Amazonチャージで1000円キャンペーン

【TaoTronics TT-SK027レビュー】手頃サイズで最大14W出力を実現するBluetooth対応ミニサウンドバー

 
どうも、スマホでもPCでもワイヤレススピーカーを活用しマクリン( @Maku_ring)です。

お風呂にも防水スピーカーを持ち込む僕ですが、クオリティ高いサウンドを楽しむ上でスピーカーの出力にはこだわりたいところ。

音楽や映画を迫力ある臨場感で楽しむなら、10W以上あるモデルがおすすめです。

だからといって、サイズがあまり大きくなるのも考えもの。

そこでサイズを手ごろにおさえつつ、最大14Wの高出力を実現したミニサウンドバーが「TaoTronics TT-SK027」です。

こちらのTaoTronics TT-SK027が、PCモニターにも合うコンパクトサイズと900g強の軽量小型設計ながら、小型バーとしては大音量の14W出力に対応するBluetoothブルートゥース対応サウンドバーです。

音楽のリズムに合わせて光るLEDライトや、カウント機能を備えるLCDディスプレイなど、エンタメ性にもすぐれています。

そんなわけで本記事は「【TaoTronics TT-SK027レビュー】手頃サイズで最大14W出力を実現するBluetooth対応ミニサウンドバー」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

TaoTronics TT-SK027の外観と付属品

TaoTronics TT-SK027」はBluetooth接続に対応するサウンドバーです。


 
TaoTronicsは米国で創業したメーカーで、イヤホンを中心にさまざまな家電をリリースしています。

マクリン
公式Twitterは1万人以上のフォロワーさんがいて、コスパの高さから人気のメーカーなんですよ!
 
サイズは幅42 x 高さ7 x 奥行7cmであり、最大14Wながら10Wクラスとほぼ同程度のコンパクトさをほこります。

TaoTronics TT-SK027のサイズは幅42 x 高さ7 x 奥行7cm

MacBook Air(13インチ)と並べても少し大きいくらいで、一般的によく使用される19〜27インチのモニターに収まるサイズ感となっています。


 
重さはわずか938gで、なんと1kgを切る軽量設計となっています。

TaoTronics TT-SK027の重量
 
フロント全面がスピーカーであり、52mm径のスピーカーユニットを2基搭載しています。

TaoTronics TT-SK027は52mm径のスピーカーユニットを2基搭載
 
背面の両側には壁掛け用の穴がついています。

TaoTronics TT-SK027の背面には壁掛け用の穴がついている

 
表面はつや消しブラックで、指紋のつきにくい表面です。


 
天面はボタンとなっており、以下の操作に対応しています。

ボタン機能

  • 電源オン/オフ
  • 音量+
  • 音量-
  • 再生/一時停止
  • タイマーの開始/停止
  • ライトモード設定

TaoTronics TT-SK027のボタン
 
底面にはLEDライトを搭載しています。

TaoTronics TT-SK027のLEDライト
 
同梱品はスピーカー本体にくわえ、電源アダプター・AUXケーブル(1.5m)・説明書が付属しています。

TaoTronics TT-SK027の付属品

TaoTronics TT-SK027の音声入力は有線・Bluetoothに対応

TaoTronics TT-SK027は有線(AUX)の音声入力にくわえ、Bluetoothでのワイヤレス接続(Bluetooth 5.0)にも対応しています。

TaoTronics TT-SK027はAUXにくわえBluetooth接続にも対応
 
Bluetoothの接続方法はとても簡単です。

STEP.1
Bluetoothモード
電源をオンすると、ディスプレイが「bt」表示で点滅するBluetoothモードに入ります。


STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「TaoTronics TT-SK027」が表示されるので、それを選びます。


STEP.3
接続完了
「接続済み」にステータスが変わってビープ音が鳴り、接続が完了します。


Sponsored Links

 

TaoTronics TT-SK027は最大14Wの大音量サウンド

TaoTronics TT-SK027は、最大7Wのスピーカーを左右2機搭載し、最大14W出力の大音量サウンドを実現しています。

TaoTronics TT-SK027は最大14Wの大音量サウンド

さらに低音の解像度を向上するため、パッシブラジエーターも2基搭載しています。

パッシブラジエーター
スピーカー筐体きょうたい内の空気振動を利用して動作させるスピーカーユニット
マクリン
これによって大音量と低音の豊かな表現力を両立してるんですすよ!
 
Bluetooth接続でThe Weekndを再生したところ、量感のある低音を中心に響かせるサウンドで、力強く鳴らすことができていました。


マクリン
低音はドンシャリではなく適度な重みなので、全体的にバランスの良さを感じました!

また、多彩なLEDライトもTaoTronics TT-SK027の魅力。

青赤黄のLEDがなめらかに変化していく様子は、見ているだけで気分がアガるので、耳だけでなく目でも楽しませるスピーカーに仕上がっています。




LEDライトは「カラーカルーセル・ブリージング・リズム・オフ」と4つのモードを搭載し、シーンに応じて変えられるのが便利です。

TaoTronics TT-SK027のLEDライトは4つのモードを搭載

ライトモード

  • カラーカルーセルモード 異なる色がサイクルする
  • ブリージングモード 人の呼吸に似たリズムでサイクルする
  • リズムモード 音楽に合わせて色と明るさが変化する
  • オフモード ライトがオフになる

 
さらにはストップウォッチ機能も備え、最大99分59秒まで1秒刻みでカウントすることができます(一時停止も可能)。


マクリン
長時間のゲームプレイなどに配慮されている点が素晴らしいですね!

軽量コンパクトにして大音量。

TaoTronics TT-SK027は多彩なLEDとストップウォッチも搭載し、機能とエンタメ性を兼ね備えるサウンドバーです。

TaoTronics TT-SK027レビューまとめ

本記事は「【TaoTronics TT-SK027レビュー】手頃サイズで最大14W出力を実現するBluetooth対応ミニサウンドバー」について書きました。

TaoTronics TT-SK027は置き場所を選ばないコンパクト設計で、PCでもテレビでも使いやすいBluetooth対応サウンドバーです。

最大14Wの高出力ながら手軽に設置でき、音楽に合わせて光るLEDライトは見た目にも楽しく、我が家ではすっかりメインのサウンドバーになっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Anker Soundcore Infiniレビュー】スリム設計ながら100W出力のBluetooth対応サウンドバー 【Anker Soundcore Infini Miniレビュー】同社初のBluetooth対応サウンドバー【40W】 【おすすめ】お風呂でも使える防水スピーカー6選【コスパ抜群】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