アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【おすすめ】買ってよかった、コスパ抜群の安い完全ワイヤレスイヤホン6選【1万円台以下】

 

どうも、ワイヤレスイヤホン好きのマクリン( @Maku_ring)です。

Bluetoothブルートゥース接続によって、全てのケーブルをはいしたイヤホンを「完全ワイヤレスイヤホン(フルワイヤレスイヤホン)」と呼びます。

完全ワイヤレスイヤホンは通勤・出張時の相棒です。
 

マクリン
当初はAirPodsにしようと思っていたのですが、どうもあの「耳からひょろっと白い棒が出ている状態」が受け付けなくて……。

そんなわけでAirPodsと同等、あるいはそれ以上の音質を持つ、完全ワイヤレスイヤホンを探し求めてきました。

世に出回っているワイヤレスイヤホンの価格は、千円台から数万円までとさまざま。
 

マクリン
安物は音質もイマイチなのが多く、これまでどれだけ失敗してきたことか……。
 
数々の失敗を経て、いまも使い続けている完全ワイヤレスイヤホンは、安いのに性能が優秀で、本当の意味でおすすめできるものです。

そんなわけで本記事は「【おすすめ】買ってよかった、コスパ抜群の安い完全ワイヤレスイヤホン6選【1万円台以下】」について書いていきます。
 

コスパにすぐれたおすすめの完全ワイヤレスイヤホン6選

「Bluetooth接続は音質が良くない」というのは、もはやひと昔前のイメージ。

各オーディオメーカーが本気でこの分野に参入してきたこともあり、有線接続との音質差はどんどん縮まってきています。

音質ふくめ気にすべき項目は、以下の4点です。

  1. 音質  どの音域がクリアに聴こえるか
  2. 連続再生時間 4時間以上あることが望ましい
  3. 音声操作  Siri/Googleアシスタントで操作が可能か
  4. 防水・防滴対応  汗をかく運動時・雨天時の使用を加味

ご参考までにAirPodsの評価は以下のとおりです。

AirPodsの評価
音質(中音域がGOOD)
(4.0)
連続再生時間(5時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(なし)
(1.0)
総合評価
(3.5)
マクリン
さすが純正品だけあって優秀!
 
それでは数ある完全ワイヤレスイヤホンの中で、AirPodsと同等あるいはそれ以上のものに絞って、コスパ抜群の6製品を紹介いたします。
 

1. SoundPEATS TrueFree

SoundPEATSの「SoundPEATS TrueFree」です。


 

生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。

SoundPEATS TrueFreeの外観

マクリン
シンプルながら、ハウジング部のロゴマークがカッコいいですね!
 

ケースをふくめても小型かつ軽量なのが特長で、サイズはわずか7.8 x 3.3 x 2.8cmです。

SoundPEATS TrueFreeはケースをふくめても小型である

マクリン
あと驚くべきは、小型サイズにもかかわらず、バッテリー性能を犠牲ぎせいにしていないこと!

イヤホン単体でも4時間分のバッテリーを備えていますが、ケースをふくめると合計20時間の連続使用が可能です。

SoundPEATS TrueFreeはイヤホン単体で4時間、ケースをふくめると合計20時間再生できる
 

操作はボタン式で曲戻し以外は右イヤホンだけで操作できるので、とても分かりやすいです。

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 受話/終話/再生/一時停止
  • 右2回押す 曲送り
  • 左2回押す 曲戻し
  • (右/左)1.5秒長押し 通話拒否
  • 再生/一時停止状態で(右/左)1秒長押し 音声コントロール起動
注意
音量調整はボタンで操作不可です。本体で操作ください。

 

サウンドが全体的に上質で、低音から高音までバランスよく音を出せる印象です。

もう少し重低音寄りのサウンドが好みだという場合は、同社の「Truengine Q42」もおすすめです。

 

マクリン
いずれもAACコーデック対応なんですよ!
MEMO
AAC(AdvancedAudioCoding)コーデックはiOS対応の音声圧縮規格です。

AACは、通常の規格よりも音質優先で圧縮率が小さいため、高音質な音声を再生することができるのです。

この価格帯のイヤホンでAAC対応のものは多くなく、それだけでもSoundPEATS TrueFreeがかなり高コスパのモデルであることが分かるでしょう。

TrueFreeの評価
音質(バランスいい)
(3.5)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX4)
(3.0)
総合評価
(3.5)

TrueFreeレビューはこちら

【SoundPEATS TrueFreeレビュー】小型ケース&AAC対応の完全ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】  

2. TaoTronics TT-BH052

TaoTronicsの「TT-BH052」です。


 

完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるTaoTronics TT-BH052は完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホン
 

TaoTronics TT-BH052は、イヤホン単体で3時間分のバッテリーを備えていますが、収納ケースをふくめると、なんと120時間もの連続使用が可能です。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるTaoTronics TT-BH052はイヤホン単体でも3時間分のバッテリー

マクリン
他のモデルより圧倒的に多いバッテリー容量!
 

