ガジェットのおすすめ

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIをレビュー!2つの4K対応HDMIポートをもつM1 Mac用ハブ

評価:4.5

どうも、M1 ProチップのMacBookユーザー、マクリン( @Maku_ring)です。

M1チップなら外部ディスプレイ1台、M1 Proなら2台、M1 Maxなら4台に接続してマルチ表示することができます。

たとえば、M1のMacでトリプルディスプレイを実現したいと思っても、本体にはHDMIポートが1つしか付いておらず、外部表示枚数の制限もあって不可能です。

したがって、HDMIでトリプルディスプレイ化するためには、それに対応するUSBハブが必要となります。

Satechiサテチより、2つのHDMIポートかつあらゆる種類のポートをそなえる最強のUSB-Cハブ「Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMI」が登場したので紹介します。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIの外箱

USB-Cハブとしては超高価格帯ともいえる約2万円しますが、それも納得の高級感と機能性をもちあわせています。

4K対応のデュアルHDMIポートに最大100W入力のPD対応USB-Cポート、LANポートに3つのUSBデータポート、さらにはSD / micro SDと「足りないポートはない」といえるレベル。

マクリン
オーディオジャックふくめ、その種類は最多の10種

これまでたくさんのUSBハブをレビューしてきましたが、これだけポート種の多いハブは本機が唯一です。

そんなわけで本記事は「Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIをレビュー!2つの4K対応HDMIポートをもつM1 Mac用ハブ」について書いていきます。

メリット
  • 10-in-1のマルチアダプター
  • 4K対応のHDMIを2つ搭載
  • ハブではめずらしいオーディオジャック搭載
  • Satechiハブでも随一の高級感
デメリット
  • サイズが大きい
  • USB-Cは映像出力非対応
ご提供品
本記事はSatechi様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1の外観

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIは、10個の端子をもつUSB-Cデバイス用ハブです。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIは10種類の端子をもつUSB-C機器用USBハブ

製品名 Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMI
重量 約178g
サイズ 約130 x 59 x 21mm
カラー スペースグレイ
接続インターフェース USB Type-Cコネクタ
USB-Cポート規格 USB-Cデータポート、USB-C Power Delivery
USB-Aポート規格 USB 3.0 データポート x 2
HDMI 4K(60Hz)/ 4K(30Hz)出⼒対応
SDカード SD / Micro SD
イーサネット端子 ギガビット対応

 
カラーはMacとも親和性の高いスペースグレイかつ、Satechiらしい流麗りゅうれいなアルミニウム仕上げです。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIはアルミニウム仕上げ

ロゴまわりの溝加工のおかげで、従来のSatechi製ハブよりひときわ高級感を感じます。

サイズは約130 x 59 x 21mmとハブとしてはかなりゴツめで、iPhone miniくらいの大きさがあります。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIのサイズは約130 x 59 x 21mm
 
重量は約178gとスマホくらいの重さです。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIの重量は約178g
 
Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIにそなわる10個のインターフェースは以下のとおりです。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIのインターフェース



Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1の端子類
  1. USB-C(PD 100W)
  2. USB-C(データポート)
  3. SDカードリーダー
  4. Micro SDカードリーダー
  5. LANポート(イーサネット端子)
  6. USB-A(USB3.0 / データポート)x 2
  7. HDMI(4K / 60Hz)
  8. HDMI(4K / 30Hz)
  9. オーディオジャック

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1は10個のポートを搭載

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIは、9種類・10個ものポートを搭載しています。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1は10個のポートを搭載
 
代表的なポートにしぼって紹介していきます。

 

2種類のUSB-Cポート搭載

側面には2種類のUSB-Cポートをそなえ、用途によって使い分けられるようになっています。


 
ひとつはPD対応USB-Cで最大100W入力に対応し、15WをUSBハブの駆動に使いつつ、残り85Wで接続したPCを給電するパススルー充電にも対応しています。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1はパススルー充電に対応
 
モバイルバッテリーをつないでワット数を確認したところ、実際に85W近くまで出ていました。


 
ひとつはデータポート用のUSB-Cで、映像出力には非対応なものの、外付けSSDやUSBメモリなどを接続してデータのやり取りを行えます。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1のデータポート用USB-C

 
データポート用ではあるものの、最低限の出力はでき、イヤホンやスマートウォッチくらいなら充電可能です。

マクリン
USB-Cからの映像出力に対応してれば完ぺきだったのに……!

