おすすめのガジェット

【TP-Link Tapo L530Eレビュー】音声操作にも対応するマルチカラー対応のスマートLEDランプ

評価:4.5

スマートロックスマートリモコンなど、あらゆるスマート家電を導入し、スマートホームを目指しているマクリン( @Maku_ring)です。

取り入れている人が案外少ないものの、スマートライフに欠かせないアイテムの1つがスマートランプ

通常の電球と同じように取り付けるだけで、おうちを手軽にスマートホーム化できるすぐれものです。

その中でも数少ないマルチカラー対応のスマートランプが、TP-Linkの「Tapo L530E」。

TP-Link Tapo L530Eの外箱

白・青・緑・赤・黄といった基本色はもちろん、カラーチャートからも細かく指定でき、自分好みの照明色に設定できます。

マクリン
ダンスからリラックスまでボタンひとつで様変わり!

アプリ操作にくわえ、音声コントロールにも対応しているので、わずらわしいスイッチ操作から開放してくれます。

そんなわけで本記事は「【TP-Link Tapo L530Eレビュー】音声操作にも対応するマルチカラー対応のスマートLEDランプ」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

TP-Link Tapo L530Eの外観と初期設定

TP-Linkの「Tapo L530E」は、マルチカラー対応のスマートLEDランプです。

TP-Link Tapo L530Eはマルチカラー対応のスマートLEDランプ
 
スマートランプとはいえ、見た目自体はふつうのE26電球となんら変わりありません。


 
高い機能性にかかわらず、重量も一般的なモデルと変わらぬ約76gです。


 

初期設定

Tapo L530Eは、スマホアプリを介して家のWi-Fiに接続することで、あらゆるスマート機能が使えるようになります。

TP-Link Tapo

TP-Link Tapo

TP-LINK無料posted withアプリーチ

ハブなどの付属パーツも要らず、文字どおり電球を取り付けて設定するだけ。

初期設定方法を紹介します。
 

STEP.1
TP-Link IDにサインアップ
TP-Link IDにサインアップもしくはログインします。


STEP.2
デバイス追加
デバイス一覧からTapo L530を選びます。


STEP.3
電球を取り付ける

ソケットにTapo L530Eを取り付けます。


STEP.4
電源をつける

電源をつけるとランプが3回点滅します。


STEP.5
設定用Wi-Fiに接続

SSID「Tapo_Bulb_」から始まる設定用Wi-Fiに接続します。



STEP.6
家のWi-Fiに接続
自宅のWi-Fiに接続し、ネットワークにつなげます。



STEP.7
デバイスの名称付け
デバイスの名称をつけます。音声コントロール時の呼びかけに関係するため、分かりやすい名前をつけましょう。


STEP.8
設定完了
以上で設定は完了です。


 

音声コントロールの設定

Amazon AlexaやGoogleアシスタントと連携することで、音声コントロールができるようになります。

多彩な操作ができて実用性も高いので、お持ちの場合はぜひ設定しておきましょう。

STEP.1
ダッシュボード
ダッシュボードの「マイホーム」のフッターメニューから「私」を選びます。


STEP.2
音声コントロール
上のメニューから「音声コントロール」をタップします。


STEP.3
スマートスピーカー選択
連携したいスマートスピーカーを選びます。


STEP.4
アカウント連携
AmazonアカウントとTP-Link IDを紐付けします。Tapoスキルを有効にしていない場合はAlexaアプリから有効にしましょう。



STEP.5
設定完了
以上で設定は完了です。


TP-Link Tapo L530Eの機能をレビュー

Tapo L530Eの特徴を紹介していきます。

アプリ操作

アプリのUIは直感的で使いやすくできており、外出先からでも操作可能です。

マクリン
機能満載なのでひとつずつ紹介しますね!

5色のカラーパレットをタップすると、プリセットされている光色になめらかに切り替わります。


 
Suicaペンギンに照らしてみると、照明の色だけで雰囲気がガラリと変わっておもしろいです。






明るさを変えたいときは、電球の部分を上下にスライドするだけで可能となっています。


 
0〜100%まで無段階調光できるので、LEDでもまぶしくて困ることはありません。


 
プリセットの色は2回タップすれば編集でき、カラーチャートから細かく合わせられるので、「自分好みの色がない……!」なんてこととは無縁です。


Tapo L530Eのカラーチャート

色温度も電球色から昼白色まで自在に調整できるので、リラックスしたいとき・集中したいときなど、気分に合わせて変えられます。




使いどころがちょっとアレですが、変わった機能としてテーマを搭載し、パーティーやリラックスなど、用途に合わせて選ぶことができます。



パーティー


 
リラックス

 
決まった時間や時刻に点灯・消灯するタイマースケジュール機能も搭載し、細かい機能もカバーしています。
Tapo L530Eのタイマー
Tapo L530Eのスケジュール

また、オンオフをランダムに行うことで、不在を悟られないようにする「おでかけモード」も付き、安全面にも配慮されています。

Tapo L530Eのおでかけモード

ひとつ注意点として、大元のスイッチを切るとWi-Fiの接続も切れて操作できなくなるので、消灯時も大元のスイッチは切らないようにしましょう。
 

音声コントロール

音声コントロールも実に多彩なので、その代表例を紹介します。


 
これはできて当然ですが、「アレクサ、をオン(オフ)にして」もしくは「アレクサ、を点けて(消して)」で、ライトの点灯・消灯が可能です。


 
それからなんと、光色の変更にも対応し、「アレクサ、を青色にして」でプリセットの色に変えることができちゃいます。


 
光の明るさも音声操作でき、「アレクサ、の明るさをパーセントにして」で、好きな明るさに変えられます。

5パーセント」など、微妙な明るさにも設定できるので実用性はかなり高し。

音声操作がキモになる中、これだけいろいろ操作できるので、真の意味で生活になじむスマートランプが登場したといえるでしょう。

Sponsored Links

 

TP-Link Tapo L530Eレビューまとめ

本記事は「【TP-Link Tapo L530Eレビュー】音声操作にも対応するマルチカラー対応のスマートLEDランプ」について書きました。

TP-Linkの「Tapo L530E」は、ハブ不要で電球を取り付けるだけで、豊富なアプリ操作・音声操作に対応するスマートランプです。

うっとおしいスイッチ操作から開放してくれるだけでなく、マルチカラーで雰囲気も一変してくれるので、導入をぜひおすすめします。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【2021年】生活を便利にするおすすめのIoT家電・スマート家電10選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です