Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【2019年】Amazonプライムデーで買うべき、おすすめのガジェット・家電目玉商品

 

どうも、年間50万円以上Amazonにつぎこむマクリン家( @Maku_ring)です。

そんな我が家にとっても見逃せない一大イベントが、2019年7月15日からに開催されます。
 

マクリン
 
ヨメ
今回もたくさん買っちゃいそうだね!
 

Amazonプライムデーは年1回だけ開催するプライム会員限定のビッグセールです。

Amazonデバイスやガジェット・家電・日用品・食品・ファッションなど、数十万種類のセール対象商品が最大50%オフ以上で購入することができます。

開催日時は2019年7月15日(月)0時〜16日(火)23時59分までの48時間です。

そんなわけで本記事は「【2019年】Amazonプライムデーで買うべき、おすすめのガジェット・家電目玉商品」について書いていきます。

JOIN NOW

プライム会員限定の年一回ビッグセール!

7月15日(月)0時〜16日(火)23時59分まで

 

Amazonプライムデー2019前に準備すること

ヨメ
ねえねえ、Amazonプライムデーに向けて、何かやっておかないといけないことあるの?
 
マクリン
スマホ用のAmazonアプリを入れた上で2つだけで大丈夫!

それではAmazonプライムデーに向けて、事前にやっておくべきことを2つ紹介します。

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ

無料posted withアプリーチ

 

1. Amazonプライム会員になる

Amazonプライムデーは年1回だけ開催するプライム会員限定のビッグセール

したがって、当たり前ではありますが、Amazonプライム会員である必要があります。
 

マクリン
プライム会員の一番のメリットは配送料
 
通常会員の送料は注文金額2,000円以上の通常配送を除きすべて有料

ですが、プライム会員の送料は当日着も可能な「当日お急ぎ便」まで無料になる、おそろしいほどの優遇ぶりなのです。

配送方法通常会員Amazonプライム会員
お届け日時指定便360円無料
お急ぎ便360円無料
当日お急ぎ便514円無料

とはいえAmazonプライム会員は、もはや配送無料だけのサービスではありません。

映画・TV番組・音楽・本が無料で利用できる、極上のエンターテイメントサービスです。

プライム会員が無料で使えるサービスをまとめるとこんなにありました。
 

Amazonプライムのサービス
  • プライム・ビデオ  スマホ・PC・Fire TVで対象の映画・TV・アニメ・オリジナル番組が視聴し放題である
  • Prime Music  スマホ・PC・Fire TVで100万曲以上の対象楽曲が聴き放題である
  • プライム・フォト  写真が容量無制限でAmazon専用クラウドに保存できる
  • Prime Reading  スマホ・PC・Kindleで対象の本・雑誌・漫画が読み放題である
  • 先行タイムセール  毎日のタイムセールに30分早く参加できる
  • Prime Now  対象エリア(東京・神奈川・千葉・大阪・兵庫)では、専用アプリからの注文で1〜2時間後に商品が届く
マクリン
プライム会員になるだけで、生活が確実に充実すると断言できますよ!

まだプライム会員でなければ、Amazonプライムデーの機会にぜひAmazonプライム会員になっておきましょう。

TRY NOW

無料期間後も月額500円もしくは年額4,900円。

映画見放題・音楽聴き放題サービス付き!

 

2. Amazonギフト券を買う

Amazonプライムデーでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券購入チャージすることをおすすめします。
 

マクリン
Amazonプライムデーの終了期間までに5,000円以上チャージすれば、還元率が0.5%アップするキャンペーン中ですよ!


 
クレジットカード払いでは還元率一律1.0%ですが、コンビニ払いで5,000円以上チャージすると1.5%〜最大3.0%まで還元を受けることができます。

通常時の還元率
通常時は、プライム会員のみキャンペーン中にくらべ、0.5%ずつ低い還元率となっています。


ヨメ
それじゃあ、クレジット払いはあんまりお得じゃないんだね……。
 
マクリン
いや、クレジットでもAmazon Mastercardなら、最大10.5%還元キャンペーン(最大5,000円分)があるんだよ!
ENTRY NOW

ヨメ
へー、これすごい!これならAmazon Mastercardに入会するか、コンビニ払いでAmazonギフト券を買っておいたほうがいいね♪
CHARGE NOW

キャンペーン中は還元率アップ!

 

Sponsored Links

 

Amazonプライムデー2019でおすすめの家電・ガジェット目玉商品

それではAmazonプライムデーの商品の中でも、僕の好きなガジェット(電子機器)・家電にしぼって、おすすめ商品を紹介します。

セール対象商品の情報は徐々にオープンになっていきますので、本記事も随時ずいじ更新していきます。
 

 

Amazon Echo/eRemote mini

我が家をスマートホーム化した立役者といっても差し支えないAmazonデバイスが「Echo」です。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAmazon Echo

今ではマクリン家にすっかり溶け込み、音楽・天気・ニュースをアレクサに話しかけるのは、日常の風景と化しています。

Echo単体でも便利なガジェットですが、その本領を発揮するのは学習リモコン「eRemote mini」との組み合わせです。

eRemote mini

マクリン
我が家にあふれ返っていたリモコンがこれ1台に集約されました!
 

EchoとeRemote miniを組み合わせることで、あらゆる家電が音声操作できるようになります。

スマホすら取り出さなくても、声だけで操作できる利便性は、まさしく未来感そのもの


 

実際にEchoにテレビのオンオフをしてもらう動画をお見せします。

マクリン
うーん、こりゃ便利!

EchoeRemote miniでスマートライフが手に入ります。

通常価格11,340円 5,980円(47%OFF)

通常価格5,980円 2,980円(50%OFF)

通常価格6,980円 5,940円(15%OFF)

eRemote miniレビューはこちら

【eRemote mini】Alexa対応スマートリモコン徹底レビュー【初期設定・使い方・家電操作】  

LG 27UK850-W

我が作業スペースでも超愛用しているLGのモニター「27UK850-W」も激安になっています(TдT)

マクリン
だれか定価で買ったワイの仇討ちをしてください……。

USB-Cケーブル一本でノートPCと接続できるのにくわえ、縦にも横にもなるのでめちゃくちゃ使いやすいです。とにかくおすすめ。

通常価格88,800円 68,843円(22%OFF)

 

Anker PowerCore 10000

2018年のAmazon年間ランキング大賞でバッテリー・充電器部門第1位を獲得した、10,000mAhのモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」です。

特筆すべきは、iPhone XS x 2.5回充電できる10,000mAhにもかかわらず、5,000mAh並みに軽いこと

マクリン
軽くてコンパクトでカラバリも豊富なので、男女問わずに使いやすいモバイルバッテリーですよ!

