おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【SoundPEATS Q35+レビュー】aptX HD対応&14時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【QCC3034搭載】

 
どうも、完全ワイヤレスイヤホン活用しマクリンまくり @Maku_ring)です。

Bluetoothブルートゥース接続で全ケーブルをはいした完全ワイヤレスイヤホンは、ストレスフリーですが、イヤホン単体だとバッテリーがそれほど長くもちません。

また、イヤホンだけで分離しているため、失くしそうになったことも数知れず。

そこでおすすめなのが、左右間のイヤホンが有線でつながるスポーツタイプのワイヤレスイヤホン

中でもSoundPEATSサウンドピーツ社の「SoundPEATS Q35+」は、Qualcommクアルコム社の最新チップ「QCC3034」を搭載し、スポーツタイプでは最長クラスに迫る14時間再生を実現しているモデルです。

また、コーデックは「apt-X HD」に対応し、Androidスマホで高音質な音楽・動画再生を可能としています。
 

マクリン
CVCノイズキャンセリングを搭載してるので、通話の音質もいいですよ!
 
そんなわけで本記事は「【SoundPEATS Q35+レビュー】aptX HD対応&14時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【QCC3034搭載】」です。

MEMO
製品名は順次、Q35+からQ35HDへと変更になる予定です。
 

SoundPEATS Q35+の外観と付属品

完全ワイヤレスイヤホンを中心に人気を集めており、Twitter( @SoundPEATS_JP)のフォロワーさんも15,000人以上抱えています。

SoundPEATS Q35+」は完全防水仕様(IPX8)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX8
「潜水状態での使用に対して保護されている」と定義されている防水規格です。

SoundPEATS Q35+の外観

マクリン
ワイヤレスイヤホンでも最高クラスの防水性能なので、音楽を聴きながらシャワーを浴びても問題ないんですよ!

カラーはブラックホワイトの2色を取りそろえています。



イヤホンの重量はわずか15gと、かなりの軽量化を実現しています。

SoundPEATS Q35+の重量
 
イヤーカップはマグネット式になっており、左右が磁力でくっ付きます。

SoundPEATS Q35+のイヤーカップはマグネット式
SoundPEATS Q35+のイヤーカップはマグネット式

SoundPEATS Q35+はケーブルが約60cmと短く、首かけ時もスマートに決まります。

SoundPEATS Q35+は首かけ時も快適に使うことができる
SoundPEATS Q35+は首かけ時も快適に使うことができる

ハンディサイズの収納ケースも付いており、中はメッシュポケットで充電ケーブルやイヤーピースも入れられるようになっています。

SoundPEATS Q35+の収納ケース
SoundPEATS Q35+の収納ケース
 
同梱品はイヤホン本体に収納ケース、充電ケーブル、イヤーピース&イヤーフックです。

SoundPEATS Q35+の付属品
 
イヤーピースとイヤーフックは、本体装着済みのMサイズふくめ、イヤーピースは5種類(XS/S/M/L/XL)、イヤーフックは3種類(S/M/L)入っています。

SoundPEATS Q35+のイヤーピースとイヤーフック

マクリン
種類が多いので、耳のサイズに合わせて細かい調整ができますよ!
 
ケーブル留めバックルとコードクリップも付いており、ケーブル周りをまとめるのに重宝します。

SoundPEATS Q35+のケーブル留めバックルとコードクリップ
 
コントローラーはボタン式で、音量ボタンと電源ボタンのみのシンプル構成です。

SoundPEATS Q35+のコントローラーはボタン式
 
コントローラーの裏面は充電コンタクタとなっています。

SoundPEATS Q35+のコントローラー裏面は充電端子
 
充電ケーブルのスロットにマグネットでくっ付いて充電できるため、Micro USB充電タイプよりも充電しやすく、端子の傷つくリスクがないのはありがたいです。

SoundPEATS Q35+の充電
SoundPEATS Q35+の充電

SoundPEATS Q35+は、クアルコムの最新チップ「QCC3034」を搭載しているおかげで大幅な低消費電力化を実現し、最大14時間のロング再生に対応しています(2時間で満充電)。

MEMO
製品名は順次、Q35+からQ35HDへと変更になる予定です。
 

SoundPEATS Q35+の使用感と音質

SoundPEATS Q35+は、Bluetooth接続(Bluetooth5.0)にのみ対応しています。

STEP.1
ペアリングモード
電源ボタンを約3秒長押しすると、LEDランプが青点滅するペアリングモードに入ります。


STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「SOUNDPEATS Q35+」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わり、スマホ画面右上にはイヤホンのバッテリー残量が表示されます。


 
イヤーフックを耳の中に引っ掛けられるのでグリップ性は高く、激しく動いても外れることはまずありません。

SoundPEATS Q35+の装着感
 
ボタンは3つながら多機能で、音声操作ふくむ全ての操作が可能です。

SoundPEATS Q35+はボタン操作で音声操作ふくむ全ての操作が可能

ボタン操作一覧
  • +ボタン 音量アップ/(2秒押し)曲戻し
  • 電源ボタン 再生/一時停止/受話/終話/(2回押し)Siri・Googleアシスタント/(1.5秒押し)着信拒否
  • ーボタン 音量下げ/(2秒押し)曲送り
マクリン
手元を見なくても操作できるのが使いやすいですね!

SoundPEATS Q35+は低音がやや強めではありますが、中音〜高音域もクリアに響かせられる音設計で、曲によっては高音域にうるささを感じるほどですw

ROCK&POPSやR&Bと組み合わせると、その良さが前面に出るイヤホンに仕上がっています。

また、高音質の圧縮方式でapt-Xよりさらに音のすぐれる「apt-X HD」コーデックに対応し、Android端末で聴くと、音の広がりと臨場感がさらにアップします。

MEMO
apt-X/apt-X HDはAndroidに対応した規格です。
マクリン
apt-X HDに対応していると動画視聴時の遅延が少ないので、動画を観る人にもおすすめできるモデルですよ!

価格は4千円台でありながら、クアルコムのチップ「QCC3034」搭載にくわえてapt-X HDにも対応し、コスパ面でもかなり強力な製品といえるでしょう。

SoundPEATS Q35+の評価
音質(低音が強め)
(4.0)
連続再生時間(14時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX8)
(5.0)
総合評価
(4.5)
MEMO
製品名は順次、Q35+からQ35HDへと変更になる予定です。
 

Sponsored Links

 

SoundPEATS Q35+レビュー│まとめ

本記事は「【SoundPEATS Q35+レビュー】aptX HD対応&14時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【QCC3034搭載】」について書きました。

SoundPEATS Q35+はクアルコム社の最新チップ「QCC3034」を搭載し、14時間のロング再生を実現しているモデルです。

また、コーデックは「apt-X HD」に対応し、Androidスマホで高音質な音楽・動画再生を可能としています。

マクリン
価格をおさえつつ、バッテリーと音質、防水性能のいずれも抜かりないモデルですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

MEMO
製品名は順次、Q35+からQ35HDへと変更になる予定です。
【TaoTronics TT-BH072レビュー】イコライザー機能&aptX HD対応の完全防水ワイヤレスイヤホン 【TaoTronics TT-BH07Sレビュー】aptX HD対応&15時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【QCC3034搭載】 【MPOW S11レビュー】AAC・aptX対応&12時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】 【MPOW A4レビュー】完全防水&13時間再生のネックバンド型ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】 【おすすめ】ランニングにも適した、完全防水のスポーツイヤホン7選 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン13選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です