Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【RAVPower RP-PB172レビュー】Lightning/USB-C入力対応でケーブル1本で双充電可能な大容量モバイルバッテリー

 
どこでも仕事場になるマクリン( @Maku_ring)です。

ノマドワーカーのワタクシには、モバイルバッテリーが欠かせません。

これだけモバイルバッテリーを常備していると、いつも気になるのがケーブル類。

Micro USB充電のデバイスを持っていないのに、モバイルバッテリー本体を充電するためにマイクロUSBケーブルを持ち歩いているのがどうにも納得いきませんでした。
 

マクリン
ただでさえかさばるのに、モバイルバッテリーを充電するためだけのケーブルとかムダじゃね……!?
 
ケーブル1本でデバイス充電も本体充電もできるモバイルバッテリーはどこかにないものか。

そんな人にぴったりの超大容量モバイルバッテリーが、RAVPowerの「RAVPower RP-PB172」です。

RAVPower RP-PB172は、モバイルバッテリーとして初のLightning/USBタイプC(USB-C)/Micro USBと、3種類の入力方法(本体充電)に対応しています。

中でもLightningとUSB-Cは、1つのケーブルでデバイス充電と本体充電の双方に対応する「ワンケーブルソリューション」仕様を採用しています。

充電仕様も優秀で、USB Power Delivery 3.0(USB PD 3.0)対応のUSB-CにQuick Charge 3.0(QC 3.0)対応のUSB-A、さらにiSmart 2.0搭載のUSB-Aも付いているなど、かなり贅沢ぜいたく

そんなわけで本記事は「【RAVPower RP-PB172レビュー】Lightning/USB-C入力対応でケーブル1本で双充電可能な大容量モバイルバッテリー」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

RAVPower RP-PB172の外観と付属品

RAVPower社の「RAVPower RP-PB172」は、20,000mAhの超大容量モバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB172の外観
 
20,000mAhの容量は、iPhone XS Maxが約4.3回分の充電、iPad Proですら約1.5回分の充電ができます。

RAVPower RP-PB172は20,000mAhの超大容量
 
本体は細かいしま模様であり、指紋が目立ちにくい表面となっています。

RAVPower RP-PB172の表面は縞模様
 
モバイルバッテリーではめずらしく、LEDディスプレイを備えています。

RAVPower RP-PB172の先端はLEDディスプレイ
 
側面の電源ボタンを押すことで、バッテリー残量が1%単位でデジタル表示します。

RAVPower RP-PB172の側面の電源ボタン
RAVPower RP-PB172のバッテリー残量は1%単位でデジタル表示
マクリン
LEDランプよりも明快で分かりやすいですね!
 
ポート類はモバイルバッテリー最多の5つあり、本体充電用に3つ(PD対応USB-C・Lightning・Micro USB)、デバイス充電用に3つ(PD対応USB-C・QC対応USB-A・iSmart 2.0搭載USB-A)が対応しています。

RAVPower RP-PB172の入出力ポート

マクリン
Lightningポートで本体充電できるのはRAVPower RP-PB172が初!

背面には燦然さんぜんと輝く「Made for iPhone│iPad│iPod」があり、RAVPower RP-PB172Apple社のMFi認証を受けた正規仕様品であることが分かります。

RAVPower RP-PB172はApple社のMFi認証を受けた正規仕様品
 
サイズは約165 x 78.5 x 23.5mmと、手のひら大の大きさとなっています。

RAVPower RP-PB172のサイズ
RAVPower RP-PB172のサイズ

5つのポートを備えるにしては、3ポートをもつ同クラスのモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」や「RAVPower RP-PB159」と比較してもほぼ同サイズで、省スペース設計であることが分かります。

RAVPower RP-PB172のサイズ比較
 
重さは約420gで、20,000mAhクラスでは標準的な重量(このクラスはまあまあ重いw)。

RAVPower RP-PB172の重量
Anker PowerCore+ 19000 PDの重量
RAVPower RP-PB159の重量
 
同梱品はバッテリー本体にMicro USBケーブルです。

RAVPower RP-PB172の付属品

 

RAVPower RP-PB172の本体充電ポートは3種類

RAVPower RP-PB172は、本体充電用になんと、3種類もの端子(Micro USB/Lightning/USB-C)を備えています。

RAVPower RP-PB172の本体充電ポートは3種類
 
中でもLightningケーブルで充電できるのはRAVPower RP-PB172のみの特徴であり、iPhoneの付属ケーブルで本体&スマホ充電双方ができるのはかなり効率的です。

