アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【Soundcore Liberty Neoレビュー】完全防水&シリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】

 

どうも、ワイヤレスイヤホン好きのマクリン( @Maku_ring)です。

iPhoneのミュージックライフに必須なのが、Bluetoothブルートゥース接続で全ケーブルを無くした完全フルワイヤレスイヤホン

AirPods以外にもさまざまな価格帯のイヤホンが出ており、サウンドの味付けも異なります。

いま完全ワイヤレスイヤホンに求められている要素は、軽量性接続性(再生中にBluetooth接続が途切れないこと)。

この2つを高次元で兼ね備えるモデルがこちら、Ankerのイヤホンレーベル、Libertyシリーズの「Soundcore Liberty Neo」です。

Soundcore Liberty Neoは、シリーズ最軽量設計にくわえ、ハード・ソフトの両面からチップセットを見直し、音飛び・接続不良を大幅に改善した製品に仕上がっています。

AAC対応かつ防水機能も備え、どんな環境でも高品質のサウンドが楽しめます。
 

マクリン
ミニマムデザインで装着時もスマートですよ!
 
そんなわけで本記事は「【Soundcore Liberty Neoレビュー】完全防水&シリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】」について書いていきます。

 

Soundcore Liberty Neoの外観と付属品

Soundcore Liberty Neo完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

Soundcore Liberty Neoは完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン
 
「装着時に耳からイヤホン部分が飛び出して見えるのに抵抗がある」という声にお応えし、ミニマムサイズにまとめ、スマートさを追求したデザインとなっています。

Soundcore Liberty Neoは装着時の飛び出しを抑えたデザイン

 
AnkerのLibertyシリーズでも最軽量モデルであり、両耳でわずか11gの重さしかありません。

Soundcore Liberty Neoの左右イヤホン重量は約11g
 
バッテリー内蔵の収納ケースも54gと軽く、同じく軽量モデルの「Soundcore Liberty Air」をも上回る軽量設計です。

Soundcore Liberty Neoのケース重量
Soundcore Liberty Airの重量
 
軽いだけでなく、こちらのケース、表面にダイヤモンド粒子を散りばめたようなメタリックコーティングが施されています。

Soundcore Liberty Neoのケースはメタリックコーティング加工

マクリン
スタイリッシュで上品に仕上がってますよ!
 
イヤホン本体はケースに格納できますが、フタは大きく開きませんので、その点だけご留意ください。

Soundcore Liberty Neoはケースに格納できる
 
ケースサイズは長さ8.0 x 幅3.5 x 高さ3.0cmと小型設計です。

Soundcore Liberty Neoのケースは小型設計
 
ケース裏面には、充電用のMicro USB端子を備えています。

Soundcore Liberty Neoのケース裏面には充電用のMicro USB端子搭載
 

イヤホン単体で3.5時間分のバッテリーがあるのにくわえ、ケース合計で12時間の連続使用が可能です。

Soundcore Liberty Neoはイヤホン単体で3.5時間、ケース合計で12時間の連続使用が可能
 
同梱品はイヤホン本体に充電ケース、イヤーチップ、イヤーウィング(イヤージャケット)、Micro USBケーブル、説明書です。

Soundcore Liberty Neoの付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 

イヤーチップとイヤーウィングは本体装着済みのものをふくめ、XS/S/M/Lと4種類あり、耳のサイズにあわせて細かい調整が可能です。

Soundcore Liberty Neoのイヤーチップとイヤーウィングは4種類のサイズがある
 

ケースを開閉することで、バッテリー残量が3段階のLEDランプで表示されます。

Soundcore Liberty Neoはバッテリー残量表示用のLEDランプを備える

LED1個点灯 30%未満
LED2個点灯 30〜70%
LED3個点灯 70%以上
 

Soundcore Liberty Neoのペアリング

Soundcore Liberty Neoのペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法はとてもシンプルです。

STEP.1
ペアリングモード
ケースから取り出すと、左右間で接続した後、右イヤホンが白点滅(左イヤホンはゆっくり点滅)するペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Soundcore Liberty Neo」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。


 

以上がペアリング方法です。

両イヤホンをつなぐステレオモードにくわえ、右イヤホンだけ接続するモノラルモードも備えています。

Soundcore Liberty Neoは一度ペアリングさえすれば、次からケース取り出しだけで、自動で電源オンになってペアリングが開始するPUSH AND GO機能を搭載しています。

マクリン
自動オン&ペアリングは快適ですよ!
 

