おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【SoundPEATS Truepodsレビュー】USBタイプC充電対応&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン

 
どうも、ワイヤレスイヤホン10台持ちのマクリン( @Maku_ring)です。

Bluetoothブルートゥース接続でケーブルレスの完全ワイヤレスイヤホンは、通勤やPC作業時に欠かせません。

中でも、本体に触れるだけで操作できて耳に負担のかからない、タッチセンサー搭載(タッチコントロール)のモデルがおすすめです。

また、Micro USB充電のイヤホンが多いですが、Apple製品とも親和性の高いUSBタイプC充電対応の製品のほうが重宝します。

これらをカバーしているイヤホンが、SoundPeatsサウンドピーツ社の「SoundPEATS Truepods」です。

SoundPEATS Truepodsは、イヤホン単体で4時間の連続再生に対応し、自動ペアリング&タッチセンサーを搭載する完全ワイヤレスイヤホンです。

Bluetooth 5.0に対応し、接続が安定しているだけでなく、Realtek社のチップ「RLT8763BFR」採用かつAACコーデックで、音質面にもこだわって作られています。

そんなわけで本記事は「【SoundPEATS Truepodsレビュー】USBタイプC充電対応&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

 

SoundPEATS Truepodsの外観と付属品

SoundPEATSは2013年に創業した中国のガジェットメーカーで、Bluetoothスピーカーやイヤホンなどの音響機器を手がけています。

完全ワイヤレスイヤホンを中心に人気を集めており、Twitter( @SoundPEATS_JP)のフォロワーさんも15,000人以上抱えています。

SoundPEATS Truepods」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。

SoundPeats Truepodsは生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホン

AirPodsと同様の耳からうどん形状ですが、カラーがブラックかつピアノブラック塗装で、上質感ある仕上がりとなっています。

重さは両耳わずか10gで、長時間つけても負担に感じない軽量設計です。

SoundPeats Truepodsは両耳わずか10gの軽量設計
 
イヤホン本体はバッテリー内蔵の収納ケースに格納することができます。

SoundPeats Truepodsのバッテリー内蔵収納ケース
 
こちらのケースは73 x 36 x 28mmとかなりのコンパクト仕様で、バッグに忍ばせてもかさばりません。

SoundPeats Truepodsの収納ケースのサイズ
 
ケースはプラスチック製ですが、クールなブランドロゴがオンされており、所有欲を高めるデザインです。

SoundPeats Truepodsの収納ケース
 
ケース表面にはLEDインジケーターが付いており、ケース充電完了時は2つのLEDが緑点灯します。

SoundPeats TruepodsのLEDインジケーター
 
ケース裏面には、充電用のUSBタイプC(USB-C)ポートを備えています。

SoundPeats TruepodsのUSB-Cポート

USB-CはApple製品とも親和性があり、USB規格の今後の主流でもあるため、汎用性はかなり高いです。

SoundPEATS Truepodsは、イヤホン単体で4時間分の連続使用が可能です。

SoundPeats Truepodsはイヤホン単体で4時間分の連続使用が可能

MEMO
ケース併用では16時間(4回分)の連続使用ができます。
 
同梱品はイヤホン本体に充電ケース、イヤーチップ、USB-Cケーブルです。

SoundPeats Truepodsの付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 
イヤーピースは本体装着済みのものをふくめ、S・Mと2種類あります。

SoundPeats Truepodsのイヤーチップ

 

SoundPEATS Truepodsのペアリング

SoundPEATS Truepodsのペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法はとても分かりやすくできています。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間で接続した後、右イヤホンのみ赤白点滅を繰り返すペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「SOUNDPEATS Truepods」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

マクリン
一度ペアリングすれば、次回からイヤホンを取り出すだけで自動的に接続する、自動ペアリング搭載なので快適ですよ!

以上がペアリング方法です。

SoundPEATS Truepodsは、両イヤホンをつなぐ両耳モードにくわえ、右イヤホン(親機)だけ接続する片耳モードも備えています。

 

Sponsored Links

 

SoundPEATS Truepodsの装着感と音質

SoundPEATS Truepodsは、耳から飛び出た形状ですが、その色と質感のおかげでスマートに決まります。

SoundPeats Truepodsを装着した様子
 
表面はタッチセンサーになっており、タッチするだけで音量調整以外の全操作が可能です。

SoundPeats Truepodsはタッチコントロール式

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2秒押し 曲戻し/着信拒否
  • 左2回タップ 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)
  • 左2秒押し 曲送り
注意
音量調整は、本体もしくは音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)で操作してください。

SoundPEATS Truepodsは、iPhoneなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックのAACに対応しています。

中音から高音域の解像度にすぐれた音設計で、ヴォーカルとギター・ドラムのスネア音をきれいに出せるイヤホンに仕上がっています。

低音はほどほどなのでドンシャリ好きには適していませんが、クリアなサウンドを響かせ、ロック&ポップス好きにおすすめのモデルです。

ただし、apt-xコーデックには対応していませんので、Androidスマホでの動画やゲームプレイでは遅延が生じる旨ご承知おきください。

Truepodsの評価
音質(中高音域が得意)
(3.5)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX4)
(3.0)
総合評価
(3.5)
 

Sponsored Links

 

SoundPEATS Truepodsレビューまとめ

本記事は「【SoundPEATS Truepodsレビュー】USBタイプC充電対応&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

SoundPEATS Truepodsは、イヤホン単体で4時間の連続再生に対応する、USB-C充電&タッチセンサー搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

Realtek社のチップ「RLT8763BFR」を採用し、ロック&ポップスに親和性の高い味付けとなっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【SoundPEATS TrueCapsuleレビュー】AAC対応&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン 【TaoTronics Duo Free+ TT-BH063レビュー】Qiワイヤレス充電&AAC・aptX両対応の完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020】 【AUKEY EP-T16Sレビュー】タッチセンサーで全操作が可能な完全ワイヤレスイヤホン 【SoundPEATS TrueShift Q45レビュー】ワイヤレス充電&モバイルバッテリー搭載の完全ワイヤレスイヤホン 【SoundPEATS TrueFreeレビュー】小型ケース&AAC対応の完全ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン13選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です