記事を探す方は全カテゴリーへ

【2018年最新】おすすめの無線LAN子機とその選び方【USBタイプ】

 
どうも、トライバンドルーターで快適なWi-Fi生活を送るマクリン( @Maku_ring)です。

つい最近、妻愛用の古いMacBook Proが、Wi-Fiを急につかめなくなりました。

PC内蔵の無線LANアダプターが壊れたのです。
 

ヨメ

え〜、どうしよう。ネットがつながらないんだけど……。
有線LAN接続にするか無線LAN子機を買うしかないね。

マクリン

ヨメ

無線LAN子機ってどんなもの?
 
無線LAN子機(無線LANアダプター)とは、パソコンなどに無線LAN(Wi-Fi)機能を追加する機器のことです。

USBポートに挿すタイプが多く、サイズもごく小さいものからアンテナ付きまでさまざま。

MacBook Proの無線LAN子機
 
例えばこんなとき、無線LAN子機は必要です。
 

無線LAN子機が必要な場面

  • PC内蔵の無線LANアダプターが壊れたとき
  • PC内蔵の無線LANアダプターでは速度が物足りない時
  • 5GHz帯のWi-FiにWi-Fiデバイスが対応していないとき

 
無線LAN子機は意外に種類があります。

よく理解しないまま家電量販店に行くと、どれを買うべきか迷うことも多いのです。

そこで本記事では、無線LAN子機を選ぶ上でどのようなポイントをおさえるべきか、僕なりに気を付けていること&おすすめ商品を紹介します。
 

無線LAN子機を選ぶ4つのポイントとは?

無線LAN子機を選んでいるときに妻から訊かれたのがこんな質問。
 

ヨメ

ねえねえ、無線LAN子機っていろいろあるけど、なにが違うかぜんぜん分からない。どうやって選べばいいの?
 
無線LAN子機はいずれも外観が似ている上、基本的に数値の比較となります。

中身がよく分からない人からしたら、子機選びは難しいのです。
 

マクリン

でも大丈夫。おさえるべきポイントは4つだけ
無線LAN子機を選ぶポイント
  1. アンテナ内蔵タイプ 見た目にもスマートなアンテナ内蔵モデル
  2. デュアルバンド対応 2.4GHz帯と5.0GHz帯の2つのWi-Fi電波を受信
  3. 11ac対応 5.0GHz帯の高速規格「802.11ac」に対応
  4. 最大通信速度(理論値) スピードは重要
 
それではこの4つのポイントをもう少し詳しく見ていきます。
 

1. アンテナ内蔵タイプの無線LAN子機を選ぶべし

無線LAN子機の外観は大きく2つに分かれます。

外付けアンテナの付いた外部アンテナタイプと、まるでUSBメモリのようなデザインのアンテナ内蔵タイプです。



一般的には、外部アンテナタイプがWi-Fi電波をつかみやすいと云われます。

ですが僕は、気にするほどの差ではないと考えています。
 

マクリン

PC内蔵の無線LANアダプターもアンテナ内蔵だけど、つながりにくいと感じることは少ないでしょ?
 
見た目にもスマートなアンテナ内蔵タイプのほうが持ち運びもしやすく、使い勝手にすぐれています。

外でも使うことを視野に入れるなら、こちらのタイプを選びましょう。

Sponsored Links

 

2. デュアルバンド対応の無線LAN子機を選ぶべし

Wi-Fiは周波数帯によって2.4GHz帯と5.0GHz帯の2種類の電波があります。

両者の特徴はざっくり書くとこんな感じ。
 

Wi-Fi電波の特徴

  • 2.4GHz帯 速度は遅いが、障害物に強い
  • 5.0GHz帯 速度は早いが、障害物に弱い

 
つまり「打たれ強いけど鈍足」なのが2.4GHz、「繊細なスピードスター」が5.0GHzというイメージ。

通信速度の必要なデバイスをWi-Fiにつなぐ場合、スピードスターの5.0GHzに対応した無線LAN子機を選びたいところです。

だからといって、5.0GHz帯にしか対応していない無線LAN子機を買うのは考えもの。

繊細でもある5.0GHz帯は、場所によっては電波強度が弱いことも多く、打たれ強い2.4GHzのほうが速いケースも多々あるからです。

したがって、1つの無線LAN子機で2.4GHz帯と5.0GHz帯、2種類のWi-Fiを受信できるデュアルバンド対応子機をおすすめします。
 

マクリン

せっかく無線LANルーターが2.4GHzと5.0GHz両方を出せるのに、受信側が片方しか受け取れないのはもったいないですよね?
 

Sponsored Links

 

3. 11ac対応の無線LAN子機を選ぶべし

デュアルバンド対応の子機を選ぶ上で、もうひとつ考慮しなくてはならない事項があります。
 

マクリン

それは5.0GHz帯の高速規格『11ac』に対応しているモデルを選ぶこと!
イチイチエーシー? なにそれ?

