アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【おすすめ】海外出張に持参すべき旅行用家電・ガジェット6選【便利】

【おすすめ】海外出張に持参すべき旅行用家電・ガジェット6選【便利】

 
どうも、出張多すぎマクリン( @Maku_ring)です。
 

マクリン
かつては海外出張も多く、中国4日  日本1日  韓国3日でGWがほぼつぶれるなんてこともありましたね……。
 
家電好きであるワタクシは、海外出張時も快適に過ごせるよう、自分の中でトラベル家電の鉄板セットがありました。鉄板セットの中でも全力でおすすめできる6点にしぼって紹介します。
 
マクリン
僕が使っていた頃より、新調されたモデルも多数あるため、最新モデルの情報をお伝えしますね!
 
そんなわけで本記事は「【おすすめ】海外出張に持参すべき旅行用家電・ガジェット6選【便利】」について書いていきます。

1. Anker PowerCore+ 19000 PD

電源確保がしづらい環境なので、モバイルバッテリーは必需品。

できればスマホを約10回近く充電できる、20,000mAhクラスの大容量が望ましいです。

20,000mAhクラスのPD対応モバブは「Anker PowerCore+ 19000 PD」がおすすめ。

Anker PowerCore+ 19000 PDは19,200mAhのPD対応モバイルバッテリー
 
表面はキズの目立ちにくいアルミ製のマット加工、裏面はすべりにくいゴム加工が施されています。

Anker PowerCore+ 19000 PDの表面はマット加工
Anker PowerCore+ 19000 PDの裏面はゴム加工
マクリン
ビジネスシーンに合う上質感と機能美を備えてますよ!
 
端子はUSB-A x 2とUSB-Cを搭載しています。

Anker PowerCore+ 19000 PDはUSB-CとUSB-A搭載
 
3つの端子を備えているだけあって、サイズはそれなりに大きいです(約169 x 77 x 22mm)。

Anker PowerCore+ 19000 PDのサイズは約169 x 77 x 22mm
 
手に持ったイメージは小型の長財布くらい。握った触感はしっとりしており、ホールド感もかなり良い感じです。


 

重量比較のために同クラスの「RAVPower RP-PB159」と「Anker PowerCore Speed 20000 PD」を並べてみました。

Anker PowerCore+ 19000 PD

RAVPower RP-PB159

PowerCore Speed 20000 PD

同クラスで唯一、USBハブ機能と3ポートを同時搭載している分、Anker PowerCore+ 19000 PDがもっとも重いです(約422g)。

特筆すべき点は急速充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD30」が付いていること。

Anker PowerPort Speed 1 PD30
 
PD対応の充電器なので、モバイルバッテリー本体が約3.5時間で満充電できちゃいます。


 
Anker PowerCore+ 19000 PDは最大10W出力と15W出力、2種類のUSB-Aポートを備えています。

Anker PowerCore+ 19000 PDは2種類のUSBタイプAを搭載

10W出力のUSBポートは「PowerIQ」、15W出力のポートは「PowerIQ 2.0」を搭載しています。

いずれも「デバイスに応じて最適な電流で急速充電する機能」ですが、PowerIQ 2.0はQuick Charge対応品までカバーするすぐれもの。

PowerIQ対応の10W出力USBポートは、スマホ・タブレットともそれぞれに合った電流値となっています。

PowerIQ x スマホ(0.93A)

PowerIQ x タブレット(1.48A)

 
PowerIQ 2.0対応の15W出力USBポートは、PowerIQにくらべて高出力であり、大きな値を示していました。

PowerIQ 2.0 x スマホ(1.56A)

PowerIQ 2.0 x タブレット(1.88A)

フル充電まで早めに持っていきたいデバイスやタブレットは、PowerIQ 2.0対応USBを使うのがベターでしょう。

マクリン
ワット数2種類のUSB-Aポートを備えるモバイルバッテリーはめずらしく、使い勝手もかなり良いですよ!
 
USB-Cポートは入出力の機能を備えており、本体充電・デバイス充電の双方に対応しています。

Anker PowerCore+ 19000 PDはPD対応USBタイプCを搭載
 
出力は最大27Wであり、MacBook・MacBook Airなら急速充電できるワット数です。

Anker PowerCore+ 19000 PDのUSB-Cは最大27W
 
MacBook Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を計測したところ、約22Wと最大値に迫る充分な値を示していました。

MacBook Pro(22.4W)

 
また3ポート合計で52Wの出力に対応しています。

Anker PowerCore+ 19000 PDは3ポート計52Wに対応

52Wは、PowerIQ対応USB-A(最大10W)とPowerIQ 2.0対応USB-A(最大15W)、それからPD対応USB-C(最大27W)を合わせたワット数と同じ値。
 

マクリン
つまり3台同時につなげてもフルスピードで充電できちゃいます!

