Amazonチャージで千円キャンペーン

【RAVPower RP-PC118レビュー】世界最薄クラスの2ポート搭載ソーラーチャージャー【21W】

 
どうも、歩くモバイルバッテリーといわれるマクリン( @Maku_ring)です。

そんな僕でも、音楽フェスの長時間をモバイルバッテリーだけでやりすごすのは難しいことがあります。
 

マクリン
友人のスマホもまとめて充電を繰り返してると、複数台持ってきたバッテリーですら、カラになってしまうんですよね……。
 
そういうときに重宝するのが、太陽光の照射で発電するソーラーチャージャーです。

電源いらずなのはもちろん、ソーラーパネルに自然の光を当てるだけで、デバイス充電できちゃうすぐれもの。

とはいえ、ソーラーチャージャーは大きいモデルが多く、持ち運びにあまり適していませんでした。

しかし、ソーラーパネルに最新の成形技術を適用することで、従来より約30%の薄型化に成功した製品があるのです。

それがRAVPowerのソーラーチャージャー「RP-PC118」。

RP-PC118は、モバイルソーラーチャージャーとして世界最薄クラスの薄さを実現し、携帯性を大幅に向上しているソーラーチャージャーです。

また、充電ポートにはUSBタイプA(USB-A)を2口搭載し、2ポート合計で最大21W供給できるパワフル仕様となっています。
 

マクリン
音楽フェスだけじゃなく、キャンプやいざというときの災害時にも活躍しますね!
 
そんなわけで本記事は「【RAVPower RP-PC118レビュー】世界最薄クラスの2ポート搭載ソーラーチャージャー【21W】」について書いていきます。

MEMO
YouTubeでも使用感をまじえて紹介しています。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

RAVPower RP-PC118の外観と付属品

RAVPower社の「RP-PC118」は折りたたみ式のソーラーチャージャーです。

RAVPower RP-PC118は折りたたみ式のソーラーチャージャー
 
アウトドア使用も安心の、生活防水レベル(IPX4)の防水性能をもっています。

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。

RAVPower RP-PC118は生活防水仕様

マクリン
ちょっとした雨や汗ならへっちゃらですよ!
 
本製品の特徴のひとつがその携帯性。重さは約600gと、ペットボトル+αくらいしかありません。

RAVPower RP-PC118の重さ
 
サイズは約150 x 295 x 8 mmであり、A4サイズを少し細くしたイメージです。

RAVPower RP-PC118のサイズ
サイズは約150 x 295 x 8 mm
RAVPower RP-PC118の折りたたみ時の厚み
厚さは約8mm!
マクリン
これならバッグにしのばせても邪魔になりませんし、車のダッシュボードに入れておいてもいいですね!
 
マグネット式でとまっている本体を広げると、3枚のソーラーパネルが出現します。

RAVPower RP-PC118のソーラーパネル
 
こちらのソーラーパネルに高周波による一体成型を行う最新技術(よく分かってませんw)を駆使することで、わずか2.8mmという世界最薄クラスを実現しています。

RAVPower RP-PC118はわずか2.8mmの世界最薄クラス

マクリン
従来は4〜5mmのものが多いので、約30%の薄型化に成功してるんですよ!
 
同梱品はソーラーチャージャー本体にステンレスフック(4本)、Micro USBケーブル(60cm/30cm)です。

RAVPower RP-PC118の付属品
 
ちなみに本体の四角には穴が空いており、こちらにステンレスフックを通してリュックにぶら下げると、そのまま歩く発電機になりますw

RAVPower RP-PC118の穴
RAVPower RP-PC118をバッグにぶら下げた
 

RAVPower RP-PC118の充電性能

RP-PC118に電力をたくわえるバッテリー機能はなく、光を照射しているときにデバイスを充電する機能を備えています。

RAVPower RP-PC118のソーラーチャージャー
 
本体背面にUSB-Aを2ポート搭載しており、汎用性はかなり高いです。

RAVPower RP-PC118はUSB-Aを2口搭載
 
ポートの裏にはLEDインジケーターを備え、太陽光を受けて発電しているときは赤点灯します。

RAVPower RP-PC118のLEDインジケーターは発電時に赤点灯

注意
ただしLEDインジケーター点灯時にかならずしも充電できるわけではなく、あくまで発電していることを示すものです。
 

実際にその充電性能を確かめるため、RP-PC118を太陽光の下にさらし、iPadを充電しました。

RAVPower RP-PC118を太陽光下にさらす
RAVPower RP-PC118でiPadを充電
 
iPad充電時の電流値を確認したところ、午後3時くらいの日差しでも1A以上出ており、タブレットでもしっかり充電できていることが分かりました。

RAVPower RP-PC118でiPadを充電したときの電流値

急速充電に必要な電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
USBは各ポート最大12W(5V/2.4A)で、2ポート合計で最大21W(5V/4.2A)と、数値上はタブレット2台でも充電できる出力です。

RAVPower RP-PC118は最大21W

しかし、ソーラーチャージャーという特性上、太陽光の強さでその充電スピードは大きく変わります。

直射日光でない場合、電流値は不安定になり、くもり空のときは基本的に充電できませんので、その点ご留意ください。
 

マクリン
とはいえ電源いらずの充電器は、災害時やアウトドアイベントの貴重な戦力ですので、一家に一台導入をおすすめします!
 

Sponsored Links

 

RAVPower RP-PC118レビューまとめ

本記事は「【RAVPower RP-PC118レビュー】世界最薄クラスの2ポート搭載ソーラーチャージャー【21W】」について書きました。

RP-PC118世界最薄クラスの薄さを実現し、携帯性抜群のソーラーチャージャーです。

充電ポートにはUSB-Aを2口搭載し、2ポート合計で最大21W供給できるパワフル仕様となっています。

マクリン
これ一台あれば、野外イベントや万一の災害時にも活躍しますよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Chargi-Q miniレビュー】ソーラー&手回し充電可能なモバイルバッテリー【おすすめ】 【Ankerの急速充電器】今すぐ買うべき、おすすめ6モデル! 【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器14選【スマホからPCまで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