記事を探す方はサイトマップへ

12回の引越し経験で伝える、東北の田舎に移住が決まったら準備すべき事

どうも、マクリン(@Maku_ring)です。

これまで僕は12回の引越しを経験してきました。

これだけ引越すと免許証のウラ面が埋まるので、追加用の紙シールが上から貼られますw

ときには役所でけげんな表情をされることも……。

 

マクリン

いやいや、夜逃げちゃうからね!

 

おかげで引越しは慣れっこで、新しい土地への順応も早いほうです。

ですが、そんな僕でも初めて東北に引越したときは戸惑いの連続でした……。

ちなみに東北では、仙台市・盛岡市・青森市に住んでいました。

そんなわけで今回の記事は「12回の引越し経験で伝える、東北の田舎に移住が決まったら準備すべき事」について書いていきます。

 

マクリン

トップ画像は本日の仙台出張で食べた「利休」の牛タンです♪

 

 

青森県に暮らして分かった3つの事(だいじゅん/来々軒・津軽弁・大間)
青森に転勤で引越してきた営業マンがびっくりした9つの事

東北の田舎に移住が決まったら準備すべき事

銀行口座

マクリン

まずメガバンクありません!

見てください、この壊滅的状況……。

 

都道府県三菱東京UFJ三井住友りそな
青森県×
岩手県×
秋田県×
山形県×
福島県×

※「みずほ銀行」は全都道府県に出店しています。

 

マクリン

宮城は東北唯一の政令指定都市があるので、さすがに各銀行1店舗以上ありました!

 

すなわち地方銀行が強いわけです。

メインバンクが三菱東京UFJである僕は、ATM利用手数料の徴収を免れられません。

ATM利用手数料にうるさいマクリンは当初、地銀の口座開設に走ろうとしました。

ところが開設寸前で思いとどまったのです。

 

マクリン

いや、待てよ。上手くやれば手数料ゼロにできるんじゃね?

 

そこでまず目をつけたのがイオン(AEON)の存在です。

イオンは郊外に建っていることが多く、系列のマックスバリュやザ・ビッグも含めると東北地方にもかなりの店舗数があります。

これらの店舗にはもれなく「イオン銀行のATM」が設置されています。

そしてイオン銀行では、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のATM利用手数料が無料なのです。

これは助かります。

 

マクリン

なにげに多い「ミニストップ」もイオングループやから、イオン銀行のATMありまっせ!

 

イオン銀行のATMを駆使すれば、わざわざ地銀の口座を開設せずともATM手数料無料で乗り切れます。

2016年から青森県にもようやくセブンイレブンが進出し、併設のセブン銀行もどんどん増えています。

より磐石な体制をつくるために、セブン銀行でも無料で引き出せるようにしたいものです。

そこでオススメしたいのは「じぶん銀行の口座開設」です。

じぶん銀行は「KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行」でスマホでの利用に特化しています。

まずじぶん銀行と三菱東京UFJ銀行は、相互の振り込み手数料が無料です。

さらにじぶん銀行は「ステージごとに引き出し無料回数」が設定されており、少なくとも月2回まではセブン銀行ならびに各コンビニATMで無料で引き出せるのです。

 

  • じぶんプラス1:月2回まで0円
  • じぶんプラス2:月3回まで0円
  • じぶんプラス3:月4回まで0円
  • じぶんプラス4:月8回まで0円
  • じぶんプラス5:月11回まで0円

 

 

だからいざ「近くのコンビニで引き出したい!」となったら、三菱東京UFJ銀行からじぶん銀行へ引き出す分だけのお金を移動し、じぶん銀行で引き出せばいいわけですね。

 

マクリン

ちなみに三菱東京UFJは、ネットバンキングでの振込時に余計なパスワード入力がないのがラクでいい!

 

ちなみに僕みたいに「意地でもメガバンク使うんだ!」というこだわりがなければ、全ATM利用手数料ゼロの「新生銀行」が最強でしょう。

→詳細はこちら

 

 

 

4WDの自動車

もしあなたが今2WDの車を所有していて東北への転勤が決まった場合、すぐに車を4WDに買い換えなきゃいけません。

 

マクリン

まさに僕がその状況に直面しましたから……

 

厳密にいうと、東北の中でも仙台市内だけの生活であればなんとか2WDで事足ります。

ですが、他の東北エリアはまずムリです。

東北の冬場はふとした拍子に豪雪に見舞われます。

そんな中で2WDの車を運転することは、命を危険にさらす行為です。

 

マクリン

ほんまにツルッツルすべりますよ!

 

冬場の「4WD&スタッドレスタイヤ」は鉄板です。

ちなみに東北人は、スタッドレスタイヤにだけはお金を惜しみません!

 

マクリン

ブリヂストンへの信頼感ハンパないですよ!

 

命には替えられないので、当たり前といえば当たり前ですが。

また東北人は、スバルとマツダへの信頼感もハンパないです(あくまで僕の主観と数人への統計によるもの)。

特にスバル車はほんとうに多いです。

信頼感の理由として皆さんおっしゃるのは「スバルの4WDは本物の4WDだから!」ということです。

 

スバルの4WDつねに4輪駆動!
多くの車の4WDヤバイときだけ4輪駆動!

