中小企業から大手企業に転職した僕がおすすめする転職エージェントBEST3

 
どうも、中小企業出身のマクリン( @Maku_ring)です。

転職の相談を受けていると、よく訊かれるのがこんな質問。
 

同僚
中小企業の私でも、転職エージェントで優良企業に転職できるのかなぁ……。
 
気持ちは分かります。

大企業にいながら転職を希望するライバルたちも多い中、わざわざ中小企業の人間を採用してくれるのかということです。

 

マクリン
結論から申し上げると、中小企業の人でもぜんぜん転職できますよ!
 
なんせ僕自身が中小企業出身。

転職先が優良かつ大企業すぎて、逆に苦労したくらいですからw

僕は中小企業と大手企業ふくめ、複数回の転職を経験しています。

そのいずれも、担当のキャリアアドバイザー(CA)がサポートしてくれる、転職エージェントを使って転職しました。

その経験を通じて学んだこと。

自身の努力がもっとも大事ですが、どのエージェント会社を使って転職活動するのかも、とても重要だということです。

本記事では実際に使った転職エージェントの中で、中小企業在籍者ほど登録をおすすめするエージェント会社を紹介していきます。

そんなわけで「中小企業から大手企業に転職した僕がおすすめする転職エージェントBEST3」について書いていきます。
 

 

中小企業から大手へ転職するときに登録すべき転職エージェントBEST3

特に働きながらの転職活動となると、自分ですべて動かないといけない転職サイトに比べ、転職エージェントのメリットは大きいです。

 

転職エージェントのメリット

  • CAの面談で希望を伝えれば、その条件に見合った案件を紹介してくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削を行ってくれる
  • 面接対策シートを用いて、面接前にアドバイスをくれる(模擬面接もあり)

 
しかも我々の負担はゼロ円。使わない手はないでしょう。

それでは僕と妻が実際に使ったエージェントの中から、中小企業出身者が登録すべきベスト3を紹介いたします。
 

第1位:リクルートエージェント



いわずと知れた業界ナンバーワンの大手エージェント「リクルートエージェント」。
 

マクリン
リクルートエージェントは、企業からの信頼度が圧倒的に高いから、やっぱり外せません!

採用側の企業からすると「リクルートエージェントに頼んでおけば、良い人材を連れてきてくれる」という信頼と実績があります。

企業によっては「リクルートエージェントにしか候補者の吸い上げを頼まない」というところもあるほど。

リクルートにしか求人募集を出さない大企業・優良企業は少なからずあるため、中小企業在籍者にとっても登録するメリットはあるということです。
 

マクリン
そういう案件は超人気なので、厳しい競争になりますが、何事もチャレンジしないと始まらない!
 
中小企業出身者でも、大手エージェントのCAからきっちりしたサポートを受ける方法はとにかく好かれること

といっても僕自身、そんなに難しいことをやっていたわけではありません。

CAさんの体調面を気遣う言葉を入れたり、プライベート面を引き出すことをしたり、それくらいです。

ですが彼らも人間。
 

マクリン
おかげで求人を早めに回してもらったり、この会社にはこういう応募者が好まれるといった情報を、ことこまかに教えてくれましたよ!

TRY NOW

※登録後もお金は一切かかりません。

 

第2位:doda


業界ナンバー第2位の大手エージェント「doda」。

中小企業出身の僕でも、案件数に勝る大手エージェントはやはり登録必須です。
 

マクリン
doda最大の魅力は独自の非公開求人が圧倒的に多いこと!
 