通常価格2,799円 2,099円(25%OFF)

Anker PowerCore 10000のレビューはこちら

【Anker PowerCore 10000レビュー】コスパ抜群!定番の10000mAhモバイルバッテリー  

Anker PowerCore Lite 20000

Anker PowerCore Lite 20000」は2種類の入力端子が選べ、2台同時充電できるUSBタイプA x 2を持つ、20,000mAhのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Lite 20000の外観
 
20,000mAhはiPhone XSに約5回、iPad Pro(9.7インチ)でも約2回の充電ができる超大容量です。

Anker PowerCore Lite 20000はiPhone XSに約5回、iPad Pro(9.7インチ)でも約2回の充電ができる超大容量

注意
PD(Power Delivery)対応ではないため、ノートPCの充電は不可です。
 

重さは約392gで、入出力合わせて4ポート備える分、20,000mAhクラスとしては標準的な重量です。

Anker PowerCore Lite 20000の重さは392g
 

Anker PowerCore Lite 20000の大きな特長として「2種類の入力端子を備えていること」があります。

Anker PowerCore Lite 20000は2種類の本体充電ポートがある
 
Micro USBにくわえUSBタイプC端子も本体充電に使えるようになっています。

Anker PowerCore Lite 20000はUSBタイプC端子もバッテリー本体の充電に使用可能

マクリン
20,000mAhクラスバッテリーで、2種類の本体充電ポートがあるのはAnker PowerCore Lite 20000だけ
 

出力端子にはUSBタイプA端子 x 2を備えています。

Anker PowerCore Lite 20000はPOWER IQ対応USB-Aを2つ搭載

こちらのタイプA端子は「PowerIQ」搭載です。

スマホとタブレットで、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

Anker x スマホ(1.15A)

Anker x タブレット(1.78A)

 

Anker PowerCore Lite 20000は、電源ボタンを2秒長押しすることで、「低電流モード(緑点灯)」に切り替わります。

Anker PowerCore Lite 20000は低電流モードを備えている

マクリン
Bluetoothイヤホンやスマートウォッチなど、電流値を控えめにすべきデバイスの充電に重宝しますよ!
 
2ポートの合計は最大4.8Aで、数値上はタブレット2台でも急速充電できる計算です。

ためしにタブレット x 2で接続したところ、充分な出力が出ていました。

Anker PowerCore Lite 20000にタブレット x 2で接続
 

マクリン
2種類の入力端子と2つの出力端子を備えてるので、使い勝手の良さが抜群のモバイルバッテリーですよ!

通常価格4,999円 3,499円(30%OFF)

Anker PowerCore Lite 20000レビューはこちら

【Anker PowerCore Lite 20000レビュー】2種類のUSBから充電できる超大容量モバイルバッテリー  

RAVPower RP-PB159

RAVPower RP-PB159」は、ノートPCも充電できるPD対応USB-C搭載の、超大容量モバイルバッテリー(20,100mAh)です。

RAVPower RP-PB159の外観
 

MacBook Proですら約1回充電できる大容量なので、スマホはもちろん複数回可能で、iPhone XSは約4.3回分の充電に耐えうる容量です。

RAVPower RP-PB159はiPhone XSが約4.3回分充電可能
 
デバイス充電用にPD対応USB-CポートとUSB-Aポートを備え、中でもUSB-Cは45Wと最高クラスの出力

RAVPower RP-PB159はPD対応USB-CとUSB-A搭載

マクリン
MacBookとAirなら急速充電、MacBook Proでも通常充電できる高出力なんですよ!
 
重さは約399gで、20,000mAhクラスとしては標準的な重量。

RAVPower RP-PB159の重さ
 

RAVPower RP-PB159本体充電用に2種類の端子(USB-C/Micro USB)を備えています。

RAVPower RP-PB159の本体充電ポートは2種類
 

Micro USB端子での充電は、QC(Quick Charge)対応充電器を使用することで、約5.5時間で満充電が可能です。

RAVPower RP-PB159のMicro USB端子での充電はQC対応の充電器を使うと約5.5時間で満充電

MEMO
QC非対応の充電器を用いた場合、約9.5時間でフル充電されます。
 
USB-Cを使った本体充電のほうが速く、PD対応充電器を使用して本体に30Wの入力を行うことで、わずか3.5時間で満充電が可能となります。

RAVPower x AUKEY充電器(26W)

こちらのPD充電器を使用

【AUKEY PA-Y10レビュー】USB-CとUSB-Aを兼ね備えた軽量小型のPD対応充電器【46W】
マクリン
これだけ満充電が速いと、快適に使えますね!
 
デバイス充電用にUSBタイプAとタイプC(PD)を備えています。

RAVPower RP-PB159は高機能なUSB-CとUSB-A搭載
 

USB-C端子は、本体充電もデバイス充電も可能であり、入出力両方の機能を備えています。

RAVPower RP-PB159のPD対応USB-C端子は本体充電もデバイス充電も可能
 

特筆すべきはその出力。

モバイルバッテリーとしては最高クラスの最大45Wに対応しており、MacBook Pro・Nintendo Switchなど、高出力を要するデバイスの充電も余裕です。

RAVPower RP-PB159はモバイルバッテリーとしては最高クラスの最大45Wに対応
 

ためしにUSB-C電圧電流チェッカーで、RAVPower RP-PB159とMacBook Pro純正充電器のワット数(電流 x 電圧)を比較したところ、両者ほぼ変わらない値を示していました。

RAVPower(35.5W)

Mac純正(35.2W)

 

USB-AはRAVPower独自技術「iSmart2.0」に対応しており、Ankerと同じく、デバイスごとに最適な電流値に合わせてくれます。

RAVPower x スマホ(1.25A)

AUKEY x タブレット(1.82A)

