Amazonチャージで1000円キャンペーン

【置くだけ充電】今すぐ買うべきiPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器5選

 
どうも、iPhone 11 Proユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

ワイヤレス充電器は、iPhone 11 ProやQiチー対応スマホで「置くだけ充電」ができるため、一度使うとクセになる快適アイテム。

僕自身、複数台のワイヤレス充電器を駆使くしし、家でも職場でも活用しまくっています。

そんなわけで本記事は「【置くだけ充電】今すぐ買うべきiPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器5選」について書いていきます。

先におすすめのワイヤレス充電器を知りたい場合は「iPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器」からチェックしてみてください。
 

Qiワイヤレス充電器の選び方

ワイヤレス充電の規格には「Qi」や「AirFuel」などがあります。

しかし、iPhoneをはじめとする主なスマホはQiを採用しているため、多くのワイヤレス充電器はQi規格に準拠じゅんきょして作られています。

Qi対応のApple製品はiPhone 8以降のiPhoneシリーズで、iPadシリーズでは採用されていません(サイズや容量の兼ね合いから難しい模様)。

Qiワイヤレス充電器を選ぶ上で3つのポイントがあるので挙げていきます。
 

1. 形状

ワイヤレス充電器の形状は大きく3つあります。

据え置き用の「スタンド型」と持ち運びにも適した「パッド型」、それからモバイルバッテリに内蔵された「モバイルバッテリー型」です。




スタンド型は、縦横どちら向きで置いても充電できるモデルが多いため、画面を視聴しながら充電するのに適しています。

パッド型はシンプルで取り回しにすぐれているので、基本は据え置きで使いつつ、出張などでときどき持ち出したいときに便利です。

モバイルバッテリー型は、ケーブルのわずらわしさがない携帯性が最大の利点で、有線充電と併用できるので重宝します。
 

マクリン
充電シーンに合わせて使い分けるといいですよ!
 

2. 出力

ワイヤレス充電器の出力は、5〜10Wまでさまざまなモデルがリリースされています。

基本的にこの出力が大きいほど、フル充電までの時間が短縮されます。
 

マクリン
でも、充電器とスマホの出力が合っていないと、実力を発揮しきれないんですよね。
 
例えば10W出力対応のワイヤレス充電器にiPhoneを組み合わせたとしても、iPhoneは最大7.5W入力までしかサポートしていないため、10Wの高速充電を行うことができません。

また、7.5W出力をうたうワイヤレス充電器であっても、Appleが認証したメーカーでないと5W出力に制限されるため、この点も注意が必要です。

3. コイル数

ワイヤレス充電器の中には、スマホを置く位置を変えても充電可能なモデルがあります。

これは、コイル数を増やして充電面積を広げることで、スマホを置く場所を厳密に合わせなくとも充電できるようにしているのです。

コイルが増えても充電速度が上がるわけではありませんが、実用面でかなり変わるので、複数コイルを搭載する製品を選びましょう。

iPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器

スタンド型・パッド型・モバイルバッテリー型の充電器から、僕が実際に愛用しているおすすめのワイヤレス充電器を5つご紹介します。
 

1. Anker PowerWave 7.5 Stand

スタンド型ワイヤレス充電器の中でもおすすめなのが、「Anker PowerWave 7.5 Stand」です。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XS/XS Max/XR対応のスタンド型Qiワイヤレス充電器
 
カラーはホワイトブラックの2色を取り揃えています。



iPhone 11 Proがぴったり収まるサイズ感となっています。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XSがぴったり収まるサイズ
 
内部に2つの充電コイルを搭載することで、タテヨコいずれの向きに置いても充電できるよう設計されています。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XSを横向きに置いても大丈夫
 

本体にくわえ、QC(Quick Charge)3.0対応のUSB充電器が付いています。

Anker PowerWave 7.5 Standは折りたたみ式のQC3.0対応USB充電器付き

注意
QC3.0対応のUSB充電器でないと、Anker PowerWave 7.5 Standの充電能力が100%発揮されません。
 

Anker PowerWave 7.5 Standは、こちらの充電器を併用することで、iPhoneに7.5W出力の急速充電が可能となります。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhoneに最大7.5WでQiワイヤレス充電が可能
 
7.5Wの高出力を実現していることで、他のワイヤレス充電器にくらべ、1.3〜1.4倍ほど充電速度が速いのです。

Anker PowerWave 7.5 Standは他のワイヤレス充電器に比べ、充電速度が格段に速い
 
実際に充電したところ、約1時間半で50%に到達しましたので、フル充電まで3時間程度という公称に間違いありませんでした。

Anker PowerWave 7.5 StandでiPhone XSを充電する
 

マクリン
パワフルなスタンド型のワイヤレス充電器ならコレでしょう!

