記事を探す方は全カテゴリーへ

【RAVPower 20100mAh USB Type-Cモバイルバッテリーレビュー】ハブ機能付きのPD対応大容量バッテリー

 
どうも、ノマドワーカーのマクリン( @Maku_ring)です。

あらゆる場所を仕事場にしなくてはいけないため、持ち歩き必須のガジェットがモバイルバッテリー

しかも通常のモバイルバッテリーではダメで、愛用のMacBook Proまで充電できる、超大容量のモバイルバッテリーでなくてはいけません。

 

マクリン
コンセントのない場所でも仕事しなきゃいけませんからね……。
 

ノートPCの充電まで視野に入れた場合、USBタイプCの給電規格はPower Delivery(PD)対応、バッテリー容量は20,000mAhクラスのものを選ぶ必要があります。

数あるPD対応の20,000mAhクラスモバイルバッテリーの中で、Anker PowerCore Speed 20000 PDと並んでおすすめなのが、「RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリー」です。

RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリー

RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリーは、20,100mAhの超大容量かつUSBタイプA x 2とPD対応USBタイプCを備え、USBハブモード付きと、多機能なモバイルバッテリーなのです。

本記事は「【RAVPower 20100mAh USB Type-Cモバイルバッテリーレビュー】ハブ機能付きのPD対応大容量バッテリー」について書いていきます。
 

RAVPower 20100mAh USB Type-Cモバイルバッテリーの外観と付属品

RAVPower製の「RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリー」は、20,100mAhのモバイルバッテリーです。

MacBook Proは約22,000mAhであるため、ノートPCの充電まで想定したモデルとなっています。

RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリー
 
サイズは172 x 80 x 20cmで、大人男性の手にも若干余るサイズ感です。


 
同クラスのコンパクトバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」と比較するとサイズ差は少しありますが、重さは約372gであり、最軽量モデルのAnker(約360g)とほとんど変わりません。

RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリーとAnker PowerCore Speed 20000PDのサイズ比較
 
上部には4段階表示のLEDインジケーターが付いており、隣のボタンを押すことで残量確認ができます。

RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリーはバッテリー残量確認のLEDインジケーター付き
 
同梱品はバッテリー本体にPD対応USB-Cケーブル、Micro USBケーブル(60cm)、Micro USBケーブル(30cm)、専用ケースです。


 
一点ご注意いただきたいのは、本製品にはACアダプターが付いていないことです。

必要な場合は「Anker PowerPort Ⅱ PD」の購入をあわせておすすめします。

Anker PowerPort Ⅱ PD

 

それではRAVPower 20100mAh USB Type-Cモバイルバッテリーの入出力端子を紹介します。

 

RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーはUSBタイプA/C/マイクロUSB搭載

RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリーは、USBタイプAとタイプC端子、それからマイクロUSB端子を備えています。

RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーはUSBタイプAとC、マイクロUSBを搭載

MEMO
USBタイプC端子のみPD対応です。
 

マイクロUSB端子は入力(本体充電)のみですが、USBタイプCは入出力双方の機能を備えているため、ひとつの端子でバッテリー本体ならびにノートPCへの充電も可能です。

RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーのUSBタイプC端子は入出力双方の機能
RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーのUSBタイプC端子は入出力双方の機能

30Wクラス(15V/2A)のPD対応USB-Cであるため、12インチモデルのMacBookおよびMacBook Proも急速充電できちゃいます。
 

マクリン
12インチのMacBookなら約1回分、MacBook Proでも約0.8回分のバッテリー容量!
 
2口のUSBタイプA端子はRAVPowerの給電技術「iSmart2.0」を搭載しています。

iSmart2.0とは平たく書くと「デバイスによって、急速充電に必要な電流値を自動で合わせてくれる機能」。

ガラケー・スマホ・タブレットでは、以下のアンペア数以上を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電の電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
実際にこれらの電流値が出ているか確認するため、ガラケー・スマホ・タブレットの出力アンペア数をUSB電流電圧テスターで計測しました。

ガラケー(0.54A)

スマホ(1.13A)

タブレット(1.35A)

タブレットはフル充電に近い状態からの充電であったため、出力は若干抑えめでしたが、いずれもデバイスに合わせて出力電流が調整されていることが確認できました。

入力がマイクロUSBとUSB-Cから選べ、かつ出力もUSB-A x 2とUSB-Cと、端子がこれだけ豊富なモバイルバッテリーはなかなかありません。
 

マクリン
端子の点からもおすすめできる製品ですよ!
 

Sponsored Links

 

RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーはUSBハブ機能も搭載

RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリーのみの機能にして最大の特徴が、USBハブ機能を備えていることです。

USBハブ機能とは平たく書くとUSB機器を接続できる口を増やす機能のこと。

例えばMacBook Proの場合、USB-C x 2しか付いていないため、この機能は大変重宝するのです。

ボタンを2回素早く押すことで「データ転送モード(USBハブ)」と「急速充電モード」に切り替わります。

RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーはUSBハブ機能も搭載
 
データ転送モードにした上で、バッテリーのUSB-C端子をPCとつなぐことで、USB-Aをハブ用のUSBポートとして使うことができます。

RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーはUSBハブ機能も搭載
RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーはUSBハブ機能も搭載
マクリン
こんな風にUSBメモリはもちろん、スマホやマウス・ドライブもつなぐことができますよ!

USBハブ機能はかなり便利なのですが、ひとつだけご留意いただきたい点があります。

それは、データ転送モードでの使用だと、USB-Aから0.5A程度しか出力されないという点です。

RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーのUSBハブ機能を使用時は0.5Aしか出ない

ガラケーやスマホ(通常充電)なら充電できますが、タブレットは厳しいのであらかじめご承知おきください。

今のところ、モバイルバッテリーでUSBハブ機能を備えているのはRAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリーのみです。

しかもこの機能だけでなく、その他の機能も秀でているので、20,000mAhクラスで多機能なモデルをお探しなら、最有力候補にあがるでしょう。

 

Sponsored Links

 

「RAVPower 20100mAh USB Type-Cモバイルバッテリーレビュー」まとめ

本記事は「【RAVPower 20100mAh USB Type-Cモバイルバッテリーレビュー】ハブ機能付きのPD対応大容量バッテリー」について書きました。

RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリーは、20,100mAhの超大容量かつUSBタイプA x 2とPD対応USBタイプCを備えており、高い拡張性を有しています。

マクリン
しかもモバイルバッテリー唯一のUSBハブ機能付き!

機能性にすぐれた20,000mAhクラスバッテリーをお探しなら、全力でおすすめできる製品のひとつです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【Anker PowerCore Speed 20000 PDレビュー】MacBook充電可の最軽量モバイルバッテリー【ACアダプタ付き】 【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の最小ACアダプター 【2018年】サルでも分かるモバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です