おすすめのガジェット

【小型】RAVPowerの充電器で買うべきおすすめ5モデル!

USB充電器50台持ちのマクリン( @Maku_ring)です。

ANKER・cheero・AUKEYをはじめ、すぐれた充電器を出しているメーカーは多くありますが、その中でも小型でハイパワーに強みを発揮するのがRAVPower(ラブパワー)

僕がメイン使いしている充電器の多くはRAVPower製です。

そんなわけで本記事は「【小型】RAVPowerの充電器で買うべきおすすめ5モデル!」について書いていきます。
 

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

RAVPower(ラブパワー)のおすすめ充電器

USB充電器を選ぶ際に見るべきポイントはポート数出力(ワット数)です。

前者は「いくつの機器を同時充電したいのか」で決めるといいですが、後者の出力は充電するデバイスの種類によって分かれてきます。

主要な充電器のワット数は、以下の3つに大別されます。

出力(ワット数)

  • 12W・18W スマホ・タブレット
  • 30W MacBook Airなど一部のノートPC
  • 60W MacBook Proなどパワーを要する多くのノートPC

つまり、ノートPCまで視野にいれる場合は、30Wあるいは60Wに対応する高出力モデルを買わないといけません。

それでは数あるRAVPowerの急速充電器でも、特におすすめの5製品を紹介します。

製品名サイズ重量出力ポート数最大出力
RAVPower RP-PC120
約42 x 42 x 30mm約58g1(USB-C x 1)最大30W
RAVPower RP-PC112
約49 x 49 x 32mm約102g1(USB-C x 1)最大61W
RAVPower RP-PC105
約65 x 65 x 30mm約146g2(USB-C x 1 / USB-A x 1)USB-C:最大61W
USB-A:最大12W
※ポート合計57W(45W+12W)出力
RAVPower RP-PC128
約65 x 65 x 32mm約192g2(USB-C x 2)USB-C:各ポート最大90W
※ポート合計90W出力
RAVPower RP-PC133
約55 x 55 x 31.5mm約115g2(USB-C x 1 / USB-A x 1)USB-C:最大65W
USB-A:最大18W
※ポート合計65W(45W+18W or 60W+5W)出力

 

RAVPower RP-PC120

RAVPower RP-PC120」は、最小級の30WクラスPD対応急速充電器です。

RAVPower RP-PC120の外観
 
最大出力の30Wは、iPhone 11 ProやiPad Proはもちろん、MacBook Airや一部のノートPCまで急速充電できる高出力です。

RAVPower RP-PC120は1ポートタイプの30W出力対応USB-C急速充電器
 
カラーはブラックホワイトの2色を取りそろえています。



サイズは約42 x 42 x 30mmで、GaN(窒化ガリウム)採用により、指ではさめるサイコロサイズにおさまっています。

RAVPower RP-PC120のサイズは約42 x 42 x 30mm

MacBook Airの純正アダプタと比べても、その小ささは際立ち、約40%の小型化に成功しています。

RAVPower RP-PC120とMacBook Air純正アダプターのサイズ比較

各社の同クラス充電器と並べると、AUKEY PA-Y19(一番上)よりわずかに大きいものの、それに肉薄するコンパクトサイズにまでおさえていることが分かります。

30Wクラスの各社のUSB-C充電器

真ん中がRP-PC120


重量は純正アダプターの約106gに対し、RAVPower RP-PC120は約58gと約半分の軽量化を実現しています。

MacBook Airの重量
RAVPower RP-PC120の重量
マクリン
とにかく小さくて軽い!

Anker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせることで、最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

RAVPower RP-PC120は最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電
 
iPhone 11 Pro充電時のワット数は、なんと20Wを超える値を示していました。

RP-PC120 x iPhone(22.3W)

マクリン
毎分1%以上のスピードで、バッテリーがどんどん回復していきますよ!
 
