おすすめのガジェット

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】

どうも、家にも事務所にもコワーキングにも別々のワイヤレスイヤホンを置いてるマクリン( @Maku_ring)です。

中でもおすすめなのは、周りの雑音を遠くに追いやってくれるアクティブノイズキャンセリング(ANC)搭載のワイヤレスイヤホン。

とはいえ、安いモデルでも2〜3万円するため、気軽に購入できるとはいえません。

ところが近年、価格面でのブレークスルーが進み、MPOW X3 ANCのように1万円以下でもANC搭載モデルが出てきました。

コスパにすぐれるイヤホンを出し続けるTaoTronicsタオトロニクスからも「TaoTronics SoundLiberty 94」が登場し、同価格帯では最強の機能性を持ち合わせています。

ANCならびに外音取り込み(アンビエントモード)両搭載にくわえ、9.2mmドライバーとあわせ、音質面の完成度はアンダー1万円ではありえない高さをほこります。

さらにAiroha社の「MCSync(Multi Cast Sychronization)」を採用し、左右イヤホンそれぞれが音を受信する「左右同時伝送」を可能としています。

マクリン
正直「1万円以下のモデルならこれ買っとけ」くらいのモデルです!

そんなわけで本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

TaoTronics SoundLiberty 94の外観と付属品

TaoTronics SoundLiberty 94」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。

TaoTronics SoundLiberty 94は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホン

生活防水は他のモデルに比べてやや物足りないものの、ANC搭載モデルの中ではかなり良いほうです。

小粒とはいいがたいサイズではありますが、装着時にわずらわしい大きさでもなく、控えめに記されたブランド名がいい感じ。


 
重さは両耳11gと標準的ですが、ANC&アンビエントを載せつつAirPods Pro並みにおさえたのは企業努力を感じました。

TaoTronics SoundLiberty 94のイヤホン重量は約11g
TaoTronics SoundLiberty 94のケース重量は約50g

バッテリー内蔵の収納ケースはプラスチック製ですが、クールなブランドロゴがオンされ、所有欲を高めてくれるデザインです。


 
サイズは71 x 40 x 31mmとそれなりのコンパクト仕様で、バッグに忍ばせてもかさばりません。

TaoTronics SoundLiberty 94のケースサイズは71 x 40 x 31mm
 
ケース裏面には、充電用のUSBタイプC(USB-C)ポートを備えています。

USB-CはApple製品と親和性がある上、他のケーブルとも使い回せるため、汎用性はかなり高いです。

TaoTronics SoundLiberty 94は、イヤホン単体で8時間と長く、ケース併用では32時間(4回分)連続使用できます。


 
同梱品はイヤホン本体に充電ケース、イヤーチップ、USB-C to Aケーブルです。

TaoTronics SoundLiberty 94の付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。

TaoTronics SoundLiberty 94のペアリング

TaoTronics SoundLiberty 94のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法を紹介します。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間で自動接続した後、青白点滅を繰り返すペアリングモードに入ります。


STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「TaoTronics SoundLiberty 94」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

マクリン
一度ペアリングすれば、次回からイヤホンを取り出すだけで自動的に接続する、自動ペアリング搭載なので快適ですよ!

以上がペアリング方法です。

TaoTronics SoundLiberty 94は、左右イヤホンともに片耳モードに対応しています。

一般的なモデルは、一方のイヤホン(親機)を経由してもう一方(子機)に音が伝送される「リレー伝送」ですが、SoundLiberty 94はAiroha社の「MCSync」搭載により左右同時伝送を実現しています。

TaoTronics SoundLiberty 94は左右同時伝送

高価格帯では採用しているモデルが多いものの、アンダー1万円ではまだまだ少なく、その点でもTaoTronics SoundLiberty 94の完成度は高いといえます。

マクリン
リレー伝送に比べて音の途切れなども生じないのがいいですね!

Sponsored Links

 

TaoTronics SoundLiberty 94の装着感と音質

TaoTronics SoundLiberty 94は、ボテッとした形状ながら耳へのおさまりが良く、装着感はかなり優秀です。

TaoTronics SoundLiberty 94の装着感
 
表面はタッチセンサーになっており、タッチするだけで音量調整ふくめた全操作に対応しています。

TaoTronics SoundLiberty 94の表面はタッチセンサー

ボタン操作一覧
  • 右/左1回タップ 受話
  • 右1回タップ 音量上げ
  • 左1回タップ 音量下げ
  • 右2回タップ 再生/一時停止
  • 左2回タップ アンビエントモード(外音取り込み)のオンオフ
  • 右3回タップ 曲送り
  • 左3回タップ 曲戻し
  • 右/左2秒押し 終話/通話拒否
  • 右2秒押し 音声コントロール(Siri/Googleアシスタント)のオンオフ
  • 左2秒押し ANC機能のオンオフ

受話が1回タップなのに終話が2秒押しだったり、再生や一時停止が2回タップなど、操作に慣れはやや要るものの、全操作がタッチで完結するのはありがたいです。

TaoTronics SoundLiberty 94の音質は低音重視の設計です。

低音のボリュームがあるものの、ドンシャリというほどではなく、ほど良い余韻よいんの響く仕上がりとなっています。

中音や高音も弱いというわけではなく、フラットで再現度は高く、長時間でも聴き疲れせず卒なくまとまっています。

全体的な印象として優等生がぴったりで、少なくともアンダー1万円ではトップクラスだと感じました。

音質コーデックはSBCとAACのみですが、Androidスマホで動画を観ても、遅延はほぼ感じませんでした。

それからすごいのはやはり、この価格帯で最大35dBのノイズ低減効果のあるアクティブノイキャン(ANC)を搭載していること。

AirPods ProSONY WF-1000XM3ほど強力なノイキャンではないものの、中程度の効きであり、空調系の音はしっかり抑えてくれていました。

コワーキングスペースで使用しましたが、背後で作業している方のPCの作業音(マウス・キーボード)も7割程度カットしていました。

おまけじゃなく、しっかりしたノイキャンだったのが素晴らしいです。

また、驚きだったのがアンビエントモードの効きの良さ

集音がかなり優秀で、人の声やバス・電車のアナウンスを明瞭に拾っていました。

マクリン
安全面にも配慮し、全方位にスコアの高いイヤホンですね!
SoundLiberty 94の評価
高音域
(3.5)
中音域
(3.5)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(3.5)
総合評価
(3.5)

TaoTronics SoundLiberty 94レビューまとめ

本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】」について書きました。

TaoTronics SoundLiberty 94は、アンダー1万円にしてANCならびに外音取り込みを搭載するフルワイヤレスです。

左右同時伝送やUSB-C充電対応など、機能面も抜かりなく、音質面ふくめて完成度はかなり高く仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【MPOW X3 ANCレビュー】ノイキャン&10mmドライバー搭載で1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンBEST3 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