サイト「マクリン」限定の1,000円OFFクーポンが発行されました。有効期限は2021年2月28日23:59まで、対象品目はau PAY マーケットで販売している3,000円(税込)以上の全製品です。

 

先着500名限定
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

YOBYBO ZIP20の概要

「YOBYBO ZIP20」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

YOBYBO ZIP20は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
 
イヤホンはソリッドで洗練されたデザインに仕上がっています。

タッチコントロールセンサーを搭載し、片手で手軽に操作ができます。

イヤホン全体がメタリックな風合いで、樹脂とは一線を画す高級感をまとっています。


 
イヤホン単体で約8gと抜群に軽く、ケースふくめて約70gの重量です。

YOBYBO ZIP20のイヤホン重量は約8g
YOBYBO ZIP20のケース重量は約70g

ケースのサイズは約50 x 48 x 21mmと、手のひらに収まる正方形。

YOBYBO ZIP20のケースサイズは約50 x 48 x 21mm

コンパクトで持ち運びやすいだけでなく、サラッとした質感でほど良く手になじみます。

ZIPを名に冠するとおり、まるでジッポライターを開け閉めしているような乾いた音がクセになります。


 
付属品はイヤホン本体とケース、USB C to Aケーブル、イヤーチップ(S/M/L)です。

YOBYBO ZIP20の付属品

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「GREENFUNDING」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

YOBYBO ZIP20のレビュー

YOBYBO ZIP20の特徴を紹介していきます。

 

バッテリー性能はまずまず

YOBYBO ZIP20のバッテリーは、イヤホン単体で最大6.5時間、ケースふくめ最大33時間の使用が可能です。

YOBYBO ZIP20はイヤホン単体で最大6.5時間、ケースふくめ最大33時間使用可能

近年ロングバッテリーのモデルが増えている中ではふつうですが、充分実用的な長さ。

ケース底面には充電用のUSBタイプC(USB-C)が付くものの、欲をいえばワイヤレス充電に対応してほしかったところ。

YOBYBO ZIP20はUSB-C充電に対応

とはいえ、約1時間でフル充電ができ、充電スピードの速さは魅力です。
 

Bluetooth5.2に対応

YOBYBO ZIP20は、Bluetooth5.2に対応し、接続性にすぐれています。

電車など接続が途切れやすい場所で使っても、途切れや低遅延によるストレスを感じにくくなっています。

また、Qualcomm TrueWireless Mirroringに対応し、親機側だけでなく子機側でも片耳使用が可能となっています。

Qualcomm TrueWireless Mirroring
マスター側(親機)の接続をスレーブ側(子機)にも継承する技術をベースに、Qualcomm独自でBluetoothの接続強度を高めたり、低消費電力化を図っています。
 
つまり、一般的なモデルの「リレー伝送」に対し、YOBYBO ZIP20は左右同時伝送を実現しています。

YOBYBO ZIP20は左右同時伝送

ほどほどのノイキャンと高バランスの音質

YOBYBO ZIP20は、グリップ性が強くないものの、軽快な装着感となっています。

YOBYBO ZIP20の装着感

YOBYBO ZIP20は、アクティブノイズキャンセリングを搭載し、ほどほどのレベルで遮音しゃおんしてくれます。

空調音や走行音など、低音域のノイズを軽減するのに長けているものの、人の話し声やタイプ音の抑制はそれほどでもありません。

また音質面は、10mmのダイナミックドライバーを搭載している恩恵で、低音にかなり迫力があります。

ビートの強い曲でも魅力を存分に引き出せるイヤホンです。

中音域のボーカル音や弦楽器の解像感はやや低く、Jabra Elite 85tと比べて少し劣るものの、気になるほどではありません。

一方、高音域はクリアで爽快感があり、1万円台前半クラスでは高い完成度をもっています。

YOBYBO ZIP20の評価
高音域
(4.0)
中音域
(3.0)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(3.0)
総合評価
(3.5)
購入方法
本製品は、クラウドファンディング「GREENFUNDING」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

Sponsored Links

 

YOBYBO ZIP20レビューまとめ

本記事は「【YOBYBO ZIP20レビュー】フルメタルの高級感とバランスの良い音質を持つ完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

YOBYBO ZIP20は、Bluetooth 5.2やaptXにも対応し、音楽の途切れや動画の遅延を感じにくいワイヤレスイヤホンです。

イヤホンの性能だけでなく、ケースの質感や開閉にもこだわり、所有欲を満たすモデルに仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「GREENFUNDING」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

【Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】Anker初にしてAirPods Proと同レベルのANCをもつ完全ワイヤレスイヤホン 【Soundcore Life A2 NCレビュー】アンダー1万円で高いANC性能を搭載するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン 【EarFun Free Proレビュー】6千円以下でANCを搭載する価格破壊の完全ワイヤレスイヤホン 【EarFun Air Proレビュー】上位機種に劣らぬノイキャン性能をもつ完全ワイヤレスイヤホン 【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST10 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です