USB-Cは最大30W出力に対応し、MacBook Airや一部のノートPCも急速充電することができます。

RP-PC120はMacBook AirやiPad Pro、一部のノートPCも急速充電可能
 
MacBook Air充電時の出力値は28.3Wであり、最大値に近い値を示していました。

RP-PC120 x MacBook(28.3W)

 
世界最小にしてあらゆるデバイスにフルスピード充電。

RAVPower RP-PC120は、30W出力の1ポート充電器でメインに据えるべき充電器です。

RAVPower RP-PC120レビューはこちら

【RAVPower RP-PC120レビュー】超小型サイズの最大30W出力USB-C急速充電器【GaN採用】  

RAVPower RP-PC112

RAVPower RP-PC112」は、世界最小・最軽量の60Wクラス急速充電器です。

RAVPower RP-PC112はUSB Power Delivery 3.0に対応するUSB-C急速充電器
 
カラーはブラックホワイトの2色を取りそろえています。

RAVPower RP-PC112のカラーはブラックとホワイトの2色
 
RAVPower RP-PC112最大の特長が超コンパクトであること

RAVPower RP-PC112は61W出力として世界最小サイズ
 
縦49mm x 横49 x 厚み32mmであり、60WクラスのUSB-C充電器として世界最小サイズです。

RAVPower RP-PC112のサイズは縦49mm x 横49 x 厚み32mm
 
MacBook Proの純正アダプター(61W)と比べても、約50%の小型化を実現しています。

RAVPower RP-PC112とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較
RAVPower RP-PC112とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較

同じくGaN採用の同クラス充電器「Anker PowerPort Atom III 60W」と比較しても小さく、世界最小サイズにいつわりなしといったところです。

Anker PowerPort Atom III 60WとRAVPower RP-PC112のサイズ比較
Anker PowerPort Atom III 60WとRAVPower RP-PC112のサイズ比較

ちなみにMacBook Airの純正アダプター(30W)と並べても、RAVPower RP-PC112は2倍の出力にもかかわらず、サイズは下回ってます。

RAVPower RP-PC112とMacBook Airの純正アダプターをサイズ比較
RAVPower RP-PC112とMacBook Airの純正アダプターをサイズ比較

重さは同出力のMacBook Pro純正アダプターの約半分、半分の出力値のMacBook Air純正アダプターとほぼ同じ、約102gという超軽量設計です。

MacBook Pro純正アダプターの重量
MacBook Air純正アダプターの重量
RAVPower RP-PC112の重量

61Wの高出力なので、MacBook Proなど、パワーが必要なハイスペックのノートPCであっても急速充電することができます。

RAVPower RP-PC112はMacBook Proも急速充電可能
 
RAVPower RP-PC112のワット数を比較したところ、60W純正アダプターと変わらない高出力値を示していました。

RAVPower RP-PC112(47.4W)

61W純正アダプタ(44.4W)

手のひらサイズで全デバイスを急速充電可能。

RAVPower RP-PC112は理想の充電器を体現したPDチャージャーです。

RAVPower RP-PC112レビューはこちら

【RAVPower RP-PC112レビュー】世界最小サイズの61W出力対応USB-C急速充電器【窒化ガリウムGaN採用】

RAVPower RP-PC105

RAVPower RP-PC105」は、2ポートタイプで世界最小の60WクラスUSB急速充電器です。

RAVPower RP-PC105は2ポートタイプの60W出力対応USB急速充電器

USB-Cは最大61W、USB-Aは最大12Wとなっています。

61WはMacBook Proも急速充電できる高出力です。

カラーはブラックホワイトの2色を取りそろえています。



RAVPower RP-PC105は、USB-C + Aの2ポートの中でかなりの小型サイズ(約65 x 65 x 30mm)となっています。

RAVPower RP-PC105は2ポートサイズにして超コンパクトサイズ
RAVPower RP-PC105のサイズは約65 x 65 x 30mm

2ポートにもかかわらず、MacBook Pro純正アダプターより約25%の小型化を実現しています。

RAVPower RP-PC105とMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較
RAVPower RP-PC105とMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較

同クラスのGaN採用充電器「Anker PowerPort Atom III (Two Ports)」や「cheero 2 port PD Charger」をも下回ります。

cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-AとRAVPower RP-PC105とAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のサイズ比較
cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-AとRAVPower RP-PC105とAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のサイズ比較

