記事を探す方は全カテゴリーへ

トライバンドWi-Fiとは何?デュアルとの違い・メリットデメリットを丁寧に解説

トライバンドWi-Fiルーターとは何?デュアルとの違い・メリットデメリットを丁寧に解説

 
どうも、ガジェット好きのマクリン( @Maku_ring)です。

家にWi-Fiデバイスが多すぎて、我が家のルーターではもはや対応しきれない今日この頃。
 

マクリン

通信速度がたびたび低下するんですよね……。
 
そんなわけでルーターの買い替えを検討している中、メッシュルーターとともに候補に挙がっているのが、トライバンドWi-Fiルーターです。
 

ヨメ

ねえねえ、トライバンドってそもそも何?
 
本記事は「トライバンドWi-Fiとは何?デュアルとの違い・メリットデメリットを丁寧に解説」について書いていきます。
 

高速トライバンドルーターTP-LINK ARCHER C5400【設定・評判・レビュー】

トライバンドWi-Fiルーター比較!BUFFALOかTP-LINK・ASUSどれを選ぶべき?

【メッシュWi-Fiルーター比較】Google WifiかDeco M5・Lyra Miniどれを選ぶ?

メッシュWi-Fiとは? 中継器との違い・メリットデメリットを丁寧に解説

トライバンドとデュアルバンドの違いはそもそも何?

一般的なWi-Fiルーター(我が家も)は、2.4GHzと5.0GHz、2種類のWi-Fi電波(2つの周波数帯)を持つデュアルバンドのルーターです。

デュアルバンドは英語で書くとdual-band

「dual-」は「2つの」、「band」は「周波数帯」なので、直訳すると「2つの周波数帯」ということになります。

一方トライバンドは、英語でtri-band。こちらは「3つの(tri-)周波数帯」です。

トライバンドとは平たく書くと「3種類のWi-Fi電波(3つの周波数帯)を同時に利用できる」という意味を指します。

デュアルバンドの2.4GHzと5.0GHzにくわえ、もう一つ別の5.0GHz帯の電波も使えるようになっているのです。

デュアルバンドとトライバンドの比較

3種類の電波を同時に使うため、ルーターの脳的な役割である「CPU」も、デュアルバンドより多く搭載することで強化しています。
 

マクリン

トライバンドは鉄道のレールを増やすイメージですね。
 

トライバンドWi-Fiのメリットは何?

ヨメ

トライバンドがたくさんのWi-Fiを出せるのは分かった。けど、それって何かいいことあるの?
 

マクリン

それを理解してもらうために、まず2.4GHzと5.0GHzの特性の違いを説明するね!
 
2.4GHz帯と5.0GHz帯、両者の特徴はざっくり書くとこんな感じ。
 

Wi-Fi電波の特徴

  • 2.4GHz帯 速度は遅いが、障害物に強い
  • 5.0GHz帯 速度は早いが、障害物に弱い

 
つまり「打たれ強いけど鈍足」なのが2.4GHz、「繊細なスピードスター」が5.0GHzというイメージです。

通信速度の必要なWi-Fiデバイスは、スピードスターの5.0GHzを使いたいところ。

しかし、周りに壁・ドアなど障害物の多い建物(特に戸建て)では、5.0GHzの実力を発揮できないことがほとんどで、2.4GHzのほうがかえって速度をキープできるのです。

あとはWi-Fiの接続台数が増えると、ひとつの電波で担当する台数も増えてしまい、繊細な5.0GHzが余計にやせ細るといった事態におちいります。
 

マクリン

こんな不満を解消したのがトライバンド!
 

Wi-Fi電波が3つになることで、ひとつの電波でまかなうWi-Fi機器の台数が減り、繊細な5.0GHzでも安心して実力を出せるのです。

また、同時につなげられるWi-Fiデバイスの数も単純に増えます。ハイエンド機種「TP-Link Archer C5400」はなんと最大64台

トライバンドルーターのメリット

 
Wi-Fi電波が多いだけでなく、トライバンドルーターはルーター自身の機能が強化されており、そのひとつがQoS(クオリティ・オブ・サービス)機能
 

マクリン

重要度の高いWi-Fiデバイスを優先的に高速にできる機能ですよ!
 

Sponsored Links

 

トライバンドWi-Fiをおすすめする人・しない人

同僚

トライバンドすごいね! なんなら全員、トライバンドのルーターにしたほうがいいんじゃない?

そう思われた方がいらっしゃるかもしれません。

トライバンドルーターは確かにすごいです。が、万人にトライバンドをおすすめできるかというと、そういうものでもありません。

人によっては、トライバンドではオーバースペックというケースもあるからです。

その特性を理解した上で、自身の環境に合いそうならば導入することをおすすめします。

そんなわけでトライバンドWi-Fiへの置き換えを勧めるのはこんな人。

トライバンドをおすすめする人
  1. デュアルでは限界を感じるほどWi-Fiデバイスが多い
  2. 有線LANで接続するデバイスもそこそこある
  3. とにかく速度が最優先である
  4. 詳細な設定(チャネルや帯域変更、VPN運用)をしたい
 
我が家のようにWi-Fiデバイスの多い家庭なら取り入れるべきですが、大事なのは「有線LANオンリーの機器もあるか」という点。

有線LANの接続機器がそれほどなく、Wi-Fiデバイスだけが多い環境であれば、メッシュWi-Fiという選択肢もあるからです。

トライバンドルーターはアンテナを4本そなえ、最大速度2167Mbpsの製品もあるなど、高速化にこだわる人にこそおすすめできます。

一方トライバンドをおすすめしないのは、こんな環境の人。

トライバンドをおすすめしない人
  1. 速度よりも安定性を優先する
  2. Wi-Fiデバイスだけが多い
  3. 部屋が多い(または広い)
  4. デバイスの移動がよくある
 
トライバンドもなかなかの安定性ですが、複数台のルーターで運用するメッシュルーターの環境にはかないません。

メッシュルーターは数台のルーターでお互いに接続し合い、Wi-Fiエリアを広く塗りつぶしていくイメージ。しかもルーターの追加までできちゃう。

したがって、広いエリアをカバーしたい、あるいは他の部屋でもWi-Fiを利用する場合は、トライバンドよりもメッシュルーターのほうがベターでしょう。

 

マクリン

そもそもWi-Fiデバイス自体が多くない人は、従来のルーター(デュアルバンド)で充分ですよ。

Sponsored Links

 

「トライバンドWi-Fi」まとめ

本記事は「トライバンドWi-Fiとは何?デュアルとの違い・メリットデメリットを丁寧に解説」について書きました。

家のWi-Fi環境に不満を感じたとき、まず見直すべきは無線LANルーターです。

トライバンドルーターは他のルーターに比べてやや割高に見えるかもしれません。

ですが、その快適性に高い満足感が得られること間違いなしです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

高速トライバンドルーターTP-LINK ARCHER C5400【設定・評判・レビュー】

トライバンドWi-Fiルーター比較!BUFFALOかTP-LINK・ASUSどれを選ぶべき?

【メッシュWi-Fiルーター比較】Google WifiかDeco M5・Lyra Miniどれを選ぶ?

メッシュWi-Fiとは? 中継器との違い・メリットデメリットを丁寧に解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です