収納ケースの左側面には出力用のUSB-A端子も備えています。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるTaoTronics TT-BH052収納ケースの左側面に出力用のUSB-A端子

マクリン
こちらはそのまま3,500mAhのモバイルバッテリーとしても使用できるんですよ!

3,500mAnなのでiPhoneを1.5回分充電できる大容量

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるTaoTronics TT-BH052収納ケースは3,500mAhのモバイルバッテリーとしても使用できる
 

表面はタッチセンサーになっており、多彩な操作が可能です。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるTaoTronics TT-BH052の表面はタッチセンサーでコントロール可能

タッチ操作一覧
  • (右/左)1回タッチ 受話/終話/再生/一時停止
  • 左2回タッチ 曲戻し
  • 右2回タッチ 曲送り
  • (右/左)2秒長押し 通話拒否/音声コントロール起動
  • 左3秒長押し 音量下げ
  • 右3秒長押し 音量上げ
マクリン
慣れが多少必要ですが、感覚的に操作できるのでかなり快適ですよ!

TaoTronics TT-BH052中音から高音域にかけてしっかり出せる設計となっています。

低音重視ではありませんが、解像度は高く、きれいに表現できています。

ボーカル・コーラス、それに次いでギター・ピアノの音がクリアに聴こえるため、ポップス好きに相性抜群のイヤホンです。

TaoTronics TT-BH052の評価
音質(中音〜高音が得意)
(3.5)
連続再生時間(3時間)
(3.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)

TT-BH052レビューはこちら

【TaoTronics TT-BH052レビュー】完全防水&大容量バッテリーの完全ワイヤレスイヤホン  

3. SoundPEATS Q32

SoundPEATSの「SoundPEATS Q32」です。


 

生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSoundPEATS Q32

マクリン
小型かつシンプルでスマートなデザインですね!

 
イヤホン単体で4時間分のバッテリー、収納ケースをふくめると、なんと80時間もの連続使用が可能です。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSoundPEATS Q32のバッテリーは80時間分の再生が可能

マクリン
イヤホン20回分のロングバッテリー!
 

SoundPEATS Q32は、他モデルにはなかなかない収納バッグが付いているのも特長です。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSoundPEATS Q32の収納バッグ

マクリン
こちらのバッグがなかなか高級感あって、所有欲を高めてくれますよ!
 
操作はボタン式かつ曲送り以外は右イヤホンだけで操作できるので、とても使いやすいです。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSoundPEATS Q32のボタン操作

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 受話/終話/再生/一時停止
  • 右2回押し 曲戻し(前の曲)
  • 左2回押し 曲送り(次の曲)
  • 着信中(右/左)1秒押し 通話拒否
注意
音量調整・音声コントロール起動(Siri/Googleアシスタント)は、ボタン操作不可です。本体で操作ください。
 
マクリン
ノイズキャンセル機能を搭載してるので、通話の音質はとっても良いですよ!
 

サウンドが全体的に柔らかく、中音域を中心に低音から高音まで、バランスよく音を出せる優等生という印象です。

いわゆるドンシャリ好きには適していませんが、フラットでクリアなサウンドを好むなら、SoundPEATS Q32はかなりおすすめできます。

 

マクリン
とにかくボーカルとピアノ・ギターの音がきれいなイヤホンですよ!
Q32の評価
音質(中音が得意)
(4.0)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(なし)
(1.0)
防水・防滴(IPX4)
(3.0)
総合評価
(3.0)

SoundPEATS Q32レビューはこちら

【SoundPEATS Q32レビュー】小型&音バランス重視の完全ワイヤレスイヤホン【ノイズキャンセリング搭載】  

4. Zolo Liberty+

Ankerのイヤホンレーベル、Libertyシリーズの「Zolo Liberty+」です。


 

完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

ZOLO Liberty+の外観

マクリン
ZOLOロゴが映える、シンプルでスマートなデザインですね!
 

