おすすめのガジェット

【Soundcore Liberty Neo 2レビュー】5千円以下で本体10時間再生とワイヤレス充電に対応するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン

評価:4.5

オンライン会議続きでワイヤレスイヤホンが外せないマクリン( @Maku_ring)です。

本体充電しながら使えないワイヤレスイヤホンにとって、バッテリーの持続時間は大事な要素のひとつ。

マクリン
会議や動画視聴の途中でイヤホンが切れたら困りますからね……。

また、充電方式も気にすべきポイントで、旧来のMicro USB充電でなくUSB-C充電、さらにはワイヤレス充電に対応しているとなおよし。

5,000円以下で買えるにもかかわらず、これらをしっかりおさえるワイヤレスイヤホンが、ANKERの「Soundcore Liberty Neo 2」です。

Soundcore Liberty Neo 2の外箱

前作「【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo」から進化したアップデートモデルであり、イヤホン単体で10時間、ケース併用で40時間と、前モデルの約2倍に伸びています。

充電方式も前モデルがMicro USB充電だったのに対し、本機はUSB-C充電ならびにワイヤレス充電に対応。

おまけにSoundcoreアプリにも対応し、イコライザーの設定やボタンの割り当てが自在に行えるなど、拡張性にもすぐれています。

ベーシックモデルの位置づけながら、ノイズキャンセリング非搭載であること以外、Soundcore Liberty Air 2 ProSoundcore Life A2 NCといった上位機種と同等の機能づけがされています。

そんなわけで本記事では「【Soundcore Liberty Neo 2レビュー】5千円以下で本体10時間再生とワイヤレス充電に対応するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Soundcore Liberty Neo 2の外観と付属品

Soundcore Liberty Neo 2」は、完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。
Soundcore Liberty Neo 2は完全防水仕様(IPX7)のワイヤレスイヤホン

マクリン
雨天・スポーツ時にも、水を気にせず使えますよ!

イヤホンの形状はゴロンと丸みを帯び、ロゴの印字部分はザラついた質感で、タッチ操作に対応しています。


 
イヤホン単体で約12g、ケースふくめて約59gと、標準的な重量です。

Soundcore Liberty Neo 2のイヤホン重量は約12g
Soundcore Liberty Neo 2のケース重量は約59g

ケースサイズは約80 x 30 x 33mmと手のひらに収まるものの、横幅が少し長めの印象。

Soundcore Liberty Neo 2のケースサイズは約80 x 30 x 33mm
 
前モデルはメタリックコーティングが施され、指紋が付きやすかったのに対し、本機のケースはシンプルかつ洗練され、サラリとした触感で指紋も目立たくなりました。

【第2世代】Soundcore Liberty Neo

Soundcore Liberty Neo 2のケース表面

Soundcore Liberty Neo 2

 
付属品は、イヤホン本体とUSB-C to Aケーブル、イヤーチップ、イヤーウィングです。

Soundcore Liberty Neo 2の付属品
 
イヤーチップはXS/S/M/L/XLの5種類、イヤーウィングはS/M/Lの3種類あります(Mは本体装着済)。

Soundcore Liberty Neo 2のイヤーチップは4種類

Soundcore Liberty Neo 2のレビュー

Anker Soundcore Liberty Neo 2の特徴を紹介します。

1. 最長バッテリーかつワイヤレス充電に対応

Soundcore Liberty Neo 2は超ロングバッテリーでありつつ、ワイヤレス充電にも対応し、充電面はかなり優秀です。

イヤホン単体で約10時間、ケースをふくめると最大40時間の連続再生が可能であり、同社のイヤホンでも最長設計

マクリン
充電を忘れてしまいがちな人にはうれしいポイントですね!

汎用性の高いUSB-C充電にも対応し、本体のフル充電は約2時間で完了します。

Soundcore Liberty Neo 2はUSB-C充電に対応
 
さらにワイヤレス充電にも対応し、ワイヤレス充電器に置くだけで簡単に充電できます。

Soundcore Liberty Neo 2はワイヤレス充電に対応

マクリン
ケーブルを探すなど余計な手間とストレスを省けますね!

