ガジェットのおすすめ

Anker Soundcore Liberty 4をレビュー!マルチポイントにピンチ操作対応で機能性ダントツの完全ワイヤレスイヤホン

評価:4.5

どうも、これまで100個近くのワイヤレスイヤホンを試してきたマクリン( @Maku_ring)です。

1万円台のモデルでも「あちらを立てればこちらが立たず」が多く、機能・音質・ANC・装着性・操作性すべての面で満足できるものはほぼなかったのが正直なところ。

そんな中、欲しい機能があますことなく詰め込まれた、まさに理想ともいうべきイヤホンが、Ankerの「Soundcore Liberty 4」です。

Soundcore Liberty 4の外箱

機能面では、装着センサー・ワイヤレス充電・マルチポイント・LDACにまでしっかり対応。

音質・ANCも同シリーズの高いレベルを継承し、アプリの完成度は同社史上ナンバーワンともいえる出来です。

Anker独自のCloudComfortイヤーチップにより装着性も申し分なく、操作性の面ではAirPods Pro 2と同じピンチ操作にまで対応しています。

マクリン
これぞ探し求めていたイヤホン…!

そこで本記事では「Anker Soundcore Liberty 4をレビュー!マルチポイントにピンチ操作対応で機能性ダントツの完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

ご提供品

本記事はアンカー・ジャパン様から商品を提供いただき作成しています。

メリット
  • ナチュラルで心地よいサウンド
  • 高強度のANC
  • フィット感抜群の装着性
  • 使いやすいピンチ操作
  • マルチポイント対応
  • LDACコーデック対応
  • ワイヤレス充電対応
  • 装着センサー対応
  • 機能盛りだくさんの専用アプリ
デメリット
  • 外音取り込みは並
  • 3Dオーディオが不自然

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Soundcore Liberty 4の概要

Soundcore Liberty 4」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Liberty 4の外箱とイヤホン本体

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいものの、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
製品名 Soundcore Liberty 4
防水・防塵規格 IPX4
接続方式 Bluetooth 5.3
対応コーデック SBC / AAC / LDAC
重量 イヤホン約12g / ケース込み約55g
バッテリー(最大) イヤホン単体:約9時間(ANCで7時間)
ケース込み:約28時間(ANCで24時間)
ドライバー 9.2mmダイナミックドライバー
6mmダイナミックドライバー
充電方式 USB-C / ワイヤレス
装着検出機能
ANC
外音取り込み
専用アプリ
マルチポイント
価格 14,990円

 
イヤホンは黒一色でシンプルながら、クールなロゴや光沢感あるスティック部分にこだわりを感じるデザインです。

Soundcore Liberty 4のイヤホン外観(外側)
 
軸部分はAirPods Pro 2に比べて少し太い印象があるものの、長さは同程度で飛び出しも気になりません。

Soundcore Liberty 4とAirPods Pro2のイヤホン比較
 
耳からの脱着にともない、自動で音楽再生・停止する装着センサーに対応し、アプリからON/OFFの切り替えも可能です。


 
ノイズリダクションを搭載したマイクを左右に3つずつそなえ、通話時のノイズをおさえて自分の声をより大きくクリアに届けてくれます。

Soundcore Liberty 4のイヤホン外観(内側)
 