イヤホン単体では3.5時間分のバッテリーとそれなりの容量ですが、収納ケースをふくめると48時間もの連続使用が可能です。

ZOLO Liberty+はイヤホン単体で3.5時間、ケースを含めると48時間の連続再生が可能

マクリン
イヤホン15回分のバッテリー容量ですよ!
 

外装は金属系の光沢と高級感があり、指紋が付きにくい表面となっています。

ZOLO Liberty+は金属の光沢と主もみがあって指紋がつきにくい表面
 
操作はボタン式かつイコライザー以外はイヤホンだけで操作できるので、使いやすくなっています。


ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 左1秒押し 曲送り(次の曲)
  • 着信中(右/左)1秒押し 通話拒否/通話切替
  • (右/左)2回押す Siri/Googleアシスタント起動
  • (右/左)3秒押す 周囲音取り込み機能
注意
音量調整は本体で操作してください。
 

マクリン
Zolo Liberty+は、シリーズで唯一周囲音取り込み機能を搭載していますよ!

周囲音取り込み機能はノイズキャンセリングとは反対に、安全のために外部の音を取り込む機能です。

なかなか面白い機能で、たとえば電車内でアナウンスを聞き逃したくないときは大変重宝します。

Zolo Liberty+は中低音域が得意ですが、高音までバランスが良く、元音を比較的ストレートに表現している印象です。

AACコーデック対応ですが、専用アプリ「Zolo Life」を使用することで、イコライザー機能を活用し、よりクリアなサウンドが楽しめます。

Zolo Life

Zolo Life

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 

イコライザーでは、プリセットされた5パターンの設定(ポップ・ジャズ・EDM・クラシック・バランス)から選べるようになっています。

マクリン
Zolo Liberty+は中低音をよく響かせる設計なのでロックと相性抜群のイヤホンですよ!
Zolo Liberty+の評価
音質(中低音が得意)
(4.0)
連続再生時間(3.5時間)
(3.5)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)

Zolo Liberty+レビューはこちら

【Zolo Liberty+レビュー】完全防水&周辺音取り込み機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】  

5. Soundcore Liberty Air

同じくAnker Libertyシリーズの「Soundcore Liberty Air」です。


 

完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

マクリン
AirPodsとひと味ちがう、黒いうどん形状がカッコいいですよ!
 
AnkerのLibertyシリーズ最新作であり、コンパクトモデルに位置づけられています。

Soundcore Liberty Airは薄さわずか2.5cmのコンパクトモデル

マクリン
薄さわずか2.5cmですと !?
 
特筆すべきはそのコンパクトさ。

ケースサイズは長さ6.0 x 幅2.7 x 高さ4.7cmと、抜群の小型設計です。

Soundcore Liberty Airのケースサイズ
 
イヤホン単体で5時間分のバッテリーと充分な容量があるのにくわえ、収納ケースをふくめると、なんと20時間の連続使用が可能です。

Soundcore Liberty Airはイヤホン単体で5時間、ケースをふくめて20時間の連続使用が可能

マクリン
イヤホン4回分のバッテリー容量ですね!
 
操作はシリーズ初のタッチパッド式で、ボタンを押し込む必要がなく、スマートに操作できます。

Soundcore Liberty Airはタッチパッド式で全操作が可能

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2秒押し 曲送り(次の曲)
  • 左2秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 着信/通話中に右2秒押し 着信拒否/通話切替
  • 通話中に右2回タップ キャッチホン
  • 左2回タップ 音声アシスタント起動
注意
音量調整は、本体もしくは音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)で操作してください。
 

Soundcore Liberty Airの音質を確認したところ、全体的な印象は前述の「Zolo Liberty+」に近いと感じました。

低音から高音までバランスが良く、元の音をクリアに表現しています。

音楽ジャンルの得意不得意もなく、ポップス・R&B・ロックいずれも上手く響かせられる優等生です。

Zolo Liberty+とSoundcore Liberty Airの異なる点は低音の処理

前者が低音もクリアに出しているのに対し、後者は低音をあえてまろやかにしており、それが良い味付けとなって、イヤホンの個性につながっています。

Soundcore Liberty AirAAC対応かつパッシブノイズキャンセリング機能を搭載し、没入感あるサウンドを楽しめるようになっています。

パッシブノイズキャンセリング機能
遮音性しゃおんせいの高い素材やすき間を作らない構造にして、外部音を物理的に入りにくくするノイズキャンセリングのこと。
 
マクリン
ボーカルやドラム音を力強く鳴らす設計なのでロックと相性抜群のイヤホンですよ!
Soundcore Liberty Airの評価
音質(全体バランス良い)
(4.0)
連続再生時間(5時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.5)

