記事を探す方はサイトマップへ

WordPressでブログを50記事書いたので振り返り:PV数を増やすために行った4つの事

 

どうも、マクリン(@Maku_ring)です。

とりあえずブログを100記事書きましょう」とは、ブロガーなら必ずと言ってもいいほど目にする言葉です。

僕もひとまずの目標を100記事としています。

2017年5月14日から記事を書き始めて約3ヶ月。

本記事でようやく半分の50記事に到達しました!

 

マクリン

到達ペースおっそ!

 

目標まではまだまだですが、キリよく半分になったのでこれまでを振り返りながら「PV数を上げるために行ったこと」について書きます。

今までブログを書いたことのない僕が、曲がりなりにも50記事書いたことで少し見えてきたこともあります。

そんなわけで今回の記事は「WordPressブログを50記事書いたので振り返り:PV数を増やすために行った4つの事」です。

 

 

 

ブログを100記事書いて分かった、月間1万PV以上・1万円以上の収益を稼ぐのに大切な4つのこと
弱小ブログでもSEO対策の基本で検索順位を上げる方法:ものくろキャンプ
月間ミリオンブロガー立花岳志さんのセミナーで得たブランディングの極意

PV数を増やすために行った4つのこと

 

マクリン

こんな大それた見出しやけど、ほんまにしょっぼいPVやからね!

 

6月と7月のPV数・セッション数・検索流入その他の結果です(5月は半月なので除きます)。

 

 

これこそが弱小ブログの現実的な数字です。

 

マクリン

ブログ運営報告で「3ヶ月で○万PV達成!」とかよく見かけますが、あんなん僕には絶対ムリ!

 

こんな感じですが、嬉しいことが2つありました。

 

嬉しかったことその1。

  • 小さな目標であった3,000PV達成!

 

1日で100回見られているということですから、これだけでも僕にとってはすごいことなのです。

 

嬉しかったことその2。

  • 検索流入が大幅増加(25.6% → 47.1%)!

 

もっと先になると思っていた検索流入の比率が、2ヶ月目にしてかなり増えました。Googleの検索仕様がドメインパワーよりもコンテンツ内容重視に移り変わってきているのかもしれません。

だってMOZでのドメインパワーは相変わらず1ですから。

 

参考

MOZhttps://moz.com/researchtools/ose

 

このたびの6月から7月の全般的な数値増加は、この2ヶ月間で行った4つの施策に一定の効果があったと思い込んでいます

 

マクリン

あくまで「思い込んでいる」だけなので、効果があるとは断言できません……。

 

ということで、実際に行った4つの施策を書いていきます。

 

 

 

1. 律速段階の記事ほどリライトする!

2PV × 50記事 × 1ヶ月(30日)=3,000PV!

 

50記事で3,000PVに到達しようと思ったら、1記事あたり1日あたりのPV数は2で良いということになります。各記事が1日2回ずつ読まれればいいということです。

 

マクリン

……ですが、Googleアナリティクスを見て愕然としました。

 

全記事中の25%、すなわち4分の1しか1日2回以上読まれていなかったのです!

 

さらに衝撃的だったのは、1日2回以上読まれている記事は全て6月以降に書いた記事だったのです。

 

マクリン

5月に書いた記事まったく読まれてへんやん!

 

要するに数ヶ月前の記事は、タイトルの付け方・内容・構成含めて今よりもっと大したことなかったから、検索上で地底深くに眠っている状態だということでした。したがって僕は、1ヶ月60PV未満の記事を「律速段階の記事」と捉え、これらを中心にリライトしました。

 

MEMO
【律速段階】

化学反応がいくつかの段階を経て進むとき、そのうちで変化速度が最も遅い反応段階。この反応速度で全体の反応速度が支配される。

ー 大辞林より引用 ー

 

カッコいい表現で書いてますが、要は「PV数の足を引っ張っている記事のこと」です。こんな記事が全体の75%なので、リライトは実に大変でした(絶賛修正中)。ですが、僕みたいな歴の浅いブロガーほど「リライト作業」は重視すべきだと思います。

 

マクリン

なぜならまだまだ記事数が少ないから!

 

記事数が少ないということは、律速段階の記事を全てリライトできる可能性が高く、かつ1記事に頼るPV数が多いため、全体の底上げに繋がりやすいからです。

リライトにあたっては下記記事に書いたことを心がけました。

 

 

弱小ブログでもSEO対策の基本で検索順位を上げる方法:ものくろキャンプ

 

2. キャッチーなタイトルを捨てる!

