Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【TaoTronics SoundLiberty 77レビュー】左右同時伝送で接続がとぎれない完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH077】

 
どうも、ワイヤレスイヤホン10台持ちのマクリン( @Maku_ring)です。

Bluetoothブルートゥース接続でケーブルを廃した完全ワイヤレスイヤホンは、通勤・作業時の便利なお供。
 

ヨメ
たしかに便利だけど、ワイヤレスイヤホンって左右のイヤホンとぎれやすくない?
 
マクリン
従来のイヤホンだと、左右のつながりやすさがどうしても違うんだよね。
 
ワイヤレスイヤホンは一般的に左右イヤホンのいずれかが親機となり、片側を経由してもう一方(子機)に音が伝送されるため、左右間で音の途切れ・接続に差が生じることが多いのです。

これが従来のワイヤレスイヤホンの課題でもありました。
 

マクリン
ですが、この問題を解決できるイヤホンが登場しましたよ!

それがこちら、TaoTronicsタオトロニクス社の「TaoTronics SoundLiberty 77」です。

TaoTronics SoundLiberty 77は、Airoha社の「MCSync(Multi Cast Sychronization)」という新たな接続テクノロジーを採用しています。

従来は親機 子機へ伝送する「リレー伝送」が主流であったのに対し、 MCSyncでは左右イヤホンそれぞれが音を受信する「左右同時伝送」を実現しています。

これによって左右イヤホン間の伝送がなくなり、安定性が向上し音飛びしづらいだけでなく、音の高解像度化にも貢献しています。
 

マクリン
つまり、左右が全くとぎれない上、音質も大幅アップ!
 
フルワイヤレス長年の課題を解決した画期的なモデルといえるのです。

さらにタッチコントロールオートペアリング、急速充電のラピッドチャージなど、快適機能も満載。

AACコーデックでiOS端末での音質面も抜かりありません。
 

マクリン
機能てんこ盛りなのに、お値段は6,000円台
 
そんなわけで本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 77レビュー】左右同時伝送で接続がとぎれない完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH077】」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

TaoTronics SoundLiberty 77の外観と付属品

TaoTronicsは知る人ぞ知るオーディオメーカー。

Twitterアカウント( @Taotronics_JP)のフォロワーは1万人以上抱えており、クオリティの高さから支持を集めています。

TaoTronics SoundLiberty 77」は完全防水仕様(IPX7)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。

TaoTronics SoundLiberty 77は完全防水仕様IPX7の完全ワイヤレスイヤホン

マクリン
ワイヤレスイヤホンでも最高クラスの防水仕様なので、雨天・スポーツ時も安心!

小ぶりなデザインで男女問わず使いやすい上、タッチセンサー部は同心円状の模様で上質感があります。

TaoTronics SoundLiberty 77は小ぶりデザイン
 
重量は両耳わずか10gの軽量設計に仕上がっています。

TaoTronics SoundLiberty 77の重さは両耳10g
 
イヤホン本体はバッテリー内蔵の収納ケースに格納することができます。

TaoTronics SoundLiberty 77のバッテリー内蔵収納ケース
 
こちらのケースは73 x 34 x 27mmとなかなかのコンパクト仕様で、手なじみの良い丸みを帯びた形状。

TaoTronics SoundLiberty 77のケースサイズ

マクリン
ケース自体も44gと軽く、気軽に持ち運べますよ!
 
ケースはしっとりしたマットブラックで、天面には同じく同心円状の模様にロゴがオンされ、クールな仕上がりです。


 
フタを開閉することで、バッテリー残量が4段階のLEDランプで表示されます。

TaoTronics SoundLiberty 77のバッテリー残量はLEDランプで表示
 
ケース裏面には、充電用のMicro USB端子を備えています。

TaoTronics SoundLiberty 77のMicro USB端子
 
TaoTronics SoundLiberty 77はイヤホン単体で5時間使用可能なスタミナ設計となっています。

TaoTronics SoundLiberty 77はイヤホン単体で5時間の使用が可能

MEMO
ケース併用では20時間(4回分)の連続使用ができます。
 
またラピッドチャージに対応し、わずか10分の充電で約1時間分の使用が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 77はラピッドチャージに対応

マクリン
万が一の充電切れ時に重宝する機能ですね!
 
