アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【REAL EDGEレビュー】おすすめのiPhone XS/Xバンパーは頑丈なジュラルミン製

 

どうも、iPhone落としマクリン( @Maku_ring)です。

11万円超えで価格はもはやパソコン、iPhone XSを導入しました。

手元がゆるすぎて、iPhoneを落とす機会が驚くほど多いワタクシ。

 

マクリン
この小さな高級機を落としたら、しばらく立ち直れそうにありません……。
 

したがってiPhoneケース(バンパー)を選ぶ条件はとにかく頑丈なこと

それからiPhone自体のデザインを損なわないもの。所有欲を満たしてくれる高級感。

これらの条件を満たすケースを探しまくった結果、入曽精密「REAL EDGE」が最適だという結論にいたりました。

そんなわけで本記事は「【REAL EDGEレビュー】おすすめのiPhone XS/Xバンパーは頑丈なジュラルミン製」について書いていきます。

 

iPhone XS/X用バンパー「REAL EDGE」とは

僕は代々「REAL EDGE」を愛用しています。

iPhone 7 x REAL EDGE

iPhone XS x REAL EDGE

そのきっかけとなった、このバンパーへの信頼を決定づける出来事があります。

 

マクリン
約1年前にiPhone SEをビルの3Fから落っことしちゃいました……。
 
ヨメ
そもそもビルの3Fから落とすってどんなシチュエーションなのよ !?

 

現場周辺を探しても見つからず、どうせ壊れたと思って当時iPhone 7に機種変しましたが、その後、親切な方が拾ってくださり手元に戻ってきたのです。

驚いたことに、REAL EDGEが頑強すぎて、iPhone SE本体はなんとほぼ無傷。バンパーも少し損傷した程度でした。

数あるバンパーの中でも、ビル3Fから落としても壊れない剛性を持つバンパーはREAL EDGEくらいではないでしょうか。

それでは頑丈で高級感あるiPhoneバンパー、REAL EDGEをおすすめする3つの特徴を紹介していきます。

 

iPhone XS/X用バンパー「REAL EDGE」は頑丈なジュラルミン製

REAL EDGEの素材は軽くて強度の高いジュラルミン(A2017)

iPhone XS/X用バンパー「REAL EDGE」は頑丈なジュラルミン製

ジュラルミンはいわゆるアルミニウム合金の一種ですが、航空宇宙機器や現金輸送ケースにも使われるほどの高強度ほこります。

本来iPhoneバンパーで使用するにはもったいないくらいの高級素材なのですが、惜しげもなく大胆に使われています。

iPhone XS/X用バンパー「REAL EDGE」はジュラルミンが惜しげもなく使われている

またREAL EDGEは、その表層にさらにもう一工程加わっています。

それがアルマイト処理です。

アルマイト処理とは平たく書くと「アルミ製品表面への酸化コーティング」です。

このコーティングがあることで、耐摩耗性たいまもうせい・硬さ・耐食性(サビにくさ)が劇的に上がります。

REAL EDGEはバンパーの形状に加工できる素材としては、考えうるかぎり最高レベルの堅牢性にまで高めた製品といえるでしょう。

 

Sponsored Links

 

iPhone XS/X用バンパー「REAL EDGE」は職人の緻密な手づくり

製作元の入曽精密は、自動車や医療器具、航空機やロケットパーツなど、ミクロレベルの精度が要求される金属加工パーツを手掛ける、精密切削加工の会社。

ー「入曽精密」HPより引用ー

その技術力の高さから、テレビや新聞に取り上げられる機会も少なくありません。

 

マクリン
世界最小サイズ、0.1mm角のサイコロを微細切削で作ったことでも、世界的に有名なんですよ!

ー「入曽精密」HPより引用ー

 

そんな高レベルの技術を持つ職人たちが、テクニックを存分に発揮したプロダクトがREAL EDGEなのです。

だからといってブランドを前面に押し出すこともなく、実にさりげない仕上がり。

ブランド名の刻印は、厚みのある角の部分にひっそりと打たれているのみです。

全体的に削り込んだ証である「ツールマーク」の浮き出た、美しいデザインになっています。

 

耐衝撃性の弱い4つの角には、高密度ウレタンが差し込まれており、これがクッション材の役割を果たしています。

REAL EDGEの裏には高密度ウレタンが差し込まれている

またウレタンがあることで、iPhoneがバンパーに直接触れないフローティング構造をとっており、これが電波干渉を避けることに貢献しているのです。

 
職人が丁寧に作っているだけあり、接合部もぴったり合わさります。


 

精緻せいちにも関わらず、その取り付けは底面の両サイドにある六角ネジを締めるだけの簡単仕様です。

REAL EDGEは底面の両サイドにある六角ネジを締めるだけ
 

REAL EDGEは職人の手づくりなので、ストレスフリーの緻密ちみつな仕上がりとなっているのです。

 

Sponsored Links

 

iPhone XS/X用バンパー「REAL EDGE」は手なじみの良い流線型フォルム

REAL EDGEは、他のジュラルミン製ケースにありがちなゴツゴツ感が全くありません。

iPhone XS/X用バンパー「REAL EDGE」は手馴染みの良い流線型フォルム

フラット面の多い、シンプルな流線型をベースに造られており、手なじみがとても良いのです。

両サイドも各ボタンに干渉しないよう、見事な曲線美を有しています。



 

底面はマイク・スピーカー穴・ライトニング端子の部分がきれいにくり抜かれています。


 

落下してもカメラレンズに傷が付かないよう、背面とバンパー間には絶妙な段差が設けられています。

落下してもカメラレンズに傷が付きづらいよう、背面とREAL EDGEバンパー間には絶妙な段差あり

 

マクリン
REAL EDGEは職人たちの技術が結集したバンパーだからこそ、所有欲を満たしてくれますよ!

 

おすすめiPhone XS/X用バンパー「REAL EDGE」レビューまとめ

本記事は「【REAL EDGEレビュー】おすすめのiPhone XS/Xバンパーは頑丈なジュラルミン製」について書きました。

REAL EDGEは、職人のテクニックを総動員した日本製の高級バンパーです。

それだけに13,000円以上する価格が唯一のネックですが、使い始めればすぐにその価値があることに気付くはずです。

マクリン
僕が代々のiPhoneで愛用しているのが何よりの証拠!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【iPhone XSレビュー】iPhone 7との違い比較・外観・基本操作・カメラ【機能まとめ】 【Anker PowerWave 7.5 Standレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のQiワイヤレス充電器【最大7.5W】 【Anker GlassGuardレビュー】iPhone XS/X用の強化ガラス液晶保護フィルム【Amazon千円未満】 【Anker PowerWave 7.5 Padレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のパッド型Qiワイヤレス充電器 【2019年】iPhoneと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー9選【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です