Soundcore Liberty Airレビューはこちら

【Soundcore Liberty Airレビュー】完全防水&スリム設計の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】  

6. JBL FREE X

JBLの「JBL FREE X」です。


 

完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

完全ワイヤレスイヤホンJBL FREE

JBLロゴが大胆にあしわられたボタン部、その輪郭りんかくをなぞるように光る青色LEDが目を引く、コンパクトかつスタイリッシュな一品に仕上がっています。

 

イヤホン単体で4時間、ケースをふくめるとフル充電5回分、すなわち20時間備えています。

JBL FREEは収納ケースのバッテリーが優秀
 

ケースにも大きくJBLと刻印されており、これがなかなかかわいらしいデザインなのです。

JBL FREE X収納ケースの蓋
 

操作はボタン式で、必要な機能にしぼっているおかげで分かりやすいものとなっています。

完全ワイヤレスイヤホンJBL FREEを着用した様子

ボタン操作一覧
  • 右ボタンを1回押す  一時停止/再生開始、受話/終話
  • 右ボタンを2回押す  Siri/Googleアシスタントを起動
  • 左ボタンを1回押す  曲送り
  • 左ボタンを2回押す  曲戻し
注意
音量調整はボタンで操作不可です。本体で操作ください。
 

JBLといえば「JBLサウンド」とも呼ばれる、パワフルで迫力あるサウンドが魅力。

JBL FREE Xもさすがの味付けで、スピーカーのような空間の広がり・奥行きを感じる仕上がりとなっています。

中音域が得意で、数あるワイヤレスイヤホンの中でもAirPodsに最も近い音設計になっています。

低音の出し方も上手く、音の雰囲気をしっかり表現できている反面、高音はやや軽め。

楽器音も電子音もバランス良く出せる優等生ですが、どちらかというと電子音のほうがイヤホンの真価が発揮される印象です。

マクリン
1980年代の洋・邦楽や最近のEDMを聴かれる機会が多い方には、間違いなくおすすめできます!
JBL FREEの評価
音質(中音域が得意)
(4.5)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.5)

JBL FREE Xレビューはこちら

【JBL FREE徹底レビュー】JBL初の完全ワイヤレスイヤホン! 【JBL FREE X徹底レビュー】JBLの完全ワイヤレスイヤホン【接続・音質・使い方】  

おすすめの完全ワイヤレスイヤホン│まとめ

本記事は「【おすすめ】買ってよかった、コスパ抜群の安い完全ワイヤレスイヤホン6選【1万円台以下】」について書きました。

ひとえに完全ワイヤレスイヤホンといっても、サウンドの味付けはさまざまで、得意な音域も異なります。

価格の安いイヤホンも数多く出ていますが、冒頭で申し上げたとおり、安物は音質もチープであることが多いです。

本記事で紹介したイヤホンであれば、価格をおさえつつ音も妥協していませんので、好きな音楽ジャンルと照らし合わせ、自分好みのモデルを見つけてください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

 

【JBL FREE徹底レビュー】JBL初の完全ワイヤレスイヤホン! 【JBL FREE X徹底レビュー】JBLの完全ワイヤレスイヤホン【接続・音質・使い方】 【Bose SoundSport Free wireless headphonesレビュー】デザインと音質に優れた完全ワイヤレスイヤホン 【Zolo Liberty+レビュー】完全防水&周辺音取り込み機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】 【SoundPEATS Q32レビュー】小型&音バランス重視の完全ワイヤレスイヤホン【ノイズキャンセリング搭載】 【TaoTronics TT-BH052レビュー】完全防水&大容量バッテリーの完全ワイヤレスイヤホン 【SoundPEATS TrueFreeレビュー】小型ケース&AAC対応の完全ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】 【Soundcore Liberty Airレビュー】完全防水&スリム設計の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】

4 COMMENTS

アチャパ

率直な感想がわかりやすくてありがたいです!参考にさせて頂きます
amazonのレビュー嘘臭い文章多すぎで参考にならないんですよねw

返信する
マクリン マクリン

アチャパ様、

僕がこの記事書いたきっかけがまさに「Amazonレビューより生の感想知りたいから」でしたので、そういう風におっしゃっていただけて嬉しいです(*’ω’*)

ありがとうございます!

マクリン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です