Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【Mpow Soundhot R6レビュー】ハンディサイズなのに最大16W出力の完全防水Bluetoothスピーカー

 
どうも、風呂に音楽を持ち込むマクリン( @Maku_ring)です。

Amazonの音楽聴き放題サービス「Music Unlimited」と完全防水スピーカーを組み合わせ、浴室でも音楽を楽しんでいます。

僕が日ごろから気になるのが、音質(出力)とスピーカーサイズの関係。

コンパクトなスピーカーは持ち運びに適していますが、出力がどうしても小さくなりがち。

かといって出力が大きいモデルを選ぶと、携帯性におとります。
 

マクリン
つまり、出力もサイズもそこそこのモデルが、長く使う上でピッタリなのです!

Mpowの「Soundhot R6」はまさにそんな製品。

Soundhot R6はハンディサイズのコンパクト設計と最大16Wの高出力を兼ね備える、バランスの良い完全防水Bluetoothスピーカーです。

最大24時間再生可能なロングバッテリーモデルなので、アウトドアや旅行にも最適。

そんなわけで本記事は「【Mpow Soundhot R6レビュー】ハンディサイズなのに最大16W出力の完全防水Bluetoothスピーカー」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

Mpow Soundhot R6の外観と付属品

Soundhot R6完全防水仕様(IPX7)のBluetoothスピーカーです。

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。

Mpow Soundhot R6は完全防水仕様(IPX7)のBluetoothスピーカー

マクリン
最高クラスの防水性能なので、水場でも気にせず使えちゃいます!
 
サイズは約180 x 58 x 56mmで、スマホよりひと回り大きい程度のコンパクトサイズです。

Mpow Soundhot R6のサイズ

スピーカーの中でも小型設計となっており、最大10WのSoundcore Wakeyや最大30WのSoundcore Motion+よりも小さく仕上がっています(Soundhot R6は最大16W出力)。


 
重さは358gでスマホ2個分くらいの重量感(片手持ちも余裕)。

Mpow Soundhot R6の重量
 
背面にはストラップ穴が付いており、付属のストラップをつけることで、バッグに引っ掛けたり、持ち運ぶ際に便利です。

Mpow Soundhot R6のストラップ穴
Mpow Soundhot R6のストラップ

操作部はゴム素材でできています。

Mpow Soundhot R6の操作ボタン部はゴム素材
 
側面には充電用のMicro USBポートとAUX(外部入力)ポートが付いています。

Mpow Soundhot R6のポート類

同梱品はスピーカー本体とMicro USBケーブル、オーディオケーブル、ストラップです。

Mpow Soundhot R6の付属品
 
Soundhot R6は省電力化にも力を入れており、5時間の充電でなんと24時間もの長時間使用が可能となっています。

Mpow Soundhot R6は24時間再生可能

 

Mpow Soundhot R6の使用感

Soundhot R6は有線接続も可能ですが、持ち運ぶことを踏まえるとBluetooth接続での使用がベターです。

STEP.1
ペアリングモード
本体をオンすると、LEDインジケーターが青点滅するペアリングモードに入ります。


STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Soundhot R6」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

Soundhot R6のペアリング完了
 

 
操作部は電源ボタンとBluetooth・再生ボタン・音量・BASSの構成となっています。

Mpow Soundhot R6の操作部

各ボタン操作一覧
  • 電源ボタン (1秒押し)オン/(2秒押し)オフ
  • Bluetoothボタン Bluetooth接続/(2回押し)ステレオペアリング
  • 再生ボタン 再生/一時停止
  • 音量-/+ボタン 音量アップ/ダウン
  • BASSボタン ノーマル・BASSモード切り替え

2台のSoundhot R6に接続し、左右に配置することで、より良い音響効果を楽しむ完全ワイヤレスステレオペアリングも搭載しています。

マクリン
臨場感あふれるステレオサウンドが楽しめますよ!
 
水場で使うときに大事な防水性能。


 
IPX7の完全防水仕様というだけあり、シャワーをかけマクリンまくりでもまったく問題ありませんでした。


MEMO
水の膜がスピーカー穴をふさぐと音がこもりますので、その点だけご留意ください。
 
最大16Wの高出力スピーカーを搭載するだけあり、バランスの良いパワフルサウンドを響かせるスピーカーに仕上がっています。


 
低音重視のBASSモードは、低音の量感が増すものの、ボーカルふくめ全体の音が弱くなったため、ノーマルモードのほうが好みでした。


サイズと音質のいいとこ取り。

Soundhot R6は、両者を妥協したくないこだわり派におすすめするスピーカーです。

製品名Mpow Soundhot R6
サイズ約180 x 58 x 56mm
重さ約258g
出力最大16W
連続再生時間最大24時間(5時間充電)
Bluetooth規格4.2
防水規格IPX7
ステレオペアリング
 

Sponsored Links

 

Mpow Soundhot R6レビューまとめ

本記事は「【Mpow Soundhot R6レビュー】ハンディサイズなのに最大16W出力の完全防水Bluetoothスピーカー」について書きました。

Mpow Soundhot R6は3千円台にもかかわらず、最高クラスの防水性能(IPX7)に24時間使用可能と、高いコスパをもつスピーカーです。

コンパクト設計かつ最大16W出力と、サイズ・音質ともに完成度の高い一品となっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【おすすめ】お風呂でも使える防水スピーカー6選【コスパ抜群】 【Soundcore Motion+レビュー】aptX&ハイレゾ対応の完全防水Bluetoothスピーカー【Anker】 【Soundcore Wakeyレビュー】スピーカー・目覚まし時計・充電器が1台になったBluetoothスピーカー【Anker】 【ZENBRE Craftレビュー】マグネット搭載&高音質の完全防水Bluetoothスピーカー【20時間再生】 【おすすめ】AnkerのBluetoothスピーカーで買うべき7モデル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