おすすめのガジェット

【Soundcore Life A2 NCレビュー】アンダー1万円で高いANC性能を搭載するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンの中でもノイキャン(ANC)付きを愛用しているマクリン( @Maku_ring)です。

ただ、ANC搭載になると、通常のモデルより1万円程度高くなり、手を出しづらくなるのが現状。

そんな中、これまで数々のコスパにすぐれるイヤホンを出してきたAnkerより、アンダー1万円ながらANC搭載のフルワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」が登場しました。

Soundcore Life A2 NCの外箱

Soundcore Liberty Air 2 Proとともにアンカー初のANCモデルであり、Soundcore Life A2 NCは下位機種に該当します。

ただ、下位とはいいつつ、ノイキャン性能はほぼ変わらず(同価格で最強レベル)、音質面でもほとんど見劣りしません。

Liberty Air 2 Proにある装着センサーやHearID、ワイヤレス充電は非搭載であるものの、それさえ求めなければ最高のイヤホンに仕上がっています。

そんなわけで本記事は「【Soundcore Life A2 NCレビュー】アンダー1万円で高いANC性能を搭載するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Soundcore Life A2 NCの概要

Soundcore Life A2 NC」は完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Life A2 NCは完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。
 
本体は小ぶりで丸みを帯び、イヤーピース外周はメタリック調になっています。


 
イヤホン単体で約13g、ケースふくめて約68gであり、軽量モデルの多い同社の中ではやや重め。

Soundcore Life A2 NCのイヤホン重量
Soundcore Life A2 NCのケース重量

ケースはたまご型のマットな質感で、Liberty Air 2 Proのスライド型と異なり、パカッと開く機構です。



ケースサイズは約60 x 75 x 30mmで、手のひらにすっぽり収まるサイズ感。

Soundcore Life A2 NCのケースサイズは約60 x 75 x 30mm
 
付属品はイヤホン本体とイヤーチップ、イヤーウィング(イヤージャケット)、USB-C to Aケーブルです。

Soundcore Life A2 NCの付属品

イヤーチップとイヤーウィングは、本体装着済みをふくめ、XS/S/M/Lと4種類あります。

 

Soundcore Liberty Air 2 Proとのスペック比較

上位機種であるSoundcore Liberty Air 2 Proとの比較は以下のとおりです。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 Soundcore Life A2 NC Soundcore Liberty Air 2 Pro
重量 イヤホン約13g / ケース約68g イヤホン約10g / ケース約61g
ノイキャン 3つのモード搭載 3つのモード搭載
イコライザー プリセット プリセット / HearID
装着センサー 非搭載 搭載
バッテリー イヤホン単体で約7時間(ANCで6時間)
ケースをふくめて約35時間(ANCで30時間)
イヤホン単体で約7時間(ANCで6時間)
ケースをふくめて最大26時間(ANCで21時間)
充電方式 USB-C USB-C / ワイヤレス充電
防水規格 IPX5 IPX4
接続方式 Bluetooth 5 Bluetooth 5
対応コーデック SBC / AAC SBC / AAC
ドライバー 11mm 11mm
価格 9,990円 12,980円

両者の主なちがいは、Anker Soundcore Life A2 NCがワイヤレス充電・装着センサー(脱着時の音楽自動停止)・HearID未対応であるという点。

これらは音質面・実用面で変わる部分なので対応してほしかったところですが、1万円以下に抑えている分、そこは致し方ない部分でしょう。

一方、ドライバー径は両者とも11mmで変わらず、音質面のグレード差を抑えているのは好印象です。

Soundcore Life A2 NCのレビュー

Anker Soundcore Life A2 NCの特徴を紹介します。

 

そこそこロングバッテリーかつUSB-C充電対応

Soundcore Life A2 NCはそこそこのロングバッテリーに仕上がっています。

イヤホン単体で最大7時間(ANCで6時間)、ケースをふくめ最大35時間(ANCで30時間)使用可能です。

Soundcore Life A2 NCは最大7時間(ANCで6時間)、ケースふくめ最大35時間(ANCで30時間)使用可能
 
ケース背面には、使い勝手の良いUSB-Cポートを備えています。

Soundcore Life A2 NCの背面にはUSB-Cポート搭載

また、10分の充電で1.5時間駆動する急速充電にも対応しています。

ワイヤレス充電には残念ながら対応していません。
 

専用アプリは機能豊富

専用アプリでは、ノイズキャンセリングモードや外音取り込み機能の切り替え、タッチ操作カスタマイズ・イコライザーの設定が行えます。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
ダッシュボード画面では、バッテリー残量とモード設定が確認できます。

Soundcore Life A2 NCのアプリのダッシュボード
 
モード設定では、ノイズキャンセリングモードの選択や、外音取り込みモードへの切り替えが簡単に行えます。

Soundcore Life A2 NCのモード設定
 
イコライザーはカスタムで細かく合わせられるだけでなく、22種類ものパターンがプリセットされ、これだけあれば自分好みの音設定を見つけやすくなります。

Soundcore Life A2 NCのイコライザーは22種類のパターン搭載

マクリン
音楽視聴なら「ロック」、ラジオ視聴なら「話し言葉」がおすすめですよ!