同梱品はイヤホン本体にイヤーチップ、Micro USBケーブルです。

TaoTronics SoundLiberty 77の付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 
イヤーピースは本体装着済みのものをふくめ、S/M/Lと3種類あります。

TaoTronics SoundLiberty 77のイヤーチップは3種類

 

TaoTronics SoundLiberty 77のペアリング

TaoTronics SoundLiberty 77のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法は分かりやすくできています。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間で接続した後、青白交互点滅(左イヤホンは青ゆっくり点滅)のペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「TaoTronics SoundLiberty 77」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

マクリン
一度ペアリングすれば、次からイヤホン取り出しで自動的に接続するオートペアリング搭載なので快適ですよ!

以上がペアリング方法です。

TaoTronics SoundLiberty 77は前述のとおり、左右同時伝送に対応しています。

したがって、両イヤホンをつなぐ両耳モードにくわえ、左右いずれかのイヤホンだけ接続する片耳モードも備えています。
 

マクリン
親機だけしか接続できないイヤホンも多いので、両耳対応は助かりますね!
 

Sponsored Links

 

TaoTronics SoundLiberty 77の装着感と音質

TaoTronics SoundLiberty 77は耳からの飛び出しが少ないスマートデザインで、女性が付けても違和感なく決まります。

TaoTronics SoundLiberty 77を装着した様子

ただしグリップ力はそれほど強くないので、気になる方はイヤーチップを交換するといいかもしれません。

接続中は両イヤホンがゆっくり青点滅を繰り返し、クールな主張がかっこいいです。


 
表面はタッチセンサーになっており、指で軽く触れるだけで音量調整ふくめ、ほぼ全ての操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 77はタッチセンサー対応

ボタン操作一覧
  • (右/左)2回タップ 再生/一時停止/終話
  • (右/左)1回タップ 受話
  • 右1回タップ 音量アップ
  • 左1回タップ 音量ダウン
  • 右3回タップ 曲送り
  • 左3回タップ 曲戻し
  • (右/左)3回タップ リダイヤル
  • (右/左)2秒長押し 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)/着信拒否

TaoTronics SoundLiberty 77は、iPhone・iPadなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックのAACに対応しています。

前モデルのTaoTronics SoundLiberty 53も中音域の解像度が高い音設計でしたが、TaoTronics SoundLiberty 77はMCSyncによる左右同時伝送のおかげで、音の輪郭りんかくがさらにはっきりしたサウンドを出せるように仕上がっています。

マクリン
ギター・ドラムのスネア音がさらにクリアに出せるようになってますよ!

材質にはPEEK+PU製のΦ6mmダイナミックドライバーを採用し、前モデルでは強くなかった低音域の補強が図られています。

PEEKとPU
PEEKは「Poly Ether Ether Ketone(ポリエーテルエーテルケトン)」、PUは「Poly Ulethane(ポリウレタン)」で、前者は高耐久で歪みを抑え、後者は低音に定評があります。

そのおかげで、中音域から高音域の伸びだけでなく低音にも量感が増し、臨場感がさらに感じられるサウンドを実現しています。

SoundLiberty 77の評価
音質(全体バランスいい)
(4.5)
連続再生時間(5時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX7)
(5.0)
総合評価
(4.5)
 

TaoTronics SoundLiberty 77レビューまとめ

本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 77レビュー】左右同時伝送で接続がとぎれない完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH077】」について書きました。

TaoTronics SoundLiberty 77は、MCSync採用で左右同時伝送を実現し、フルワイヤレスの課題であった左右の音途切れ・遅延を解消した、革新的な完全ワイヤレスイヤホンです。

タッチコントロールやオートペアリング、ラピッドチャージなど、快適機能も豊富にそなえています。

MCSyncかつAACコーデックで音質面も完成度が高く、ROCKやR&Bに最適な音の味付けとなっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【TaoTronics SoundLiberty 53レビュー】長時間再生&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン 【Mpow T5(M5)レビュー】AAC・aptX両対応&軽量小型の完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020搭載】 【TaoTronics TT-BH052レビュー】完全防水&大容量バッテリーの完全ワイヤレスイヤホン 【TaoTronics Duo Free TT-BH062レビュー】軽量&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン【レザーケース】 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン14選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