おすすめのガジェット

【SoundPEATS Sonicレビュー】aptX Adaptive対応かつ単体で15時間再生が可能な完全ワイヤレスイヤホン

一日中会議で複数のワイヤレスイヤホンを駆使しマクリンまくり @Maku_ring)です。

イヤホンを長時間使っていると気になるのがまずバッテリー

多くのモデルは単体で4〜5時間しか使えないものが多く、会議が続くとバッテリー切れに見舞われます。

それから音質コーデック

aptX未対応のイヤホンを使うと、動画視聴時に音声とのズレが生じる場面がちょくちょくあります。

とはいえ、リーズナブルなイヤホンだと、これら2点を満たすものが多くないのもまた事実。

そんな常識をぶち壊すフルワイヤレスが、このたび買った「SOUNDPEATS Sonic」です。

SoundPEATS Sonicの外箱

5,000円未満の格安設定ながら、業界最長クラスのバッテリーでイヤホン単体15時間も持ち、会議・動画に大忙しでもバッテリーが無くなることはまずありません。

「AAC」「aptX」の音質コーデックにくわえ、上位互換の「aptX Adaptive」までサポートし、対応するAndroid端末なら、高音質かつ低遅延の音楽・動画再生を可能としています。

そんなわけで本記事は「【SoundPEATS Sonicレビュー】aptX Adaptive対応かつ単体で15時間再生が可能な完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。プロフィール詳細

SoundPEATS Sonicの概要

SOUNDPEATS Sonic完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

SOUNDPEATS Sonicは完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。
 
シルバーグレーのボディにシャンパンゴールドのボタン部で、ゴージャスかつ洗練された印象を受けます。


 
触れた質感もかなり高く、5,000円に満たないワイヤレスイヤホンとは思えません。

イヤホン本体を充電ケースに収納する際に本体ロゴがオレンジに光ったり、ユーザーの心をくすぐる作りになっていることも特徴です。

イヤホン単体で約11g、ケースふくめて約46gであり、標準的な重量となっています。

SOUNDPEATS Sonicのイヤホン重量は約11g
SOUNDPEATS Sonicのケース重量は約46g

ケースのサイズは38.9 x 61 x 34.7mmであり、コンパクトで持ち運びにも適しています。

SOUNDPEATS Sonicのケースサイズは約38.9 x 61 x 34.7mm
 
付属品はイヤホン本体とイヤーチップ(S/M/L)、USB-C to Aケーブルです。

SOUNDPEATS Sonicの同梱品

SoundPEATS Sonicのレビュー

それではSOUNDPEATS Sonicの特徴を紹介します。

 

Bluetooth 5.2に対応

SOUNDPEATS SonicBluetooth 5.2に対応し、接続性にすぐれています。

STEP.1
ペアリングモード

ペアリングしていない状態でケースを開くと、左右間が接続した後、右イヤホンはペアリングモード(赤白交互点滅)に移行します。


STEP.2
接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「SOUNDPEATS Sonic」が表示されるのでそちらを選びます。

SOUNDPEATS SonicのBluetooth接続

STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。


また自動ペアリングに対応し、一度接続したスマホであれば、収納ケースを開けてからの接続復帰が1秒前後ととても速いです。

マクリン
Bluetooth 5.2の恩恵ですね!

また、Qualcomm TrueWireless Mirroringに対応し、親機側だけでなく子機側でも片耳使用が可能となっています。

Qualcomm TrueWireless Mirroring
マスター側(親機)の接続をスレーブ側(子機)にも継承する技術をベースに、Qualcomm独自でBluetoothの接続強度を高めたり、低消費電力化を図っています。
 
つまり、一般的なモデルの「リレー伝送」に対し、SOUNDPEATS Sonicは左右同時伝送を実現しています。

SOUNDPEATS Sonicは左右同時伝送
 

バッテリー持ちはかなり優秀

SOUNDPEATS Sonicワイヤレス最長レベルのロングバッテリーで、この点ではフラグシップモデルのSoundPEATS H1をも上回ります。

イヤホン単体で最大15時間、ケースふくめて最大35時間使用でき、イヤホン単体では通常モデルの約3倍とえげつないスタミナ。

SOUNDPEATS Sonicはイヤホン単体で最大15時間、ケースふくめて最大35時間使用可能

2時間の会議を3つ入れた日に使用してみましたが、他のモデルならバッテリー切れになっているところ、Sonicならまだ半分以上残っており、その実力にいつわりなし。

充電用ポートはUSB-Cに対応し、汎用性の高いポートなのはありがたいです。

SOUNDPEATS SonicはUSB-Cに対応

マクリン
充電時間はたったの1.5時間なので、急いでるときも助かりマクリンまくり

音質は高音のやや強いフラット志向

SOUNDPEATS Sonicの装着感はそこそこ良く、耳からの飛び出しはややあるものの、丸みのあるデザインなので女性でも付けやすいです。

SOUNDPEATS Sonicの装着感

最近はタッチ操作モデルも増えてますが、Sonicは物理ボタン式で、ボタンを押し込むことで音量調整ふくめた全操作が可能です。

SOUNDPEATS Sonicは物理ボタン式

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2回押す 音量を上げる
  • 左2回押す 音量を下げる
  • 右1.5秒長押し 曲送り(次の曲)/着信拒否
  • 左1.5秒長押し 曲戻し(前の曲)/着信拒否
  • 右3回押す 音声アシスタント(Siri・Google)
  • 左3回押す ゲームモードON/OFF
  • (右/左)5秒押す ペアリング
マクリン
1回押しで再生・一時停止、2回押しでボリューム調整なので使いやすいです!

また、他社にはなかなか無い「ゲームモード」を備えているのが特徴です。

ゲーム・動画再生時の映像と音声の遅延を極力おさえることでき、アプリゲーム全盛でこの機能はかなり利便性が高いと感じました。

音質面ですが、原音に素直でフラット志向の強いイヤホンに仕上がっています。

高音域のほうがやや強めではあるので、ポップスやEDMとの組み合わせで、その特性をより発揮します。

一方、低音から中音にかけては、そんなに主張があるわけではなく、比較的平均化されている印象です。

ただ、この価格帯ではめずらしく、aptXでも最新のコーデックである「aptX Adaptive」に対応しています。

対応するAndroidスマホは一部のハイエンド機にとどまるものの、超高音質と超低遅延を実現しています。

MEMO
aptX Adaptiveに対応していないスマホであっても、aptXでの視聴が可能です。
SoundPEATS Sonicの評価
音質(バランス良好)
(3.5)
連続再生時間(15時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)

Sponsored Links

 

SoundPEATS Sonicレビューまとめ

本記事は「【SoundPEATS Sonicレビュー】aptX Adaptive対応かつ単体で15時間再生が可能な完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

SOUNDPEATS Sonicは、価格・デザイン性・機能面どれをとっても一定以上の完成度があり、デビュー機としてもおすすめできるモデルです。

SoundPEATS Sonicの特徴

  • Bluetooth5.2対応
  • 5,000円を切る価格で充分な品質
  • aptX Adaptive採用で安定した音質を確保
  • 約15時間の連続再生が可能
マクリン
エントリークラスの価格でクラス以上の満足度が得られるイヤホンですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【SoundPEATS H1レビュー】aptX Adaptive対応かつ単体10時間のロングバッテリーをほこる完全ワイヤレスイヤホン 【SoundPEATS TrueAir2レビュー】QCC3040搭載・USB-C充電・aptX対応のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン 【AVIOT TE-D01mレビュー】ロングバッテリーとノイキャン・aptX Adaptive搭載で1万円台前半の完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です