LANポート・USB-A・SDカードスロットも搭載

近年LANポート非搭載のノートPCが多いですが、Wi-Fi電波の悪い環境もあるため、LANポートが欲しいこともあります。

その点Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIなら、イーサネット端子を搭載し、有線LAN環境で速度と安定性を重視したいときも重宝します。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIはイーサネット端子搭載
 
その隣にはUSB 3.0(5Gbps)のUSB-Aデータポートを2つ搭載し、USBメモリを介したデータのやり取りに活躍します。


 
USB-Cポートに隣接してmicro SDとSDカードスロットも付き、通常の使い方はもちろん、「同時に認識させて互いにコピーし合う」といった使い方もできるのが地味に便利です。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIはMicro SDとSDカードスロット搭載

デュアルHDMI搭載でトリプルディスプレイ化もできる

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMI最大の特徴ともいえるのが、4K対応のHDMIポートを2つそなえることです。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1は4K対応のHDMIポートを2つ搭載

リフレッシュレートはそれぞれ60Hz(左)と30Hz(右)に対応しています。

PC本体を充電した状態でHDMIポートに接続すれば外部ディスプレイに出力できます。


 
2枚のディスプレイに外部出力してトリプルディスプレイ化するためには、SiliconMotion製ドライバ「InstantView」を本体にインストールする必要があります。

SiliconMotion製のドライバInstantView
 
2枚のディスプレイをつないだ状態でInstantViewを起動し「Connect」すると、トリプルディスプレイが見事実現できます。

作業を効率化したい人・動画編集などクリエイティブ作業にいそしむ人にはおすすめのスタイルです。

各種ポートを余すことなく搭載し、M1 MacBookの性能を最大限引き出すなら、最適のUSB-Cハブといえるでしょう。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1はこんな人におすすめ

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIは「あらゆるポートに拡張し、トリプルディスプレイ化も実現したい人」におすすめです。

USBハブの中ではややゴツいものの、随一の高級感があり、足りないポート種は(強いていえば)DisplayPort Alt Mode対応のUSB-Cくらいです。

ケーブルタイプの純粋なUSBハブでは最高クラスの完成度

HDMIを1つ減らしてでもケーブルを収納できたほうがよければSatechi On-The-Go マルチUSB-Cハブ、ストレージ機能が欲しいならSSDスロット付きのSatechi ハイブリッド USB-Cハブを検討するといいでしょう。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1レビューまとめ

本記事は「Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIをレビュー!2つの4K対応HDMIポートをもつM1 Mac用ハブ」について書きました。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 4K HDMIは9種類・10個と最多のポートをそなえ、トリプルディスプレイも実現できる、M1 MacにぴったりUSB-Cハブに仕上がっています。

ハブとしては超高価格帯の約2万円ですが、それも納得の高級感と機能性をもちあわせています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 10-in-1のマルチアダプター
  • 4K対応のHDMIを2つ搭載
  • ハブではめずらしいオーディオジャック搭載
  • Satechiハブでも随一の高級感
デメリット
  • サイズが大きい
  • USB-Cは映像出力非対応
YouTube
動画でも紹介しています。

【Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブレビュー】快適環境を生み出せる9-in-1のUSB-Cハブ Satechi ハイブリッド USB-Cハブをレビュー!ハブとストレージの1台2役 【Satechi Type-C Pro Hubレビュー】MacBook Pro用におすすめのアルミニウム製USB-Cハブ 【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー8選【おすすめ】 【2022年】MacBook Pro/Airと買うべき周辺機器・アクセサリーのおすすめ20選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。