 

2台の同時充電も可能であり、この場合は安全性を喫してUSB-Cは30W出力に制限されるものの、USB-Aにもきっちり電流が供給されていることが確認できました。

RAVPower x スマホ(0.97A)

 
超大容量にして高機能。

RAVPower RP-PB159はノートPCふくめ、様々なデバイスを充電できる環境を得たいなら、迷わず買うべきモバイルバッテリーです。

通常価格7,699円 5,698円(25%OFF)

セール期間は7/16(火)0:00〜23:55

RAVPower RP-PB159レビューはこちら

【RAVPower RP-PB159レビュー】45WのPD対応USB-CとUSB-A搭載の大容量モバイルバッテリー【20100mAh】  

RAVPower RP-PB125

RAVPower RP-PB125」は6,700mAhのモバイルバッテリー搭載USB急速充電器です。

RAVPower RP-PB125の外観
 

本体に折り畳みプラグを備え、USB充電器として使うこともできます。

RAVPower RP-PB125は折り畳みプラグを備えUSB充電器としても使える
 

マクリン
これまでバッテリーと充電器の2つを持ち歩いてましたが、こちらを買ってからひとつで済んでます!
 

バッテリー容量はちょうどいい6,700mAhであり、iPhone XSなら約1.5回分の充電が可能です。

RAVPower RP-PB125は6,700mAhのバッテリー容量
 

Ankerの同タイプバッテリー「PowerCore Fusion 5000」に比べ、容量が約1.3倍あるにもかかわらず、重さはほとんど変わりません。

RAVPower RP-PB125の重さ
PowerCore Fusion 5000の重さ
マクリン
容量は増やしたいけど、重さはできるだけ増やしたくないですもんね!
 
本体充電用にMicro USB x 1、デバイス充電用にUSBタイプA x 2を備えています。

RAVPower RP-PB125はUSBタイプA x 2を搭載

マクリン
USB端子が2つあると使いやすいですね!
 

USB端子にはiSmart 2.0という技術を搭載しており、デバイスに合わせて最適な電流で充電することが可能です。

スマホとタブレットで、いずれも電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RAVPower x スマホ(0.93A)

RAVPower x タブレット(1.51A)

急速充電のアンペア数

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

低電力モードも備えており、Bluetoothブルートゥースイヤホンなど、電流値を控えめにすべきデバイスの充電にも配慮しているのは大変ありがたいです。

RAVPower RP-PB125は定電流モード搭載で

 
またバッテリー表示ボタンを押すことで、4段階のLEDインジケーターからバッテリー残量を細かく確認できるようになっています。

RAVPower RP-PB125は4段階のLEDインジケーター付き

LED1個点滅 5%未満
LED1個点灯 5〜25%
LED2個点灯 26〜50%
LED3個点灯 51〜75%
LED4個点灯 76〜100%
 
マクリン
かゆいところに手が届いた設計ですね!

通常価格2,999円 2,258円(25%OFF)

セール期間は7/16(火)0:00〜23:55

RP-PB125の比較レビューはこちら

【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー  

Anker PowerPort Ⅱ PD

Ankerの「Anker PowerPort Ⅱ PD」は、MacBookのACアダプター代わりに使えて高機能なUSB充電器です。

Anker PowerPort Ⅱ PD
 
こちらのUSBタイプC端子は、大容量の給電規格「Power Delivery(PD)」に対応し、最大30Wの出力を可能としています。

Anker PowerPort Ⅱ PDはUSBタイプAとタイプC端子を搭載

マクリン
MacBook Airなら急速充電、MacBook Proでも通常充電できるワット数なんですよ!
 
特筆すべきは、純正のアダプターよりもひと回り小さいコンパクトデザイン

Anker PowerPort Ⅱ PDはMacBook Pro純正アダプターよりひと回り小さいコンパクトデザイン
 
折りたたみプラグ式なので持ち運びにも適しています。

Anker PowerPort Ⅱ PDは折りたたみプラグ式
 
Anker PowerPort Ⅱ PDが素晴らしいのは、コンパクトでありながら、PD対応のUSBタイプCにくわえ最大18W出力のUSBタイプAまで備えていることです。

Anker PowerPort Ⅱ PDはPD対応のUSB-CとタイプA搭載

こちらのタイプA端子には、Ankerの独自技術「PowerIQ 2.0」を搭載しています。

PowerIQ 2.0とは平たく書くと「QC(Quick Charge)対応品もふくめた全てのデバイスに合わせ、急速充電に最適な電流値を自動調整してくれる賢い機能」。
 

マクリン
これ一台でMacBook ProとiPhoneが充電できちゃう!
 
僕のようにMacBook Proを外へ持ち出す機会の多い人は、迷わず買うべき一品です。

通常価格3,799円 2,849円(25%OFF)

Anker PowerPort Ⅱ PDレビューはこちら

【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の小型ACアダプター  

RAVPower RP-PC104

世界最薄のPD対応急速充電器「RAVPower RP-PC104」です。

最大出力45Wであり、12インチMacBookならば急速充電、MacBook Proでも通常充電できる高出力。

RAVPower RP-PC104

MEMO
iPad Pro、Galaxy、Nintendo Switchにも急速充電可能です。
 
折りたたみプラグ式なのでプラグ部分がきれいに格納でき、持ち運びしやすいです。

RAVPower RP-PC104は折りたたみプラグ式
RAVPower RP-PC104は折りたたみプラグ式
 
特筆すべきはそのコンパクトさ

RAVPower RP-PC104はコンパクトサイズ
 
13インチMacBook Proの純正アダプター(61W)と比較しても、その差は歴然です。

RAVPower RP-PC104とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較
 
厚みにいたっては約半分

RAVPower RP-PC104はMacBook Pro純正アダプターの半分の厚み

マクリン
重さも純正アダプターの220gに対し、RAVPower RP-PC104はなんと80g
 
我が家のMacBook Proに差したところ、充分な速度で充電できることが確認できました。

RAVPower RP-PC104はMacBook Proも通常充電可能
 

USB-C電圧電流チェッカーでRP-PC104のワット数を比較したところ35Wであり、高い出力値を示していました。

RAVPower(35.1W)

