おすすめのガジェット

【TaoTronics SoundLiberty 92レビュー】左右同時伝送&13mmドライバーのインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH092】

どうも、フルワイヤレスイヤホンにまみれるマクリン( @Maku_ring)です。

音楽・YouTube視聴にオンライン会議にと、フルワイヤレスを活用しまくっています。

ただし、安価なワイヤレスになると、左右のつながりやすさに違いがあります。

というのも一般的なモデルは、一方のイヤホン(親機)を経由してもう一方(子機)に音が伝送される「リレー伝送」であるため、左右間で音の途切れが生じやすいという問題点があります。

TaoTronics SoundLiberty 92は左右同時伝送

一部モデルは、左右イヤホンそれぞれが音を受信する「左右同時伝送」であるものの、基本的に高価格帯にかぎられています。

そんな中、4千円台ながらこの機能をそなえるフルワイヤレスが、TaoTronicsタオトロニクス社の「TaoTronics SoundLiberty 92」です。

Airoha社の「MCSync(Multi Cast Sychronization)」で左右同時伝送を実現しています。

また、フルワイヤレスでは数少ないオープン型のインナーイヤーであり、閉塞へいそく感がなくて周りの音が聞こえやすく、着脱も簡単になっています。

13mmの大口径ダイナミックドライバーを採用し、音場の広い印象を受けるイヤホンに仕上がっています。

そんなわけで本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 92レビュー】左右同時伝送&13mmドライバーのインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH092】」について書いていきます。

提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。Instagramラジオもやってます。 プロフィール詳細

TaoTronics SoundLiberty 92の外観と付属品

SoundLiberty 92」は完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。

TaoTronics SoundLiberty 92は完全防水仕様IPX7の完全ワイヤレスイヤホン

マクリン
フルワイヤレスで最高クラスの防水仕様なので、水場もへっちゃら!

初代AirPodsに通ずるインナーイヤー開放型かつ軸の突き出たうどん形状であり、ピアノブラック塗装で高級感ある仕上がりとなっています。

TaoTronics SoundLiberty 92はカナル型のフルワイヤレスイヤホン

収納ケースはザラッとしたプラスチックで指紋の付きづらい表面です。

TaoTronics SoundLiberty 92の収納ケース
 
重量は両耳わずか9gの軽量設計に仕上がっています。

TaoTronics SoundLiberty 92のイヤホン重量は約9g
TaoTronics SoundLiberty 92のケース重量は44g

イヤホン本体はバッテリー内蔵の収納ケースに格納することができます。


 
SoundLiberty 92はイヤホン単体で5時間、ケース併用で30時間(6回分)であり、フルワイヤレスとして平均的なバッテリーです。

TaoTronics SoundLiberty 92はイヤホン単体で5時間の使用が可能
 
ケース底面には充電用のUSB Type-C端子を備えています。

TaoTronics SoundLiberty 92のケース充電用のUSB-C端子

マクリン
汎用性の高いポートですし、他のUSB-Cケーブルとも併用できるからありがたいですね!

同梱品はイヤホン本体にケース、USB C to Aケーブルです。

TaoTronics SoundLiberty 92の付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。

TaoTronics SoundLiberty 92のペアリング

TaoTronics SoundLiberty 92のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法を紹介します。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間で接続した後、青白交互点滅のペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「TaoTronics SoundLiberty 92」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わり、「Connected」のアナウンスが流れます。

マクリン
初回ペアリング以降は、充電ケースのフタを開ければ瞬時にペアリング完了ですよ!

以上がペアリング方法です。

TaoTronics SoundLiberty 92は前述のとおり、左右同時伝送に対応しています。

TaoTronics SoundLiberty 92は左右同時伝送

したがって、両イヤホンをつなぐ両耳モードにくわえ、左右いずれかのイヤホンだけ接続する片耳モードも備えています。
 

マクリン
親機だけしか接続できないイヤホンも多い中、両イヤホン片耳モード対応は助かりますね!

Sponsored Links

 

TaoTronics SoundLiberty 92の装着感と音質

TaoTronics SoundLiberty 92は開放感のあるインナーイヤー型で、スムーズな装着感かつ長時間つけても痛くならないのがありがたいです。

TaoTronics SoundLiberty 92の装着感

カナル型の密閉感が苦手だという人にはこちらをおすすめします。

マクリン
周囲音を取り込みながら音楽も楽しめるので、アクシデント予防にもなりますね!

表面はタッチコントロールになっており、指で軽く触れるだけで音量調整ふくめ、ほぼ全ての操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 92はタッチセンサー対応

ボタン操作一覧
  • (右/左)2回タップ 再生/一時停止
  • (右/左)1回タップ 受話
  • 右1回タップ 音量アップ
  • 左1回タップ 音量ダウン
  • 右3回タップ 曲送り
  • 左3回タップ 曲戻し
  • (右/左)2秒長押し 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)/着信拒否/終話

音量調整が1回タップ、再生・一時停止が2回タップなのは最初やや戸惑うかもしれませんが、タッチの感度も良く、使いやすい仕上がりとなっています。

TaoTronics SoundLiberty 92は、iPhone・iPadなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックのAACに対応しています。
(できればaptXにも対応してほしかったですが、この価格帯だとさすがに難しいですね……)

AAC(Advanced Audio Coding)
iOS対応の高音質コーデックです。Android 8.0以降にも標準装備されています。

13mmの大口径ドライバー採用の恩恵で、インナーイヤー型であるわりに、低音から中音に掛けて音の質感や臨場感をしっかり出せるイヤホンに仕上がっています。

また、MCSyncによる左右同時伝送のおかげで、音の輪郭りんかくがはっきりしている印象を受けました。

マクリン
なにより長時間つけても痛くないのがいい!
SoundLiberty 92の評価
音質(低音から中音が得意)
(3.5)
連続再生時間(5時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX7)
(5.0)
総合評価
(4.0)

TaoTronics SoundLiberty 92レビューまとめ

本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 92レビュー】左右同時伝送&13mmドライバーのインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH092】」について書きました。

TaoTronics SoundLiberty 92は、低価格ながら左右同時伝送を実現し、左右間で音の途切れ・遅延をおさえたフルワイヤレスです。

インナーイヤー型なので、閉塞感や倦怠けんたい感も少なく、使いやすさを実現しています。

マクリン
タッチコントロールやオートペアリング、USB-Cなど、快適機能もいい感じ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】 【TaoTronics SoundLiberty 77レビュー】左右同時伝送で接続がとぎれない完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH077】 【TaoTronics SoundLiberty 53レビュー】長時間再生&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です