おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【TaoTronics TT-BH029レビュー】完全防水&8時間再生のワイヤレスイヤホン【Amazon2千円台】

 
どうも、ワイヤレスイヤホン好きのマクリン( @Maku_ring)です。

Bluetoothブルートゥース接続で、スマホとイヤホンのケーブルをなくしたワイヤレスイヤホン

市場に出回っているワイヤレスイヤホンの価格は、千円台から数万円までとさまざまです。

 

マクリン
安物は音質もイマイチなことが多いのよね……。
 

ところが、このたびSUNVALLEY JAPAN社ご提供の「TaoTronics TT-BH029」が、2千円台の価格からは想像できない高コスパ品だったので紹介します。

TaoTronics TT-BH029

 
そんなわけで本記事は「【TaoTronics TT-BH029レビュー】完全防水&8時間再生のワイヤレスイヤホン【Amazon2千円台】」です。
 

TaoTronics TT-BH029の外観と付属品

TaoTronicsは米国で創業したメーカーで、イヤホンを中心にさまざまな家電をリリースしています。

クオリティの高い製品群を出しているおかげで、多くのファンから支持されており、Twitter( @Taotronics_JP)のフォロワーさんを1万人近くも抱えています。

 

マクリン
信頼できるメーカーなのが分かりますね!
 

TaoTronics TT-BH029」は完全防水仕様(IPX6)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX6
「あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。


 
同梱品はイヤホン本体に保管ケース、Micro USBケーブル、説明書です。

TaoTronics TT-BH029の付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 
イヤーチップ・ソフトカバーは、本体装着済みのMサイズを含め3種類入っています。

TaoTronics TT-BH029のイヤーチップ・ソフトカバーは三種類
 
イヤホン本体は防水加工のゴム製で、重さはわずか16gと、軽量性は抜群です。

TaoTronics TT-BH029の外観
 

TaoTronics TT-BH029のイヤーカップはマグネット式になっており、左右をくっ付けることができます。

TaoTronics TT-BH029のイヤーカップはマグネット式
TaoTronics TT-BH029のイヤーカップはマグネット式
マクリン
首から下げてもブラブラしないので、めちゃ助かりますね!

コントローラーはボタン式で、適度なかたさで押し込みやすいです。

TaoTronics TT-BH029のボタンは押し込みやすい
 

コントローラーの側面は充電用のマイクロUSB端子となっています。

TaoTronics TT-BH029のコントローラー側面はマイクロUSB端子
 

TaoTronics TT-BH029は大容量バッテリーを搭載しており、8時間使用可能のロングライフバッテリーです(1時間半〜2時間で満充電)。

TaoTronics TT-BH029は8時間使用可能の長持ちバッテリー

長持ちではありますが、本体ではバッテリー残量を確認できない(スマホ画面には表示される)ため、その点だけ注意が必要です。

 

TaoTronics TT-BH029のペアリング

TaoTronics TT-BH029のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)はとても簡単です。

STEP.1
ペアリングモード
▷ボタンを長押しすると、青赤交互点滅のペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「TaoTronics TT-BH029」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わり、スマホ画面右上にはイヤホンのバッテリー残量が表示されます。


以上がペアリング方法です。

TaoTronics TT-BH029は通常のペアリングだけでなく、マルチペアリングにも対応しています。

 

ヨメ
ねえねえ、マルチペアリングってなに?

 

マクリン
2台同時にBluetooth接続できるってことだよ。

 

ヨメ
その場合、お互いに音楽を流しても大丈夫なの?
 

マクリン
ふっふっふ、それが実に使いやすくできているのだよ。

マルチペアリングでは、機器Aの再生中に機器Bから再生すると、Aの再生が自動停止してBからの再生を優先し、逆もまたしかり。

またB再生中にAから着信があると、Aでの通話を優先するといった具合に、お互いが重複しないよう調整してくれるので大変便利な機能なのです。

 

Sponsored Links

 

TaoTronics TT-BH029の装着感と音質

イヤホンの似合わなさに定評のあるワタクシですが、TaoTronics TT-BH029ならクールに決まります。

マクリン
ハウジング部のTTロゴ(TaoTronics)がカッコいいですね!

先端のゴムで耳の軟骨部分に固定できるため、フィット感は抜群で、激しく動いてもポロリと落ちる気配はありません。

ボタンは3つながら、実に多彩な操作が可能です(特に▷ボタン)。

TaoTronics TT-BH029のボタン

ボタン操作一覧
  • +ボタン 音量上げ/(長押し)曲送り
  • ▷ボタン 再生/一時停止/受話/終話/(2回押し)リダイヤル/(1秒長押し)音声コントロール起動/(2秒長押し)着信拒否/(さらに長押し)電源オンオフ
  • ーボタン 音量下げ/(長押し)曲戻し
 

マクリン
音声操作や着信拒否までボタン操作でできるモデルは、この価格帯ではなかなかありませんよ。

最後にイヤホンの大事な要素、音質です。

TaoTronics TT-BH029は、低音から中音域にかけてしっかり出せる設計となっています。

その反面、高音がやや弱い印象を受けました。

 

マクリン
ボーカルの声や電子音だと、特にクリアに聞こえますよ!
 

僕のようにR&BやEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)好きには、相性抜群のモデルです。

 

マクリン
左右イヤホン間のケーブルがあるおかげで、音の遅延や途切れがないのもいいですね!
TaoTronics TT-BH029の評価
音質(低音〜中音が得意)
(3.0)
連続再生時間(8時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX6)
(5.0)
総合評価
(4.5)
 

Sponsored Links

 

TaoTronics TT-BH029レビュー│まとめ

本記事は「【TaoTronics TT-BH029レビュー】完全防水&8時間再生のワイヤレスイヤホン【Amazon2千円台】」について書きました。

TaoTronics TT-BH029は2千円台の格安モデルにもかかわらず、完全防水にバッテリー8時間と、圧倒的なコスパをほこります。

高音域はやや弱いですが、低音〜中音域が得意で、R&BやEDMの鑑賞に向いています。

マクリン
ワイヤレスイヤホンのデビュー機・2台目用途としても、おすすめできる製品ですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【TaoTronics TT-BH07Sレビュー】aptX HD対応&15時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【QCC3034搭載】 【MPOW S11レビュー】AAC・aptX対応&12時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】 【MPOW A4レビュー】完全防水&13時間再生のネックバンド型ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】 【MPOW S9レビュー】完全防水&9時間再生のワイヤレスイヤホン【Amazon2千円台】 Amazonで買うべき、おすすめのワイヤレスイヤホン6選【スポーツタイプ】 【おすすめ】買ってよかった、コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン12選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です