いま小型の高出力PDチャージャーを買うなら、最新技術の詰まったRAVPower RP-PC104を全力でおすすめします。

通常価格5,999円 4,499円(25%OFF)

セール期間は7/16(火)0:00〜23:55

RAVPower RP-PC104レビューはこちら

【窒化ガリウムUSB-C充電器レビュー】RAVPower RP-PC104はMacBookも充電できる小型PDチャージャー【45W】  

Anker PowerWave 7.5 Stand

Ankerのスタンド型ワイヤレス充電器「Anker PowerWave 7.5 Stand」です。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XS/XS Max/XR対応のスタンド型Qiワイヤレス充電器
 

iPhone XSがぴったり収まるサイズ感となっています。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XSがぴったり収まるサイズ
 
内部に2つの充電コイルを搭載することで、タテヨコいずれの向きに置いても充電できるよう設計されています。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XSを横向きに置いても大丈夫
 
Anker PowerWave 7.5 Standは、QC3.0対応のUSB充電器を併用することで、iPhoneに7.5W出力の急速充電が可能となります。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhoneに最大7.5WでQiワイヤレス充電が可能
 
7.5Wの高出力を実現していることで、他のワイヤレス充電器にくらべ、1.3〜1.4倍ほど充電速度が速いのです。

Anker PowerWave 7.5 Standは他のワイヤレス充電器に比べ、充電速度が格段に速い
 
実際に充電したところ、約1時間半で50%に到達しましたので、フル充電まで3時間程度という公称に間違いありませんでした。

Anker PowerWave 7.5 StandでiPhone XSを充電する
 

マクリン
パワフルなスタンド型のワイヤレス充電器ならコレでしょう!

通常価格2,999円 2,249円(25%OFF)

PowerWave 7.5 Standレビューはこちら

【Anker PowerWave 7.5 Standレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のQiワイヤレス充電器【最大7.5W】  

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャー

Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャー」は、最大75Wに対応する4ポートタイプのUSB急速充電器です。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーは4ポートタイプのUSB急速充電器

マクリン
Appleとも親和性の高い、洗練された外観ですよ!
 
PD対応USB-CとUSB-Aを2つずつ搭載しています。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーはUSBタイプC(USB-C)ポートとUSBタイプA(USB-A)ポートを2つずつ搭載
 
サイズは10.3 x 7.2 x 2.3 cmであり、高出力かつ4ポートであることを踏まえると、パスポートサイズ以下に収まっているのはさすがSatechiといったところ。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーはパスポート以下のコンパクトサイズ
 
重量は約224gです。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーの重量
 
Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャーは、4ポート合計で最大75Wの出力に対応しています。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーは4ポート合計で最大75Wの出力に対応
 
このうちUSB-Cはいずれも高出力のPD対応であり、それぞれ60Wと18Wの出力が可能です。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーのPD対応USBタイプC端子
 
まずは最大60W出力のPD対応USB-CにMacBook Airを接続し、出力値を確認しました。

MacBook/MacBook Airの純正アダプターは30W仕様ですが、この値を少し超える出力であり、最大60Wの力強さを感じる結果でした。

Satechi x MacBook(約34.5W)

 

続いて「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を用い、最大18W出力のUSB-CからiPhone XSを充電しました。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

こちらのケーブルを使うことで、USB PDの高出力をそのままiPhone・iPadといったLightning端子への充電に活かすことができます。
 

マクリン
つまり、従来のUSB充電よりも高速充電が可能となりますよ!
 
出力値を確認したところ、11.8W(5.05V/2.34A)も出ていました。

Satechi x iPhone(約11.8W)

iPhoneの通常USB充電は5W(5V/1A)で急速充電が可能であるため、USB PD充電は2倍以上の高出力であり、かなりの高速充電であることが分かります。
 
USB-Aは2ポート合計で最大12W出力に対応しています。

Satechi 75W デュアル Type-CトラベルチャージャーのUSB-Aは最大12W出力
 
接続機器を自動判別し、最適な電流を流してくれる機能があるようで、ガラケー・iPhone・iPadいずれも、適切な電流値に調整されていることが確認できました。

Satechi x ガラケー(0.65A)

Satechi x iPhone(1.03A)

Satechi x iPad(1.79A)

急速充電に必要な電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャー4ポート合計でも最大75W出力の設計となっています。
 

マクリン
つまり75Wもあれば、ノートPCを1台充電しつつ、残りの3ポートでタブレット・スマホ充電ということも1台の充電器で実現できるのです!
 
ためしに4台接続したところ、MacBook Air/iPad/iPhone x 2の組み合わせでも、MacBookにつないだUSB-Cのワット数は約32.5W。

やはり最大75Wの実力は伊達ではありませんでした。

小型かつパワフル。

Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャーは、複数のUSB機器を1台でまとめて充電するのであれば、最強クラスのUSB充電器です。

通常価格7,499円 5,249円(30%OFF)

セール期間は7/16(火)0:00〜23:55

Satechiトラベルチャージャーレビューはこちら

【Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーレビュー】最大75W出力対応の4ポートUSB急速充電器  

Anker PowerHouse

Ankerの「Anker PowerHouse」は、アウトドア・災害時に大活躍する、120,600mAhのポータブル電源です。


 

サイズは20.0 x 16.5 x 15.0 cmとポータブル電源として業界最小ですが、約4.2kgでバッテリー容量なりの重さがあります。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker PowerHouseのサイズは20 x 16.5 x 15 cm
 

外装はアルミニウムに囲われており、スタイリッシュで上質感あるデザインに仕上がっています。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker PowerHouseの外装はアルミニウム製
 
Anker PowerHouseはシガーソケット・USB・ACと、3種類の出力端子を備えています。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker PowerHouseは3種類の端子(シガーソケット・USB・AC)搭載

Anker PowerHouseの出力端子

  • シガーソケット
  • USB-A x 4
  • AC(コンセント)

 

それぞれ端子上にあるボタンを押すことで、出力のオンオフを切り替えることができます。

 
充電中はディスプレイにバッテリー残量(%)とINPUTが表示されます。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker PowerHouseの充電中

マクリン
バッテリー容量は驚異の120,600mAh

 
例えば2,000mAhのモバイルバッテリーは、1,000mAhの容量があるスマホを「2回 = 2,000mAh ÷ 1,000mAh」充電できます。

iPhoneは約3,000mAh、MacBookは約12,000mAhであるため、120,600mAhのAnker PowerHouseは理論上、iPhone x 40回MacBook x 10回も充電することが可能です。

 

マクリン
……こ、これはおそろしい数値やで!

