記事を探す方は全カテゴリーへ

初心者ブログでもSEO対策の基本で検索順位を上げる方法とは?

 

どうも、マクリン( @Maku_ring)です。

ぼんやりしていた「初心者ブログのSEO対策」が、ここ半年ブログを書き続けてきたおかげで、かなり明確化してきたので書き残すことにしました。

 

マクリン

SEO対策」とは検索エンジンで上位表示されるための対策のことです!

 

そんなわけで本記事は「初心者ブログでもSEO対策の基本で検索順位を上げる方法とは?」について書いていきます。

あくまで対象は初心者ブログです(本ブログのような)。

 

ブログ記事数が100になって分かった、月間1万PV&1万円以上の収益を稼ぐのに大切な4つのこと

【ブログ50記事達成】PV(アクセス数)を増やすために行った4つのこととは?

初心者ブログでもSEO対策の基本で検索順位を上げる方法とは?

当ブログを「弱小ブログ」と表現しているのは、卑下してるわけでも悲観的になってるわけでもなく客観的事実だからです。

 

マクリン

だってMOZでドメインパワー調べたら戦闘力1(100段階中)やからね!

 

参考

MOZhttps://moz.com/researchtools/ose

 

調子乗りそうになったら、これで自分の立ち位置を確認すると冷静になれるのでおすすめですw

そんなわけでドメインパワーが最弱なので、なんの考えもなく記事を書いてせっせと更新するだけでは上位表示されません。

ですが僕は、自身が弱小ブログであることをむしろポジティブにとらえています。

 

マクリン

なぜならドメインパワーの上振れがない分、記事工夫による検証が精度高くできるから!

 

何の工夫もしなかったら、とんでもない奥底に落ちますから……。

記事の工夫が少なからず検索の上位表示に影響あると感じたのは、以下の2つの記事です。

ビジネスマンのスーツに合う通勤靴にビルケンシュトックのボストンをおすすめする4つの理由

「通勤 ビルケン」でGoogle検索すると「1,490,000 件中1件目

 

ブリーフィング3way『C-3 LINER』リュックレビュー:通勤ビジネスバッグにおすすめする4つの理由

「通勤 ブリーフィング」でGoogle検索すると「 515,000 件中1件目

 

マクリン

なんといずれも1件目

 

どれもSEOを意識していなかった記事なのでマジでびっくりしました。。

これらの記事の共通点を自分なりに探ってから、SEOのなんたるかが少し分かってきたので、ポイントをしぼって書いていきます。

注意
「シークレットモードでの検索結果」が自身の閲覧履歴などの影響を受けていない純粋な検索結果なので、この検索結果での順位が正しいです。Google Chromeでは右クリックで「シークレットウィンドウで開く」という項目が出てくるので、これがシークレットモード(黒いウィンドウ)です。

 

記事タイトルの先頭にキーワードをもってくる

どのブロガーにとっても記事タイトルが重要なのは間違いないですが、弱小ブログはさらにその重要性が上がります。

キーワードを万遍なくちりばめるのではダメで、とにかくド頭にキーワードを持ってくる!

ドメインが弱い分、タイトルだけでも他から抜きんでないと、誰の目にも触れることなく沈みますから……。

ちなみに

 

マクリン

おっしゃー! 渾身のタイトルできたぜ! ヤッホーイ!!

 

となっても

 

マクリン

あれ? 検索してもぜんぜん表示されへん……。

 

なんてことがよくあるかもしれません(僕はめちゃありました)。

が、しばらくは気にしなくていいです。いつの間にか上がっていますから。

たとえば僕は約2ヶ月前に「会社を休むほどのニキビ、肌荒れに悩む営業マンの肌対策」という記事を書きました。

世に公開してからしばらくは「あれ? グーグルさん、もしかして僕の記事だけ忘れてません?」と思うくらい、検索エンジンから無視されていました……。

ところが1ヵ月半ぶりに「ニキビ 営業マン」で検索してみたらなんと!

 

マクリン

131,000 件中1件目」になってました! ヤッホーイ!!

 

基本的に「半年間は様子を見た方がいい」ということ。

定期的に記事を更新してじわじわとドメインパワーが上がっていくうちに、検索順位もだんだん上がってくるのです。

とはいえ、はたしてどれくらいの人が「ニキビ 営業マン」で検索してくれるのでしょうか……。

 

マクリン

Google先生、本当はもっとビッグワードを狙っていきたいっす……。

 

ちなみに最近、Google先生の目にいつか触れることを目指してボールペンの比較記事を書いたのですが、競合が多すぎて(その数500万件以上!)浮上するか疑わしいです。。

まあ僕もアナタもとりあえず気長に半年待ってみましょう!

