記事を探す方は全カテゴリーへ

【トライバンドWi-Fiルーター比較】BUFFALOかTP-LINK・ASUSどれを選ぶべき?

 
どうも、ガジェット好きのマクリン( @Maku_ring)です。

家にあふれるWi-Fi対応デバイス。

我が家の一般的なWi-Fiルーター(デュアルバンド)では、もはや扱いきれない台数を抱えています。
 

マクリン

速度低下にたびたび見舞われる日々です……。
 
そんな家庭にこそおすすめするのがトライバンド対応のWi-Fiルーター。

デュアルバンドにさらにもう1種類のWi-Fi電波を追加し、1台で3つの周波数帯を持つ無線LANルーターです。
デュアルバンドとトライバンドのルーター比較

 

マクリン

トライバンドWi-Fiルーターが欲しい!
 
でも、どれを選んだらいいのか、分からないんだけど。

ヨメ

 
そんなわけで本記事では、トライバンドWi-Fiルーターの代表的な3製品をスペック比較し、どれを選ぶべきなのか検証していきます。

結論は「『大は小を兼ねる』でTP-LINK Archer C5400がおすすめ!」です。
 

【2018年最新】無線LAN子機の選び方とおすすめ商品【USBタイプ】

高速トライバンドWi-Fiルーター「TP-LINK ARCHER C5400」設定・評判・レビュー

トライバンドWi-Fiとは何?デュアルとの違い・メリットデメリットを丁寧に解説

【メッシュWi-Fiルーター比較】Google Wifiかそれ以外どれを選ぶべき?

トライバンドWi-Fiルーターの代表的な3製品(BUFFALO・TP-LINK・ASUS)

無線LANルーターはこれまで、BUFFALOやIODATA、NECなどの国内メーカーが頑張っていました。

ところが最近は、TP-LINK(中国)やASUS(台湾)といった、海外メーカーに押されている状況です。
 

マクリン

中でもTP-LINKは、ルーターの世界シェアNo.1なんですよ。
 
トライバンドルーターの代表的なメーカーは、BUFFALO・TP-LINK・ASUSの3社。
 

代表的なトライバンドルーター

 
BUFFALO WTR-M2133HPが円盤状の小洒落こじゃれた外観なのに対し、TP-LINK Archer C5400ASUS RT-AC3200はアンテナが何本も飛び出し、まさに「ヘビーユーザー用」といった出で立ちをしています。




 
トライバンドルーターを選択するときのポイントは大きく3つ。

トライバンドルーターの選択ポイント
  1. 最大通信速度(アンテナ数) スピードは大事
  2. LANポート数 有線LANオンリーの機器に必要
  3. CPU コア数が多いほど、多数のWi-Fiデバイスを同時処理
 
それではこの3つのポイントから3台を比較していきます。

 

1. トライバンドWi-Fiルーターの最大通信速度を比較

Wi-Fiの快適性を大きく左右する通信速度。とても重要なスペックのひとつです。

ルーターの速度はアンテナの本数(ストリーム数)でほぼ決まります。

平たく書くと「アンテナ数が多いほど速い」です。

ちなみに最大通信速度はあくまで理論値なので、この速度が実際に出るわけではありません。

しかし、この数値が高いほど、実測値も高いものと捉えて大丈夫です。

そんなわけで、トライバンドルーター3製品の最大通信速度は以下のとおりになります。
 
モバイルは左スライドで全表示

製品最大通信速度ストリーム数
BUFFALO WTR-M2133HP【2.4GHz】300Mbps 【5.0GHz】866Mbps2本
TP-LINK Archer C5400【2.4GHz】1000Mbps 【5.0GHz】2167Mbps4本
ASUS RT-AC3200【2.4GHz】600Mbps 【5.0GHz】1300Mbps3本

 

マクリン

TP-LINK Archer C5400がダントツ速い!
 
2種類のWi-Fi電波を僕なりに表現すると「打たれ強いけど鈍足」が2.4GHz、「繊細なスピードスター」が5.0GHz。

TP-LINK Archer C5400は、2.4GHz帯でも1,000Mbpsの速度をキープできているのがすごいところです。

最大通信速度の大きさは、Wi-Fiデバイスの最大接続台数にもつながってきます。

製品接続可能な機器数
BUFFALO WTR-M2133HP最大27台
TP-LINK Archer C5400最大64台
ASUS RT-AC3200最大24台

 
あくまでメーカー公称のため、並べて比較するのは難しいところですが、それでもTP-LINK Archer C5400最大64台はズバ抜けています。

さすがにこれだけの余裕があれば、通信が混雑することは少ないはずw

また、BUFFALO WTR-M2133HPはスッキリしているアンテナ内蔵型TP-LINK Archer C5400ASUS RT-AC3200外部アンテナ型です。