通常価格49,800円 33,800円(32%OFF)

【Anker PowerHouseレビュー】車中泊・キャンプで大活躍の超大容量バッテリー【120Wポータブル電源】  

Soundcore Model Zero

Ankerの「Soundcore Model Zero」は、完全防水仕様(IPX5)のBluetoothスピーカーです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

Soundcore Model Zeroの外観
 
本機の大きな特長が、同シリーズの中でもデザイン性がひときわ高く、持ち運びにも適したアイコニックな外観であること。

Soundcore Model Zeroの外観

マクリン
部屋のアクセントにも映える特徴的なデザインですよ!
 
デザインだけでなく、質感も高く、外周のリングには金属があしらわれています。

Soundcore Model Zeroの外周部には金属があしらわれている
 
底面はゴム素材であり、どこにでも置きやすい仕様です。

Soundcore Model Zeroの底面
 
重さは約2kgと重めですが、Scan-Speakスキャンスピーク社のドライバーを4機も搭載(同社最多)しているので致し方ないところ。

Soundcore Model Zeroの重さ

あと地味に見逃せないのがハイレゾ対応だという点。
 

ヨメ
ねえねえ、ハイレゾってなに?
 
マクリン
ハイレゾリューションの略で、CDよりも高品質の音楽データってことだよ!
 
ヨメ
それはすごい!
 

Soundcore Model Zeroの操作は本体で可能ですが、利便性を考えるとスマホアプリが圧倒的に便利です。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
アプリの画面は直感的に操作でき、使いやすいレイアウトとなっています。

Soundcoreアプリの画面
 

またイコライザー機能では、プリセットされた4パターンの設定(デフォルト・フラット・リラックス・ボイス)から選べるようになっています。

マクリン
低音域を強めにするBass Upの機能もありますよ!

Soundcore Model Zeroシリーズ最大の60W(15W x 4機)出力だけあり、サウンドは力強いです。

Soundcore Model Zeroの操作

音のバランスが全体的に良く、かなりクリアに鳴らすことができます。
 

マクリン
低音〜高音いずれの音域にも穴がない印象ですね!

Bass Up機能を付けても、低音域が強くなりすぎることもなく、違和感のない範囲で強化してくれるので、僕はオンにしています。

特にEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)とBass Upの相性は抜群です。

本機でThe Weekndを再生

 
マクリン
デザインと音質を高い次元で両立してるスピーカーですよ!
製品名Soundcore Model Zero
サイズ約256 x 128 x 240mm
重さ約2.0kg
出力最大60W
連続再生時間最大10時間
Bluetooth規格5.0
防水規格IPX5
ステレオペアリング

通常価格19,800円 9,800円(51%OFF)

Soundcore Model Zeroレビューはこちら

【Soundcore Model Zeroレビュー】ハイレゾ対応の完全防水Bluetoothスピーカー【Anker】  

Soundcore Motion+

Ankerの「Soundcore Motion+」は、完全防水仕様(IPX7)のBluetoothスピーカーです。

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。

Soundcore Motion+の外観
 
サイズは約257 x 79 x 81mmとAnkerのコンパクトモデルでは最大ですが、場所をとらず、ちょうどいいサイズ感です。

Soundcore Motion+のサイズ
 
外装にはシリコンの吹付加工が施されており、指紋が付きづらい仕様となっています。

Soundcore Motion+の外装はシリコンの吹付加工が
 
上面は操作ボタン部となっています。

Soundcore Motion+の上面は操作ボタン部
 
 
側面には電源ボタンとポートのゴムふたがあり、スライドするとUSB-Cポートと3.5mmオーディオ入力ポート(AUX)が付いています。

Soundcore Motion+の電源ボタン
Soundcore Motion+の端子類
マクリン
本製品の大きな特徴のひとつが、USB-C充電に対応していること!
 
ほとんどのモデルがMicro USB充電である中、USB-CであればスマホやノートPCとケーブルを共通化できるため、利便性はかなり高いです。

Soundcore Motion+はUSB-C充電に対応

マクリン
しかも最大12時間再生可能なロングバッテリーを内蔵してますよ!
 
操作部はBASSボタンと音量ボタン、再生ボタン(ロゴ)、Bluetoothボタンの構成で、ボタンの種類が分かりやすく直感的に操作できます。

Soundcore Motion+の操作部

各ボタン操作一覧
  • 音量-/+ボタン 音量アップ/ダウン
  • 再生ボタン 再生/一時停止/(2回押し)曲送り/(3回押し)曲戻し
  • Bluetoothボタン Bluetooth接続/(2台同時に3秒押し)ステレオペアリング

Soundcore Motion+は、有線接続ならびにBluetooth接続の双方に対応しています。

また公式アプリ「Soundcore」を使うことで、イコライザーの調整が可能です。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
アプリの画面は直感的で、使いやすいレイアウトとなっています。


 
イコライザー機能では、プリセットされた6パターンの設定(Bass Up・ベースオフ・ボイス・ヘビー・クラシック・デフォルト)とカスタムから選べるようになっています。

マクリン
低音域を強めにするBass Upは、Soundcoreの持ち味を活かせるので特におすすめです!
 
コンパクトモデルでは最大の30W(15W x 2機)出力だけあり、サウンドは力強いです。

しかも、有線接続ではハイレゾ音源、Bluetooth接続ではapt-X(Androidに対応した規格)に対応しています。

apt-X規格は、通常の規格よりも音質優先で圧縮率が小さいため、遅延が少なく高音質で再生することができるのです。

ハイレゾ音源はCDよりも高品質の音であり、つまり有線・無線ともに音にこだわった設計となっています。
 

マクリン
ハイレゾとapt-Xの双方に対応するモデルは、Soundcore Motion+のみなんですよ!
 
