おすすめのガジェット

【SOUNDPEATS T2レビュー】5千円台で高性能なANC・外音取り込みを搭載する完全ワイヤレスイヤホン

評価:4

どうも、ノイキャン付きワイヤレスイヤホン好きのマクリン( @Maku_ring)です。

アクティブノイズキャンリング(ANC)搭載モデルは、周りの雑音をおさえて音楽への没入感も上がるため、一度使うと離れられないすぐれもの。

本来は高価なANCですが、1万円以下でもSoundcore Life A2 NCSoundLiberty 94EarFun Free ProEarFun Air Proなど、ANCモデルが徐々に増えてきました。

コスパの良いイヤホンを出し続けるSOUNDPEATSから、なんと5千円台という破格値で、ANCと外音取り込みを搭載する「SOUNDPEATS T2」が登場しました。

SOUNDPEATS T2の外箱

格安設定ながら、同クラスではダントツのANC性能と外音取り込み、イヤホン単体で10時間のロングバッテリーにくわえ、USB-C充電対応と抜かりなし。

しかも、12mmのダイナミック型ドライバーを搭載し、いずれの音域もそつなくこなすサウンド設計に仕上がっています。

そんなわけで本記事は「【SOUNDPEATS T2レビュー】5千円台で高性能なANC・外音取り込みを搭載する完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

メリット
  • ANC搭載で5千円台
  • イヤホン単体で10時間再生
  • 左右同時伝送方式に対応
デメリット
  • apt-X非対応
  • ワイヤレス充電非対応
ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

SOUNDPEATS T2の外観と付属品

SOUNDPEATS T2」は完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

SOUNDPEATS T2は完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン

製品名 SOUNDPEATS T2
重量
(イヤホン / ケース合計)
約11g / 約48g
音楽再生時間
(イヤホン / ケース合計)
最大10時間(ANCオンで約7.5時間)/ 最大30時間(ANCオンで約22.5時間)
ドライバー 12mmダイナミックドライバー
防水性能 IPX5
対応コーデック AAC / SBC
充電ポート USB-C
Bluetooth 5.1

 
イヤホンは指紋が目立たないマットな質感で、シンプルながらチープに見えません。

ロゴ部分はタッチセンサーになっており、その下にはノイズキャンセリング用のマイク穴が空いています。

イヤホン単体で約11g、ケースふくめて約48gと、標準的な重量です。

SOUNDPEATS T2のイヤホン重量は約11g
SOUNDPEATS T2のケース重量は約48g

収納ケースはプラスチック製で、ブランドロゴが控えめにオンされています。


 
ケースは約65 x 29 x 42mmとコンパクトにまとまり、デニムのポケットに入れてもかさばりません。

SOUNDPEATS T2のケースサイズは約65 x 29 x 42mm
 
付属品は、イヤホン本体とUSB-C to Aケーブル、イヤーピース(S/M/L)です。

SOUNDPEATS T2の付属品

SOUNDPEATS T2のレビュー

SOUNDPEATS T2の特徴を紹介します。

1. コンパクトながら強力なバッテリー性能

軽量でコンパクトなSOUNDPEATS T2ですが、高いバッテリー性能をもっています。

イヤホンだけで最大10時間(ANCオンで約7.5時間)、ケースふくめ最大30時間(ANCオンで約22.5時間)使用することができます。

マクリン
リモート会議中の電源切れ・移動中の充電切れからも開放!

ケースの充電端子は、他のガジェットとも親和性が高いUSB Type-C対応で、使い勝手が良いです。

SOUNDPEATS T2はUSB-C充電対応

ただし、ワイヤレス充電には対応していないので、そこはがんばって欲しかったところ。
 

2. MCSync採用で左右同時伝送方式に対応

一般的なモデルは、一方のイヤホン(親機)を経由してもう一方(子機)に音が伝送される「リレー伝送」。

その点SOUNDPEATS T2は、Airoha社の「MCSync(Multi Cast Sychronization)」を採用し、左右イヤホンそれぞれが音を受信する「左右同時伝送」を可能としています。

SOUNDPEATS T2は左右同時伝送

左右イヤホンともに片耳モードに対応しているだけでなく、リレー伝送にくらべて音切れ・音飛びが生じづらく、より快適に音楽・会議に臨めるモデルといえます。

マクリン
アンダー1万円で左右同時伝送対応は多くないので、ポイント高し!