上記で触れた「律速段階の記事=検索上で地底深くに眠っている状態の記事」を並べてみたところ、とある共通点がありました。

 

それは「読者の目を惹きつけようと思って、ムダにキャッチーなタイトルをつけていること」でした。

 

ムダにキャッチーなタイトルがいかに検索上で弊害になっているか、愚かな僕はまったく分かっていなかったのです。

実際にタイトルを修正して、検索上で効果があったものを挙げます。

 

中小企業から大企業に転職して感じた働き方の違い・メリットデメリット

 

こちらの記事、元々は下記タイトルでした。

 

実体験で感じた大企業と中小企業の働き方の違いとメリットデメリット

 

 

なぜ修正後のタイトルにいたったのか、2つのポイントを挙げます。

 

  • そもそもこの記事で検索させたいキーワードは「大企業・中小企業・転職・メリットデメリット」

→「転職」というワードが入っていなかったので挿入。

 

  • キャッチーさを意識して「実体験で感じた」を文頭に入れることで、検索キーワード「大企業」が後ろにスライド

→「実体験で感じた」を削除し、キーワードを文頭に持っていった。

 

これらの対応策のおかげで、ようやく検索流入が入ってくるようになりました。

この経験で僕が得た「タイトル作成の掟」は下記のとおりです。

 

  • Googleキーワードプランナーで需要の高い検索キーワードを選ぶ→できれば月間平均検索ボリューム1,000以上が望ましい
  • キーワード同士を違和感なくつなぎ合わせてタイトルにする→単なるキーワードの羅列はNG
  • キーワードは文頭に持ってくる

 

かなりの数の記事タイトルを「タイトル作成の掟」に沿って直しました。

特に下記記事は、修正後タイトルで検索流入がかなり増加しました。

 

修正前「会社を休むほどのニキビ、肌荒れに悩む営業マンの肌対策」

修正後ニキビ・肌荒れに悩む営業マンがこれらを治すための方法と肌対策

 

 

Googleアナリティクスの規約上、グラフの数値は載せられないので、過去60日間の変化だけお見せします。

 

マクリン

20倍以上に増えています!

 

いくら内容をがんばって書いたところで、タイトルが検索で引っかからなければ誰の目にも止まらないのです。

検索エンジンと仲良くなるために、キャッチーさは捨てて実直にタイトルを付けましょう。

 

 

 

3. 吹き出しで文章のリズムを作る!

要するに、ありきたりな内容で書くブログほど、吹き出しで文章のリズムを作る必要があるということです。

3,000文字以上の素人文章を最後まで読んでもらおうと思ったら、よほどの文章力や個性がないと難しいです。

僕は文章にリズムを作るため、6種類の感情的な吹き出しパターンを作りました。

 

マクリン

喜!

 

マクリン

怒!

 

マクリン

哀!

 

マクリン

楽!

 

マクリン

がび〜ん!

 

マクリン

フフーン!

 

実際に吹き出しを導入してから、平均セッション時間(一回訪問での滞在時間)は約1.5倍に伸びました。

記事途中での離脱率が減ったことにもつながっているようです。

吹き出しの効果は全てのブログに該当するわけではありませんが、こんな人にはおすすめです。

 

  • (僕みたいに)他の人とカブりやすいブログカテゴリである場合
  • 文章だけでの差別化が難しい場合
  • 長文になりがちな場合

 

 

 

 

4. 「あわせて読みたい」でページ/セッションを上げる!

検索流入が増えているのは良かったのですが、検索流入が増えるほど「ページ/セッション(一回訪問で読むページ数)」がどんどん下がっていきました。

そんなある時ヨメからこんなアドバイスがありました。

 

ヨメ

私の好きなブロガーさんは、記事のすぐ下に「あわせて読みたい」という関連記事項目があるよ。

 

確かにいざ読者の立場で考えてみると、関連記事があまりにも下にあるとわざわざ読まないですし、自動表示された記事が必ずしも自分の意に沿っているとは限りません。

それは読み手にとっても同じです。

そこで内部リンクを増やすとともに、記事下にこんな感じで「あわせて読みたい」項目を追加しました。

 

WordPressでブログを50記事書いたので振り返り:PV数を増やすために行った4つの事

 

検索流入は日を追うごとに増えていますが、ページ/セッションはほぼ横ばいになりました。

それなりに効果はあるようです!

 

 

 

まとめ

今回の記事は「WordPressブログを50記事書いたので振り返り:PV数を増やすために行った4つの事」について書きました。

本ブログみたいにSNS活用最低限、かつバズも期待しないブログだと、自分のブログを客観的に見て定期的に分析しないと、PVはなかなか伸びていきません。

ですが、ブログへのPV施策は案外ロジカルに跳ね返ってくるものだと、これまで50記事書いてきて実感しました。

ブログにかけた時間は自分を裏切らないはずです。

 

マクリン

やるべきことが多いけど、だからこそブログ運営って楽しいですよね。

 

どうも、マクリンでした。

 

 

 

ブログを100記事書いて分かった、月間1万PV以上・1万円以上の収益を稼ぐのに大切な4つのこと
弱小ブログでもSEO対策の基本で検索順位を上げる方法:ものくろキャンプ
月間ミリオンブロガー立花岳志さんのセミナーで得たブランディングの極意