Bluetooth接続でThe Weekndを再生したところ、低音から高音にかけて音のバランスが全体的に良く、きれいに鳴らすことができていました。


特にEDMとBass Upの組み合わせは最高です。

さらに有線接続でハイレゾ音源を流したところ、音の解像度はさらに上がり、臨場感がグッと増しました。


マクリン
家でじっくり聴くなら、有線でつなぐのがいいですね!

Soundcore Motion+は、サイズと音質の双方を高いレベルで仕上げたモデルですので、両者のバランスをとりたい人にこそおすすめのモデルです。

製品名Soundcore Motion+
サイズ約257 x 79 x 81mm
重さ約1,050g
出力最大30W(15W x 2)
連続再生時間最大12時間
Bluetooth規格5.0
防水防塵規格IPX7
ステレオペアリング

通常価格10,999円 8,799円(20%OFF)

Soundcore Motion+レビューはこちら

【Soundcore Motion+レビュー】aptX&ハイレゾ対応の完全防水Bluetoothスピーカー【Anker】  

SoundPEATS TrueFree+

SoundPEATSの「SoundPEATS TrueFree」です。


 
生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。

SoundPEATS TrueFreeの外観

マクリン
シンプルながら、ハウジング部のロゴマークがカッコいいですね!
 

ケースをふくめても小型かつ軽量なのが特長で、サイズはわずか7.8 x 3.3 x 2.8cmです。

SoundPEATS TrueFreeはケースをふくめても小型である

マクリン
あと驚くべきは、小型サイズにもかかわらず、バッテリー性能を犠牲ぎせいにしていないこと!

イヤホン単体でも4時間分のバッテリーを備えていますが、ケースをふくめると合計20時間の連続使用が可能です。

SoundPEATS TrueFreeはイヤホン単体で4時間、ケースをふくめると合計20時間再生できる
 

操作はボタン式で曲戻し以外は右イヤホンだけで操作できるので、とても分かりやすいです。

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 受話/終話/再生/一時停止
  • 右2回押す 曲送り
  • 左2回押す 曲戻し
  • (右/左)1.5秒長押し 通話拒否
  • 再生/一時停止状態で(右/左)1秒長押し 音声コントロール起動
注意
音量調整はボタンで操作不可です。本体で操作ください。

 

サウンドが全体的に上質で、低音から高音までバランスよく音を出せる印象です。

もう少し重低音寄りのサウンドが好みだという場合は、同社の「Truengine」もおすすめです。

 

マクリン
いずれもAACコーデック対応なんですよ!
MEMO
AAC(AdvancedAudioCoding)コーデックはiOS対応の音声圧縮規格です。

AACは、通常の規格よりも音質優先で圧縮率が小さいため、高音質な音声を再生することができるのです。

この価格帯のイヤホンでAAC対応のものは多くなく、それだけでもSoundPEATS TrueFreeがかなり高コスパのモデルであることが分かるでしょう。

TrueFreeの評価
音質(バランスいい)
(3.5)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX4)
(3.0)
総合評価
(3.5)

通常価格3,980円 2,786円(30%OFF)

TrueFreeレビューはこちら

【SoundPEATS TrueFreeレビュー】小型ケース&AAC対応の完全ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】  

SoundPEATS TrueCapsule

SoundPEATSの「SoundPEATS TrueCapsule」です。

完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

SoundPEATS TrueCapsuleは完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン
 

マクリン
重さは両耳わずか10gの軽量設計!

SoundPEATS TrueCapsuleは両耳わずか10gの軽量設計
 
こちらのケースは80 x 37 x 27mmとかなりのコンパクト仕様かつ、握りやすい楕円だえん形状です。

SoundPEATS TrueCapsuleの収納ケースのサイズ
 
ケースはプラスチック製ですが、ブランドロゴもオンされており、所有欲を高めるデザインとなっています。


 
SoundPEATS TrueCapsuleは、イヤホン単体で4時間分の連続使用が可能です。

SoundPEATS TrueCapsuleはケース併用で24時間の連続使用が可能

MEMO
ケース併用では24時間(6回分)の連続使用ができます。

表面はタッチセンサーになっており、タッチするだけで音量調整以外の全操作が可能です。

SoundPEATS TrueCapsuleはタッチコントロール式

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1.5秒押し 曲送り/着信拒否
  • 左1.5秒押し 曲戻し
  • 左2回タップ 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)
注意
音量調整は、本体もしくは音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)で操作してください。
マクリン
軽くたたくように押すと、上手く反応しますよ!

SoundPEATS TrueCapsuleは、iPhoneなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックのAACに対応しています。

中音・高音域の解像度にすぐれた音設計で、ヴォーカルとギター・ドラムのスネア音が特にクリアに出せるイヤホンに仕上がっています。

低音は強くありませんのでドンシャリ好きには適していませんが、クセのない素直なサウンドを好むなら良い相棒になるはずです。

マクリン
ロック&ポップスに映えるモデルですよ!
TrueCapsuleの評価
音質(中高音域が得意)
(4.0)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)
SoundPEATS TrueCapsule
SoundPEATS(サウンドピーツ)

通常価格4,299円 3,009円(30%OFF)

SoundPEATS TrueCapsuleレビューはこちら

【SoundPEATS TrueCapsuleレビュー】AAC対応&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン  

SoundPEATS Truengine

SoundPEATSの「SoundPEATS Truengine Q42」です。


 
完全防水仕様(IPX6)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX6
「あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。

SoundPEATS Truengine Q42
 

Q42はSoundPEAT社の中でも高級機種(といっても5千円台)に位置づけられており、外装部分に金属パーツをあしらっています。

SoundPEATS Truengine Q42の外装に金属パーツ使用

マクリン
チタンブラックのボディは、光沢があって高い質感ですよ!
 