3. 費用対効果の高いノイキャン・外音取り込み性能

SOUNDPEATS T2がすごいのは、5千円台ながら最大35dBのノイズ低減効果のあるアクティブノイキャン(ANC)を搭載していること。

さすがに高価格帯のAirPods ProSoundcore Liberty Air 2 Proには及ばないものの、アンダー1万円ではEarFun Air Proと並んでトップクラスの遮音しゃおん性を発揮します。

ホワイトノイズは少しあるものの、バスや地下鉄、飛行機など騒音の多い環境でも周囲の雑音をかき消し、没入感のあるサウンドを楽しめます。

ただし、ノイキャン利用を前提としているためか、カナルのフィット感は少し甘めです。

SOUNDPEATS T2の装着感は少し甘め

また、外音取り込み機能にも対応し、イヤホンをつけながらでも車の走行音に気づけたり、周囲の人とスムーズに会話できます。

マイクからの拾い音を増幅している感じはあるものの、価格帯をふまえると、かなり自然に周囲音を取り込めていると感じました。

マクリン
おまけレベルのノイキャン&外音取り込みではなく、しっかり造り込まれてますよ!

4. 低音重視ながら柔らかい音質

表面はタッチセンサーであり、音量調整ふくめて全操作が可能です。

ボタン操作一覧
  • (左/右)2回タップ  再生 / 停止
  • 右1回タップ 音量を上げる
  • 左1回タップ 音量を下げる
  • 右長押し  曲送り
  • 左長押し  モード切替(外音取り込み ANC ノーマル)
  • (左右)3回タップ  音声アシスタント起動
  • 着信中に(左/右)2回タップ  受話 / 終話
  • 着信中に(左/右)長押し 着信拒否

低音のボリュームがあるものの、重低音というほどではなく、余韻よいんの響く仕上がりとなっています。

高音もシャキシャキッとした感じでなく柔らかいので、長時間でも聴き疲れしにくいのはありがたいです。

中・高音域も良い意味でクセがなく、全体としてよくまとまっています。

ただ、低音域の強さに押され、音の輪郭がぼやけがちなところがあり、音質面では同社のSOUNDPEATS Sonicにやや軍配があがります。

とはいえ、SonicはANCと外音取り込みが非搭載なので、機能性ではSOUNDPEATS T2が長けています。

音質コーデックはSBCとAACのみに対応しています。

マクリン
ROCK & POPSなどのボーカル曲に向いていますよ!
SOUNDPEATS T2の評価
高音域
(3.5)
中音域
(4.0)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(4.0)
総合評価
(4.0)

Sponsored Links

 

SOUNDPEATS T2はこんな人におすすめ

SOUNDPEATS T2は「格安価格でANC・外音取り込みをもつイヤホンが欲しい人」におすすめです。

5千円台でここまでしっかりしたANCを搭載するモデルはなく、しかも左右同時伝送対応なのはポイントかなり高し。

ただ、ANC非搭載だが音質面だけ見れば4千円台のSOUNDPEATS Sonic、6千円近くではあるもののANCとワイヤレス充電対応の機種ならEarFun Free Proもおすすめです。

SOUNDPEATS T2レビューまとめ

本記事は「【SOUNDPEATS T2レビュー】5千円台で高性能なANC・外音取り込みを搭載する完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

SOUNDPEATS T2はANC搭載ながら低価格におさえたフルワイヤレスです。

12mmダイナミックドライバー・10時間再生・USB-C充電対応など、ワイヤレス充電非対応以外は、機能面もよく仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • ANC搭載で5千円台
  • イヤホン単体で10時間再生
  • 左右同時伝送方式に対応
デメリット
  • apt-X非対応
  • ワイヤレス充電非対応
【SoundPEATS Sonicレビュー】aptX Adaptive対応かつ単体で15時間再生が可能な完全ワイヤレスイヤホン 【SoundPEATS H1レビュー】aptX Adaptive対応かつ単体10時間のロングバッテリーをほこる完全ワイヤレスイヤホン 【EarFun Free Proレビュー】6千円以下でANCを搭載する価格破壊の完全ワイヤレスイヤホン 【EarFun Air Proレビュー】上位機種に劣らぬノイキャン性能をもつ完全ワイヤレスイヤホン 【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】 【MPOW X3 ANCレビュー】ノイキャン&10mmドライバー搭載で1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST10 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です