Amazonチャージで1000円キャンペーン

【機能多彩】愛用するRAKUNIをレビュー!これぞiPhone本革ケースの最適解か…!

どうも、iPhone 11 Proユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

これまで僕は、ジュラルミン製の丈夫なバンパー「REAL EDGE」を愛用していました。

本体の手触りを残しつつ、堅牢けんろう性を上げてくれる素晴らしいバンパーです。

ですが、前の機種ふくめて約5年使用しており、単純に飽きましたw

革製品好きでもある僕は、本革ケース「RAKUNI(ラクニ)」を提供いただき、すぐに心惹かれて乗り換えちゃいました。

マクリン
牛革の本格感はもちろん、実用性もバツグン!

RAKUNI(ラクニ)はまさに「楽に(ラクニ)使える」背面手帳型ケースで、収納力と機能性にすぐれ、一度持ったら手放せなくなる工夫が盛り込まれています。

背面のフリップは特に優秀で、これひとつで財布とスタンドの二役をこなしてくれます。

そんなわけで本記事は「【機能多彩】愛用するRAKUNIをレビュー!これぞiPhone本革ケースの最適解か…!」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

RAKUNI(ラクニ)とは?

RAKUNIは、株式会社トーモが手掛けるiPhoneとXperia用の背面手帳型ケースで、その使い勝手の高さから根強いファンを多く抱えています。

iPhone 6シリーズ以降のすべてのiPhoneに対応しています。

カラーリングも多彩で、僕の持っているキャメルブラウン以外に、ブラックネイビーピンクグリーンの4色があります(iPhone 11 Proの場合)。






素材は2種類に分かれており、上記のうちキャメルとブラックは牛本革(税込6,600円)、それ以外はソフトレザー(税込4,180円)です。

中でも僕がおすすめするのは、実際に愛用している牛本革のキャメルブラウン

RAKUNIのキャメルブラウン
 
触感で伝わる本革ならではナチュラルの温かみ、透明感を宿した表情が魅力です。

マクリン
キャメルブラウンなら経時の色合いの変化も楽しめますよ!
 
ケース自体の重量はわずか52gなので、装着しても重量感を感じることはありません。

RAKUNIの重量は約52g
 
iPhone 11 Pro専用なので、サイズももちろんぴったり。


 
タピオカカメラ(三眼カメラ)の部分もきれいにくり抜かれています。


 
両サイドのボタンもかわしており、操作性に問題はまったくありません。



充電ポートやスピーカー穴も支障なし。


 
スマホの落下を防ぐストラップも本革製で、所有欲を高めてくれる造りです。

RAKUNIのストラップ

RAKUNIの特徴

僕がRAKUNIを愛用している理由は、単に革製品が好きだからというだけではありません。

オリジナルの特徴が満載で、それが機能美に昇華されているからです。

ということで3つの特徴を紹介していきます。

 

1. 背面ポケットが便利である

RAKUNIの背面には、スナップボタン式のフリップポケットが付いています。

RAKUNIの背面にスナップボタン式のポケットが付いている
 
右に2つ、左に1つのポケットがつき、左ポケットは名刺なら6〜7枚入るマチがあります。


 
他にもクレジットカードやICカード、ポイントカード収納にも適していますので、まさにキャッシュレスライフにぴったりの仕様です。


 

2. リングは固定にも使える

RAKUNIのリングは、単にストラップをつなぐ役割をはたすだけではありません。

RAKUNIのリング
 
ひとつは、このように通常持ちでリングに小指を通すことで、ストラップ代わりに使うことができます。

マクリン
スマホが大型化してきている中、さっとホールドできるのは地味に助かりますね!
 
もうひとつは、撮影時に中指を通すことで、ブレの少ない写真撮影が実現可能です。

僕は指が太くて第二関節まで通りませんw

ですが、この状態でも親指がちょうどシャッターボタンに当たるので、撮影がめちゃくちゃ安定して重宝しています。

3. 3モードに変形できる

RAKUNIは3モードの変形に対応しています。

1つめがストラップに手首を通して使う通常モード

前述のとおり、リングに小指を通して使うこともあります。

2つめはストラップをフリップに挟んで持つ黒板モード(勝手に命名w)



スマホ本体とストラップを密着させて使いたいときに便利で、僕自身いちばん使うのがこのモードです。

3つめはフリップを開いてスタンド代わりにできるスタンドモード

動画視聴時に最適のモードで、ながら作業をするときは大抵このモードで使用しています。

マクリン
多彩な使い方ができるのはRAKUNIならではの魅力ですね!

Sponsored Links

 

RAKUNIを扱う上での注意点

ここまで読むと「RAKUNIに死角なし……!」という印象ですが、RAKUNIを使用する上でひとつ注意点があります。

それが、磁気カードやICカードをポケットに入れたままだと、iPhoneのワイヤレス充電が使えないという点です。

製品の裏面にもこのような注意書きがあります。

注意
金属製物質が含まれたカード類がワイヤレス充電器と端末の間にあると、異常発熱を起こして、カード内データの破損、カードの破損、発熱による変形の可能性があります。ICカードの場合、IC部分が破損する可能性があります。ワイヤレス充電を使う際は、ポケットに入っているカード類は抜いてください。
 
したがって、RAKUNIを装着したままワイヤレス充電を使う際は、カードを抜いてフリップを開いた状態で充電器に置く必要があります。

とはいえ、RAKUNIにはそれを補って余りある特長があり、デザイン性と機能性を兼ね備える最適解の本革ケースと感じています。

RAKUNIレビューまとめ

そんなわけで本記事は「【機能多彩】愛用するRAKUNIをレビュー!これぞiPhone本革ケースの最適解か…!」について書いていきます。

RAKUNIは、本革ならではの素材の良さにくわえ、収納力と利便性も高く、ファンが多いのもうなづける完成度に仕上がっています。

カラーリングも多彩で男女ともに使いやすいので、iPhoneの本革ケースをお探しなら有力候補になるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【REAL EDGEレビュー】おすすめのiPhone 11 Pro/XS/Xバンパーは頑丈なジュラルミン製 【Anker GlassGuardレビュー】iPhone 11 Pro/XS/X用の強化ガラス液晶保護フィルム【Amazon千円未満】 【2020年】iPhoneと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー12選【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