PowerWave 7.5 Standレビューはこちら

【Anker PowerWave 7.5 Standレビュー】iPhone 11/XS/XS Max/X対応のQiワイヤレス充電器【最大7.5W】  

2. Belkin BOOST UPワイヤレス充電パッド

パッド型ワイヤレス充電器では「Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッド」がおすすめです。

Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器スタンド
 
カラーはブラックホワイトの2色展開。



直径9cmで厚みもわずか1.3cmの手のひらサイズなので、バッグに入れても邪魔にならない大きさです。

Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドは直径9cmの手のひらサイズ
Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドの厚みはわずか1.3cm

充電中にスマホを滑りにくくするため、外周と底面にはゴムがあしらわれています。

Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドの外周にはゴムがあしらわれている
Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドの底面にはゴムがあしらわれている

同じパッド型ワイヤレス充電器の人気モデル「Anker PowerWave 7.5 Pad」と比較してみたところ、Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドのほうがサイズが小さく、携帯性に配慮されています。

Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドとAnker PowerWave 7.5 Padの比較
 
重量もAnker PowerWave 7.5 Padの95gに対し、Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドは74gで軽量に仕上がっています。

Anker PowerWave 7.5 Padの重さ
Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドの重さ

iPhone 11 Proをポンと置くだけで、充電が開始します。


 
最大3mmまでのケース・バンパーであれば、そのまま充電することが可能です。


 
鍵や硬貨、カードなどの異物が挟まり、異常を検知した際は、LEDライトで知らせる機能が付いています。

Belkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドの異物検知機能
 
付属のQC3.0対応USB充電器を併用することで、iPhoneに最大7.5W出力の急速充電に対応しています。

MEMO
Samsung Galaxyは最大9W、Google Pixelは最大10W出力の急速充電が可能です。
 

実際にBelkin BOOST UP ワイヤレス充電器パッドで、iPhone XSをカラから充電したところ、3時間台でフル充電に到達するであろうことができました。

1時間40分で50%到達

マクリン
パッド型でも充電がこれだけ速いのはありがたいですね!

BOOST UPワイヤレス充電パッドレビューはこちら

【Belkin BOOST UPワイヤレス充電パッド/スタンドレビュー】Qi対応スマホを最速充電できるワイヤレス充電器

3. Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドック

ワイヤレス充電器の中でもめずらしく、Apple Watchと一緒に充電できるのが、Belkinの「BOOST UPワイヤレス充電ドック」です。

Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックはスタンド型のQiワイヤレス充電器
 
同時充電できるにもかかわらず、わずか18mm x 10mmの床置きサイズで済むコンパクトさを有しています。

Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックの床置きサイズは18mm x 10mmとコンパクト
 
スマホの充電パッドには、本体が傷つきにくいゴム加工が施されています。

Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックのパッド部分はゴム加工
 
iPhoneは7.5W出力の急速充電が可能です。

Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックはiPhoneをふくむQi対応スマホとApple Watchが同時ワイヤレス充電できる

MEMO
Androidスマホは5W出力での充電となります。
 
最大3mmまでの厚みならスマホケースやバンパーをつけたままでも充電が可能という、かゆいところに手が届いた設計です。

Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックは最大3mmまでの厚みならスマホケースやバンパーをつけたままでも充電が可能
 
また異物検知機能(FOD)も搭載し、正しく充電しているときはLEDが白点灯、鍵や硬貨などの異物が挟まったときは赤点灯で知らせてくれます。


Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックは異物検知機能(FOD)搭載
 
Apple Watch充電側の磁気パッドは、ナイトスタンドモードをサポートしており、立て掛けるだけで置き時計として使うことができます。

Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックはApple Watchのナイトスタンドモードをサポート
 
背面にはUSBタイプAポート(USB-A)を備えています。

Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックは背面にUSBタイプAポート搭載

マクリン
つまり、Qi対応スマホとApple Watchにくわえ、さらにもう1台充電できちゃう優等生なのです!
 
電流値は約1.0A出ており、スマホが急速充電できる出力なので、実用性はかなり高いです。

Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックのUSBタイプAポートは1A

BOOST UPワイヤレス充電ドックはコンパクトにもかかわらず、iPhoneとApple Watchが同時にワイヤレス充電可能。

さらにUSB-Aも内蔵し、一度に3台充電できる欲張り設計で、メインに使えるワイヤレス充電器です。

BOOST UPワイヤレス充電ドックレビューはこちら

【Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックレビュー】iPhoneとApple Watchが同時充電できるワイヤレス充電器  

4. Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder」は、パッド型充電器とApple Watch充電用ホルダーが一体化したワイヤレス充電器です。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの外観
 
Qi対応スマホとApple Watchが同時充電できるため、床置きサイズは210 x 100mmとやや大きめです。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの床置きサイズは210mm x 100mm
 
ですが、厚さはわずか14.6mmなので、出張・旅行時にカバンにしのばせて持っていくこともできちゃいます。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの厚さはわずか14.6mm
 
Apple Watchホルダーを使用するためには、純正のApple Watch磁気充電 – USBケーブル(1m)が別途必要です。

Apple Watch磁気充電 - USBケーブル
 
底面のスライドカバーを開き、磁気充電ケーブルを巻き付けて接続すれば、Apple Watch充電を利用できます。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder底面のスライドカバー
Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderに磁気充電ケーブルを巻き付けた様子