2. 専用アプリで自分好みにカスタマイズ可能

Anker Soundcore Liberty Neo 2はベーシックモデルにもかかわらず、専用アプリでの設定に対応しています。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
アプリを起動してイヤホンと接続するとすぐに使用可能で、ダッシュボードではバッテリー残量を確認できます。

Anker Soundcore Liberty Neo 2のアプリのダッシュボードではバッテリー残量を確認可能
 
コントロール画面では、操作アクションのカスタマイズが可能です。

Anker Soundcore Liberty Neo 2のコントロール画面では操作アクションのカスタマイズが可能

操作アクション

  • 左を1回タップ
  • 右を1回タップ
  • 左を2回タップ
  • 右を2回タップ

 
上記4つのアクションに、以下6つの操作を割り振ることができます。


  • 音量ダウン
  • 音量アップ
  • 次の曲へ
  • 前の曲へ
  • 再生 / 一時停止
  • 音声アシスタント
 
イコライザーは、プリセットから選択するかオリジナルにカスタマイズできます。


 
イコライザーはカスタムで細かく合わせられるだけでなく、22種類ものパターンがプリセットされ、これだけあれば自分好みの音設定を見つけやすくなります。


Anker Soundcore Liberty Neo 2のイコライザーは22種類ものパターンがプリセットされている
マクリン
カスタムも複数保存できるので、音楽や気分に合わせて簡単に変更できますよ!

3. 価格以上で若干ドンシャリ系の高音質

Anker Soundcore Liberty Neo 2は、イヤーウィングのおかげでしっかりフィットし、少しひねるだけで密閉性は抜群です。

Anker Soundcore Liberty Neo 2の装着感
 
表面はタッチセンサー式で感度も高く、正確に操作できます。

Anker Soundcore Liberty Neo 2はタッチ操作式
 
初期設定のタッチ操作は以下のとおりです。

タッチ操作一覧
  • 左1回タップ  音量小
  • 右1回タップ  音量大
  • 左2回タップ  音声アシスタント
  • 右2回タップ  再生 / 一時停止
  • 左1秒押し  前の曲へ
  • 右1秒押し  次の曲へ
 
5,000円以下のイヤホンとしては音の完成度はかなり高く、同社のイヤホンでもSoundcore Liberty Air 2 Proに準ずるレベルだと感じました。

低音から中音にかけて迫力があり、Soundcore Life A2 NCと同じく若干ドンシャリ系ではありつつ、高音域はまろやかで耳に刺さるイヤな感じがありません。

前モデル「【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo」と同様、ROCKやHIP HOP、EDMと組み合わせてパフォーマンスを発揮するイヤホンに仕上がっています。

音質コーデックはSBC・AACのみに対応しています。

価格的に仕方ないですが、ノイズキャンセリングはついていないので、周囲音を抑えて音楽を堪能したい方は、同社だとSoundcore Liberty Air 2 ProかSoundcore Life A2 NCが適しているでしょう。

マクリン
ノイキャンさえこだわらなければ、5千円以下では文句なしの出来ですよ!
Liberty Neo 2の評価
音質(中低音が得意)
(4.0)
連続再生時間(10時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX7)
(5.0)
総合評価
(4.5)

Sponsored Links

 

Soundcore Liberty Neo 2レビューまとめ

本記事は「【Soundcore Liberty Neo 2レビュー】5千円以下で本体10時間再生とワイヤレス充電に対応するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Anker Soundcore Liberty Neo 2は、5千円以下で買えるイヤホンにもかかわらず、超ロングバッテリー・ワイヤレス充電・専用アプリ対応・音質優秀と、機能性充実のワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Liberty Neo 2の特徴

  • 5,000円以下で買える
  • ワイヤレス充電対応
  • 防水機能はIPX7
  • 単体10時間・最大40時間の連続再生
  • 専用アプリで自在にカスタマイズ
  • お値段以上の高音質

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Soundcore Life P3レビュー】8千円台で全部入りと上位レベルのANCを実現するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン 【Soundcore Life A2 NCレビュー】アンダー1万円で高いANC性能を搭載するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン 【Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】Anker初にしてAirPods Proと同レベルのANCをもつ完全ワイヤレスイヤホン 【徹底比較】Ankerのワイヤレスイヤホンで今すぐ買うべきおすすめ7モデル 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です