ガジェットのおすすめ

【XGIMI HORIZON Proレビュー】史上最高にパワフルで使いやすいホームプロジェクター

評価:4.5

TVに動画アプリにオーディオに、ホームプロジェクターを使いマクリンまくり @Maku_ring)です。

映像美を追求するならやはり、4Kの超高解像度一択。

また、昼すぎからしっかり視認できる明るさを求めるなら2,000ANSIルーメン以上は欲しいところ。

これらの要素を兼ね備え、投影面やアプリの使い勝手も最強に高めたプロジェクターが、XGIMIジミーの「XGIMI HORIZON Pro」です。

XGIMI HORIZON Proの外箱

XGIMI HaloXGIMI MoGo Pro+など、傑作のモバイルプロジェクターを出してきたジミーが、満を持してリリースした同社初のホームプロジェクターです。

4Kの解像度や2,200ANSIルーメンの明るさにくわえ、8W x 2基のHarmanハーマン Kardonカードン製スピーカーにAndroid TV 10.0搭載と、全方位に完成度を高めています。

しかも、動作音が究極に静かだったり、垂直水平方向の台形自動補正や高速オートフォーカスなど、初めてのホームプロジェクターとは思えないほどこなれた製品に仕上がっています。

マクリン
個人的には、インテリアになじむデザイン面もポイント高し!

そんなわけで本記事は「【XGIMI HORIZON Proレビュー】史上最高にパワフルで使いやすいホームプロジェクター」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

XGIMI HORIZON Proの外観と付属品

XGIMIジミー社の「XGIMI HORIZON Pro」は、Android TV 10.0搭載のホームプロジェクターです。

XGIMI HORIZON ProはAndroid TV 10.0搭載のホームプロジェクター

製品名 XGIMI HORIZON Pro
サイズ 約208.4 x 218.4 x 136.2mm
重さ 約2.9kg
明るさ 2,200ANSIルーメン
解像度 4K(3840 x 2160画素)
スピーカー 16W(8W x 2)
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0
OS Android TV 10.0
価格 176,880円(税込み)

 
価格・スペック面を踏まえると、Ankerの4Kプロジェクター「Nebula Cosmos Max」がターゲットになりますが、スピーカーの出力以外、全てで上回っています。

製品名 サイズ 重さ 明るさ 解像度 スピーカー OS 価格
「XGIMI HORIZON Pro」
XGIMI HORIZON ProはAndroid TV 10.0搭載のホームプロジェクター
約208 x 218 x 136mm 約2.9kg 2200ANSIルーメン 4K(3840 x 2160画素) 16W(8W x 2) Android TV 10.0 176,880円
Nebula Cosmos Max
約351 x 249 x 99mm 約3.6kg 1500ANSIルーメン 4K(3840 x 2160画素) 40W(10W x 4) Android TV 9.0 179,980円

(ただし、Nebula Cosmos Maxの音響は驚異的……!)
 
外周には継ぎ目のないアルミ(おそらく)が貼られ、パンチングメッシュの上質感は、インテリアにも見事に溶け込みます。


 
片手でギリ持ち運べるXGIMI Haloと比べ、横幅は2倍程度と大きいものの、Nebula Cosmos Maxより40%程度スリムなので、4Kプロジェクターとしてはかなり小型におさまっています。

