Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【RAVPower File Hub RP-WD009レビュー】モバイルバッテリーとルーター機能搭載のワイヤレスカードリーダー

 
どうも、出張貧乏のマクリン( @Maku_ring)です。

出張時に必ずもっていくのはモバイルバッテリーですが、宿泊先のホテルで意外と困るのがネット環境

僕は有線LANに対応していないノートPC(というかMacBook)を持ち歩くため、ホテルが古くてWi-Fiを備えていなかったりすると、その瞬間にPC作業がジ・エンドになります。

あるいはWi-Fiが付いていても、高層階で低速だったりすることも数知れず……。
 

マクリン
そういうときにかぎって、モバイルルーターを忘れちゃったりするんですよね……。
 
なので意外と重宝するのが、有線LANをWi-Fi化するトラベルルーターです。

それと合わせて、もう一個あると便利なのがFile Hubファイルハブ
 

ヨメ
ねえねえ、ファイルハブってなに?
 
マクリン
スマホやPCにつなげなくても、その機器にSDカードとかUSBメモリを差すことで、ワイヤレスでファイルを共有できるアイテムだよ。
 
ヨメ
へ〜、なんか便利そう!
 
別名をワイヤレスカードリーダーともいい、写真や動画などの大容量ファイルを扱うときに役立つデバイスです。

出張時に便利なマクリン的三種の神器、モバイルバッテリー・トラベルルーター・ファイルハブ。

これらの機能がひとつになった究極の便利アイテムが、RAVPowerよりリリースされました。
 

マクリン
それがRAVPower「FileHub RP-WD009」です!

RAVPowerの「FileHub RP-WD009」は、最大8.4時間(2.4GHz帯)という最長クラスの連続使用が可能なワイヤレスカードリーダーというだけではありません。

その大容量を活かし、6,700mAhのモバイルバッテリーとしても使用可能です。

さらに本体にLANケーブルを接続することで、有線ネット環境をWi-Fi環境に変えるルーター機能も備えています。
 

マクリン
多機能すぎて、もはや全機能を把握しきれていませんw
 
そんなわけで本記事は「【RAVPower File Hub RP-WD009レビュー】モバイルバッテリーとルーター機能搭載のワイヤレスカードリーダー」について書いていきます。

MEMO
YouTubeでも使用感をまじえて紹介しています。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

RAVPower File Hub RP-WD009の外観と付属品

RAVPowerの「FileHub RP-WD009」は、ファイルハブ・Wi-Fiルーター・モバイルバッテリーと、大きく3つの機能をもつワイヤレスカードリーダーです。

RAVPower File Hub RP-WD009は多機能のワイヤレスカードリーダー
 
これだけ多機能でありながら、サイズは約113 x 76 x 25mmとハンディサイズにおさまっています。

RAVPower File Hub RP-WD009はハンディサイズ
 
重さも約200gであり、スマホくらいの重量感です。

RAVPower File Hub RP-WD009の重量は約200g
 
表面にはインジケータを備え、各状態が分かるようになっています。

左から

  • インターネットインジケータ ネットの接続
  • Wi-Fiインジケータ Wi-Fiの接続
  • 5Gインジケータ 5Gの接続
  • SDカードインジケータ SDカードの挿入
  • バッテリーインジケータ バッテリーの状態

 
右側面には電源ボタン、左側面にはWi-Fi切替ボタン(2.4Ghz/5GHz)・SDカードスロット・SD to USBバックアップボタンが付いています。

RAVPower File Hub RP-WD009の電源ボタン
RAVPower File Hub RP-WD009の左側面
 
天面にはポート類があり、それぞれUSBタイプA(デバイス充電/USB接続用)とタイプC(本体充電用)、LANポートを備えています。

RAVPower File Hub RP-WD009のポート類
RAVPower File Hub RP-WD009のポート類
 
同梱品はFileHub RP-WD009本体とUSB-Cケーブルです。

RAVPower File Hub RP-WD009の付属品

 

Sponsored Links

 

RAVPower File Hub RP-WD009の3つの機能

FileHub RP-WD009は、モバイルバッテリー・ファイルハブ(ワイヤレスカードリーダー)・Wi-Fiルーターという、3つの機能をもっています。

RAVPower File Hub RP-WD009は3つの機能をもつワイヤレスカードリーダー

マクリン
かなり機能満載なので、ひとつずつ紹介していきますね!
 

1. モバイルバッテリー機能

FileHub RP-WD009は、モバイルバッテリーとしても優秀です。

RAVPower File Hub RP-WD009は4.5時間で本体充電可能

MEMO
本体の充電時間は約4.5時間です。
 
その容量は6,700mAhであり、iPhone XSなら約1.5回分充電できる大容量です。

RAVPower File Hub RP-WD009は6,700mAhのモバイルバッテリー
 
出力アンペア数を計測した結果、スマホが急速充電できる1A以上の出力がしっかり出ていました。

マクリン
5,000mAhがボリュームゾーンの中、やや多めでしっかり充電できるのはありがたいですね!
 

2. ファイルハブ(ワイヤレスカードリーダー)機能

FileHub RP-WD009は、USB-AにHDD/SSD/USBメモリ、SDカードリーダーにSDカードを挿すことで、ワイヤレスカードリーダーとして使うことができます。

RAVPower File Hub RP-WD009のUSB-AにHDDやSSD・USBメモリを挿入可能
RAVPower File Hub RP-WD009のSDカードリーダーにSDカードを挿入可能
MEMO
USBストレージは最大4TB、SDカードは最大2TBまで対応しています。
マクリン
FileHub RP-WD009に接続したメディアに、スマホからアクセスできるんですよ!
 