Anker PowerCore+ 19000 PDのユニークな機能がUSBハブ


 
電源ボタンを2秒間押すことで「USBハブモード」に切り替わります。


 
USBハブモードにした上で、USB-CポートをPCとつなぐことで、USB-Aをハブ用のUSBポートとして使うことができます。

Anker PowerCore+ 19000 PDはUSBハブ機能搭載
Anker PowerCore+ 19000 PDはUSBハブ機能搭載
注意
USBハブモード時、PowerIQ 2.0対応USB-Aポートは最大10W出力となります。
 

今のところ、モバイルバッテリーでUSBハブ機能を備えているのは、Anker PowerCore+ 19000 PDとRAVPower RP-PB059のみです。

しかし、急速充電器付きとなると、Anker PowerCore+ 19000 PD一択。

20,000mAhクラスで多機能なモデルをお探しなら、現時点ではベストのモバイルバッテリーでしょう。

Anker PowerCore+ 19000 PDレビューはこちら

【Anker PowerCore+ 19000 PDレビュー】ハブ機能付きのPD対応超大容量モバイルバッテリー【19200mAh】  

2. GlocalMe G3 モバイルWi-Fiルーター


モバイルバッテリーと同じく大事なネット環境。日本よりもWi-Fi環境が充実している国もあれば、「電波が弱すぎて全然使いものにならん!」というところも多々あります。

そんなわけで海外出張時に会社から必ず持たされていたのが、「GlocalMe G3」というモバイルWi-Fiルーターでした。

 

こちらのモバイルルーター、はっきり言って高い(約2万円)です……。

 

マクリン
ですが、なにかと面倒くさいレンタルWi-Fiや、割高な携帯キャリアの海外ローミングにくらべ、手続きが圧倒的にラクでコスパ抜群!
 

基本的な使い方は、スマホのアプリ「GlocalMe APP」を介して、使いたいデータ容量分のユーロだけ購入&チャージする形式です。支払いはPayPalとクレジットカード(VISA・MASTER)に対応しています。

 

マクリン
使う国によって1GB分使えるユーロは異なりますが、2〜10ユーロの間に収まるイメージですね。

 

これ1台であれこれ考えることなく、SIMカード入れ替えなしに使えるのは、想像以上のストレスフリー

本体はちと重い(スマホ2個分)ですが、5,350mAhのバッテリーを内蔵しており、けっこう長持ちします。スマホへの充電も可能です。

 

マクリン
海外現地でSIMカードを入手したら、本体のスロットに挿して使うこともできますよ!
 

Sponsored Links

 

3. 海外変換プラグ NIERBO TP40

海外のコンセントは日本と形状が異なります。

日本はAタイプが一般的なのに対し、ヨーロッパではCタイプが主流、アジア・オセアニアはBF・Oタイプがよく使われています。

そこで、日本の電化製品を海外で使うにあたり、必要なのが変換プラグです。

数ある変換プラグでもおすすめなのが「NIERBO TP40」です。


 
手のひらに載るコンパクトサイズかつ約120gと、変換プラグとして圧倒的に軽量コンパクトに作られています。

海外変換プラグNIERBO TP40のサイズ
 

NIERBO TP40はEU・UK・AUS・USタイプと、4種類のプラグを搭載しています。

NIERBO TP40は4種類のプラグ搭載

マクリン
なんと世界150ヶ国以上に対応してますよ!

PUSHボタンを押しながら、各タイプに応じたレバーを引くことで、それぞれに該当するプラグが引き出される機構となっています。


NIERBO TP40は100〜240Vの電圧をサポートしていますが、変圧機能は付いていません。

海外のコンセントは日本と電圧が異なり、日本の100Vに対し、多くのアジア・ヨーロッパは220〜240V。

スマホ・タブレット・デジカメ・ノートPCなど、多くの電化製品は変圧なしに使用可能です。

しかし、電子レンジ・炊飯器・ドライヤー・アイロンなどの高出力電化製品は、変圧器が必要であるため、NIERBO TP40で使うことはできません。

注意
本製品は1440W(240V/6A)までしか対応していません。このワット数を超える製品は使用できませんのでご注意ください。
 

NIERBO TP40はUSB-A x 3とUSB-Cを搭載しています。

NIERBO TP40はUSB-CとUSB-Aを搭載

マクリン
USBタイプCポートもあるのはかなり使いやすいですね!

各USBポートは2.4A、4つ合計で3.4Aに対応しています。

USB-Aのアンペア数を確認したところ1A程度出ており、スマホが急速充電できる出力でした。


 
USB-Cのほうが高出力であったため、フル充電まで速くもっていきたいデバイスは、こちらのポートを使用するといいでしょう。

スマホ(1.65A)

タブレット(2.48A)

急速充電のアンペア数

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

最大出力は3.4Aなので3台同時充電に対応していますが、3つ接続すると本体がかなり熱くなるため、2つまでに留めることをおすすめします。

MEMO
ノートPCはコンセントから充電する必要があるのでご留意ください。
 
小型軽量にしてAC出力・2種類のUSBと多彩な接続に対応。

NIERBO TP40は海外出張・旅行のみならず、普段づかいでも活躍するくらい、汎用性の高い変換プラグです。

NIERBO TP40レビューはこちら

【NIERBO TP40レビュー】4種類の海外用コンセントとUSB-C&A搭載の変換プラグ  

Sponsored Links

 

