おすすめのガジェット

【Anker Soundcore 3レビュー】最大24時間の連続再生!コンパクトかつUSB-C充電で音質もアップデート

どうも、防水Bluetoothスピーカー好きのマクリン( @Maku_ring)です。

ワイヤレススピーカーを選ぶのに大事なポイントとして、出力とバッテリーが挙げられます。

コンパクトなスピーカーは、持ち運びやすく気軽に聴けるものの、充電切れまでが早く、音楽が突然止まること数知れず。

かといって、ロングバッテリーかつ高出力なスピーカーを選ぶと、サイズが大きくなってしまいます。

出力とバッテリー、良いとこ取りのAnkerのスピーカーが「Anker Soundcore 3」です。

Anker Soundcore 3の外箱

最大24時間の連続再生可能なロングバッテリーかつ16Wの高出力ながら、ハンディサイズで持ち運びやすく防水機能まで完備しています。

アウトドアや旅行など、シーンを問わずに活躍してくれるスピーカーです。

そんな本記事は「【Anker Soundcore 3レビュー】最大24時間の連続再生!コンパクトかつUSB-C充電で音質もアップデート」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。プロフィール詳細

Anker Soundcore 3の概要

Anker Soundcore 3完全防水仕様(IPX7)のBluetoothスピーカーです。

Anker Soundcore 3は完全防水仕様(IPX7)のBluetoothスピーカー

マクリン
スピーカー最高クラスの防水性能なので、水場もへっちゃら!

スペックは以下のとおり。

製品名 Anker Soundcore 3
サイズ 174 x 57 x 59mm
重さ 504g
通信方式 Bluetooth 5.0
防水規格 IPX7
オーディオ出力 16W (8W × 2)
充電端子 USB-Cポート
再生可能時間 最大24時間

 
スマホよりもひと回り大きいサイズ感でかなりコンパクト。

Anker Soundcore 3のサイズは174 x 57 x 59mm
 
重さは約504gと片手でも楽に持てる重量なので、気軽に持ち運びできます。

Anker Soundcore 3の重量は約504g
 
同梱物はAnker Soundcore 3本体と専用ストラップ、USB-Cケーブルです。

Anker Soundcore 3の付属品
 
右側面にストラップ穴が空いているので、付属のストラップを通しましょう。

Anker Soundcore 3のストラップ穴

 
旧機種「Soundcore 2」ではMicro USBだったのに対し、汎用性の高いUSB-Cポートに変わったのはうれしいポイントです。

Anker Soundcore 3の充電はUSB-Cポート

マクリン
フル充電で、最大24時間の連続再生が可能なのはすごい!

操作部は電源ボタンと音量ボタン、マルチ機能ボタン(ロゴ)、Bluetoothボタンの構成で、ボタンの種類が分かりやすく直感的に操作できます。

Anker Soundcore 3の操作ボタン部

各ボタン操作一覧
  • 電源ボタン 電源オン/(2秒押し)オフ
  • 音量-/+ボタン 音量アップ/ダウン
  • Bluetoothボタン ペアリングモード
  • マルチ機能ボタン 再生/一時停止/(2回押し)曲送り/(3回押し)曲戻し
 
背面にはSoundcoreの文字がおしゃれに刻印され、スピーカー部分以外はシリコンの吹付加工が施されています。

Anker Soundcore 3のレビュー

それではAnker Soundcore 3の特徴を3点に分けて紹介します。

 

1. チタニウムドライバーで曲の細部まで再現

ドライバーにはチタニウムドライバーが採用され、曲の細部まで再現されるのでボーカルや楽器音が鮮明に聞こえます。

Anker Soundcore 3はチタニウムドライバー採用

特に、ボーカルの声が綺麗に聞こえるのが特徴です。

重低音というより量感のある低音といった味付けに仕上がっています。

オーディオ出力は最大16Wなので、音がクリアかつ深みもあり、迫力のある音楽を楽しみたい方におすすめです。
 

2. お風呂でも使用可能

防水性能はIPX7対応で、最長30分間なら水深1mに沈めても操作可能です。

お風呂にゆったり入りながら、お気に入りの音楽を楽しみたいという方は多いはず。

Anker Soundcore 3なら、シャワーの水がかかっても何の問題なく使用できます。

アウトドアや水回りでももちろん気にせず使えます。

3. SoundCoreアプリで自分好みの音楽を

専用アプリ「Soundcore」をインストールしてペアリングすれば、スマホをリモコン代わりに自分好みの音楽を楽しめます。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
再生や一時停止、BassUPのオンオフも操作できます。

低音を楽しみたい方はBassUPオンにすると、ビートの強さが大きく変わります。

また、音声プロンプトのオンオフや、オートパワーオフの時間調節も可能です。


 
イコライザーはプリセット(デフォルト・ボイス・トレブルブースト・バランス)からタイプを選べるほか、自由にカスタムできるので、好みの音楽に細かく合わせられます。



マクリン
ソフト周りの使い勝手も抜群!

Sponsored Links

 

Anker Soundcore 3レビューまとめ

本記事は「【Anker Soundcore 3レビュー】最大24時間の連続再生!コンパクトかつUSB-C充電で音質もアップデート」について書きました。

Anker Soundcore 3は、コンパクトサイズながらロングバッテリーを備え、16Wと高出力かつ防水機能までついています。

屋外でも充分に音楽を楽しめるパワーと音質もあり、このサイズのBluetoothスピーカーとしては文句なしのスペックです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Soundcore Motion+レビュー】aptX&ハイレゾ対応の完全防水Bluetoothスピーカー【Anker】 【Soundcore Wakeyレビュー】スピーカー・目覚まし時計・充電器が1台になったBluetoothスピーカー【Anker】 【おすすめ】お風呂でも使える防水スピーカー4選【コスパ抜群】 【おすすめ】AnkerのBluetoothスピーカーで買うべき5モデルを徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です