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderは、付属のQC3.0対応USB充電器を併用することで、iPhoneに最大7.5W出力の急速充電が可能となります。

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderはiPhoneに最大7.5W出力の急速充電が可能

MEMO
下記のAndroidスマホは、10W出力の急速充電に対応しています。

  • Samsung Galaxy S10 / S10+ / S9 / S9+ / S8 / S8+ / S7 edge / S7 / S6 edge+
  • Samsung Note 8
  • Sony Xperia 1 / XZ3 / XZ2 / XZ2 Premium
 
最大5mm以下のスマホケースやバンパーなら、そのまま充電できる使いやすい仕様です。


 
Apple Watchホルダーは、ナイトスタンドモードをサポートしており、設置するだけで置き時計として使うことができます。

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderはApple Watchのナイトスタンドモードをサポート
 
約2時間程度でApple Watchのフル充電が確認できました。

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderはApple Watchのフル充電に約2時間要する
 

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderは持ち運びに適したフォルムにもかかわらず、Qi対応スマホとApple Watchが同時充電可能。

出張・旅行時のお供にも最適なワイヤレス充電器です。

PowerWave+ Pad with Watch Holderレビューはこちら

【Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderレビュー】iPhoneとApple Watchが同時充電できるワイヤレス充電器

5. cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAh

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAh」は、4,400mAhのワイヤレスモバイルバッテリーです。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhの外観
 
約105 x 64 x 15mmとコンパクトサイズで、iPhoneよりもひと回り小さく仕上がっています。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhのサイズは約105 x 64 x 15mmとコンパクト
 
重量は115gの超軽量設計。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhの重量は約115gの超軽量設計
 
コンパクト&スリム設計、それから前述のラバーリングのおかげで、スマホと重ね持ちしても携帯しやすいのが素晴らしいです。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhはスマホを重ね持ちしやすい
 
電源ボタンを長押しすることで、懐中電灯としても使え、地味に重宝します。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhは電源ボタン長押しで懐中電灯として使える
 
cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhはワイヤレス充電パッドを搭載し、iPhone 11 ProのようなQi対応スマホなら、置くだけ充電(5W出力)が可能です。


 
ただし、カラ状態からフル充電まで4時間半ちょっとかかったため、急いでいるときは別の充電方法にしたほうがベターです。


 
さらにデバイス充電用に、USB-CとUSB-Aの2種類のポートを搭載しています。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhのポート類
 
このうちUSB-Cは本体充電にも対応し、約3時間で満充電が可能です。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhはUSB-Cで本体充電可能
 
USB-Cは最大15W出力のデバイス充電が可能で「Anker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブル」を使えばiPhoneを充電することもできます。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhはUSB-C & ライトニング ケーブルでiPhoneが充電可能
 
USB-Aの最大出力は12Wで、iPhoneを充電した際には約11Wの出力が確認できました。

cheero x iPhone(11W)

マクリン
しかも、ワイヤレスと2つのUSBを組み合わせて、最大3台同時充電もできちゃいます!
 
トータル出力は最大15Wに制限されるものの、ワイヤレスイヤホンとモバイルルーター、スマホの3台同時充電がしっかり行われていました。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhは最大3台同時充電可能
 
スリム&コンパクトにかかわらず、ワイヤレス充電も搭載する3WAYタイプ。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhは、日常使いにぴったりのコンパクトなモバイルバッテリーです。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhレビューはこちら

【cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhレビュー】3種類の充電(Qi・USB-C&A)が可能なモバイルバッテリーですと!?

Sponsored Links

 

iPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器まとめ

本記事は「【置くだけ充電】今すぐ買うべきiPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器5選」について書きました。

家にも職場にもワイヤレス充電器を置いておくことで、どこでも置くだけ充電ができて、充電環境が一気に快適になります。

スタンダ型・パッド型・Apple Watch併用型があれば、どんなシーンでも困ることはないでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【iPhone 11 Pro比較レビュー】iPhone XS/7との違い・外観・機能・カメラまとめ【評判・口コミ】 【Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderレビュー】iPhoneとApple Watchが同時充電できるワイヤレス充電器 【Belkin BOOST UPワイヤレス充電パッド/スタンドレビュー】Qi対応スマホを最速充電できるワイヤレス充電器 【Belkin BOOST UPワイヤレス充電ドックレビュー】iPhoneとApple Watchが同時充電できるワイヤレス充電器 【Anker PowerWave 7.5 Standレビュー】iPhone 11/XS/XS Max/X対応のQiワイヤレス充電器【最大7.5W】 【Anker PowerWave 7.5 Padレビュー】iPhone 11/XS/XS Max/XR対応のパッド型Qiワイヤレス充電器 【cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhレビュー】3種類の充電(Qi・USB-C&A)が可能なモバイルバッテリーですと!? 【belkin Valet Charger Power Pack 6700mAhレビュー】Apple Watch 4とiPhone充電可のモバイルバッテリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