記事を探す方はサイトマップへ

ユニクロのトランクスだけはいてた僕が、TOOTのパンツにハマった4つの理由

 

どうも、ユニクロ愛好家のマクリン(@Maku_ring)です。

年々ユニクロの侵食率が上がってきており、今では会社の格好が全身ユニクロです……。

トランクスももちろんユニクロ。

そんな僕は昨日、おみくみさんと一緒にイベントへ行ってきました。

パンツブランド「TOOT」の枡野社長と「夕飯何食べたい?」記事が死ぬほどバズった琴市さんのトークライブです。

内容に感銘を受けたので、それを元に意識高い系の記事を書くつもりでした。

ところが、イベントのお土産でいただいたTOOT(トゥート)のパンツをはいてみて、その思いが吹き飛んでしまったのです。

 

マクリン

な……なんや、このパンツは……! 未体験の穿き心地やないか!

 

ということで、まずはTOOTのパンツについて触れなくては、おさまりの悪い状況(パンツだけに)になりました。

そんなわけで今回の記事は「ユニクロのトランクスだけはいてた僕が、TOOTのパンツにハマった4つの理由」について書いていきます。

 

 

 

TOOT社長の枡野恵也さんから学んだ『人生をはみ出す技術』
ワイシャツの下に着るおすすめのインナーはユニクロのエアリズム一択!
清潔感あるビジネスマンが常に持っておくべき「おすすめ身だしなみグッズ」5選!

ユニクロのトランクスだけはいてた僕が、TOOTのパンツにハマった4つの理由

TOOT」は国産の男性向けパンツブランドです。

国内の自社工場にて職人の手で作られる高品質なパンツです。下着にはめずらしい、大胆でポップなデザインに特徴があります。

今回社長のお話を聞くまでは、そのブランド名くらいしか知りませんでした。

ところが実は、ゲイピープルの認知度ほぼ100%だったり、伊勢丹メンズ館の下着では10年以上売り上げナンバーワンだったり、政治家・企業のお偉方の購買率が高かったりと、知る人ぞ知るパンツブランドなのです。

 

 

 

いざパッケージを開封すると、愚息(ムスコ)を包み込む部分だけがせり出した、独特な形状のパンツが登場。

 

 

おそるおそる、そのパンツに足を通してみました。

 

※愚息のリアル感が強すぎて、ヨメ監修のもと、ほとんどをモザイクで隠さざるを得ませんでした……。

 

マクリン

お、おわ……! なんだこのフィット感は!?

 

ユニクロのトランクスしか経験してこなかった僕にとっては、まさにカルチャーショックでした。

リピート率が脅威の80%以上なのも頷ける、未体験感覚でした。

愚息の主張がこれほど強いと、最初はこっぱずかしかったのですが、慣れとはおそろしいもので数分後にはどうでも良くなりました。

それでは僕が、TOOTのパンツにハマった4つの理由について触れていきます。

 

 

 

 

心地よいフィット感がある

 

マクリン

包み込まれているのに不快じゃない!

 

その秘密は、フロント部がせり出した構造にあります。

こちらはフロント部を内側から撮ったものです。

 

 

通常の平面裁断ではなく、立体裁断で作られているのです。

 

【立体裁断】

人体や人台に直接布地を当てて形を定め裁断する方法。

ー「大辞林」より引用ー

 

すなわち「TOOTのパンツは愚息の形に合わせて型が作られている」ということです。

 

マクリン

だとすると、TOOTの工場には大量の愚息モデルが置かれているのでしょうか。すごい光景だ……!

 

パンツに愚息がはまったとき、最も良い形におさまることを想定して作られているので、自然とその形に矯正されます。

矯正されるだけでストレスはかかっていないので、ほど良い包み込まれ感しか感じません。

良い形におさまるということは、どうしても愚息が前に押し出される格好になるため、愚息の主張が強くなります。

 

マクリン

つまり見栄を張りたい人にはピッタリだということですね!

 

 

 

 

愚息のポジションをイジらなくなる

実は僕、ゴールデンボール(GB)がアシンメトリー(左右非対称)なのです。

片方だけ大きく垂れ下がっています。

これによるデメリットが一点だけありまして。

 

マクリン

ユニクロのトランクスでは、垂れ下がっているほうに愚息のポジションが引っ張られてしまうこと!

 

だからアンタ、ポジションよく直してるのね……。

ヨメ

 

愚息のポジションが頻繁に動くため、気になって仕方ありませんでした。

ところがTOOTのパンツに変えてから、ポジションをイジることが全くなくなったのです。

アシンメトリーのGBは、TOOTに包まれて持ち上げられ、シンメトリー(左右対称)に近い状態になります。

 

マクリン

それにくわえ、しっかりしたホールド力があるため、ポジションがばっちり決まるのです!

 

愚息のポジション直しがなくなることが、これほど快適になるとは思いもよりませんでした。

意外とストレスになっていたのでしょう。

 

 

 

 

チクチクしない

 

TOOTのパンツは、伸縮性を重視して綿にポリウレタンが混ざったものです。

それもあって愚息の形にぴったりフィットするのですが、ここで大事なのがやはり素材。

愚息とじかに触れるため、チクチクしないことが求められます。

その点、TOOTは完ぺきです。

特に愚息を包み込む部分は、生地が高密度かつフラットに織り込まれているため、優しい肌触りなのです。

 

 

 

 

愚息にネクタイを締める感覚が得られる

僕は普段ネクタイを締めないのですが、気持ちを引き締めたいときにあえて締めるようにしています。

それに近い感覚がTOOTのパンツにはあります。

常にほど良いホールド力で包まれているため、なんだか気持ちがシャンとするのです。

僕は今回、TOOTの中では控えめの色であるグリーンを選びました。

これが例えばピンクやレッドであれば、ホールド力にくわえて色の効果で、気分がアガるという感覚が得られるでしょう。

だからTOOTの効果を実感したい方は、できるだけ派手目のカラーを選ぶといいです。

 

マクリン

社長曰く、「俺こんな真面目な顔で仕事しているけど、エゲツないデザインのパンツ穿いてるんだぜ」という状況が、仕事でのストレス耐性を上げてくれるらしいです。

 

 

 

まとめ

今回の記事は「ユニクロのトランクスだけはいてた僕が、TOOTのパンツにハマった4つの理由」について書きました。

僕はこれまでの人生、下着に重きを置いたことがありませんでした。

ところが今回、TOOTのパンツを着用して感じたのは「たかがパンツ、されどパンツ」だということです。

パンツを意識しなくても人生で困ることはありませんが、パンツを意識するだけで人生がちょっとだけ豊かになるのです。

パンツって意外と大事。

 

マクリン

いまだかつて、こんなに「パンツ」「愚息」を連呼したことがあっただろうか……。

 

どうも、マクリンでした。

 

MEMO

TOOTのパンツは、Amazonでも一部ラインナップを販売していますが、公式サイトのオンラインショップが非常に充実しています。

ご興味のある方は一度目を通してみてください。

 

 

 

 

TOOT社長の枡野恵也さんから学んだ『人生をはみ出す技術』
ワイシャツの下に着るおすすめのインナーはユニクロのエアリズム一択!
清潔感あるビジネスマンが常に持っておくべき「おすすめ身だしなみグッズ」5選!