ケースはつい触りたくなるサラリとした質感で、前後にスライドして開閉できる機構もスマートで扱いやすいです。

Soundcore Liberty 4のケース外観
Soundcore Liberty 4のケースを開けた様子
 
重量はイヤホン単体で約12g、ケースふくめ約55gと標準的な重さです。

Soundcore Liberty 4のイヤホン重量は12g
Soundcore Liberty 4のケース含めた重量は55g
 
ケースの大きさは約57 x 60 x 31mmとコンパクトで、AirPods Pro 2と同程度のサイズ感です。

Soundcore Liberty 4のケースを手のひらにのせた様子
Soundcore Liberty 4とAirPods Pro2のケース比較
 
カラーは、ミッドナイトブラックとクラウドホワイトの2色展開となっています。

Soundcore Liberty 4ブラックカラー
Soundcore Liberty 4ホワイトカラー
 
付属品はイヤホン本体とイヤーチップ(S/M1/M2/L)、USB C to Aケーブルです。

Soundcore Liberty 4の付属品一覧
 

Space A40・Liberty 3 Pro・Liberty Air 2 Proとのスペック比較

同社の過去モデル「Space A40」「Liberty Air 2 Pro」「Liberty 3 Pro」との比較は以下のとおりです。

左スライドで全表示

製品名 Soundcore Liberty 4
Soundcore Liberty 4
Soundcore Space A40
Soundcore Space A40
Soundcore Liberty Air 2 Pro
Soundcore Liberty Air 2 Pro
Soundcore Liberty 3 Pro
Soundcore Liberty 3 Pro
防水規格 IPX4 IPX4 IPX4 IPX4
接続方式 Bluetooth 5.3 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.2
対応コーデック SBC / AAC / LDAC SBC / AAC / LDAC SBC / AAC / LDAC SBC / AAC / LDAC
重量(イヤホン / ケース込み) 約12g / 約55g 約10g / 約58g 約10g / 約61g 約14g / 約57g
バッテリー駆動時間
(上)イヤホン
(下)ケース込み
最大9時間(ANCで7時間)
最大28時間(ANCで24時間)
最大10時間(ANCで8時間)
最大50時間(ANCで40時間)
最大7時間(ANCで6時間)
最大26時間(ANCで21時間)
最大8時間(ANCで6時間)
最大32時間(ANCで24時間)
ドライバー 9.2mmダイナミックドライバー
6mmダイナミックドライバー
10mmダイナミックドライバー 11mmドライバー 10.6mmドライバー
充電方式 USB-C / ワイヤレス USB-C / ワイヤレス USB-C / ワイヤレス USB-C / ワイヤレス
装着検出機能
ANC ウルトラノイズキャンセリング2.0 ウルトラノイズキャンセリング2.0 ウルトラノイズキャンセリング ウルトラノイズキャンセリング2.0
外音取り込み
専用アプリ
マルチポイント
価格 14,990円 12,990円 12,980円 17,800円

本機はあらゆる機能が詰め込まれ、スペック・機能面で劣る部分は見当たりません。

バッテリー駆動時間はSpace A40、音質はLiberty 3 Proに軍配が上がるものの、本機も充分以上のレベルであり、不満を感じることはないでしょう。

装着性の良さピンチ操作の使いやすさANC強度も考慮すると、総合力は間違いなくNo.1です。

Space A40はシリーズ最小のコンパクトながら、バッテリーはケース込みで50時間というスタミナモデル。

本機と異なるのは、装着センサー非搭載、タップ操作、スティック形状でないこと、音に広がりや立体感がある、といったところ。

バッテリー重視音場の広さを楽しみたい人におすすめですが、本機の登場により存在感がやや薄くなったのもまた事実。

またLiberty Air 2 Proも優秀なモデルですが、Liberty 4は後継モデルだけあり、スペックを全て上回りつつ、マルチポイントや心拍計測など、独自機能までそなえる正統進化版です。

音質ファーストなら、素晴らしい音場と解像感を持つLiberty 3 Proがやや優勢ですが、価格差や装着感をふまえると、本機を選んでもぜんぜん問題なし。

マクリン
つまり、おすすめを一つ選ぶならLiberty 4

Soundcore Liberty 4のレビュー

Soundcore Liberty 4の特徴を紹介していきます。

 

バッテリーは単体9時間・ケース込み28時間

本機はイヤホン単体で最大9時間(ANCオンで7時間)、ケースふくめ最大28時間(ANCオンで24時間)と、標準的なバッテリー性能です。

Soundcore Liberty 4のケースを開けた様子
 
磁石でイヤホンがケースにシュポッと吸いついたり、充電中はイヤーチップが光ることで知らせてくれたり、なかなか小技が効いています。

Soundcore Liberty 4のイヤホンは充電中に光る

注意
前モデルではケース背面にあったペアリング用ボタンは、ケース内側に移動しています。
 
ケース背面にはUSB-Cポートを搭載し、ワイヤレス充電にもしっかり対応しています。

Soundcore Liberty 4のケース背面にUSB type-C端子
Soundcore Liberty 4はワイヤレス充電対応
MEMO
フル充電に必要な時間は、イヤホンは1時間、ケースはUSB-Cで2時間、ワイヤレス充電で3時間です。

急速充電にも対応し、対応する充電器とケーブルを用いることで15分の充電で3時間使用できます。

マクリン
バッテリー周りは文句なし!