Sponsored Links

 

Soundcore Liberty Neoの装着感と音質

Soundcore Liberty Neoは飛び出しを抑えたデザインに仕上がっているため、スマートに決まります。

Soundcore Liberty Neoの装着感
 

操作はボタン式かつ音声操作ふくめ、ほぼ全ての操作がイヤホンだけで可能なので、かなり使いやすいです。

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1秒押し 曲送り(次の曲)
  • 左1秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 着信中(右/左)1秒押し 通話拒否
  • 通話中右1秒押し 通話切替
  • (右/左)2回押す 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)
注意
音量調整は、音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)もしくは本体で操作してください。
 

Soundcore Liberty Neoは中低音が比較的得意で、ピアノ・ギター音を上手く響かせられる設計となっています。

ボーカル音の解像度も高く、ロックとの組み合わせで真価を発揮するモデルだと感じました。

AACコーデック対応で、apt-Xには対応していませんが、Android端末で聴いても音の劣化は感じませんでした。

MEMO
AAC(AdvancedAudioCoding)コーデックはiOS対応の音声圧縮規格です。apt-XはAndroid対応の規格。
 
マクリン
Soundcore Liberty Liteから中身を大きく見直しただけあり、音飛びもまったくありませんでしたよ!
Soundcore Liberty Neoの評価
音質(中低音が得意)
(4.0)
連続再生時間(3.5時間)
(3.5)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)
 

Sponsored Links

 

Soundcore Liberty Neoレビューまとめ

本記事は「【Soundcore Liberty Neoレビュー】完全防水&シリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】」について書きました。

Soundcore Liberty NeoはLibertyシリーズの最軽量モデルで、完全防水・最大12時間使用と、実用面もよく考えられた完全ワイヤレスイヤホンです。

また、接続の安定性を強化しただけあり、Bluetooth接続の弱点でもある音飛びや接続不良が全くなく、快適に使うことができました。

マクリン
僕のようなロック好きには、かなりおすすめできる完全ワイヤレスイヤホンですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

【おすすめ】買ってよかった、コスパ抜群の安い完全ワイヤレスイヤホン10選【1万円台以下】 【Zolo Liberty+レビュー】完全防水&周辺音取り込み機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】 【Soundcore Liberty Airレビュー】完全防水&スリム設計の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】

3 COMMENTS

新井

こんにちは。 こちらの製品について質問があります。
本文より——————————————————
以上がペアリング方法です。

両イヤホンをつなぐステレオモードにくわえ、右イヤホンだけ接続するモノラルモードも備えています。
——————————————————
と書かれておりますが、右イヤホン以外に「左イヤホン」も単独利用は可能でしょうか?
これまでのAnker社製Bluetoothイヤホンは、親機のみしか片側単独利用はできせんでした。
わたくしは、環境音が聞こえるように、左右のどちらか一方ずつ(交互に)利用したいと考えています。

お答えいただけると大変嬉しいです。 よろしくお願いします。

返信する
マクリン マクリン

新井様、

ご質問ありがとうございます。

こちらのモデルも残念ながら、親機でしか片耳モードでの使用ができません。

両イヤホンとも片耳モードで使用できるモデルが、Ankerさんからも出るといいですよね。

マクリン

返信する
新井

マクリン様

片耳モードの件は了解いたしました。
デザインがカッコいいだけに残念に思います。

本日は、お返事を早速いただきまして、大変ありがとうございました。

新井

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です