記事を探す方は全カテゴリーへ

【実績公開】ウェルスナビに100万円入金した資産運用初心者の成績報告

 

どうも、資産運用初心者のマクリン( @Maku_ring)です。

2017年12月から人工知能(AI)を使って自動資産運用( 要するにこっちは何もしない)できる、ロボアドバイザー投資(ロボアド投資)を始めました。

TRY NOW
 

マクリン

いきなりウェルスナビに100万円ぶっ込んじゃいました……!

注意
資産運用は余剰資金で行いましょう。

 

同僚

ロボアド投資って実際どうなの? ちゃんと増えていくの?

 

そういう声にお応えするため、その後の経過報告をします。運用実績(利回り)は月ごとに更新していく予定です。生暖かい目で見守ってください。

そんなわけで本記事は「【実績公開】ウェルスナビに100万円入金した資産運用初心者の成績報告」です。

僕が使っているロボアドはこちら

 

資産運用初心者のロボアドバイザー投資にウェルスナビをおすすめする4つの理由とは?

資産運用の初心者にロボアドバイザーなる、人工知能(AI)の投資信託をおすすめする4つの理由

【実績公開】ウェルスナビに100万円入金した資産運用初心者の成績報告

1. リスク許容度の設定

ロボアドは「投資家のリスク許容度」を自動測定して、それを元にポートフォリオを作成しています。

今回WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用をするにあたって、リスク許容度は5段階中の4に設定されました。

リスク許容度は、金融知識のいらない下記6つの選択式質問に答えるだけで、ロドアド側が決めてくれるものですが、多くの人はリスク許容度 4に収まる場合が多いでしょう。

質問の内容
  1. 現在、何歳ですか?
  2. 年収はおおよそいくらですか?
  3. 金融資産はおおよそいくらですか?
  4. 毎月の積立金額は?
  5. 資産運用の目的は?
  6. 株価が1ヶ月で20%下落したら?

リスク許容度とは平たく書くと「金融商品に投資したときに、どれくらいの価格の変動幅に耐えられるか?」ということです。

 

マクリン

要するに『いくらまで下がっても平気でいられるか?』ということですね。

 

例えば僕が100万円投資したとして、20万円までの下落ならまだ冷静でいられますが、30万円下がるとソワソワして仕事どころじゃなくなる可能性が高いです。

この場合、僕のリスク許容度は20万円、変動幅にすると100万円で20万円の損失なので、20%ということになります。

リスク許容度はその人の性格面がかなり影響します。リスク許容度を超えて投資してしまうと、損したときに仕事が手に付かないなどのストレスにつながるため、事前のシミュレーションが大事なのです。

 

ヨメ

ねえねえ、できるだけ損なんかしたくないから『ローリスク&ハイリターン』の投資をしたいんだけど。

 

その気持ちは理解できます。50%分増える可能性があるけど、5%しか下落しない金融商品があれば、それはもう最高です。

 

マクリン

しかし、残念ながらそんな金融商品はありません。

 

すなわち50%上昇する可能性のある投資信託は、50%下落する可能性が常にあるということ。これは全ての金融商品に当てはまる絶対原則です。

 

マクリン

つまりリターンを得るためには、それ相応のリスクを取らなければならないということですね。
TRY NOW
 

Sponsored Links

 

2. ポートフォリオの割合

リスク許容度 4に設定された僕のポートフォリオ割合はこのようになりました。「こちらの金融商品の割合で組み合わせて、ロボアドが資産運用していきますよ」ということです。

 

今回ロボアドが投資している各金融商品をカンタンに説明します。

ウェルスナビのポートフォリオ(リスク許容度4)】

    • 米国株 35% 米国のアップルやアマゾン、グーグルをはじめとする、米国の上場企業が発行している株式
    • 日欧株 26.6% 米国を除く、世界の先進国24ヶ国(日本含む)の上場企業が発行している株式
    • 新興国株 8.5% 世界の新興国23ヶ国の上場企業が発行している株式
    • 米国債券 14.9% 米国やその政府、米国企業が資金を借りるときに発行する借用証書
    • 金 10.0% 金の延べ棒、ゴールドに投資
    • 不動産 5.0% 米国の不動産に投資

僕も絶賛勉強中ですが、一般的に株式に比べて債券のほうが価格の変動幅は小さく、また利息も定期的にもらえるため、債券はローリスク・ローリターンの金融商品とされています。

また不動産の価格変動幅は債券よりも大きい、でも株式より小さい、ちょうど中間といったところです。ゴールドは金融危機や国同士の争いがあると買われて、価格が上がっていくイメージ。

つまりリスク許容度を上げていくと、米国株・日欧株・新興国株といったETF(上場投資信託)の割合が増えます。下げていくと逆に、債券や不動産といったローリスク・ローリターンの金融商品の割合が増えていくことになります。

TRY NOW
 

Sponsored Links

 

3. ウェルスナビ100万円+積立2万円運用実績(2017年12月12日スタート)

2回に分けて入金し、2017年12月12日から102万円で運用開始しました。

 

1ヶ月経過時(2018年1月12日)のウェルスナビ運用実績


【円建て】1,040,900円  20,900円+ 2.05%

【ドル建て】9343.83$  352.84$+ 3.92%

元本の102万円を一時期割ることもありましたが、それ以降は順調に積み上がってきています。

 

マクリン

多少乱暴ですが、1ヶ月の実績から年利回り(年間でどれくらいの利益があがるのか)を算出したところ、なんと24.1%! すごすぎ!