使い方は簡単です。

STEP.1
アプリダウンロード
スマホの専用アプリ「RAV FileHub」をダウンロードします。

RAV FileHub

RAV FileHub

Shenzhen NearbyExpress Technology Development Company Limited無料posted withアプリーチ

STEP.2
RP-WD009のWi-Fi接続

FileHub RP-WD009のWi-Fiネットワークに接続します。


STEP.3
メディア挿入
USBメモリとSDカードのいずれか、あるいは双方を本体に挿します。

RAVPower File Hub RP-WD009にUSBメモリとSDカード挿入

STEP.4
アプリ起動
アプリを起動すると、外部メディア(挿入したUSBメモリとSDカード)内のファイルにアクセスすることができます。



SDカードとUSBドライブの連携も優秀。

SD側の容量が少なくなった際に、ボタンひとつでSDカードからUSB側にコピーできるワンキーバックアップの機能をもっています。

RAVPower File Hub RP-WD009のワンキーバックアップ
 
僕は、スマホに保存できない大容量の動画ファイルを扱うときに、ワイヤレスカードリーダーの機能を重宝しています。

RAVPower File Hub RP-WD009の動画ファイル

マクリン
撮影したYouTube動画をスマホでチェックするときに、この機能をよく使ってますよ!

mp4などの重いファイルでも、スマホからスムーズに再生できます。

RAVPower File Hub RP-WD009のmp4動画ファイルを再生

参考 マクリンのおすすめガジェットYouTube

 
フォルダあるいはファイルごとのコピーペーストも直感的に行うことができ、外部メディア間あるいはスマホへの転送も可能です。



 
また、アプリ内のカメラ機能を使うことで、撮った写真はSDカードにそのまま自動保存されます。

RAVPower File Hub RP-WD009で撮影した写真はそのままSDカードに自動保存
 
さらにPCに「10.10.10.254」アドレスを入力することで、ブラウザからFileHub RP-WD009内のファイルにアクセスし、スマホと同様の操作ができます。

PCのウェブページからRAVPower File Hub RP-WD009にアクセス

マクリン
僕は大量の写真と動画を入れたSDカードをFileHub RP-WD009に挿して、いつも持ち歩いてますよ!
 

3. Wi-Fiルーター機能

FileHub RP-WD009は、Wi-Fiルーターの機能も持ち合わせています。

その中でもさらに3つのルーターモードを搭載している多機能ぶり。

3つのルーターモード

  • アクセスポイントモード 有線ネットワークをWi-Fi化
  • ルーターモード ルーターとして使用
  • ブリッジモード 複数端末がRP-WD009経由でネット接続

 
まずはWi-Fi未対応の環境下、あるいは低速時に大活躍するアクセスポイントモード

2ステップだけで接続できます。

STEP.1
LANケーブル挿入
FileHub RP-WD009にLANケーブルを差し込みます。

RAVPower File Hub RP-WD009のアクセスポイントモード

STEP.2
インジケータ点灯
インターネットインジケータが点滅から点灯に変われば設定完了です。


あとはFileHub RP-WD009のWi-Fiネットワーク「RAVPower FileHub-2G-xxxx」が、有線をWi-Fi化したものなので、スマホ・PCのいずれからでも接続できます。


 
SSIDの変更やセキュリティの変更・速度測定も可能となっています。




マクリン
Wi-Fi規格は「IEEE 802.11ac/802.11n」に対応してるので、2.4GHz帯で最大300Mbps、5GHz帯で最大433Mbpsの高速通信が可能なんですよ!
 
次にルーターモード

その名のとおり、FileHub RP-WD009をモデムに接続することで、ルーターとして使用することができるモードです。

マクリン
ルーターがないところだと、かなり重宝しますよ!

こちらも設定方法はシンプル。

STEP.1
ブラウザからアクセス
スマホあるいはPCのブラウザからFileHub RP-WD009にアクセスし、「設定 ネットワーク設定」をタップします。



STEP.2
プロバイダの接続情報を入力
プロバイダの契約情報に記載の接続用ID・接続用パスワードを、ユーザー名・パスワードに適用すれば設定完了です。


あとはブリッジモードといって、既存のWi-FiをFileHub RP-WD009のネットワーク名に変更するモードも備えています。

マクリン
各デバイスからWi-Fi接続する際、パスワードを設定する手間を省きたいときに便利ですよ!

さらに自宅や外出先から、FileHub RP-WD009のネットワークに接続している機器(5台まで)に、ブラウザ経由でアクセスできるDLNA機能まで備えています。



マクリン
もはや小さなNAS(ネットワークHDD)レベル!

手のひらサイズの一台に機能てんこ盛り。

FileHub RP-WD009は、ストレージやネットワーク環境など複数の問題を一気に解決できる、マルチデバイスです。

 

Sponsored Links

 

RAVPower File Hub RP-WD009レビューまとめ

本記事は「【RAVPower File Hub RP-WD009レビュー】モバイルバッテリーとルーター機能搭載のワイヤレスカードリーダー」について書きました。

FileHub RP-WD009」は、モバイルバッテリー・ワイヤレスカードリーダー・ルーター機能がいずれも高いレベルで仕上げられ、複数のデバイスがこれ一台にギュッと凝縮ぎょうしゅくされています。

マクリン
出張にかぎらず、僕は常に持ち歩いて仕事することで、ストレージやネットワーク面で快適に過ごせてますよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

年100回出張する僕がおすすめするビジネス出張便利グッズ10選【必需品】 【2019年】Amazonで買うべき便利グッズを電子機器中心に15品厳選してみた 【2019年】買ってよかった、おすすめのモバイルバッテリー15選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