おすすめのガジェット

【TaoTronics SoundLiberty 97レビュー】3千円台で9時間のロング再生と高い防水性能をそなえる完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH097】

どうも、ワイヤレスイヤホンが相棒のマクリン( @Maku_ring)です。

快適で便利なフルワイヤレスですが、多くのワイヤレスイヤホンは充電方法がMicro USBのみ・連続再生時間が短い弱点を抱えています。

そんな中、これらの弱点をカバーしているモデルが、TaoTronics社の「SoundLiberty 97」です。

TaoTronics SoundLiberty 97の外箱

防⽔規格の最⾼レベルであるIPX8に対応し、ジムやアウトドアスポーツなどにも最適なモデルとなっています。

しかもQualcommクアルコム社の「TrueWireless Stereo Plus(TWS Plus)」を搭載し、イヤホン単体でも9時間再生できるロングバッテリーです。

AAC」「apt-X」コーデック対応にくわえ、6mmドライバーを搭載し、iPhoneとAndroidのいずれでも途切れない高品質のサウンドが楽しめます。

そんなわけで本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 97レビュー】3千円台で9時間のロング再生と高い防水性能をそなえる完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH097】」について書いていきます。

ご提供品
メーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

TaoTronics SoundLiberty 97の外観と付属品

TaoTronicsの「SoundLiberty 97」は完全防水仕様(IPX8)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX8
「深さ2mの水中に60分沈めても有害な影響がない」と定義されている防水規格です。

TaoTronics SoundLiberty 97は完全防水仕様(IPX8)のワイヤレスイヤホン

マクリン
ワイヤレスイヤホンでは最高の防水性能なので、雨天・スポーツ時も気兼ねなく使えますよ!
 
重さは両耳合わせて約8gで、ときおり付けていることを忘れるほどの軽さです。

TaoTronics SoundLiberty 97の重量は両耳合わせて約8g

表面にはタッチセンサーを搭載し、タッチ操作に対応しています。

TaoTronics SoundLiberty 97の表面はタッチセンサー搭載でタッチ操作対応
 
バッテリー内蔵の収納ケースはプラスチック製ですが、塊感のあるフォルムで高級感ある光沢をたたえています。

TaoTronics SoundLiberty 97のバッテリー内蔵収納ケース
 
ケースサイズは5.8 x 4.6 x 2.8cmであり、イヤホンケースとしては小ぶりな部類に入ります。

TaoTronics SoundLiberty 97のケースサイズは57.75 x 46 x 28.1mm
 
ケース右側面には、充電用のUSB-Cポートを備えています。

TaoTronics SoundLiberty 97の充電ポートはUSB-C

マクリン
USB-CはAppleとも親和性があり、USB規格の今後の主流なので汎用性抜群!

バッテリー性能はかなり優秀で、イヤホン単体で9時間分、ケースをふくめると36時間の再生が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 97はイヤホン単体で9時間、ケース併用で36時間再生
 
同梱品はイヤホン本体にイヤーチップ(S/M/L)、USB-C to Aケーブルです。

TaoTronics SoundLiberty 97の付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。

TaoTronics SoundLiberty 97のペアリング

SoundLiberty 97のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法を紹介します。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間で接続した後、青白交互点滅のペアリングモードに入ります。


STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「TaoTronics SoundLiberty 97」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

マクリン
一度ペアリングすれば、次回からイヤホン取り出しで自動的に接続する、自動ペアリング搭載で快適ですよ!

以上がペアリング方法です。

SoundLiberty 97は、両イヤホンをつなぐ両耳モードにくわえ、左右いずれかのイヤホンだけ接続する片耳モードも備えています。

マクリン
親機だけしか接続できないイヤホンも多い中、両イヤホン片耳モード対応は助かりますね!

Sponsored Links

 

TaoTronics SoundLiberty 97の装着感と音質

SoundLiberty 97は耳への馴染みが良く、しっかりホールドしてくれるため、密着性は同社の中でも高めです。

TaoTronics SoundLiberty 97の装着感
 
タッチセンサーを採用し、軽くタッチするだけで、音量調整ふくめ全操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 97はタッチセンサー採用

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 受話
  • (右/左)2回押す 再生/一時停止
  • (右/左)2秒押す 終話/着信拒否/音声コントロールのオンオフ
  • 右1回押す 音量+
  • 左1回押す 音量-
  • 右3回押す 曲送り(次の曲)
  • 左3回押す 曲戻し(前の曲)
 
SoundLiberty 97の音質面ですが、SoundLiberty 53ほど低音が強くないものの、全体的に量感が増しています。

いずれもQualcommクアルコムのチップ「QCC3020」搭載であり、その特徴ともいえるフラットサウンドかつ、音の輪郭りんかくも全体的にクリアです。

低音から中音域にかけてきれいに響かせられる音設計で、ROCK&POPSやEDMと組み合わせると、その良さを発揮します。

また、高音質の圧縮方式「apt-X」「AAC」に対応するため、iPhoneとAndroidスマホの双方で、臨場感の高いサウンドをしっかり実現できています。

MEMO
apt-XはAndroidに対応した規格、AACはiOS対応の規格です。
マクリン
SoundLiberty 97は、操作性・音質・バッテリーの全方位にわたって優秀なイヤホンに仕上がってますよ!
SoundLiberty 97の評価
音質(全体的にフラット)
(4.0)
連続再生時間(9時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX8)
(5.0)
総合評価
(4.5)

TaoTronics SoundLiberty 97レビューまとめ

本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 97レビュー】3千円台で9時間のロング再生と高い防水性能をそなえる完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH097】」について書きました。

SoundLiberty 97は、最高クラスの防水性能(IPX8)にUSB-C充電、単体で最大9時間のロングバッテリーと、実用性の高いイヤホンです。

サウンド面も抜かりなく、コーデックは「AAC」「apt-X」に対応し、iPhoneとAndroidスマホ両方で高音質な音楽・動画再生を可能としています。

マクリン
同社のイヤホンでは個人的にかなり好きなモデルですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】 【TaoTronics SoundLiberty 88レビュー】自動停止機能搭載のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH088】 【TaoTronics SoundLiberty 77レビュー】左右同時伝送で接続がとぎれない完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH077】 【TaoTronics SoundLiberty 92レビュー】左右同時伝送&13mmドライバーのインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH092】 【TaoTronics SoundLiberty 53レビュー】長時間再生&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です