切り替えが便利なマルチポイント対応

Soundcore Liberty 4は、2台のBluetoothデバイスに同時接続できるマルチポイントに対応しています。

Soundcore Liberty 4をマルチポイントでiPhoneとiPadに同時接続

機器を切り替えるには通常、Bluetooth設定から接続を切り替える必要がありますが、マルチポイント対応であれば2台の機器が常に同時接続された状態となります。

タブレットでYouTube鑑賞しながらスマホの着信に応答したり、スマホで音楽を聴きつつ会議のタイミングでPCに切り替えたりと、音楽再生や着信をトリガーに機器を切り替え可能です。

マクリン
慣れると抜け出せなくなる便利さ!

2台の機器に同時接続したい場合は、このあと紹介する専用アプリ「Soundcore」から接続するのが簡単です。

soundcore

soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

アプリの「マルチポイント接続」から「新しい機器と接続する」をタップしましょう。

Soundcore Liberty 4アプリのマルチポイント接続画面
 
もしくはイヤホンをケースに収めた状態で、ケース内面のボタンを3秒間長押しします。

Soundcore Liberty 4のケースを開けた様子

するとペアリングモードに入るので、接続したい機器のBluetooth設定画面から追加すればOKです。

どちらの方法でも元機器との接続を維持したまま、新しい機器を追加することができます。

機能盛りだくさんの専用アプリ

Soundcore Liberty 4は専用アプリ「Soundcore」に対応し、以下の機能がそろっています。

soundcore

soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

アプリの機能
  • サウンドモード設定
  • イコライザー設定
  • HearID
  • 3Dオーディオ
  • タッチ操作カスタマイズ
  • 装着センサー切り替え
  • マルチポイント接続
  • ヘルスモニタリング