大きな特長のひとつが、音を鳴らす機構をつかさどるドライバー部分が、左右2基搭載のデュアルドライバー仕様であることです。

SoundPEATS Truengine Q42はデュアルドライバー搭載

通常の2倍のドライバーが載ることで、シングルよりも幅広い音域をカバーできるとされています。

イヤホン単体でも4時間分のバッテリーを備えており、ケースをふくめると合計14時間の連続使用が可能です。

SoundPEATS Truengine Q42の連続使用時間はケース含めて合計14時間
 
操作はボタン式かつ曲送り以外は右イヤホンだけで操作できるので、とても使いやすいです。

SoundPEATS Truengine Q42はボタン式

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 受話/終話/再生/一時停止
  • 右長押し 曲戻し(前の曲)
  • 左長押し 曲送り(次の曲)
  • (右/左)1.5秒長押し 通話拒否
  • 右2回押し 音量アップ
  • 左2回押し 音量ダウン
  • (右/左)3回押し 音声コントロール
 
デュアルドライバー搭載ですが、重低音を響かせる設計となっています。

ベース・ドラムの音が強めに出るため、R&Bやラウドロックの視聴にはぴったりのイヤホンです。
 

マクリン
僕みたいな重低音好きにはたまらん味付けですね!
 

また、SoundPEATS Truengine Q42AACコーデック対応です。

AACは、通常の規格よりも音質優先で圧縮率が小さいため、高音質な音声を再生することができます

AACモデルでいちど聴いちゃうと、その音の奥行きに驚くこと間違いなしです。

Truengineの評価
音質(低音が得意)
(3.5)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音の遅延(全然ない)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(完全防水)
(5.0)
総合評価
(4.5)

通常価格5,580円 3,906円(30%OFF)

SoundPEATS Truengineレビューはこちら

【SoundPEATS Truengine Q42レビュー】完全防水&AAC対応の完全ワイヤレスイヤホン【重低音設計】  

Zolo Liberty+

Ankerのイヤホンレーベル、Libertyシリーズの「Zolo Liberty+」です。


 

完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

ZOLO Liberty+の外観

マクリン
ZOLOロゴが映える、シンプルでスマートなデザインですね!
 

イヤホン単体では3.5時間分のバッテリーとそれなりの容量ですが、収納ケースをふくめると48時間もの連続使用が可能です。

ZOLO Liberty+はイヤホン単体で3.5時間、ケースを含めると48時間の連続再生が可能

マクリン
イヤホン15回分のバッテリー容量ですよ!
 

外装は金属系の光沢と高級感があり、指紋が付きにくい表面となっています。

ZOLO Liberty+は金属の光沢と主もみがあって指紋がつきにくい表面
 
操作はボタン式かつイコライザー以外はイヤホンだけで操作できるので、使いやすくなっています。


ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 左1秒押し 曲送り(次の曲)
  • 着信中(右/左)1秒押し 通話拒否/通話切替
  • (右/左)2回押す Siri/Googleアシスタント起動
  • (右/左)3秒押す 周囲音取り込み機能
注意
音量調整は本体で操作してください。
 

マクリン
Zolo Liberty+は、シリーズで唯一周囲音取り込み機能を搭載していますよ!

周囲音取り込み機能はノイズキャンセリングとは反対に、安全のために外部の音を取り込む機能です。

なかなか面白い機能で、たとえば電車内でアナウンスを聞き逃したくないときは大変重宝します。

Zolo Liberty+は中低音域が得意ですが、高音までバランスが良く、元音を比較的ストレートに表現している印象です。

AACコーデック対応ですが、専用アプリ「Zolo Life」を使用することで、イコライザー機能を活用し、よりクリアなサウンドが楽しめます。

Zolo Life

Zolo Life

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 

イコライザーでは、プリセットされた5パターンの設定(ポップ・ジャズ・EDM・クラシック・バランス)から選べるようになっています。

マクリン
Zolo Liberty+は中低音をよく響かせる設計なのでロックと相性抜群のイヤホンですよ!
Zolo Liberty+の評価
音質(中低音が得意)
(4.0)
連続再生時間(3.5時間)
(3.5)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)

通常価格11,800円 6,999円(41%OFF)

Zolo Liberty+レビューはこちら

【Zolo Liberty+レビュー】完全防水&周辺音取り込み機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】  

Soundcore Liberty Air

同じくAnker Libertyシリーズの「Soundcore Liberty Air」です。


 

完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

マクリン
AirPodsとひと味ちがう、黒いうどん形状がカッコいいですよ!
 
AnkerのLibertyシリーズでも、コンパクトモデルに位置づけられています。

Soundcore Liberty Airは薄さわずか2.5cmのコンパクトモデル

マクリン
薄さわずか2.5cmですと !?
 
特筆すべきはそのコンパクトさ。

ケースサイズは長さ6.0 x 幅2.7 x 高さ4.7cmと、抜群の小型設計です。

Soundcore Liberty Airのケースサイズ
 
イヤホン単体で5時間分のバッテリーと充分な容量があるのにくわえ、収納ケースをふくめると、なんと20時間の連続使用が可能です。

Soundcore Liberty Airはイヤホン単体で5時間、ケースをふくめて20時間の連続使用が可能

マクリン
イヤホン4回分のバッテリー容量ですね!
 
操作はシリーズ初のタッチパッド式で、ボタンを押し込む必要がなく、スマートに操作できます。

Soundcore Liberty Airはタッチパッド式で全操作が可能

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2秒押し 曲送り(次の曲)
  • 左2秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 着信/通話中に右2秒押し 着信拒否/通話切替
  • 通話中に右2回タップ キャッチホン
  • 左2回タップ 音声アシスタント起動
注意
音量調整は、本体もしくは音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)で操作してください。
 

Soundcore Liberty Airの音質を確認したところ、全体的な印象は前述の「Zolo Liberty+」に近いと感じました。

低音から高音までバランスが良く、元の音をクリアに表現しています。

音楽ジャンルの得意不得意もなく、ポップス・R&B・ロックいずれも上手く響かせられる優等生です。

Zolo Liberty+とSoundcore Liberty Airの異なる点は低音の処理

前者が低音もクリアに出しているのに対し、後者は低音をあえてまろやかにしており、それが良い味付けとなって、イヤホンの個性につながっています。

Soundcore Liberty AirAAC対応かつパッシブノイズキャンセリング機能を搭載し、没入感あるサウンドを楽しめるようになっています。

パッシブノイズキャンセリング機能
遮音性しゃおんせいの高い素材やすき間を作らない構造にして、外部音を物理的に入りにくくするノイズキャンセリングのこと。
 
マクリン
ボーカルやドラム音を力強く鳴らす設計なのでロックと相性抜群のイヤホンですよ!
Soundcore Liberty Airの評価
音質(全体バランス良い)
(4.0)
連続再生時間(5時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.5)

