おすすめのガジェット

【Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブレビュー】快適環境を生み出せる9-in-1のUSB-Cハブ

評価:4

どうも、MacBookユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

MacBookやiPad Pro、USBポートの少ないPCだと、ポートを増やしてくれるUSB-Cハブは、もはや必須アイテムといっても過言ではありません。

ただ、USB-Cハブをせっかく付けても「HDMIが付いてない……」「LANポート無いがな……!」みたいなことありませんか?

理想的なUSB-Cハブは、想定しうる全てのポートが付いているモデルですが、そういうハブは多くありません。

Satechiサテチの「On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1」であれば、同社のハブで最多種のポートをそなえ、かぎりなく理想のUSBハブを実現しています。

4K/60Hz対応のHDMIポートやVGAポート(1080p/60Hz)といった映像端子にくわえ、イーサネット端子やUSB-C & AにSD/micro SDと充実しマクリンまくり

マクリン
そのポート種は実に9種類

また、着脱可能な長短2本のケーブルも付き、シーンに合わせて使い分けられるようになっています。

そんなわけで本記事は「【Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブレビュー】快適環境を生み出せる9-in-1のUSB-Cハブ」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブの外観

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1は、9種類の端子をもつUSB-Cデバイス用ハブです。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1は9種類の端子をもつUSB-C機器用USBハブ
 
カラーはAppleとも親和性の高いスペースグレイで、Satechiらしい流麗りゅうれいなアルミニウム仕上げ。


 
サイズは約12 x 5.9 x 1.7cmで、小さいスマホくらいの大きさです。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1のサイズは約12 x 5.9 x 1.7cm
 
本体内には短いUSB-Cケーブル(約11cm)を内蔵し、レバーを押し出すことでケーブルが取り出せます。



そのまま本体側のUSB-C入力端子とUSB-Cデバイスを接続すれば、USBハブとして使えます。

マクリン
ケーブルを収納できるので、旅行・出張にもぴったり!

MacBook Air/ProをはじめとするUSB-Cポート搭載ノートPCだけでなく、iPad ProなどのUSB-C搭載タブレットにも対応しています。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1はiPad Proにも接続可能
 
約1mの長いケーブルも付属し、こちらはデスクでの使用時にケーブル配線を隠すのに適しています。


 
Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブにそなわる9種類のインターフェースは以下のとおり。

Satechi On-The-Go マルチUSB-Cのインターフェース


Satechi On-The-Go マルチUSB-Cの端子類
  1. USB-C(PD 100W)
  2. USB-C(データポート)
  3. HDMI(4K/60Hz対応)
  4. VGA(1080p/60Hz対応)
  5. LANポート(イーサネット端子)
  6. USB-A(USB3.0/データポート)
  7. SDカードリーダー
  8. Micro SDカードリーダー
  9. USB-A(USB3.0/データポート)
注意
データポートは充電やビデオ出力に非対応です。

Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブは多彩な9種類のポートを搭載

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1最大の特徴は、9種類ものポートを搭載していることです。

Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブは9種類のポートを搭載
 
ひとつずつ紹介していきます。

 

映像出力端子にVGA / HDMIを搭載

VGAポート(1080p/60Hz)HDMIポート(4K/60Hz対応)という、2種類の映像出力端子を搭載しています。



中でもVGA搭載はめずらしく、ケーブル側がVGAしかないときでも使えるのは助かります。

ただし、最大解像度もそれぞれフルHD(1080p)/ 4Kと異なるので、より高精細の映像を出力したいときは、HDMIを使うのがおすすめです。

Satechi On-The-Go マルチUSB-CハブはHDMIでデュアルディスプレイに出力可能
 
デュアルディスプレイ化だけでなく、プロジェクターに出力したいときも活躍してくれます。


 

2種類のUSB-Cポート搭載

2種類のUSB-Cポートをそなえ、用途によって使い分けられるようになっています。


 
ひとつはデータポート用のUSB-Cで、充電や映像出力には対応していないものの、SSDなどを接続してデータのやり取りを行うことができます。

Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブはデーターポート用のUSB-C搭載

おすすめの外付けSSD

 
もうひとつのUSB-Cは、最大100Wの超高出力までサポートするPD(Power Delievery)対応であり、PD対応モバイルバッテリーからのPC充電も可能です。

Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブは最大100WのPD対応USB-C搭載

MacBook Pro(73.1W)

欲をいえば、USB-Cからの映像出力に対応してほしかったところですが、残念ながら非対応となっています。

LANポート・USB-A・SDカードスロットも搭載

近年LANポート非搭載のノートPCが多いですが、Wi-Fi電波の悪い環境もあるため、LANポートが欲しいこともあります。

その点Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1なら、イーサネット端子を搭載し、万が一の有線LANでも重宝します。

Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブはギガビット対応のイーサネット端子搭載
 
汎用性の高いデータポート用のUSB-Aも2つそなえ、充電には非対応なものの、USBメモリやマウス・キーボードなど、多くの周辺機器を接続することができます。

Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブはデータポート用USB-Aを2つ搭載
 
また、micro SDとSDカードスロットも付き、通常の使い方はもちろん、「同時に認識させて互いにコピーし合う」といった使い方もできるのが地味に便利です。

Satechi On-The-Go マルチUSB-CハブはSDカードスロットを搭載

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1は、映像出力・充電・データ出力に対応する多様なポートを搭載し、まさに理想のUSB-Cハブを体現しています。

Sponsored Links

 

Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブレビューまとめ

本記事は「【Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブレビュー】快適環境を生み出せる9-in-1のUSB-Cハブ」について書きました。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1は、最多種のポートをそなえ、どんな使い方でも応えられるUSB-Cハブに仕上がっています。

アルミボディで質感が高く、長短のケーブルも付属するなど、実用性も抜群です。

マクリン
まさにモバイルオフィスのお供!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Satechi Type-C Pro Hubレビュー】MacBook Pro用におすすめのアルミニウム製USB-Cハブ 【TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB4レビュー】4K/60Hz対応HDMIを2つ持つパワフルなMacBook Pro/Air用USB-Cハブ 【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー8選【おすすめ】 【2021年】MacBook Pro/Airと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー20選【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です