4. パナソニック 携帯用おしり洗浄器 ハンディ・トワレ


マクリン
これを挙げるのは正直迷いましたが、大事な問題なので避けては通れません……。

 

海外出張・旅行でぶつかるのがトイレどうするか問題。すなわち「ウォッシュレット全然ないやん!」ということです。

MEMO
ウォッシュレットはTOTOの商標登録なので厳密には「温水洗浄便座」ですが、表記として分かりやすいため、ウォッシュレットに表現を統一させていただきます。

 
ウォッシュレットのヘビーユーザーであるワタクシは、初めての海外で台湾に訪れた際、どこもかしこも(高級ホテルですら!)トイレにウォッシュレットを備えていない事実に愕然としました。

ウォッシュレットがないと排便できない身体のため、日を重ねるごとにお腹がパンパンになっていき、本当に苦しい日々でした……。
 

ヨメ
そもそもウォッシュレットがないと出せない事自体が問題だけどね。
マクリン
いや、まあそのとおりなんですがね……。
 
僕のような事態に陥らないためにも、ウォッシュレット愛用者は、必ず「パナソニック 携帯用おしり洗浄器 ハンディ・トワレ」を持っていきましょう。
 

数ある携帯用おしり洗浄器の中でパナソニック 携帯用おしり洗浄器 ハンディ・トワレをおすすめするのは、水勢が絶妙な強さであること。

他社製品だと勢いが足りないと感じるものが多い中、こちらは「HI」にすれば、まず物足りないことはありません。

 

マクリン
ボタンを押しっぱなしにしなくていいのもグッドなところですね。

 

またペットボトル用のアダプターも付いているのが最大の特長。僕のように本体の水タンクだけでは少ない人でも、ペットボトル分の水まで追加できれば安心です。


 

5. パナソニック 脱臭ハンガー MS-DH100

長期出張時にスラックスは複数本持っていくものの、ジャケットはかさばる関係もあり、一着しか持っていきません。

 

マクリン
そうなると気になるのが、ジャケットに染み込んでくるニオイ、それからシワですよね……。

 

海外出張でもそれは付いて回るもの。食べ物・汗・気候と、ジャケットが独特なニオイをまとうことも少なくありません。

そんなわけでジャケット対策に「パナソニック 脱臭ハンガー MS-DH100」を忍ばせておくことを全力でおすすめします。

 

こちらは平たく書くと「ナノイーXを放って、衣類のニオイ(食べ物・汗・タバコ)・花粉を極力分解してくれるハンガー」です。

ナノイーXとは「反応性の高い(とっても元気な)酸素」のことで、空気清浄機の脱臭機能でも活用されています。

 

マクリン
これまでハンガー形状にしたものが無かったから、パナソニック 脱臭ハンガー MS-DH100は画期的なんですよね。

 

しかもコンセントのない箇所でも使えるよう、モバイルバッテリーからの電源供給で使用可能です。重量の観点からバッテリー内蔵にしていないとのこと。

 

約5時間運転の通常モードでも消臭効果はかなり高め。僕の主観ではありますが、タバコ臭のきつい状態でも8割以上は消臭できている印象です。

 

マクリン
あと全体的に風合いがシャキッとするので、次の日も気持ち良く着れるんですよね。操作が簡単なのも魅力!
 

6. デバイスネット トラベルケトル スマート

長期出張となると、カップラーメンやみそ汁を食したくなるもの。

 

マクリン
そんなとき海外ホテルに意外とないのが電気ポット……!

 

カップ麺を握りしめて何度立ち尽くしたことか……。僕のような事態にならないためにも、持ち運びできる電気ケトル「デバイスネット トラベルケトル スマート」の持参をおすすめします。

 

500mlのお湯が入る大容量ながら、軽量460gかつ、直径10cm x 高さ18cmのコンパクト設計。円筒形のシンプル形状で持ち運びやすくなっています。

 

底面には電圧切り替え用のダイヤルが付いており、使用国の電圧に合わせられるようになっています。

 

マクリン
お湯が沸いたら自動的に電源オフになる安心設計ですよ。
 

海外出張におすすめの旅行用家電・ガジェットまとめ

本記事は「【おすすめ】海外出張に持参すべき旅行用家電・ガジェット6選【便利】」について書きました。

海外でも自分の過ごしやすい環境を手に入れるためには、いろいろと工夫が必要なもの。自分なりの「鉄板グッズ」を集めていきましょう。

 

マクリン
こちらの記事で紹介した出張便利グッズもおすすめなので、ぜひ一度目を通してみてください。
【2019年】年100回出張するビジネスマン必需品の便利グッズおすすめ9選!

 

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

【NIERBO TP40レビュー】4種類の海外用コンセントとUSB-C&A搭載の変換プラグ フロントオープンのスーツケースおすすめ5選【口コミ】 【セキュリポレビュー】海外旅行・出張におすすめのウエストポーチはこれ【Amazon2千円台】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です