XGIMI HORIZON ProとXGIMI Haloのサイズ比較

重量は約2.9kgであり、据え置き想定なのでそれなりの重さです。

XGIMI HORIZON Proの重量は約2.9kg
 
スピーカーには、オーディオ老舗メーカーであるHarman Kardon製のスピーカーを8W x 2機搭載しています。

XGIMI HORIZON ProはHarman Kardon製のスピーカーを8W x 2機搭載

天面には音量調整と再生の操作ボタンが付き、電源ボタンもそなえています。

XGIMI HORIZON Proの天面は操作ボタン部
 
4Kの解像度をそなえるレンズには、オートフォーカス機能を搭載しています。

XGIMI HORIZON Proの4Kレンズはオートフォーカス搭載
 
ハイエンド機種だけあり、台形の自動補正機能も付いています。

XGIMI HORIZON Proは台形自動補正機能搭載
 
同社ではMoGo Pro+のみの搭載である、垂直水平(タテヨコ)方向の台形自動補正であり、高速のオートフォーカスと合わせてその検知・修正精度は抜群です。


 
底面には三脚穴が付き、汎用品の三脚を装着できます。

XGIMI HORIZON Proの底面は汎用の三脚穴付き
 
投影方法も正面置きだけでなく天井吊るしにも対応し、逆さまに吊るして投影することも可能です。


 
背面には電源端子と光デジタル端子、USB-A(USB2.0)とHDMI入力端子が2つずつ、LANポートとイヤホン出力端子が付き、ポート類はかなり充実しています。

XGIMI HORIZON Proのインターフェース

中でも、LANポートをそなえるモデルはめずらしく、Wi-Fi電波が悪い環境下でも有線LANでカバーできるのはありがたいです。

同梱品はプロジェクター本体にリモコン(単4アルカリ乾電池 x 2)、電源ケーブルです。

XGIMI HORIZON Proの付属品
 
リモコンの質感・操作性ともに良く、音声入力にも対応しています。

XGIMI HORIZON Proのリモコン
 
音声検索もスムーズで、実用に耐えうるものとなっています。

XGIMI HORIZON Proのプロジェクター機能

XGIMI HORIZON Proは、明るさ最大2,200ANSIルーメン、解像度は4K(3840 x 2160)であり、ホームプロジェクターでもかなりの高性能をほこります。

XGIMI HORIZON Proは2200ANSIルーメンの明るさに4Kの解像度
 
ルーメンも2,000を超えるとなると、昼すぎの比較的明るい時間帯から充分に視認できます。

投影サイズは300インチ程度の大画面でも可能ですが、約2.7m離したとき(100インチ)がちょうどいい感じです。

解像度も4Kと超高精細なので、草木の一本一本や細かい文字でもつぶれず表示でき、TV代わりに使っても全く遜色ありません。



Nintendo SwitchやPS5など、HDMIをそなえるゲーム機ともつなげられ、ゲームとの親和性も抜群です。


 
HDMI制御にも対応し、HDMIで接続したデバイス(レコーダー・ゲーム機)のオンオフに連動したプロジェクターのオンオフに対応しています。

有線接続にくわえ、Chromecastも内蔵し、対応するスマホやPCからのミラーリングにも対応しています。

XGIMI HORIZON ProはAndroid TV 10.0搭載

XGIMI HORIZON ProAndroid TV 10.0を搭載し、直感的なUIで操作性にすぐれています。

XGIMI HORIZON ProはAndroid TV 10.0搭載
 
独自の冷却システムをそなえ、起動中のノイズレベルがかなり抑えられています。


 
XGIMI Haloと同様、アプリストアは純正のGoogle Playであり、数千以上ものAndroidアプリを楽しむことができます。

XGIMI HORIZON ProのアプリストアはGoogle Play搭載

YouTube、Amazon Prime Video、Hulu、dTV、Abema TV、DAZNなど、ふだん使っているアプリがそのまま使えます。

また「torne mobile」や「DiXiM Play」といったアプリ経由で、ネットワーク接続された機器(レコーダー・nasne)につなげてTV番組視聴も可能です。



マクリン
一人で映画鑑賞したり、みんなでバラエティ観たり、いろんなシーンで大活躍!

ドローンさんの4K動画を再生したところ、音響の豊かさはもちろん、岩のゴツゴツ感や草木の鮮明さも素晴らしく、モバイルプロジェクターとは一線を画す映像美を堪能たんのうできます。

ホームプロジェクターの最適解。

XGIMI HORIZON Proは、デザイン・質感・機能性ともに妥協なく造り込まれたプロジェクターです。

XGIMI HORIZON Proレビューまとめ

本記事は「【XGIMI HORIZON Proレビュー】史上最高にパワフルで使いやすいホームプロジェクター」について書きました。

XGIMI HORIZON Proは、同社初のホームプロジェクターにもかかわらず、外観・中身ともに洗練されたプロダクトに仕上がっています。

価格はそれなりにするものの、不満なく使えるプロジェクターをお探しなら、最有力の一台といえるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

YouTube
動画でも紹介しています。

【Anker Nebula Cosmos Maxレビュー】4K対応かつAndroid TV 9.0搭載で最強レベルのホームプロジェクター! 【XGIMI Elfinレビュー】小型スリムながら性能も抜かりないフルHD対応ホームプロジェクター 【XGIMI Haloレビュー】Android TV 9.0搭載でアプリ・TVが観れるフルHD対応ポータブルプロジェクター 【XGIMI MoGo Pro+レビュー】小型サイズ最高の解像度と垂直水平の台形自動補正をもつモバイルプロジェクター 4Kプロジェクターのおすすめはどれ?代表3機種(Nebula・BenQ・XGIMI)を比較! 【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。