ガジェットのおすすめ

SOUNDPEATS Air3 Deluxeをレビュー!圧倒的な軽さと開放感をほこる完全ワイヤレスイヤホン

評価:3.5

どうも、イヤホン装着時の蒸れが気になるマクリン( @Maku_ring)です。

ワイヤレスイヤホンの王道といえば遮音性の高いカナル型ですが「密閉度が高く蒸れやすい」、動きに弱く小走りすると「ガサガサ音が大きくなる」といったデメリットも。

音楽に集中して楽しむにはもってこいですが、ふだん使いの快適性を考えると、少し妥協が必要な部分もあります。

カナル型の装着感がちょっとニガテな人におすすめなのが、イヤーチップのないインナーイヤー型の「SOUNDPEATS Air3 Deluxe」です。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeの外箱

装着時の快適さはもちろん、片耳でマスク1枚分という軽さに、クセがなくバランスの良い音質と、日常使いにうれしいスペックをそなえています。

日本最大級をほこるオーディオビジュアル機器の総合アワードである「VGP2022 SUMMER」で部門金賞をとるなど、その完成度は折り紙付き。

ANC・外音取り込み・ワイヤレス充電に非対応など機能は限られますが、そこが気にならない人には高コスパイヤホンに仕上がっています。

そこで本記事では「SOUNDPEATS Air3 Deluxeをレビュー!圧倒的な軽さと開放感をほこる完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

メリット
  • クセがなくバランスの良い音質
  • ケース込み36gの軽量モデル
  • 耳にやさしい快適な装着性
  • タッチで音量調節可能
  • aptX Adaptive対応
  • 装着センサー搭載
デメリット
  • 専用アプリが荒削り
  • ワイヤレス充電非対応
  • ANC・外音取り込みなし
  • タッチ操作カスタマイズ不可
ご提供品

本記事はSOUNDPEATS様から商品を提供いただき作成しています。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

SOUNDPEATS Air3 Deluxeの概要

SOUNDPEATS Air3 Deluxe」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeの外箱と本体

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいものの、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
製品名 SOUNDPEATS Air3 Deluxe
防水・防塵規格 IPX4
接続方式 Bluetooth 5.2
対応コーデック aptX Adaptive / aptX / AAC / SBC
重量 イヤホン約7g / ケース込み約36g
バッテリー(最大) イヤホン単体:約5時間
ケース込み:約21時間
ドライバー 14.2mmダイナミックドライバー
充電方式 USB-C
装着検出機能
ANC
外音取り込み
専用アプリ
マルチポイント
価格 5,880円

 
カラーはブラックのほか、清潔感のあるホワイトも用意されています。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのブラックカラー
SOUNDPEATS Air3 Deluxeのホワイトカラー
 
イヤホンはシンプルなスティック形状で、落ち着きあるマットブラックの筐体に、シルバーのロゴがワンポイントであしらわれています。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのイヤホン外観
 
スティック部分はAirPods Proよりわずかに長い程度で、耳からの飛び出しはそこまで気になりません。

SOUNDPEATS Air3 DeluxeとAirPods Proのイヤホン比較
 
装着センサーを搭載し、耳からの脱着にともない、自動で音楽再生・停止します。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのイヤホン外観(内側)
 
ノイズリダクションを搭載したマイクを片耳に2個ずつ内蔵し、通話時には雑音を抑えたクリアな音声を届けてくれます。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのイヤホン外観(内側)

マクリン
片耳使用も問題なし!

ケースは光沢感のあるツルッとした質感で、少しプラスチック感強めのデザインです。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのケース外観

マクリン
指紋や汚れは目立ちやすいです…!

重量はイヤホン単体で約7g、ケースふくめ約36gと、ワイヤレスイヤホンでトップクラスの軽さをほこります。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのイヤホン重量は約7g
SOUNDPEATS Air3 Deluxeのケース重量は約36g
 
ケースの大きさは約48 x 58 x 24 mmと、AirPods Proと比較してもコンパクトなサイズ感です。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのケースサイズは約48 x 58 x 24 mm
SOUNDPEATS Air3 DeluxeとAirpods Proのケース比較
 
付属品はイヤホン本体とケース、USB C to Aケーブルです。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeの付属品

 