 
一般的には、見た目にもスマートなアンテナ内蔵型が好まれるところですが、設置の仕方によって電波効率が悪くなることも多いです。

Wi-Fiの快適性を重視するのであれば、アンテナを動かしてWi-Fiエリアが調整できる外部アンテナ型をおすすめします。

 

 

Sponsored Links

 

2. トライバンドWi-Fiルーターの有線LANポート数を比較

モデムは当たり前として、ネットワークHDD(NAS)やナスネ、古いプリンターなど、有線LANでつなげなければならない機器がいくつかあります。

そのため無線LANルーターには有線LANポートが備わっています。

また、Wi-Fiにくらべて有線でつなげたほうが速度が速いため、通信速度を確保したい機器はあえて有線LAN接続にすることもあります。

そんなわけで、トライバンドルーターでも有線LANポート数は重要です。

ということで3製品の有線LANポート数を比較しました。
 
モバイルは左スライドで全表示

製品有線LANポート数ギガビット対応
BUFFALO WTR-M2133HP3個
TP-LINK Archer C54004個
ASUS RT-AC32004個

 
モデムでLANポートがひとつ埋まってしまうことを考慮すると、BUFFALO WTR-M2133HPは2個、TP-LINK Archer C5400ASUS RT-AC3200は3個ということになります。

正直いずれも多いとはいえない数です。ポート数が足りない場合は、別途スイッチングハブを買いましょう。

しかし、どのポートもギガビット(1000Mbps)対応なのは素晴らしい点。

ルーター自体の性能が高くとも、ポート自体がギガビットまで対応していないと、通信速度を最大限引き出すことができないのでご注意ください。

その観点では、LANケーブルの性能もできるだけ高いものにしておきたいところ。

実際に僕も愛用しているDanyeeのLANケーブルがおすすめです。

DanyeeのLANケーブル 3m

 

Sponsored Links

 

3. トライバンドWi-FiルーターのCPUコア数を比較

最後に「ルーターの脳」ともいえるCPUを比較します。その前にCPUの重要性について少し説明を。

例えばシングルコアのCPUでは、複数のWi-Fi電波を一気に使用した場合、ひとつの電波しか供給できないため、他の処理を待たせてしまうことになります。

つまり「シングルコア = シングルタスク」です。

これがマルチコアになると、2.4GHz帯と5.0GHz帯を同時処理できるため、片方を待たせることがなくなるのです。
 

マクリン

すなわちCPUのコア数はとても大事!
 
メッシュルーター3製品のCPUは以下のとおりです。

製品CPU
BUFFALO WTR-M2133HP0.8GHz デュアルコア
TP-LINK Archer C54001.4GHz デュアルコア
ASUS RT-AC32001.0GHz デュアルコア

 
CPUのコア数は、いずれも複数バンドを同時処理できるデュアルバンド。

ですがCPUのGHzギガヘルツ数、すなわち「クロック周波数」が異なります。

平たく書くと「クロック周波数はCPUの処理の速さ」を表します。この数字が大きいほど、CPUの性能が良いと考えて差し支えありません。

したがってTP-LINK Archer C5400は、CPUの性能も優れているといえます。

以上をまとめると、最大通信速度・有線LANポート数・CPUの総合力で、TP-LINK Archer C5400がおすすめです。
 

マクリン

そのワリに他2製品とそれほど価格が変わらないのも良心的ですね。
バッファロー
¥19,552 (2018/06/19 13:05:17時点 Amazon調べ-詳細)

Sponsored Links

 

「トライバンドWi-Fiルーター比較」まとめ

本記事は「【トライバンドWi-Fiルーター比較】BUFFALOかTP-LINK・ASUSどれを選ぶべき?」について書きました。

現状ではTP-LINK製のトライバンドルーター「Archer C5400」が、他より頭一つ抜けている印象です。

「自宅用にはややオーバースペックかも……」と感じても、進化の早いルーターですので、その時点での最高機種を導入することをおすすめします。

トライバンドルーターで快適なWi-Fiライフを過ごしていきましょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【2018年最新】無線LAN子機の選び方とおすすめ商品【USBタイプ】

高速トライバンドWi-Fiルーター「TP-LINK ARCHER C5400」設定・評判・レビュー

トライバンドWi-Fiとは何?デュアルとの違い・メリットデメリットを丁寧に解説

【メッシュWi-Fiルーター比較】Google Wifiかそれ以外どれを選ぶべき?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です