アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【TaoTronics TT-PR001レビュー】300ANSIルーメンの200インチ対応ホームプロジェクター【高コスパ】

 

どうも、なにかとプロジェクターを使いがちなマクリン( @Maku_ring)です。

 

マクリン
TVより迫力ある大画面なので、映画・バラエティ観賞用で大活躍!

 

我が家ではAnkerのモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule Pro」を愛用しています。

小型かつ多機能で基本的に満足していますが、どうしても気になるのが明るさと解像度。
 

ヨメ
暗くて細かい文字が見えづらいんですよね……。
 

持ち出す機会が少なく、日常的に使うホームプロジェクターは、明るくて精細せいさいに投影できることが求められてきます。

それにくわえ、ビジネス用途まで視野に入れると、以下の条件を満たすモデルが望ましいです。
 

ビジネスプロジェクターの条件

  • 怪しいメーカー製でないこと
  • 明るさ(輝度)は150ルーメン以上
  • 投影サイズは200インチ以上
  • 画質(解像度)はWXGA(1280 x 800)以上
  • 台形補正機能あり

 

このたびSUNVALLEY JAPAN社ご提供の「TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001」が、いずれの条件もクリアする、実用性の高いプロジェクターでした。

マクリン
300ルーメンの明るさでWXGA対応なんですよ!

そんなわけで本記事は「【TaoTronics TT-PR001レビュー】300ANSIルーメンの200インチ対応ホームプロジェクター【高コスパ】」について書いていきます。

 

TaoTronics TT-PR001の外観と付属品

TaoTronicsは米国で創業したメーカーで、イヤホンを中心にさまざまな家電をリリースしています。

クオリティの高い製品群を出しているおかげで、多くのファンから支持されており、Twitter( @Taotronics_JP)のフォロワーさんを1万人近くも抱えています。

 

マクリン
信頼できるメーカーなのが分かりますね!
 

TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001」は、家庭での日常使用を想定したLEDプロジェクターです。

TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001
 

同梱品はリモコン(電池入り)、AVケーブル、電源ケーブル、HDMIケーブルです。

TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001の付属品
 

サイズは32.0 x 21.5 x 10.0cmとそこそこの大きさ。重さは約3.4kgです。

TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001のサイズ

マクリン
スペック重視の据え置きタイプなのでしょうがないですね。

 

レンズ部分を回すことでフォーカス調整ができます。

TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001のレンズ

マクリン
WXGAの文字がカッコいいですね!

 

底面に角度調整フットを備えており、投影角度を調整することができます。

TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001の角度調整フット

MEMO
天井から吊り下げられるよう、底面にはハンガー固定ホールも付いています。

 

背面にはキーストーン(台形歪み)補正ダイヤルが付いています。

TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001の背面にはキーストーン補正ダイヤルあり
 

こちらを回すことで最大15度分の調整が可能です。

 
本体には3W x 2の高出力スピーカーを内蔵していますが、音声出力ポートが付いているので、外部スピーカーに接続することもできます。

 

TaoTronics TT-PR001は200インチ&300ANSIルーメンの投影が可能

TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001はVGA・USB x 2・HDMIと、3種類の端子を搭載しています。

TaoTronics TT-PR001は3種類の端子を搭載

注意
USB端子は「Fire TV Stick」には対応していません。
マクリン
USBメモリやスマホから、動画や音楽、写真を流すことができますよ!

 

本体操作はリモコンのみです。

TaoTronics TT-PR001のリモコン
 

2つの冷却ファンを搭載しており、プロジェクターの動作音はそこそこ大きいですが、おかげで本体が熱くなることはほとんどありません。

プロジェクターの動作音

 

プロジェクターとしての性能は、家庭用のみならずビジネスでも使えるレベルに仕上がっています。
 

マクリン
スクリーンの投影サイズ200インチ、解像度WXGA(1280 x 800)と、充分すぎるスペック!

 
ためしに当ブログを表示してみたところ、高精細なおかげで文字まで識別することができました。

 

明るさも300ANSIルーメンあり、150ANSIルーメンの機種が多い中、かなり優秀な明瞭度めいりょうどを有しています。

マクリン
動画鑑賞もばっちりですよ!
 

スマホ連携やネットワーク機能といった、拡張性はありませんが、その分プロジェクターの基本性能が高められています。

観賞用でしっかり活用できる一台をお探しならば、おすすめできる一品です。

 

Sponsored Links

 

TaoTronics TT-PR001レビューまとめ

本記事は「【TaoTronics TT-PR001レビュー】300ANSIルーメンの200インチ対応ホームプロジェクター【高コスパ】」について書きました。

TaoTronics ホームプロジェクター TT-PR001は、200インチの大画面に300ANSIルーメンの明るさと、高いスペックを備えています。

マクリン
しかもWXGAの高解像度ですよ!

エンタメ機能は強くありませんが、基本性能の高さからおすすめできる一品です。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

【2019年】おすすめのモバイルミニプロジェクター人気8モデル【小型】 【Pico Cube Aレビュー】180gを切るAndroid搭載の超小型モバイルプロジェクター【100ルーメン】 【Anker Nebula Capsule Proレビュー】Android搭載モバイルプロジェクター【150ルーメン/バッテリー内蔵】 【iOCHOW iO2レビュー】Android搭載のミニプロジェクター【200ルーメン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です