おすすめのガジェット

【TaoTronics SoundLiberty 88レビュー】自動停止機能搭載のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH088】

どうも、会議に音楽・動画にとワイヤレスイヤホンを活用しマクリンまくり @Maku_ring)です。

地味に重宝する機能が、イヤホンを外したときに音楽を一時停止する機能

それからUSBタイプC充電対応

これら2つの機能が付いていれば、ワイヤレスイヤホンとして合格点といえます。

1万円未満にもかかわらず、これらをカバーしているモデルがTaoTronicsタオトロニクス社の「TaoTronics SoundLiberty 88」です。

TaoTronics SoundLiberty 88

自動停止ならびにUSB-C充電対応にくわえ、IPX7の高い防水性能、通話時にクリアな音質を実現するAIノイズキャンセリングを搭載し、機能性にすぐれたイヤホンに仕上がっています。

また、フルワイヤレスではめずらしいインナーイヤー型なので密閉感が少なく、長時間つけても快適な装着感が得られます。

そんなわけで本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 88レビュー】自動停止機能搭載のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH088】」について書いていきます。

提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

TaoTronics SoundLiberty 88の外観と付属品

TaoTronics SoundLiberty 88」は完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。

TaoTronics SoundLiberty 88は完全防水仕様(IPX7)のフルワイヤレスイヤホン

マクリン
フルワイヤレス最高峰の防水性能なので、雨や汗を気にせず使えますよ!

初代AirPodsに通ずるインナーイヤー開放型ですが、ブラックボディなのでうどん形状が苦手な人でも使いやすいです。

TaoTronics SoundLiberty 88はインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン

収納ケースはつや消しになっており、プラスチック素材ながら上質感ある光沢をまとっています。


 
収納ケースのサイズは57.4 x 57.4 x 28.5mmで、女性の手にもおさまり良いコンパクトサイズです。

TaoTronics SoundLiberty 88のケースサイズは57.4×57.4×28.5mm
 
重量は両耳わずか9gの軽量設計に仕上がっています。

TaoTronics SoundLiberty 88のイヤホン重量は9g
TaoTronics SoundLiberty 88のケース重量は51g

TaoTronics SoundLiberty 88はイヤホン単体で5時間、ケース併用で25時間(5回分)であり、標準的なバッテリー使用時間です。


 
ケース上部には充電用のUSB Type-C端子を備えています。

TaoTronics SoundLiberty 88には充電用のUSB Type-C搭載

マクリン
USB-Cなら他のケーブルとも併用できますし、多くのデバイスと親和性高いのでうれしいですね!

同梱品はイヤホン本体にケース、USB C to Aケーブルです。

TaoTronics SoundLiberty 88の付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。

TaoTronics SoundLiberty 88のペアリング

TaoTronics SoundLiberty 88のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法を紹介します。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間で接続した後、白点滅のペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「TAOTRONICS SoundLiberty 88」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わり、「Connected」のアナウンスが流れます。

マクリン
一度ペアリングしてしまえば、次からは瞬時にペアリングされるので快適ですよ!

以上がペアリング方法です。

TaoTronics SoundLiberty 88は、両イヤホンをつなぐ両耳モードにくわえ、右/左イヤホンだけ接続する片耳モードも備えています。

マクリン
シーンに合わせて使い分けてみてくださいね!

Sponsored Links

 

TaoTronics SoundLiberty 88の装着感と音質

TaoTronics SoundLiberty 88は装着感がかなり良く、インナーイヤー型のおかげで、長時間使用でも耳がまったく痛くなりませんでした。

TaoTronics SoundLiberty 88の装着感

カナル型の密閉感が苦手だという人にはこちらをおすすめします。

表面はタッチコントロールであり、指で軽く触れると音量調整ふくめ、ほぼ全ての操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 88はタッチセンサー対応

ボタン操作一覧
  • (右/左)2回タップ 再生/一時停止/終話
  • (右/左)1回タップ 受話
  • 右3秒押し 音量アップ
  • 左3秒押し 音量ダウン
  • 右3回タップ 曲送り
  • 左3回タップ 曲戻し
  • (右/左)2秒長押し 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)/着信拒否
マクリン
AIノイキャン搭載で通話時の音質もバッチリ!

タッチ操作で音量調整できるのもうれしいですが、もう一点特筆すべきは、高価格帯のイヤホンに付いている音楽の自動停止機能がそなわっていることです。

静電式センサー搭載で耳との着脱を検知し、イヤホンを外すと音楽が自動で一時停止・再生します。

また、誤作動を防げるよう、タッチコントロールはイヤホンを装着している際のみ利用可能になっています。

TaoTronics SoundLiberty 88は、iPhone・iPadなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックのAACに対応しています。
(できればaptXにも対応してほしかったですが……)

AAC(Advanced Audio Coding)
iOS対応の高音質コーデックです。Android 8.0以降にも標準装備されています。

10mmドライバー採用の恩恵で、低音域がやや強めの音設計でロックがよく合い、高音の伸びもあり、バランス良く仕上がっています。

同社のインナーイヤー型である「SoundLiberty 92」より低音重視の設計です。

軽量で防水性能も高く、ハイエンドの機能も盛り込まれ、TaoTronics SoundLiberty 88はコスパにすぐれたイヤホンといえるでしょう。

SoundLiberty 88の評価
音質(低音が得意)
(3.5)
連続再生時間(5時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX7)
(5.0)
総合評価
(4.5)

TaoTronics SoundLiberty 88レビューまとめ

本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 88レビュー】自動停止機能搭載のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH088】」について書きました。

TaoTronics SoundLiberty 88は自動停止とUSB-C充電に対応しているほか、AIノイズキャンセリングを搭載し、機能性にすぐれたイヤホンに仕上がっています。

また、フルワイヤレスではめずらしいインナーイヤー型なので、長時間の装着に耐えうる快適性もそなわっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】 【TaoTronics SoundLiberty 92レビュー】左右同時伝送&13mmドライバーのインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH092】 【TaoTronics SoundLiberty 77レビュー】左右同時伝送で接続がとぎれない完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH077】 【TaoTronics SoundLiberty 53レビュー】長時間再生&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