SOUNDPEATS Air3 Pro・Air3とのスペック比較

同社のAir3シリーズ「Air3 Pro」「Air3」との比較は以下のとおりです。

左スライドで全表示

製品名 SOUNDPEATS Air3 Deluxe
SOUNDPEATS Air3 Pro
SOUNDPEATS Air3 Pro
SOUNDPEATS Air3
SOUNDPEATS Air3
イヤホンタイプ インナーイヤー型 カナル型 インナーイヤー型
防水規格 IPX4 IPX4 IPX5
接続方式 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2
対応コーデック SBC / AAC / aptX / aptX Adaptive SBC / AAC / aptX / aptX Adaptive SBC / AAC / aptX / aptX Adaptive
重量(イヤホン / ケース込み) 約7g / 約36g 約9g / 約37g 約8g / 約33g
バッテリー(最大) イヤホン単体:5時間
ケース込み:21時間
イヤホン単体:6時間(ANCオンで5時間)
ケース込み:24時間
イヤホン単体:5時間
ケース込み:17.5時間
ドライバー 14.2mmダイナミックドライバー 12mmダイナミックドライバー 14.2mmダイナミックドライバー
充電方式 USB-C USB-C USB-C
装着検出機能
ANC
外音取り込み
専用アプリ
マルチポイント
価格 5,880円 6,480円 5,380円

本機は、同じインナーイヤー型のAir3の後継機にあたります。

バランスの良さと柔らかい音質はそのままに、本機では中音域が少し際立ち、ROCK&POPSをより楽しめる設計となっています。

軽さ・バッテリー・アプリ対応と基本スペックも向上しているので、これから買うなら本機で良いでしょう。

ただし、性能は大きく変わるわけではないので、価格差を考慮したうえでAir3を選んでもいいと思います。

一方でAir3 Proとはけっこう違いがあるので、自分の好みを考えて選ぶのがおすすめ。

音質面では、Air3 Proはエコーがかった生演奏のような臨場感を感じられる一方、低音~中音域は少しこもった印象があります。

装着性は本機に軍配が上がりますが、インナー型かつANCがないため、遮音性は劣ります。

ただ、本機はアプリに対応しているものの、荒削りな印象なので選ぶ理由にはなりづらいです。

音質の好みで決めるか、装着センサーや装着性を重視するならAir3 Deluxe、ANC・外音取り込みが欲しいならAir3 Proで選ぶのがよさそうです。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのレビュー

SOUNDPEATS Air3 Deluxeの特徴を紹介します。

 

単体5時間、ケース込み21時間のバッテリー性能

Air3 Deluxeはイヤホン単体で最大5時間、ケースふくめ最大21時間と、標準より少し短めのバッテリー性能です。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのイヤホンがケースに収まっている様子
 
ケース背面にはUSB Type-Cポートを搭載しています。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのケース裏側にUSB type-Cポート搭載

ただし、ワイヤレス充電には非対応で、ケースのフル充電にも約2時間必要と、充電まわりの性能はもう一歩といったところです。
 

荒削りながら専用アプリに対応

Air3 Deluxeは専用アプリ「SOUNDPEATS」に対応し、以下の機能がそろっています。

アプリの機能
  • イコライザー設定
  • ゲームモード
  • 装着センサー
  • 聴力テストによるイコライザー最適化

SOUNDPEATS

SOUNDPEATS

yong yang無料posted withアプリーチ

 
ダッシュボードでは、イヤホンのバッテリー残量を確認できます。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeアプリのダッシュボード画面
 
カスタマイズ画面では各種変更ができ、音声の遅延を抑えるゲームモードや装着センサーのオンオフも可能です。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeアプリの設定画面

注意
アプリ上で表示されていますが、ANC・外音取り込みには非対応ですので注意ください。
マクリン
ただし、ゲームモードをオンにすると、音声がプツプツと頻繁ひんぱんに途切れるようになりました…。

調べたところ、他の方も同じ現象が起きているようだったので、ゲームモードは使わないほうが良さげです。

イコライザー設定では9種類のプリセットが用意され、8つの音域から自在にカスタマイズも可能です。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeアプリのイコライザー設定
SOUNDPEATS Air3 Deluxeアプリのイコライザー設定
 
聴力テストでイコライザーを自動で最適化してくれる可変イコライザーも用意されています。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeアプリの可変イコライザーモード
SOUNDPEATS Air3 Deluxeアプリの聴力テスト
 
テスト結果から聞こえやすい音域・聞こえにくい音域を判断し、最適なイコライザーに調整してくれるというもの。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeアプリの聴力テスト結果

