記事を探す方はサイトマップへ

転職活動は直接応募、転職サイト、転職エージェントのいずれで進めるべきなのか?

 

どうも、マクリン(@Maku_ring)です。

転職活動をする上で最初に迷うことかもしれません。

 

ヨメ

どの方法で転職活動を進めるの?

 

僕自身、初めての転職のときはかなり迷いました。

 

マクリン

迷った挙句、どれも中途半端に手を出して、その後の管理が難しくなるといったことに陥りました……。

 

そんなわけで今回の記事は「転職活動は直接応募、転職サイト、転職エージェントのいずれで進めるべきなのか?」について書いていきます。

 

 

 

大企業への転職をキャリアアップにつなげる心構えと会社選びのコツ
中小企業から大企業に転職した僕がおすすめする転職エージェントとその付き合い方
転職の書類選考を必ず通過できる、職務経歴書の書き方・文章術

転職活動は直接応募、転職サイト、転職エージェントのいずれで進めるべきなのか?

直接応募が有利だと思われている理由

直接応募とは「会社ホームページの採用情報から直接応募すること」です。

自社ページをそのまま採用サイトとして運用しているため、企業にとってはお金がかからずに募集できる「財布に優しい募集方法」です。したがって直接応募の方が、お金のかかる転職サイトやエージェント経由よりも、経費的に有利なのではないかと考えられがちです。

お金のかかり具合はざっくり「直接応募:転職サイト:転職エージェント=0:1:2」くらいだと考えて下さい。

 

直接応募が転職エージェントよりも有利だと考えられている理由は、もう一つあります。

転職エージェントだと、会社に応募書類が行き着く前にエージェント内で候補者が絞られている可能性(いわゆる足切り)があるからです。

親しくキャリアアドバイザーに訊いてみたところ、「そういうときもある」という回答でした。

候補者が少ない場合は、そのまま会社に通すことが多いです。一方で候補者が多い場合は、エージェント会社が募集会社の人事部として機能し、採用業務代行(足切り)を行う模様。

 

マクリン

とはいえ、応募書類はできるだけ、応募会社の採用担当の目に触れて欲しいですよね?

 

だから僕は、こうすることを提案します。

 

まずは転職エージェント経由で応募  仮に不採用だったら会社のホームページから直接応募

 

直接応募でも不採用なら諦めがつきますし、もし採用までこぎつけた場合は、「やっぱり出しとらんかったやないか!」と分かるわけです。

ここまで読んで、直接応募は「お金がかからない」かつ「募集会社に必ず書類が届く」から、転職サイトやエージェントではなく、直接応募主体に転職活動を進めようと思ったあなた。

ちょっと待ってください。

 

マクリン

それはあんまりおすすめしませんよ。

 

 

 

直接応募よりも転職エージェント、転職サイトをおすすめする理由

先ほどお金の比較で「直接応募:転職サイト:転職エージェント=0:1:2」と書きました。

金額にすると「0円:70万円(1掲載あたり):150万(採用1人あたり)」くらいです。

我々の観点では、ものすごい金額差のように思えますが、いざ会社の立場で考えると実は微々たる差です。もちろんそれは会社の規模にもよるのですが、大手企業であればあるほど、採用にかけられるお金はどんどん増えていく傾向にあります。

 

マクリン

したがって金額差はどんどん無くなっていくものと考えてください。

 

直接応募は会社にダイレクトで応募するため、エージェントで弾かれることもなく、採用担当の目に触れやすい」と思われがです。

意外や意外、そんなことないのです。

基本的に直接応募の絶対数は少なめ。

ほとんどの転職希望者が、転職サイトあるいはエージェント経由で応募してくる中、たまにポッと直接応募してくる人が出てきたら見逃してしまう、なんてことも少なくないそうです(人事部談)。

また、転職サイトあるいはエージェントのみで募集している求人、実はかなり多いのです。

 

マクリン

こうなってくると、直接応募を主体にするメリットが薄くなってきたと感じませんか?

 

僕が直接応募するのは、上で書いたように「第一志望群の会社にエージェント経由で落ちた際、自分の中での納得感を得たいから」です。

転職エージェントか転職サイトのいずれで活動するかは、ご自身の特性によります。

「独力で職務経歴書を磨き上げられる、応募企業も見定められる、面接対策も万全」という人は、あえてエージェントに頼らず、転職サイトのみで活動するのもよいでしょう。

もしそれで厳しければ、途中からエージェントを使う方向に転換すればいいですから。

一方、職務経歴書も面接対策も応募会社も、エージェントの助言・サポートを受けて、相談主体に進めていきたいという人は、転職エージェントのみで活動するといいでしょう。

ちなみに僕は、2回の転職とも転職エージェントで採用が決まりました。1回目はリクルートエージェント、2回目はDODAを使って採用にこぎ着けました。

活動自体は「転職エージェント主体でサブに転職サイトを使う」というやり方で進めていました。

なぜなら、転職サイトでしか募集していないという会社も少なからずあるからです。

転職サイトでは、求人数という観点でリクナビネクストを断然おすすめします。

リクナビネクスト自体に気になる求人がなくても、プライベートオファーという形であちらから優良案件を紹介してくれる形が少なからずあるからです。

 

ヨメ

ちなみに私は、プライベートオファーで転職が決まりました!

 

中小企業から大企業への転職に成功した、Fランク大卒(低学歴)妻の工夫

 

 

まとめ

今回は「転職活動は直接応募、転職サイト、転職エージェントのいずれで進めるべきなのか?」について書きました。

そして、直接応募よりも転職エージェントやサイトを活用した方が良さそうだと分かってもらえたでしょうか。

大事なのは、転職エージェントと転職サイトの違いを理解しながら、うまく使い分けることです。

 

マクリン

あなたのキャリアアップが成功しますように!

 

どうも、マクリンでした。

 

 

 

大企業への転職をキャリアアップにつなげる心構えと会社選びのコツ
中小企業から大企業に転職した僕がおすすめする転職エージェントとその付き合い方
転職の書類選考を必ず通過できる、職務経歴書の書き方・文章術