 
ダッシュボードではバッテリー残量の確認やサウンドモードの切り替えが可能かつ、各機能へのアクセスの起点にもなっています。

Soundcore Liberty 4アプリのダッシュボード画面
 
ノイズキャンセリングは、強・中・弱から選択できる「手動モード」と周囲のノイズレベルに合わせて自動調整する「自動モード」が用意されています。

Soundcore Liberty 4アプリのノイズキャンセリング手動モード
Soundcore Liberty 4アプリのノイズキャンセリング自動モード
 
自動モードは「HearID ANC」により最適化されるので、騒音環境でテストを行い、設定しておきましょう。

Soundcore Liberty 4アプリのHearID ANCテスト
 
イコライザー設定では22種類ものプリセットが用意され、8つの音域を調整するカスタムEQにも対応しています。

Soundcore Liberty 4アプリのイコライザー設定のプリセット
Soundcore Liberty 4アプリのイコライザー設定の自在カスタマイズ
 
設定がわずらわしい人は、イコライザーを最適化してくれる「HearID サウンド」の利用がおすすめです。

Soundcore Liberty 4アプリのHearIDサウンド

HearID

聴覚テストにより左右の耳の聴きとりやすさを測定することで、自分用にカスタマイズされたイコライザーに自動調整してくれます。

 
さまざまな音が再生されるので「聞こえる」「聞こえない」で回答し、各音域の聴こえやすさを確認していきます。

Soundcore Liberty 4アプリのHearIDサウンド
 
その後は同じ曲が2種類のサウンドで再生されるので、好きなほうを選んで細かくチューニングしていけば、自分にぴったりのイコライザーの完成です。

Soundcore Liberty 4アプリのHearIDサウンド
 
サウンド周りは機能が豊富で「3Dオーディオ」にも対応しています。

Soundcore Liberty 4アプリの3Dオーディオ

3Dオーディオ

ジャイロセンサーにより、頭の動きに合わせて音が変化する機能。映画館やライブ会場にいるかのようなサラウンドな音響を体験できます。

ただし、3Dオーディオをオンにすると加工がかかった不自然な音になり、まだ改善の余地がある印象を受けました。

タッチ操作カスタマイズでは「1クリック」「2クリック」「3クリック」の3つのアクションの操作を変更可能です。

Soundcore Liberty 4アプリのタッチ操作カスタマイズ
 
あらゆる操作を割り当てられ、「モード設定」ではノイキャン・OFF・外音取り込みから必要なモードだけを切り替え操作内に組み込むことができます。

Soundcore Liberty 4アプリのタッチ操作カスタマイズ
 
さらにはタッチ操作の感度も変更できるという、至れり尽くせりの便利さです。

Soundcore Liberty 4アプリのタッチ操作カスタマイズ
 
ダッシュボード右上の歯車マークを押すと詳細設定に移り「装着テスト」や「マルチポイント接続」なども利用できます。

Soundcore Liberty 4アプリのその他の設定
 
好みが分かれる装着センサーのON/OFF切り替えも可能で、その精度まで調整してくれます。

Soundcore Liberty 4アプリの装着センサーON/OFF切り替え
Soundcore Liberty 4アプリの装着センサー精度調整
 
さらには新機能として、心拍モニタリングやストレスチェック、ワークアウト機能などが詰め込まれた「ヘルスモニタリング」も搭載しています。

Soundcore Liberty 4アプリのヘルスモニタリング機能

イヤホン装着中のみの測定なので、他のヘルスケアアプリを使う人にはメリットが小さいものの、アプリの進化には驚くばかり。

便利機能から変わり種の機能まで幅広くおさえ、見やすさ・機能の豊富さ・使いやすさの全てがそろう、文句なしのアプリです。
 

フィット感抜群の装着性と快適なピンチ操作

Soundcore Liberty 4は耳にかけるスティック型で、落ちる心配がないことはもちろん、付け心地も軽くとても快適です。

Soundcore Liberty 4のイヤホン外観(内側)

2〜3時間使っても耳の痛みは全くありませんでした。

安定感・フィット感・装着感ともに高いレベルでそなえ、スティック型の中でもトップクラスです。

これは本機で初採用された、独自開発のCloudComfortイヤーチップの効果もあるでしょう。

CloudComfortイヤーチップ

雲に触れるような自然な装着感を目指し、2層構造のやわらかな素材を使用して快適なつけ心地を実現した、Anker独自開発のイヤーチップ。

 
イヤホン側面は感圧センサーで、グッとつまむ(ピンチする)ことで以下の操作ができるようになっています。

操作 L R
再生/停止 1クリック 1クリック
曲送り 3クリック
曲戻し 3クリック
ANC / 外音取り込み / OFF 2クリック 2クリック
受話 着信中に2クリック 着信中に2クリック
通話終了 通話中に2クリック 通話中に2クリック
MEMO
音量調節や音声アシスタント含め、あらゆる操作にアプリから変更可能です。

タップ操作だと反応しないこともあるので、ピンチ操作はかなり使いやすくて好きです。

つまむと「カチッ」と小気味いい操作音が鳴り、反応も速く、操作性は申し分ありません。

AirPods Pro 2のように、上下スワイプで音量調節まではできないものの、それに次ぐレベルの快適さです。

マクリン
装着性・操作性ともに文句なし!