ただし「Soundcore Liberty Air 2 Pro」に搭載していたHearIDは非搭載で、この差が音質の違いにつながっているのかなという印象を受けました。

言い換えると、それくらいの微差だということです。

HearID
聴覚テストのイメージで、左右の耳の聴きとりやすさを測定することで、自分用にカスタマイズされた音楽に調整してくれます。
 
コントロールでは、タッチコントロールの操作方法をカスタマイズできます。

Soundcore Life A2 NCのアプリはタッチコントロールの操作方法をカスタマイズできる
 
自分で割り振れる操作アクションは以下の4つです。

操作アクション

  • 左を2回タップ
  • 右を2回タップ
  • 左を2秒押し
  • 右を2秒押し

 
上記の4つの操作方法に、これらの機能を割り振ることができます。

  • 再生/一時停止
  • 音量アップ
  • 音量ダウン
  • 次の曲へ
  • 前の曲へ
  • モード設定(ノイズキャンセリング / 外音取り込み / 通常)
  • 音声アシスタント

欲をいえば、もっと多くの操作アクションに対応してほしかったところ。

Ankerらしい細やかな配慮を感じたのがモード設定のカスタマイズで、外音取り込みだけカットしたり、全部ふくめたりと、ボタンを押したときの切り替わり方を変更できます。

アンダー1万円ではダントツのノイキャン性能

Soundcore Liberty Air 2 Proと並び、Anker初のANC搭載であるものの、その性能はアンダー1万円では最高クラス

2万円台のモデルとも遜色なく、AirPods Proほどではないものの、近いレベルで外音を抑制してくれます。


 
3つのノイズキャンセリングモード(交通機関 / 屋内 / 屋外)をそなえています。

Soundcore Life A2 NCは3つのノイズキャンセリングモード搭載

「交通機関モード」を選ぶと、かなり高いレベルで外音を遮断してくれ、車の音や電車の走行音からタイプ音・空調音まで全体的に抑制してくれます。

カフェや家で集中して作業を行いたい場合は「屋内モード」を選ぶといいですが、両者の違いはあまり感じなかったので、個人的には交通機関モードでいいと思います。

3つのモードで好みのノイキャンレベルが見つからない場合は、好みの遮音レベルを選べる「カスタム」も選択可能です。

外音取り込み機能も地味に優秀で、全ての周囲音を取り込む「全ての外音」と音声重視で取り込む「音声フォーカス」で切り替えられるようになっています。
 

若干ドンシャリ系の高音質

Anker Soundcore Life A2 NCは耳への収まりが良く、イヤーウィングでグリップ性も高いので、ズレ落ちにくくなっています。

Soundcore Life A2 NCの装着感
 
表面はタッチセンサー式で感度も高く、正確に操作できます。

Soundcore Life A2 NCはタッチセンサー式

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止
  • 右2秒押し モード切り替え(ノイズキャンセリング / 外音取り込み / 通常)
  • 左2回タップ 曲送り(次の曲)
  • (右/左)2回タップ 受話/終話
  • (右/左)2秒押し 着信拒否
MEMO
曲戻し(前の曲)・音量調整・音声アシスタントはデフォルトで割り当てられていないものの、前述の操作カスタマイズで設定可能です。

ドンシャリ感が強めで、Ankerの中でもトップクラスの音質に仕上がっています。

Liberty Air 2 Proに比べると、音の輪郭はややぼやけている印象ですが、アンダー1万円ではピカイチ。

高音域は刺さる感じが少しあるものの、クリアで爽快感があり、低音域には迫力があり臨場感も強いです。

中音域は、やや平坦な印象がありますが、表現力の面ではすぐれています。

ROCKやEDMにはぴったりで、ライブ感にあふれる派手なサウンドが楽しめます。

Soundcore Life A2 NC
高音域
(4.5)
中音域
(3.5)
低音域
(4.5)
ノイズキャンセリング
(4.0)
総合評価
(4.0)

Sponsored Links

 

Soundcore Life A2 NCレビューまとめ

本記事は「【Soundcore Life A2 NCレビュー】アンダー1万円で高いANC性能を搭載するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Anker Soundcore Life A2 NCは、1万円以下に抑えつつ、バッテリー・ノイキャン・音質と各方面に充分な性能を持つフルワイヤレスイヤホンです。

装着センサー・HearID・ワイヤレス充電は非搭載ですが、それを求めないなら最高のイヤホンに仕上がっています。

マクリン
アンダー1万円ではナンバーワンの出来!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】Anker初にしてAirPods Proと同レベルのANCをもつ完全ワイヤレスイヤホン 【Soundcore Liberty Neo 2レビュー】5千円以下で本体10時間再生とワイヤレス充電に対応するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン 【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】 【MPOW X3 ANCレビュー】ノイキャン&10mmドライバー搭載で1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン 【EarFun Free Proレビュー】6千円以下でANCを搭載する価格破壊の完全ワイヤレスイヤホン 【EarFun Air Proレビュー】上位機種に劣らぬノイキャン性能をもつ完全ワイヤレスイヤホン 【徹底比較】Ankerのワイヤレスイヤホンで今すぐ買うべきおすすめ6モデル! 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST10 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

2 COMMENTS

遠山絢梧

ありがとうございます!
小6ですがちょうどワイヤレスイヤホンを探していて助かりました。
Googleで[マクリン]と入れて検索するようになるほど、、、

返信する
マクリン

お役立てできてうれしいです!

Soundcore Life A2 NCは名作なので、良いオーディオライフ過ごせるはずですよ!

指名検索くださってうれしいです^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です