RAVPower RP-PB172はLightningケーブルで充電できる
RAVPower RP-PB172はLightningケーブルで充電できる

Lightningにくわえ、汎用性の高いUSB-Cも使えるのはかなり重宝します。

RAVPower RP-PB172はUSBタイプCで充電できる
 
Lightning(最大10.5W入力)よりUSB-Cを用いた本体充電のほうが速く、PD対応充電器を使用して本体に最大18Wの入力を行うことで、約5.5時間で満充電が可能となります。

RAVPower RP-PB172はPD対応USB-C充電で約5.5時間で満充電が可能
 
充電中はいずれもバッテリー残量表示が点滅しますが、急速充電できているときは数字の横に青い稲妻マークが出ます。

 

Sponsored Links

 

RAVPower RP-PB172のデバイス充電ポートも3種類

RAVPower RP-PB172は、デバイス充電用にも3種類の端子(PD対応USB-C/QC対応USB-A/iSmart搭載USB-A)を備えています。

RAVPower RP-PB172のデバイス充電ポートは3種類

マクリン
USB-Cは本体とデバイス充電の両方に対応してるんですよ!
 
USB-CからiPhoneを充電する際は「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を使えば最大18Wの充電が可能であり、最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル
RAVPower RP-PB172は最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応

USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、10W程度を示していました。

RP-PB172 x iPhone(10W)

マクリン
毎分1%ちょっと増えるスピードで、バッテリーがグングン回復していきますよ!
 
PD対応ではあるものの、USB-Cからの充電出力は最大18Wであるため、30W以上の入力が必要なノートPC(MacBook Airなど)は充電できませんのでご注意ください。

RAVPower RP-PB172はノートPCを充電できない
 
ちなみにRAVPower RP-PB172は、ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチなど、低電流で充電しないといけないデバイスにも配慮し「小電流充電モード」を搭載しています(電源ボタン3秒長押し)。

RAVPower RP-PB172は小電流充電モードを搭載
 
ワイヤレスイヤホン充電時の出力が、0.6A程度にきっちりおさまっていることが確認できました。


 
充電デバイスが仮にPD非対応であっても、Quick Charge 3.0対応品であれば、QC対応USB-Aから最大18W出力でのデバイス充電が可能なのは、配慮が行き届きマクリンまくりです。

RAVPower RP-PB172のデバイス充電ポートは3種類

USB-A端子はRAVPower独自技術「iSmart2.0」に対応し、接続機器を自動検知し、最大2.4Aまでの範囲で適切な電流を流すことができます。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにも最適な電流を流せるということ!

スマホ・タブレットでは、以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電の電流値

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

出力アンペア数をUSB電流電圧テスターで計測した結果、スマホとタブレットいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RP-PB172 x スマホ(1.40A)

RP-PB172 x タブレット(2.12A)

 

2台の同時充電も可能であり、安全性を喫してポート合計最大15W出力に制限されるものの、USB-Cにもきっちり電流が供給されていました(1台接続時とほぼ同じだった)。

RP-PB172 x スマホ(9.8W)

注意
ただしiPad Pro(11inch/USB-Cポート使用)とiPhone XS Max(USB-Aポート使用)の同時充電はできかねますので、あらかじめご承知おきください。
 
ワンケーブルソリューションで多彩なポート形状に対応。

RAVPower RP-PB172は、あらゆるデバイスの充電ができ、懐の大きいモバイルバッテリーです。

 

RAVPower RP-PB172レビューまとめ

本記事は「【RAVPower RP-PB172レビュー】Lightning/USB-C入力対応でケーブル1本で双充電可能な大容量モバイルバッテリー」について書きました。

RAVPower RP-PB172は、Lightning/USB-C/Micro USBと3種類の本体充電に対応する、20,000mAhのモバイルバッテリーです。

LightningとUSB-Cは、1つのケーブルでデバイス&本体充電の双方に対応する「ワンケーブルソリューション」仕様を採用しています。

マクリン
ポート面だけでなく、低電流モードやバッテリー残量のデジタル表示など、実用性にすぐれるモバイルバッテリーですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Anker PowerCore 20000 Reduxレビュー】最軽量クラスの20000mAhモバイルバッテリー【超大容量】 【Anker PowerCore Lite 20000レビュー】2種類のUSBから充電できる超大容量モバイルバッテリー 【RAVPower RP-PB159レビュー】45WのPD対応USB-CとUSB-A搭載の大容量モバイルバッテリー【20100mAh】 【Anker PowerCore+ 19000 PDレビュー】ハブ機能付きのPD対応超大容量モバイルバッテリー【19200mAh】 【超大容量】おすすめの20000mAhモバイルバッテリー人気5選【ノートPC充電可能】 【2019年】モバイルバッテリーの選び方とそのおすすめ品・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