ヨメ

 
2.4GHzと5.0GHzは周波数帯のことですが、Wi-Fiはさらに通信規格で分類されるのです。

表にまとめるとこんな感じ。
 
モバイルは左スライドで全表示

周波数帯通信規格(略称)最大速度特徴
5GHzIEEE802.11a(11a)54Mbps繊細だが、電波干渉を受けにくい
IEEE802.11n(11n)600Mbps
IEEE802.11ac(11ac)6.9Gbps
2.4GHzIEEE802.11b(11b)11Mbps打たれ強いが、電波干渉を受けやすい
IEEE802.11g(11g)54Mbps
IEEE802.11n(11n)600Mbps

 
5GHz帯の11acは最大速度6.9Gbps。

つまり「6900Mbps」ということで他の規格を圧倒する高速ぶりです。

あくまで最大理論値なので、この速度が実際に出ることはありませんが、許容速度が大きいと実測値が速いのも間違いないわけで。

ただ、ひとつだけ注意しなくてはならないのは、無線LANルーター自体も11acに対応している必要があるということです。

ルーターと子機双方が11acに対応することで、快適なWi-Fi環境を作ることが出来ます。
 

マクリン

実際その環境に囲まれている僕が保証しますよ!
 

Sponsored Links

 

4. 最大通信速度の高い無線LAN子機を選ぶべし

5GHz帯の11acが6.9Gbpsとはいえ、実際の通信速度は無線LAN子機の性能にゆだねられます。

つまり無線LAN子機の最大通信速度がめちゃ重要。
 

マクリン

最大通信速度の高い無線LAN子機は『ろ過性能の高いフィルター』みたいなものだとお考えください。
 
2018年現在リリースの無線LAN子機では、5GHz帯(11ac):867Mbps、2.4GHz帯:300Mbpsの仕様が最速モデルです。

なるべく通信速度の表記がこちらに近いモデルを選びましょう。
 

2018年最新のおすすめ無線LAN子機

前章までの内容をまとめると、無線LAN子機を選ぶ上で大事なポイントは以下のとおりです。

無線LAN子機を選ぶポイント
  1. アンテナ内蔵タイプ
  2. デュアルバンド対応
  3. 5.0GHz帯の11ac対応
  4. 最大通信速度 5GHz帯:867Mbps、2.4GHz帯:300Mbps

進化の早い無線LAN子機ですので、その時点の最新モデルを選ぶことをおすすめします。

そんなわけで最新モデルの中から、これらの条件をなるべく満たす無線LAN子機を集めました。
 

マクリン

それがこちらの4製品!

 
これら4製品の主なスペックを並べました。

モバイルは左スライドで全表示

製品名BUFFALO
WI-U3-866DS
I-O DATA
WN-AC867U
ELECOM
WDC-867DU3S
PLANEX
GW-900D-BK
端子USB3.0/USB2.0USB3.0/USB2.0USB3.0/USB2.0USB3.0/USB2.0
通信
規格
2.4GHz:11n/g/b
5GHz:11ac/n/a
2.4GHz:11n/g/b
5GHz:11ac/n/a
2.4GHz:11n/g/b
5GHz:11ac/n/a
2.4GHz:11n/g/b
5GHz:11ac/n/a
最大
速度
2.4GHz:300Mbps
5GHz:866Mbps
2.4GHz:300Mbps
5GHz:867Mbps
2.4GHz:300Mbps
5GHz:867Mbps
2.4GHz:300Mbps
5GHz:866Mbps
サイズ74 x 27 x 14mm101 x 32 x 14mm34 x 16 x 8mm80 x 26 x 10.6mm
質量18g30g4g14.5g

 

ヨメ

え〜、どれも同じに見えるんだけど。どれを選んだらいいの?
 
実際いずれもほぼ同じスペックなので、メーカーの好みで選んでいただいても問題ありません。

ですが、この中からあえて選ぶとすれば、エレコム WDC-867DU3SPLANEX GW-900D-BKをおすすめします。

エレコム WDC-867DU3Sは他モデルに比べて圧倒的に軽量コンパクトであること、PLANEX GW-900D-BKは実速度の高さに定評あるPLANEX製であるからです。



 
無線LAN子機は一度買ったら、そうそう壊れるものでもないため、長い付き合いになるものです。

自身の好みと照らし合わせ、最適のモデルを見つけましょう。
 

 

「おすすめの無線LAN子機」まとめ

本記事は「【2018年最新】おすすめの無線LAN子機とその選び方【USBタイプ】」について書きました。

無線LANルーターの進化とともに、無線LAN子機もひっそり進化を続けています。

デュアルバンド・11ac対応は当たり前で、各社が通信速度を上げるべく、しのぎを削っているのが無線LAN子機の世界です。

本記事で紹介した無線LAN子機はいずれもおすすめ。

どれを優先するのか好みと照らし合わせ、ベストパートナーを見つけてください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【メッシュWi-Fiルーター比較】Google WifiかDeco M5・Lyra Miniどれを選ぶ? トライバンドWi-Fiルーター比較!BUFFALOかTP-LINK・ASUSどれを選ぶべき?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です