 

アンタまだ1ヶ月間だからね。楽観的すぎ……。

ヨメ

 

もちろんこれからどうなっていくか分かりませんが、少なくとも現時点では、銀行に預けるよりはるかに効率的に運用できているわけです。しかも長い目で見ると、円安・ドル高の傾向は強まっていくはずなので、ドル建てで資産運用してもらえるのは大変ありがたいです。

 

マクリン

たとえ運用成績が良くなくても、ドル高にさえなれば利益が出ますからね。

 

ポートフォリオごとの運用実績は下記のとおりです。

【米国株】363,627円  7,147円

【日欧株】273,728円  6,814円

【新興国株】90,826円  5,487円

【米国債券】145,390円  3,292円

【金】111,782円  4,472円

【不動産】43,217円  3,015円

【現金】12,330円

米国株・日欧株・新興国株のETFがいずれも良い調子をキープできており、全体として好成績の運用実績でした。債券と不動産はマイナスですが、株式が上手くカバーしてくれています。

 

マクリン

毎月2万円の積み立て投資も始めました。今後が楽しみですね!

TRY NOW
 

Sponsored Links

 

ロボアド投資を始めるべきタイミング

マクリン

さて、ロボアド投資はいつ始めるのがベストなのでしょうか?

株式・投資信託といったリスクのある金融商品は、価格が毎日変わるため、なるべく安いときに買っておきたいものです。

いかに人工知能(AI)を用いたロボアド投資といえども、ポートフォリオ全体の価格は日々変動するものゆえ、投資した次の日に損失が生じることも充分に有り得ます。

それらを踏まえた上で「いつスタートすべきなのか?」の質問に対する回答は「早ければ早いほどいい」です。

 

マクリン

なぜなら資産運用を始める時期が早いほど、それはすなわち『長期投資』になるからです!

 

もちろん「安く買って高く売ること」ができれば素晴らしいですが、買うタイミングを図ることはとても難しく、これといった決め手もありません。

 

ヨメ

だから『長期投資』の考えが大事なんだよね。

 

現代の投資理論では、リスクがある金融商品であっても、保有期間が長ければ長いほど、始めのうちよりも価格の上がっている可能性が高くなることが分かっています。

「長期投資をすれば必ず利益が得られる」というものでもありませんが、利益を得られる可能性を高くすることができるのは間違いありません。

 

マクリン

しかも今ならキャンペーンがありますよ!

通常は最低投資金額30万円以上のところ10万円以上から始めることができ、その後最大2ヶ月分の手数料がキャッシュバックとして返ってくるのです。

キャンペーン期間
  • 期間1: 2018年5月1日(火)~5月31日(木)
  • 期間2: 2018年6月1日(金)〜6月30日(土)

 

キャッシュバック条件

  • 資産運用開始日(10万円以上の入金日)が期間1の場合、2018年6月30日までの手数料を2018年7月中旬にキャッシュバック
  • 資産運用開始日(10万円以上の入金日)が期間2の場合、2018年7月31日までの手数料を2018年8月中旬にキャッシュバック
  • ただし、キャッシュバック対象期間内で一度も出金を行わないこと

 

MEMO
ウェルスナビは毎月1日(休日なら翌営業日)に利用手数料が引き落とされます。年間の利用手数料が投資額の1%(3,000万円を超えた金額分は0.5%)なので、毎月0.083%ずつを利用手数料として支払う形式です。

TRY NOW
 

まとめ

本記事は「【実績公開】ウェルスナビに100万円入金した資産運用初心者の成績報告」について書きました。

自分で金融商品の勉強をしなくても、人工知能に資産運用を任せられるロボアド投資は、今の時代ならではの素晴らしいサービスです。

ウェルスナビは数あるロボアドサービスの中で国内No.1実績を持っており、どのロボアド投資を使うべきか迷ったら、間違いなくおすすめできます。

マクリン

しかも今のところ、運用実績もバッチリですしね。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

TRY NOW
 

 

資産運用初心者のロボアドバイザー投資にウェルスナビをおすすめする4つの理由とは?

資産運用の初心者にロボアドバイザーなる、人工知能(AI)の投資信託をおすすめする4つの理由