重量は純正アダプターの約195gに対し、RAVPower RP-PC105は約146gで、50g近い軽量化に成功しています。

MacBook Pro純正アダプターの重量
RAVPower RP-PC105の重量

13インチMacBook Proでも急速充電することができます。

RAVPower RP-PC105はMacBook Proでも急速充電可能
 
MacBook Pro充電時のワット数を確認したところ40Wを超える値であり、純正アダプターと同等でした。

RAVPower RP-PC105(47.7W)

61W純正アダプタ(44.4W)

またRAVPower RP-PC105は、最大12W出力のUSB-Aを搭載しています。

RAVPower RP-PC105は最大15W出力のUSB-Aを搭載

こちらのUSB-Aは「iSmart 2.0」に対応し、接続された端末を自動判別して各デバイスに適切な電流を流してくれます。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにも最適な電流を流せますよ

スマホとタブレットいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RP-PC105 x スマホ(1.49A)

RP-PC105 x タブレット(2.09A)

 
2台接続時のUSBはポート合計最大57W(USB-C:45W + USB-A:12W)に制限されるものの、ワット数は1ポート接続時と値が大きく変わらず(約43W)、2台同時の急速充電が確認できました。

RP-PC105 x MacBook Pro(43.1W)

 
世界最小サイズで、ノートPCと全デバイスに2台同時充電可能。

RAVPower RP-PC105は、2ポートタイプでメインになりえる高出力充電器です。

RAVPower RP-PC105レビューはこちら

【RAVPower RP-PC105レビュー】世界最小サイズの最大61W出力PD対応USB-C充電器  

RAVPower RP-PC128

RAVPower RP-PC128」は2ポートタイプの90WクラスUSB-C急速充電器です。

RAVPower RP-PC128は2ポートタイプの90WクラスUSB-C急速充電器

1ポート使用時は最大90W、2ポート使用時でも合計90W出力(片方最大60W)に対応しています。

これだけハイパワーでありながら折りたたみプラグをそなえ、携帯性にしっかり配慮していること。

RAVPower RP-PC128は折りたたみプラグ式
 
前述のとおり、GaN採用で2ポートUSB-C最小の小型サイズ(約65 x 65 x 32mm)であり、同社の60Wクラス充電器「RP-PC105」と同じ大きさです。

RAVPower RP-PC128とPR-PC105のサイズ比較

2ポートにも関わらず、MacBook Proの87W純正アダプターはおろか、61W純正アダプターをも下回るサイズに仕上がっています。

RAVPower RP-PC128と13インチMacBook Pro61W純正アダプターのサイズ比較

重量は61W純正アダプターの約195gに対し、RAVPower RP-PC128は約192gで、1.5倍の出力なのにほぼ同重量

13インチMacBook Pro純正アダプターの重量

MacBook Pro

RAVPower RP-PC128の重量

RP-PC128

最近の充電器は本体のみであることも多いですが、RAVPower RP-PC128は良心的で、1.5mのUSB-C & USB-Cケーブルが1本付属しています。

RAVPower RP-PC128には1.5mのUSB-C & USB-Cケーブルが1本付属
 
1ポート接続時は最大90Wなので、15インチMacBook Proなど、パワーを要するハイスペックのノートPCでも急速充電することができます。

RAVPower RP-PC128は15インチMacBook Proでも急速充電可能
 
僕が持っているのは13インチMacBook Proですが、USB-C電圧電流チェッカーではデバイスの最大入力値に近いでした。

MacBook Pro(56.8W)

 
さらにRAVPower RP-PC128は、13インチMacBook ProとMacBook Airの組み合わせであれば、2台同時の急速充電という離れ業までやってのけます。