自動調整に対応した高強度のANC

本機はウルトラノイズキャンセリング2.0に対応し、最適な強度に自動調整するANCを実現しています。

Soundcore Liberty 4のイヤホン外観(内側)

ウルトラノイズキャンセリング2.0

周囲音に合わせて最適なANC強度に自動で切り替わる、Ankerの独自技術。アプリで「自動モード」にすれば使用可能。

強度も申し分なく、ちょっとした話し声や空調音はかき消してくれ、オフィスでONにすれば一気に静寂に包まれるほどです。

AirPods Pro 2を10とすると、8くらいのイメージかと。

とはいえ、電車のガタンゴトン音やロードノイズは8割以上抑えてくれますし、同価格帯では充分高いレベルのANC性能です。

外音取り込みも悪くはないものの、ちと人工的な音の響き方という印象。

ただ音はしっかり拾ってくれますし、電車アナウンスやコンビニの会計時など、ピンポイントで使う分には問題ないでしょう。

アプリで「全ての外音」「音声フォーカス」の変更が可能ですが、「音声フォーカス」は音声以外がわずかにこもった感じになるくらいで、大きな差はありません。
 

ナチュラルで心地よいサウンド

Soundcore Liberty 4のサウンドはナチュラルかつフラットな質感で、ついつい聞き入ってしまう心地よさがあります。

Soundcore Liberty 4のイヤホン外観(外側)

その繊細で豊潤なサウンドは、Anker独自のA.C.C.A3.0搭載デュアルダイナミックドライバーにより実現されています。

音のバランスは低音域がクリアでシャープ、中音域はリッチで高音域は若干刺さる感じはあるものの、全体的にバランスは良く、音が積み重なったような立体感も感じられます。

これまでのAnkerイヤホンに通ずるボーカルのパワフルさや臨場感もあり、ROCK & POPSによく合うイヤホンといえるでしょう。

ソフトでなめらかな音の運びが心地よく、それでいてこもった感じは全くないので、僕はかなり好きな音質です。

基本的にクセがなく耳なじみのよい音質設計なので、万人に受け入れられるイヤホンだと思います。

Soundcore Liberty 4
高音域
(4.0)
中音域
(4.5)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(4.5)
総合評価
(4.5)

Soundcore Liberty 4はこんな人におすすめ

Soundcore Liberty 4は「音質・機能・装着性・操作性すべてを欲ばりたい人」におすすめです。

イヤホン選びでは、装着検出・ワイヤレス充電・マルチポイントといった機能をカバーするだけでも大変で、どれかは妥協せざるを得ないのが現状。

そんななか本機は、必要な機能はすべて網羅し、ANC・音質も高レベル、装着性・操作性まで良しと、まさに優等生ともいえるモデルに仕上がっています。

とくにピンチ操作に対応する機種は限られているので、タップ操作が苦手な人には間違いなくおすすめです。

同価格帯では、同等の機能性を求めるならJBL LIVE PRO 2、装着センサーなしでも良いならSoundcore Space A40なので、比較して決めるといいでしょう。

Soundcore Liberty 4レビューまとめ

本記事は「Anker Soundcore Liberty 4をレビュー!マルチポイントにピンチ操作対応で機能性ダントツの完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Soundcore Liberty 4は機能に穴がなく、ANC・音質も過去モデルの高いレベルを継承しています。

独自開発のイヤーチップやピンチ操作により、装着性や操作性にも磨きがかかっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • やわらかくて心地よいサウンド
  • 高強度のANC
  • フィット感抜群の装着性
  • 使いやすいピンチ操作
  • マルチポイント対応
  • LDACコーデック対応
  • ワイヤレス充電対応
  • 装着センサー対応
  • 機能盛りだくさんの専用アプリ
デメリット
  • 音場の広さや立体感は並
  • 3Dオーディオが不自然
  • 外音取り込みは並
Soundcore Space A40をレビュー!躍動感あるサウンドにマルチポイントまでそなえるAnkerの完全ワイヤレスイヤホン Anker Soundcore Liberty 3 Proをレビュー!同社最強のANCと音質を有する完全ワイヤレスイヤホン Soundcore Life Note 3Sをレビュー!Anker初のインナーイヤー型で使いやすさ抜群の完全ワイヤレスイヤホン 【Soundcore Life P3レビュー】8千円台で全部入りと上位レベルのANCを実現するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン 【徹底比較】Ankerのワイヤレスイヤホンで今すぐ買うべきおすすめ7モデル 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。