アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【TaoTronics TT-SK025レビュー】スリム&コンパクトなBluetooth対応サウンドバー【コスパ最高】

 
どうも、テレビ大好きマクリン( @Maku_ring)です。

録りためたバラエティやドラマを堪能するのが、我が家の週末の楽しみ。

テレビに触れる時間の多い僕たちは、前々からテレビの音響が気になっていました。
 

マクリン
TVの内蔵スピーカーは音質があんまり良くないんですよね……。
 
ヨメ
映画を観るときは、臨場感がもう少し欲しいよね。

そこで導入したのがバータイプのスピーカー、サウンドバーの「TaoTronics TT-SK025」。

TaoTronics TT-SK025

こちらのTaoTronics TT-SK025が最大10W出力の大音量ながら、軽量コンパクト設計で置き場所を選ばず使える、スリムタイプのBluetoothブルートゥース対応サウンドバーです。
 

マクリン
しかもAmazon3千円台でコスパも最高!
 
そんなわけで本記事は「【TaoTronics TT-SK025レビュー】スリム&コンパクトなBluetooth対応サウンドバー【コスパ最高】」について書いていきます。

 

TaoTronics TT-SK025の外観と付属品

TaoTronicsは米国で創業したメーカーで、イヤホンを中心にさまざまな家電をリリースしています。

クオリティの高い製品群を出しているおかげで多くのファンから支持されており、Twitterアカウント( @Taotronics_JP)は1万人近くのフォロワーさんを抱えています。
 

マクリン
信頼されてることが伺えますね!
 

TaoTronics TT-SK025」はBluetooth接続に対応するサウンドバーです。

TaoTronics TT-SK025はBluetooth対応サウンドバー
 
サイズは幅41 x 高さ7.3 x 奥行き5.8mmであり、バータイプとしてはコンパクト

TaoTronics TT-SK025はコンパクトサイズ
 
MacBookと並べても小型デザインで違和感がなく、PCの外部スピーカーで使用してもしっくり来る大きさです。

TaoTronics TT-SK025はPCの外部スピーカーとしても使用可能
 
重さはわずか654gであり、なんと1kgを切る軽量設計となっています。

TaoTronics TT-SK025の重さは654g
 
コンパクトながらフロント全面がスピーカーとなっており、最大出力は10W(5W x 2)と比較的大きめです。


 
背面の両側には壁掛け用の穴がついています。

TaoTronics TT-SK025の背面には壁掛け用の穴がついている
TaoTronics TT-SK025の背面には壁掛け用の穴がついている
 
天面はつや消しブラックであり、指紋のつきにくい表面です。


 
右側面はボタンとなっており、以下の基本操作に対応しています。

ボタン操作

  • 電源オン/オフ
  • Bluetooth/AUX切替
  • 再生/一時停止
  • ボリューム+/-
  • 前の曲/次の曲

TaoTronics TT-SK025の側面には操作ボタンがある
 
同梱品はスピーカー本体にくわえ、電源アダプター・AUXケーブル(1.5m)・説明書が付属しています。

TaoTronics TT-SK025の付属品

 

TaoTronics TT-SK025の音声入力は有線・Bluetoothに対応

TaoTronics TT-SK025は有線(AUX)の音声入力にくわえ、Bluetoothでのワイヤレス接続(Bluetooth 4.2)にも対応しています。


 

マクリン
Bluetoothの接続方法はとても簡単ですよ!
STEP.1
Bluetoothモード
電源をオンすると、LEDインジケータが青点滅するBluetoothモードに入ります。


STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「TaoTronics TT-SK025」が表示されるので、それを選びます。


STEP.3
接続完了
「接続済み」にステータスが変わり、ビープ音が鳴った後、LEDインジケータはゆっくりした青点滅になります。


 

Sponsored Links

 

TaoTronics TT-SK025は最大10Wの大音量サウンド

TaoTronics TT-SK025は、最大5Wのスピーカーを左右2機搭載し、合計最大10W出力の大音量サウンドを実現しています。

TaoTronics TT-SK025は最大10W
 
さらに低音の解像度を向上するため、パッシブラジエーターも2基搭載しています。

パッシブラジエーター
スピーカー筐体きょうたい内の空気振動を利用して動作させるスピーカーユニット
マクリン
これによって大音量と低音の豊かな表現力を両立してるんですよ!
 
サウンドを確認するため、クイーンの「Don’t Stop Me Now」を流してみました。

Don’t Stop Me Now

 
低音重視の味付けかと思いきや、中音から高音域にかけてしっかり出せる設計となっています。

また低音も妙な強調がなく、適度に重みがあるため、全体的にバランスの良さを感じるサウンドでした。
 

マクリン
音の広がりも感じられるので、TV内蔵のスピーカーとはひと味違う臨場感あるサウンドが楽しめますよ!
 

Sponsored Links

 

TaoTronics TT-SK025レビューまとめ

本記事は「【TaoTronics TT-SK025レビュー】スリム&コンパクトなBluetooth対応サウンドバー【コスパ最高】」について書きました。

TaoTronics TT-SK025は軽量コンパクト設計で、置き場所を選ばず使えるBluetooth対応サウンドバーです。

10Wの高出力ながら3千円台の格安価格ですので、サウンドバーのデビュー機にもおすすめ。

マクリン
サウンドバーを一度取り入れると、その臨場感と奥行きにやみつきになりますよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Soundcore Model Zeroレビュー】ハイレゾ対応の完全防水Bluetoothスピーカー【Anker】 【Anker Soundcore Infini Miniレビュー】同社初のBluetooth対応サウンドバー【40W】 【おすすめ】買ってよかった、コスパ抜群の安い完全ワイヤレスイヤホン6選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です