おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー

 
どうも、ガジェット(電子機器)好きのマクリン( @Maku_ring)です。

数々のガジェットを持ち歩く僕は、バッテリーにもUSB充電器にもなるハイブリッド型モバイルバッテリー、Anker「PowerCore Fusion 5000」を常備しています。

PowerCore Fusion 5000

 

もはや相棒の「PowerCore Fusion 5000」ですが、ひとつだけ気になる点があります。
 

マクリン
バッテリー容量がもうちょい欲しい……!
 
5,000mAhという多くも少なくもない容量は、スマホ2台持ちのワタクシには、ときに物足りなさを感じることもありました。

ところがそんな僕の眼前に現れたのです。
 

マクリン
PowerCore Fusion 5000のバッテリー容量をほんの少し上回る、バッテリー搭載USB充電器が!

それが「RAVPower RP-PB125」です。

そんなわけで本記事は「【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー」について書いていきます。

MEMO
YouTubeでも使用感をまじえて紹介しています。

 

RAVPower RP-PB125とAnker PowerCore Fusion 5000のサイズ・重さ比較

RAVPower RP-PB125」は6,700mAhのUSB充電器搭載モバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB125の外観
 

カラーはホワイトブラックの2種類あります。



本体に折り畳みプラグを備え、USB充電器として使うこともできます。

RAVPower RP-PB125は折り畳みプラグを備えUSB充電器としても使える
 

RAVPower RP-PB125のサイズは7.4 x 8.0 x 2.6 cm。

PowerCore Fusion 5000の6.8 x 7.2 x 2.9 cmと比べ、タテヨコはやや大きいものの、厚さは若干薄くなっています。

RAVPower RP-PB125とPowerCore Fusion 5000のサイズ比較

マクリン
持ったときの感覚はほとんど同じ大きさですね!
 
特筆すべきはその重量。

RAVPower RP-PB125の重さは約192gで、PowerCore Fusion 5000は約186gです。

RAVPower RP-PB125の重さ
PowerCore Fusion 5000の重さ
マクリン
PowerCore Fusion 5000約1.3倍のバッテリー容量にもかかわらず、重さはほとんど変わりません
 

外観スペックは似ている両者ですが、強いて挙げるなら、プラグ部分の引き出しやすさは若干の差異があります。

RAVPower RP-PB125とPowerCore Fusion 5000のプラグ部分
 

RAVPower RP-PB125のほうが奥まっていますので、プラグが少し引っぱり出しにくくなっています。

RAVPower RP-PB125とPowerCore Fusion 5000のプラグ部分
 

同梱品は本体とMicro USBケーブル、収納ケースです。

RAVPower RP-PB125の付属品
 

収納ケースはRAVPowerロゴが印字された、所有欲を高める作りとなっています。

RAVPower RP-PB125の収納ケース

 

RAVPower RP-PB125とAnker PowerCore Fusion 5000のバッテリー比較

PowerCore Fusion 5000」で気になっていたバッテリー容量

モバイルバッテリーの大事な性能のひとつです。

製品名バッテリー容量
ANKER PowerCore Fusion 50005,000mAh
RAVPower RP-PB1256,700mAh
マクリン
RAVPower RP-PB125はANKERの約1.3倍

 

6,700mAhであればiPhone XSだと約1.5回分の充電が可能です(PowerCore Fusion 5000は約1.1回分)。

RAVPower RP-PB125は実用性の高い、ちょうどいいバッテリー容量といえます。

RAVPower RP-PB125は6,700mAhのバッテリー容量

 

PowerCore Fusion 5000残量確認用のLEDインジケーターが付いています。

バッテリー表示ボタンを押すと、3段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。

PowerCore Fusion 5000は3段階のLEDインジケーター付き

 

一方RAVPower RP-PB1254段階のLEDインジケーターで、もう少し細かく残量確認できるようになっています。

RAVPower RP-PB125は4段階のLEDインジケーター付き

LED1個点滅 5%未満
LED1個点灯 5〜25%
LED2個点灯 26〜50%
LED3個点灯 51〜75%
LED4個点灯 76〜100%
 

Sponsored Links

 

RAVPower RP-PB125とAnker PowerCore Fusion 5000のポート比較

USBポートの種類・数も製品比較の重要なポイント。

いずれも出力用にUSBタイプAポートを2つ備えています。

RAVPower RP-PB125とAnker PowerCore Fusion 5000のポート種類

本体の充電用に使う入力端子がMicro USBである点も同じです。

製品名端子
ANKER PowerCore Fusion 5000
  • USBタイプA x 2(出力)
  • マイクロUSB x 1(入力)
RAVPower RP-PB125
  • USBタイプA x 2(出力)
  • マイクロUSB x 1(入力)
マクリン
USB端子が2つあると、やはり使いやすいですね!
 

本体の充電方法はいずれも、Micro USB端子もしくはコンセントに差す、の2種類が可能です。


MEMO
Micro USB端子は4.5時間、AC入力(コンセント)は3.5時間で満充電されます。
 

それから充電性能に関わる出力アンペア数

スマホ・タブレットで以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電のアンペア数

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

ANKER・RAVPowerの出力アンペア数はこちらのとおり。

製品名アンペア数(5V時)
ANKER PowerCore Fusion 5000
  • アダプター使用時:合計2.1A
  • モバイルバッテリー使用時:合計3A
RAVPower RP-PB125
  • いずれのモードでも各ポート最大2.4Aで合計3A
マクリン
いずれの使い方でも出力アンペア数が変わらない、RAVPower RP-PB125が優秀ですね!
 

モバイルバッテリー使用時の出力アンペア数を、USB電流電圧テスターで確認しました。

AnkerはPowerIQ、RAVPowerはiSmart 2.0という技術を搭載しており、いずれもデバイスに応じて最適な電流で充電する機能です。

両者いずれもスマホとタブレットで、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

ANKER x スマホ(1.12A)

ANKER x タブレット(1.40A)

RAVPower x スマホ(0.93A)

RAVPower x タブレット(1.51A)

 

RAVPower RP-PB125は独自の機能として低電力モードを備えています。

Bluetoothブルートゥースイヤホンなど、電流値を控えめにすべきデバイスの充電にも配慮している点は、ポイントが高いです。

RAVPower RP-PB125は定電流モード搭載で

 

Sponsored Links

 

RAVPower RP-PB125とAnker PowerCore Fusion 5000比較レビューまとめ

本記事は「【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー」について書きました。

RAVPower RP-PB125とPowerCore Fusion 5000、いずれも使い勝手にすぐれたハイブリッド型モバイルバッテリーです。

しかし、RAVPowerのほうが後発品だけあり、Ankerをベンチマークに、いずれのスペックも少しずつ上回っている印象を受けました。

RAVPower RP-PB125は、6,700mAhのバッテリー容量・4段階のLEDインジケーター・低電力モード搭載と、独自の特長を活かした製品に仕上がっています。

マクリン
いまハイブリッド型バッテリーを買うならば、RAVPowerがおすすめですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【RAVPower RP-PB122比較レビュー】PD対応USB-CとQC対応USB-A搭載の充電器一体型モバイルバッテリー 【RAVPower File Hub RP-WD009レビュー】モバイルバッテリーとルーター機能搭載のワイヤレスカードリーダー 【Anker PowerCore Fusion 5000を超えた!?】OMKUY Qiモバイルバッテリー比較レビュー 【2019年】モバイルバッテリーの選び方とそのおすすめ品・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】 【2019年】買ってよかった、おすすめのモバイルバッテリー13選! 【おすすめ】買ってよかった、スマホのUSB充電器11選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です