MEMO
一般的なノートPCは45W対応であることがほとんどなので、そちらでもノートPC2台同時急速充電が可能です。
 
出力ワット数を計測した結果、いずれのUSB-Cからも急速充電に足りうる出力が確認できました。

上:29.5W/下:40.4W

 
90Wの2ポートでポケッタブルサイズを実現し、同クラスではもちろん世界最小・最軽量。

RAVPower RP-PC128は、何でも充電できる2ポートタイプとして、ベストチョイスのUSB-C充電器です。

RAVPower RP-PC128レビューはこちら

【RAVPower RP-PC128レビュー】MacBookが2台充電できる90Wクラス最小の2ポートUSB-C充電器

RAVPower RP-PC133

RAVPower RP-PC133」は、最大65W出力の2ポートで最小のUSB充電器です。

RAVPower RP-PC133は最大65W出力の2ポートUSB充電器

1台接続時はUSB-C:最大65W / USB-A:最大18Wに対応し、2台接続時は65Wに制限されます。

ただ、デバイスに応じてワット数を配分でき、USB-C:45W + USB-A:18WやUSB-C:60W + USB-A:5Wといった具合に、60W対応のハイパワーノートPCでも急速充電に対応できるのは大きいです。

13インチMacBook Proの61W純正アダプターより、ポート数もワット数も増えるにもかかわらず、ひと回り以上小さいです。

RAVPower RP-PC133とMacBook Pro 61W純正アダプターのサイズ比較

なんなら前述のRP-PC105(約65 x 65 x 30mm)をも下回り、2ポートの高出力充電器で世界最小を達成しています。

RAVPower RP-PC133とRP-PC105のサイズ比較

重量も最軽量で、61W純正アダプターの半分程度、これまで同クラスの最軽量であったcheero 2 port PD Chargerより20gの軽量化を実現しています。

MacBook Pro純正アダプターの重量
RAVPower RP-PC133の重量
cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-Aの重量
マクリン
つまり、65Wクラスの2ポートで世界最小最軽量

多くの充電器と同様にケーブルは付属していませんので、ノートPCを充電する場合はAnker PowerLine+ III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル (1.8m ブラック)の購入がおすすめです。

 
USB-Cに13インチMacBook Proのみを接続した場合は約58W出ており、しっかり急速充電されていました。

RAVPower RP-PC133は13インチMacBook Proでも急速充電可能

MacBook Pro(58.0W)

それから13インチMacBook ProとiPhone 11 Proの同時接続時の出力です。

MacBook Pro / iPhone(57.8W/2.9W)

USB-Cに関しては触れ込みどおり、60W近くの値を観測し、2台同時接続でもMacBook Proの急速充電が確認できました。

60W対応のノートPCとスマホが同時急速充電できるUSB-C & USB-A充電器が、真の意味で登場したといえるのではないでしょうか。

しかも世界最小最軽量。これは買うしかないでしょう。

RAVPower RP-PC133レビューはこちら

【RAVPower RP-PC128レビュー】MacBookが2台充電できる90Wクラス最小の2ポートUSB-C充電器

RAVPowerのおすすめ充電器まとめ

本記事は「【小型】RAVPowerの充電器で買うべきおすすめ5モデル!」について書きました。

RAVPowerの充電器は、1・2ポートの高出力タイプで世界最小モデルを有し、携帯性にこだわる人におすすめです。

ふだん充電する機器を想定し、ベストな組み合わせの充電器を選んでいきましょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

製品名サイズ重量出力ポート数最大出力
RAVPower RP-PC120
約42 x 42 x 30mm約58g1(USB-C x 1)最大30W
RAVPower RP-PC112
約49 x 49 x 32mm約102g1(USB-C x 1)最大61W
RAVPower RP-PC105
約65 x 65 x 30mm約146g2(USB-C x 1 / USB-A x 1)USB-C:最大61W
USB-A:最大12W
※ポート合計57W(45W+12W)出力
RAVPower RP-PC128
約65 x 65 x 32mm約192g2(USB-C x 2)USB-C:各ポート最大90W
※ポート合計90W出力
RAVPower RP-PC133
約55 x 55 x 31.5mm約115g2(USB-C x 1 / USB-A x 1)USB-C:最大65W
USB-A:最大18W
※ポート合計65W(45W+18W or 60W+5W)出力
【軽量】AUKEYの充電器で買うべきおすすめ6モデル! 【おすすめ】Ankerの急速充電器で今すぐ買うべき8モデル! 【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器17選【スマホからPCまで】 【おすすめ】窒化ガリウム(GaN)採用の超小型充電器ベスト10【ANKER・RAVPower・AUKEY】 【傑作ぞろい】RAVPowerのモバイルバッテリーで買うべきおすすめ4モデル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