ただし、可変イコライザーをオンにするとデフォルトの音量が一気に大きくなり、音質もかなり悪化しました。

音を変にブーストし、全体的に割れて聞こえる感じなので、正直おすすめできません。

待望のアプリ対応はうれしいものの、全体的に荒削りかつ機能も不十分で、まだ実用的ではない印象です。

マクリン
今後のアップデートに期待したいですね…。

軽くて快適な装着性

本機はインナーイヤー型のため、圧迫感はまったくなく、装着性はかなり快適です。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeの装着感

片耳4gとマスク1枚ほどの重さで、耳につけていてもまったく重さを感じません。

イヤーチップがない、圧迫感や蒸れが苦手な人にはかなりおすすめできます。

ただし遮音性は低く、ANCも非搭載のため、騒がしい場所では少し使いづらいのでご注意ください。

イヤホン表面はタッチセンサーで、以下の操作が可能です。

操作 L R
再生/停止 2タップ 2タップ
曲送り 長押し(1.5秒)
曲戻し 長押し(1.5秒)
音量を上げる 1タップ
音量を下げる 1タップ
音声アシスタント 3タップ
ゲームモード 3タップ
受話 着信中に2タップ 着信中に2タップ
通話拒否 着信中に長押し(1.5秒) 着信中に長押し(1.5秒)
通話終了 通話中に2タップ 通話中に2タップ
通話切り替え 通話中に長押し(2秒) 通話中に長押し(2秒)

タッチ操作カスタマイズは非対応なものの、必要な操作はひと通り割り当てられています。

再生・停止はもちろん、曲送り・曲戻しや音量調整、ゲームモード切り替えなどもイヤホンから操作可能です。

タッチの認識や反応スピードも申し分なく、トータルの操作性は悪くありません。
 

クセがなくバランスの良い音質

本機は大口径の14.2mmドライバー搭載で、低音~高音までバランス良く再現したクセのない音質設計です。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeのイヤホン外観

音の厚みや音場の広さは感じづらいものの、価格をふまえると妥当なレベルでしょう。

丸みを帯びながらボヤっとした印象のない音の響きで、どんな音楽もストレスなく楽しめます。

なかでも中音域が際立っているため、ボーカルを中心にROCK&POPSを楽しむのにぴったり。

クセや鋭さもなく、誰でも聴きやすいサウンドに仕上がっています。

マクリン
この価格帯ではかなり良い仕上がり!
SOUNDPEATS Air3 Deluxe
音質
(3.5)
バッテリー(5時間)
(3.0)
装着性
(5.0)
操作性
(4.0)
総合評価
(3.5)

SOUNDPEATS Air3 Deluxeはこんな人におすすめ

SOUNDPEATS Air3 Deluxeは「装着性が快適なエントリーモデルが欲しい人」におすすめです。

本機最大の特徴は、片耳マスク1枚ほどの軽さとイヤーチップのない開放的な装着性です。

ROCK&POPSを楽しむのに申し分ない仕上がりで、エントリーモデルにふさわしいイヤホンといえます。

ただし、アプリの機能はイマイチなので、そこにこだわるなら同じくインナーイヤー型のSoundcore Life Note 3Sがおすすめです。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeレビューまとめ

本記事は「SOUNDPEATS Air3 Deluxeをレビュー!圧倒的な軽さと開放感をほこる完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

SOUNDPEATS Air3 Deluxeはまったく耳に負担を感じない軽い装着感と、バランスの良い音質が特徴のイヤホンです。

遮音性は低く使いづらいシーンもあるものの、カナル型の圧迫感が気になる人にはぜひ試していただきたいモデルです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • クセがなくバランスの良い音質
  • ケース込み36gの軽量モデル
  • 耳にやさしい快適な装着性
  • タッチで音量調節可能
  • aptX Adaptive対応
  • 装着センサー搭載
デメリット
  • 専用アプリが荒削り
  • ワイヤレス充電非対応
  • ANC・外音取り込みなし
  • タッチ操作カスタマイズ不可
YouTube
動画でも紹介しています。

Soundcore Life Note 3Sをレビュー!Anker初のインナーイヤー型で使いやすさ抜群の完全ワイヤレスイヤホン SOUNDPEATS Air3 Proをレビュー!6千円台で生演奏のような臨場感あるサウンドを楽しめるANC搭載完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。