その秘密は営業力

dodaの企業担当者( 企業から求人案件をもらってくる立場の人)の営業力が強いため、他社では引っ張ってこれない案件でも持ってこれるのです。

これは中小企業在籍者にとってもメリットがあります。

他のエージェントでは扱っていない案件のため、たとえ大企業の求人であっても厳しい競争にさらされにくいという利点があるのです。

また、業界1位のリクルートエージェントを追いかける立場でもあるためか、大手エージェントとはいえ、CAのサポートは一人の担当者が多い中でもよく頑張っている印象を受けます。

今でも仲の良いdodaのCAさんがいるのですが、彼いわく「うちの強みは推薦力」だとよく語っています。

履歴書や職務経歴書に書かれている学歴・企業名・資格などのハードスペックだけでなく、求職者の性格・人柄などソフト面での魅力も推薦文でしっかり伝えることで、企業からハード面だけで判断されないよう気を付けているということです。

 

マクリン
我々のような中小企業出身者には、ありがたい心がけですね。

TRY NOW

※登録後もお金は一切かかりません。

 

第3位:マイナビエージェント




マイナビエージェント」はいわゆる中堅エージェントです。

 

マクリン
中小企業在籍者にこそ、大手エージェントではなく中堅エージェントをおすすめしますよ!
 

その理由を説明します。

CMなどでメディア露出の多い大手エージェントは登録者も多く、CA一人あたりの担当人数が非常に多い状況となっています。

この環境下だと、CAの優先度は(転職成功率の高い)有名企業在籍者のほうが高くなり、中小企業出身は充分なサポートを受けられないことも多いのです。
 

マクリン
転職成功者をひとりでも多く作ることが、彼らの実績なので、仕方ない部分もありますけどね……。
 
転職成功率で若干分の悪い中小企業在籍者が、充分なサポートを受けられない。

つまり、ますます分は悪いわけで、大手エージェントに登録するメリットはどうしても薄くなってしまいます。

そういうわけで中堅エージェントのマイナビエージェントは、中小企業出身者にやさしいエージェントです。

CA一人の担当している求職者がそれほど多くないため、サポートが手厚く、メール連絡もこまめに来ます。あとアクションが早い。

中堅のマイナビエージェントは、大手にくらべて案件数が少ないと思われがちですが、実際のところそんなことはありません。

マイナビの強い関西エリアでは、最大手のリクルートエージェントでも扱っていない求人があることも多いです。
 

ヨメ
大手エージェントで回ってこなかった人気案件なのに、マイナビでは紹介されることもありましたよ♪
 
中堅だからといって、紹介案件が中小企業だけ、なんてことはもちろんありません。

優良・大企業の求人を数多く揃えています。

 

マクリン
マイナビエージェントのほうが大手にくらべて小回りが効くため、人事担当者と仲が良く、彼らしか知らない情報を持っている印象でしたよ。

TRY NOW

※登録後もお金は一切かかりません。

 

中小企業から大手への転職におすすめする転職エージェントまとめ

本記事は「中小企業から大手企業に転職した僕がおすすめする転職エージェントBEST3」について書きました。

いずれの転職エージェントを使って転職活動を行うかは、活動の成否をも左右する重要な項目です。

転職エージェントをひとつにしぼって、一人のCAさんと密に付き合いながら活動を進めるのもいいですし、案件比較のために複数のエージェントに登録するのもいいでしょう。

マクリン
とはいっても、あまりに多くのエージェントに登録すると、管理も大変になるのでほどほどにね……。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

リクルートエージェントは業界No.1の大手エージェント。企業からの信頼が厚く、リクルートにしか求人募集を出さない大企業も多い。

dodaは業界ナンバー第2位の大手エージェント。企業担当者の営業力が強く、他社では引っ張ってこれない案件も多く取り扱っている。
マイナビエージェントは中堅エージェントだが、大手にくらべて小回りが効いてサポートが手厚い。関西エリアに強く、大手でも扱っていない求人が多い。
【リクルートエージェント評判】2回目で転職に成功した僕が伝える転職活動のリアル 中小企業から大企業へ転職!両者のメリットデメリット・働き方の違いとは? 中小企業から大企業に転職成功した妻が驚いた3つのこと 中小企業(ブラック)の営業マンが、ホワイト企業に転職して苦労した3つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です