 

見出しを細分化する

ブログセミナーの記事でとくに顕著なのですが、めちゃくちゃ長文(7千文字!)になったので、見出しを細分化せざるを得ませんでした。

すなわちこんな感じ。

 

マクリン

細かすぎやろ!

 

h4の見出し(例:1.2.1)まで使ってます……。

ですが、「読み手の読みやすい記事=リーダビリティに優れた記事」にするためには、見出しの細分化はすごく重要です。

各章の文章が短いほうが、読み手が我慢して最後まで読み進めてくれます。また見出しを細分化することで、内容まである程度想定できます。

しかし、ただ細分化すればいいというものではなく、各見出しが「意味のある見出し」でないといけません。

すなわち「見出しから想像される内容と実際の中身にギャップがないこと」が大事なのです。

たとえば「価格」という見出しなのに、肝心の中身が「形や色」ばかりに言及してたら、「まったく有用な情報得られへんやん!」ってなりますから。

 

ある程度の文章量

読み手に役立つ情報を提供しようとすると、短い文章ではなかなか出しきれないですよね。

情報の説得性・信頼性を増すためには、いろいろな要素を挙げて各要素の説明が必要ですからね。

だからといって細かすぎて長ったらしい文章では敬遠されるので、そなへんのバランスはなかなか難しいものです(絶賛勉強中)。

ここからは僕の完全主観です。

「実際にどの程度の文章量が必要なのか」これまでの記事の文字数を見直したところ

 

マクリン

弱小ブログにかぎっては2000文字以上

 

そんな感じです。

たとえば「ある商品を勧める記事」を作っているとして、最低でも三つはメリット(あるいは要素)を挙げないと、それなりの記事内容が仕上がりにくいんですね。

3つのメリットを入れるとなると、僕の場合は基本構成がこういう風になります。

この構成で2000文字(原稿用紙5枚分)です。

各項目が原稿用紙1枚分あるので、それだけあれば最低限必要な情報は書くことができるでしょう。

 

マクリン

まあ僕は書いてるうちにだんだん長くなってしまうんですけどね……ちょうど本記事みたいに。

 

Googleのやろうとしていること

SEO対策について考えていると、Googleは「ものすごく誠実な会社なのではないか」と思い至りました。

Googleは有用性の高い情報ができるだけ検索で上位表示されるよう、いろいろなアルゴリズムを入れているはずなのです。

投稿者は当然、Googleの検索条件をクリアできるような記事の完成を目指すわけですが、「クリアするための条件を記事に入れていくこと」と「質の高い記事を作ること」はほぼイコールなのです。

 

マクリン

質の良し悪しは読者が判断するので、これはあくまで僕の主観ですけどね

 

機械的な処理でありながらも、「良質な記事を届けたい」という投稿者の想いに応えられるようなアルゴリズムにしてくれてるのではないのか、と感じました。

有用な記事を検索者に受け取ってもらえるように、という読者側の目線に立ちつつ、記事に手間と時間をかけた投稿者側の目線にも立ってくれている感じでしょうか。

 

マクリン

「投稿者の感情や想いという、エモーショナルな部分をいかにして機械的な処理だけで上位表示させるか」というのをGoogleが目指してるのかな?

 

というのが僕が勝手に思っていることです。

 

まとめ

本記事は「初心者ブログでもSEO対策の基本で検索順位を上げる方法とは?」について書きました。

「タイトル・見出し・文章量」これらはすべて基本的なことではありますが、すべての記事に対して心がけるのはなかなか大変です。

とはいえ、ぜんぜんイヤじゃないのは、「書いて残すことが中長期的にはかならず資産になる」と分かっているからです。

 

マクリン

コツコツがんばります。

 

ところで話は変わりますが、最近ブログのテーマを「Lightning」に変えました。

現在Lightningのカスタマイズに苦労しており寝不足気味です……。以下でおすすめしている書籍は、Lightningの方にはぜひおすすめ。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

ブログ記事数が100になって分かった、月間1万PV&1万円以上の収益を稼ぐのに大切な4つのこと

【ブログ50記事達成】PV(アクセス数)を増やすために行った4つのこととは?