おすすめのガジェット

【Sculptorレビュー】世界最薄・超軽量の4K HDR対応14インチモバイルディスプレイ

どうも、リモートワーカーのマクリン( @Maku_ring)です。

家で仕事していると気になるのがディスプレイの視認性

僕のようにオフィスでデュアルディスプレイにしている人は、自宅でシングルディスプレイだと、仕事の効率性が落ちてしまいます。

マクリン
メインディスプレイとサブで異なるソフトを使う利便性は、一度経験するとやめられません!

家でもその環境を実現したいものですが、ノートPCのかたわらに大きなディスプレイを置くのは自宅だとなかなか難しいです。

そういうときこそおすすめなのが、携帯性にすぐれるモバイルディスプレイ

Sculptor」はちょうどいい14インチであり、1kg未満の軽量かつ5mmの世界最薄設計で、場所を選ばずデュアルディスプレイを実現できます。

Sculptorの外箱

付属のUSB-Cケーブルを使ってノートPCとつなげば、アダプター無しにディスプレイへのスマートな映像出力が可能です。

しかも、その映像は4Kと超高精細であり、HDR(High Dynamic Range)にも対応し、解像度も抜かりありません。

マクリン
ノートPCだけでなく、ゲーム機やスマホ用のディスプレイにも大活躍!

そんなわけで本記事は「【Sculptorレビュー】世界最薄・超軽量の4K HDR対応14インチモバイルディスプレイ」について書いていきます。

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

Sculptorの外観と付属品

「Sculptor」はA4サイズとほぼ同じ14インチのモバイルディスプレイです。

Sculptorは14インチのモバイルディスプレイ
 
筐体きょうたいには放熱性の高いアルミニウムの削り出しが使われ、上質感のある造りとなっています。

Sculptorはアルミニウムの削り出しを採用
 
背面には90°まで無段階で角度調整できるキックスタンドも付き、自立できて使い勝手はなかなか優秀です。

Sculptorは自立できるキックスタンドがついている

Sculptorのすごいところは、超高解像にもかかわらず、わずか5mmの薄さにおさめたことです。

Sculptorの厚みはわずか5mm
 
重量も軽く、タッチパネル搭載モデルでも約823gを実現しています。

Sculptorの重量

マクリン
おかげでカバンに忍ばせても全く邪魔になりませんよ!

右側面には3.5mmジャックと本体充電用のMicro USB、スイッチをそなえています。


 
左側面には2つのUSB-CとミニHDMIをそなえ、いずれからでも映像出力が可能です。

USB-Cから出力できるディスプレイはまだ多くないので、モバイルディスプレイでこれが付いているのは驚きでした。

付属品はディスプレイ本体にUSB-A to Cケーブル、USB-Cケーブル x 2、Mini HDMI to HDMIケーブル、Micro USBケーブル、電源アダプタです。

Sculptorの付属品
 
付属ケーブルも多いので、こちらで別途用意しなくてもよいのは助かります。

USB-A to Cケーブル

USB-Cケーブル

Mini HDMI to HDMIケーブル

Micro USBケーブル

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

Sculptorは超高精細の4K HDRディスプレイ搭載

Sculptorは4K(3840 x 2160)かつHDR(High Dynamic Range)対応という、超ハイスペックなディスプレイを搭載しています。

HDR対応なので、黒つぶれ・白飛びを抑えた肉眼に近い映像を楽しむことができます。

MacBook Pro/Airのように、USB-Cからの映像出力に対応するPCならば、付属のUSB-Cケーブル一本でデュアルディスプレイが実現でき、Sculptor本体への電源供給も同時に可能です。

SculptorはUSB-Cケーブル一本でデュアルディスプレイ可能

MEMO
HDMIも付いているので、ゲーム機(Nintendo Switch / PS4)と接続することもできます。
 
動画編集しながらオフィスソフトを開くといったデュアルディスプレイならではの使い方ももちろん可能で、仕事の効率性もグンと上がります。

マクリン
しかも、RetinaディスプレイをそなえるMacと画質的に遜色なし……!

画質・音量調整も容易で、側面のスイッチを押して画面をなぞるだけで、音量や輝度・コントラスト・表示角度などが直感的に操作できます。



細かい調整が面倒な人は、利用シーンに合わせてモード(一般・映画・ゲーム・FPS・RTS)を切り替えれば、一発で最適な画質に変わります。


 

マクリン
タッチディスプレイなので、初めて操作する人でもとまどうことなくイジれますよ!


 
軽量薄型のコンパクトボディにおさめつつ、4K HDRの高精細と使い勝手にすぐれる拡張性を搭載。

Sculptorはどんな場所でもデュアルディスプレイを実現したい人に最適解のプロダクトです。

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

Sponsored Links

 

Sculptorレビューまとめ

本記事は「【Sculptorレビュー】世界最薄・超軽量の4K HDR対応14インチモバイルディスプレイ」について書きました。

Sculptorは14インチのモバイルディスプレイで、1kg未満の軽量かつ5mmの世界最薄設計で、場所を選ばずデュアルディスプレイを実現できます。

MacBookのようにUSB-C対応デバイスならば、USB-C一本でアダプター無しにディスプレイへのスマートな映像出力が可能です。

マクリン
リモートワーク・テレワークの時代だからこそおすすめしたいガジェットですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

【TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB4レビュー】4K/60Hz対応HDMIを2つ持つパワフルなMacBook Pro/Air用USB-Cハブ 【MOFT多機能キャリーケースレビュー】PCスタンド・保護ケース・小物入れと3つの機能を持つスマートケース 【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー8選【おすすめ】 【2020年】MacBook Pro/Airと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー16選【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