 

元・エンジニアの端くれなので、少しだけ説明します。

最近の車は燃費を気にした設計が多いので、ヤバイとき(スリップ時)以外はほぼ2輪駆動になっている「なんちゃって4WD」が多いのです。

マツダの4WDもそういう意味では「なんちゃって4WD」ですが、やばい時の察知能力と事前準備がハンパなくて、常に滑らないよう4輪の駆動バランスを細かく調整しているので「電子制御を突き詰めた4WD」なのです。

 

マクリン

アナログのスバルと電子のマツダ、どちらも独自路線でかっちょいいですね~!

 

 

 

物件選び(寒くて雪の多いところにかぎる)

「いかに冬場を乗り切るか」を主軸において物件を選びましょう。

具体的には下記条件を満たすことが大事です。

 

  • 二階以上の部屋をえらぶ
  • 駐車場はロードヒーティング(路面融雪)付き
  • 自動給油の石油ファンヒーター(FF式)付き
  • ベランダがある

 

 

 

二階以上の部屋をえらぶ

営業マン時代はサンプルの出し入れが多かったので当初は一階の部屋に住むことが多かったんですが、四階の部屋に住むようになってから床から伝わる冷気のちがいに驚きました。

床が寒くないだけで、体感温度はかなり変わりますね。

 

マクリン

あと一階は虫が多い!

 

ただでさえ、虫の多い東北でさらに一階となれば、そりゃあもう虫の巣窟です……。見たことない形のクモとか出てきますから。

床からの冷気と虫対策という点で二階以上の部屋に住むことをおすすめします。

また冷気といえば、ドア下からのすきま風もなかなか侮れません。

東北に住んでから、すきま風を防ぐことの重要性を知りました。

そんなときはこちらの「すきま風ストッパー」が大活躍してくれました。

 

 

ドアの下に挿し込むだけなので設置はめちゃ簡単ですが効果絶大です。

 

 

駐車場はロードヒーティング付き(屋根付きなら尚良し!)

寒冷地仕様の物件なら、ロードヒーティング付きの駐車場はもはや当たり前の世界ですね。

豪雪地帯では、まず朝の出発時にやることは「雪かき」です。

ちなみに営業マン時代は、雪かきで一日のエネルギーの半分くらいを消耗していました。

 

マクリン

雪かきの必要なエリアの営業マンが、雪の降らないエリアの営業マンと同じ土壌で比較されるのは不条理なハナシです!

 

それくらい大変な作業なのです……。

でも駐車場にロードヒーティングが付いていたら、タイヤ周りの雪をまあまあ溶かしてくれているので、雪かきの負担をかなり減らせます。

さらに屋根付きの駐車場ならば、雪かきがほとんどいらなくなるのでサイコーですが、まだそんなに多くはありません。

 

マクリン

ちなみにマクリン的雪かき三点セットは、スノーブラシ・スコップ・ダンプです!

 

「スノーブラシ」で車に載った雪を払い落とし、アルミ製の先端補強がついた「スコップ」でざくざく雪を掘り出して、「ダンプ」で雪をガーッとかき出すといった具合です。

実際に僕が愛用していた三点セットを紹介します。

 

 

 

 

 

 

自動給油の石油ファンヒーター(FF式)付き

東北の厳しい冬を乗り切るとなると、生半可なパネルヒーターやオイルヒーターではとても間に合いません。

そこで石油ファンヒーターの登場ですが、冬場はほぼ付けっぱなしなので灯油の消費量がハンパありません。すなわちかなりの頻度で給油ランプが点灯します。

 

マクリン

このタンクへの給油作業が、極寒にさらされる中での地獄の作業なんですわ……

 

この地獄の作業をなくすために「自動給油の石油ファンヒーター付き」物件をえらびましょう!

こういった物件では、ガスや水道みたいに室内まで灯油の配管が設置されています。

その配管が部屋備え付けの石油ファンヒーターにつながっており、使用量に応じて後から支払うシステムになっているんですね。

 

マクリン

寒冷地は自動給油の物件が多いのでご安心を!

 

 

 

ベランダがある

「なんだそれ!? 当たり前じゃん」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ところが豪雪地帯では、ベランダのある物件のほうが少ないのです。

というのも、冬はずっと雪が降っているので、もはや「外に洗濯物を干す」という習慣がないのです。

だから室内干し用ポールが設置されている物件がとても多いです。

 

マクリン

でも豪雪に苦しむ時期なんて、ごくかぎられた時期やからね!

 

晴天時でもベランダがないと、布団などのデカ物は外に干せません。

夏場の東北は快晴が多いし過ごしやすい気温だし、日干しには最高の環境です。

ベランダのない物件に住んでたとき、デカめのタオルケットを張り切って干してたら、屋根の融雪ヒーターに思いきり引っかかって取るのが大変だったこともあります……。

 

マクリン

そんな目に遭わないためにも素直にベランダ付きに住みましょう!

 

東北はコインランドリーも充実しているので、晴れの少ない冬場はそちらを活用してもいいでしょう。

 

 

 

まとめ

今回の記事は「12回の引越し経験で伝える、東北の田舎に移住が決まったら準備すべき事」について書きました。

銀行口座からクルマ、物件選びまで東北ならではのことが多いので、最初は慣れるのに少し大変かもしれません。

ですが、東北の人は温かいし、ゴハンは美味しいし、トータルではメリットのほうが大きかったです。

いろいろな土地での生活経験は自分を成長させてくれるので、なかなかいいものです。

仙台は僕が離れてからどんどん発展していっているので、そこだけはちと悔しいですが……。

どうも、マクリンでした。

 

青森県に暮らして分かった3つの事(だいじゅん/来々軒・津軽弁・大間)
青森に転勤で引越してきた営業マンがびっくりした9つの事