通常価格7,999円 5,599円(30%OFF)

Soundcore Liberty Airレビューはこちら

【Soundcore Liberty Airレビュー】完全防水&スリム設計の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】  

Soundcore Liberty Neo

Anker Libertyシリーズの最新作、「Soundcore Liberty Neo」です。


 
完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

Soundcore Liberty Neoは完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン
 
「装着時に耳からイヤホン部分が飛び出して見えるのに抵抗がある」という声にお応えし、ミニマムサイズにまとめ、スマートさを追求したデザインとなっています。

Soundcore Liberty Neoは装着時の飛び出しを抑えたデザイン
 
AnkerのLibertyシリーズでも最軽量モデルであり、両耳でわずか11gの重さしかありません。

Soundcore Liberty Neoの左右イヤホン重量は約11g
 

バッテリー内蔵の収納ケースも54gと軽く、コンパクトモデルの「Soundcore Liberty Air」をも上回る軽量設計です。

Soundcore Liberty Neoのケース重量
Soundcore Liberty Airの重量
 
軽いだけでなく、こちらのケース、表面にダイヤモンド粒子を散りばめたようなメタリックコーティングが施されています。

Soundcore Liberty Neoのケースはメタリックコーティング加工

マクリン
スタイリッシュで上品に仕上がってますよ!
 
イヤホン単体で3.5時間分のバッテリーがあるのにくわえ、ケース合計で12時間の連続使用が可能です。

Soundcore Liberty Neoはイヤホン単体で3.5時間、ケース合計で12時間の連続使用が可能
 
操作はボタン式かつ音声操作ふくめ、ほぼ全ての操作がイヤホンだけで可能なので、かなり使いやすいです。

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1秒押し 曲送り(次の曲)
  • 左1秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 着信中(右/左)1秒押し 通話拒否
  • 通話中右1秒押し 通話切替
  • (右/左)2回押す 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)
注意
音量調整は、音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)もしくは本体で操作してください。
 

Soundcore Liberty Neoは中低音が比較的得意で、ピアノ・ギター音を上手く響かせられる設計となっています。

ボーカル音の解像度も高く、ロックとの組み合わせで真価を発揮するモデルだと感じました。
 

マクリン
Soundcore Liberty Liteから中身を大きく見直しただけあり、音飛びもまったくありませんでしたよ!
Soundcore Liberty Neoの評価
音質(中低音が得意)
(4.0)
連続再生時間(3.5時間)
(3.5)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)

通常価格5,999円 4,559円(24%OFF)

Soundcore Liberty Neoレビューはこちら

【Soundcore Liberty Neoレビュー】完全防水&シリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】  

TaoTronics SoundLiberty 53

TaoTronicsの「TaoTronics SoundLiberty 53」です。

完全防水仕様(IPX5)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

TaoTronics SoundLiberty 53は完全防水仕様(IPX5)のBluetoothワイヤレスイヤホン

AirPodsと同様、耳からうどん形状ではありますが、本体カラーがブラックかつやや角ばったフォルムなので、カッコよく仕上がっています。

 

マクリン
しかも重さは両耳わずか11gの軽量設計ですよ!

TaoTronics SoundLiberty 53の重さは両耳わずか11g
 
収納ケースは80 x 37 x 26mmと抜群のコンパクト仕様で、手なじみの良い楕円だえん形状。

TaoTronics SoundLiberty 53の収納ケースのサイズ
 
ケースはしっとりしたマットブラックで、控えめなロゴもオンされており、プラスチック製ながら上質に仕上がっています。

TaoTronics SoundLiberty 53の収納ケースの外装は上質
 
TaoTronics SoundLiberty 53は省電力化に力を入れたモデルであり、イヤホン単体でなんと6時間分もの連続使用が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 53のバッテリーはイヤホン単体でも6時間

MEMO
ケース併用では40時間(6.5回分)の連続使用ができます。
マクリン
圧倒的なロングバッテリー!
 
表面はタッチセンサーになっており、軽くタッチするだけで音量調整ふくめ、ほぼ全ての操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 53はタッチコントロール式

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回タップ 受話
  • (右/左)2回タップ 再生/一時停止/終話
  • 右1回タップ 音量アップ
  • 左1回タップ 音量ダウン
  • 右3回タップ 曲送り
  • 左3回タップ 曲戻し
  • (右/左)2秒タップ 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)/着信拒否
マクリン
気持ちゆっくりめに押すと、上手く反応しますよ!

1回タップで再生&一時停止のイヤホンが多いため、始めは少しとまどいますが、慣れればなんとかなりますw

TaoTronics SoundLiberty 53は、iPhoneなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックのAACに対応しています。

中音域の解像度が高い音設計で、ギター・ドラムのスネア音がクリアに出せるイヤホンに仕上がっています。

低音はそれほど強めではありませんが、高音域の伸びがあり、臨場感の感じられるサウンドを実現しています。

マクリン
ロックサウンドに映えるモデルですよ!
SoundLiberty 53の評価
音質(中音域が得意)
(3.5)
連続再生時間(6時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)

通常価格4,599円 3,219円(30%OFF)

セール期間は7/16(火)11:00〜23:00

SoundLiberty 53レビューはこちら

【TaoTronics SoundLiberty 53レビュー】長時間再生&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン  

Satechi Type-C Pro Hub

SatechiのMacBook Pro用USB-Cハブ「Satechi Type-C Pro Hub」です。

Satechi Type-C Pro Hub
 
アルミニウム製のひんやりしたボディは高級感があります。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSatechi Type-C Pro Hubは高剛性のアルミボディ

マクリン
背面にひっそり掘られたSATECHIのロゴもかっこいい!
 
一体型なので、本体のUSB-C(Thunderbolt 3)端子に2つ同時に接続することで使用できます。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSatechi Type-C Pro Hubは一体型
 

マクリン
本体に装着すると、まるで純正品のような一体感

Satechiならではのデザイン性の高さが、所有欲を高めてくれます。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSatechi Type-C Pro Hubは純正品のような一体感
 

Satechi Type-C Pro Hubに備わる6種類のポートは以下のとおりです。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSatechi Type-C Pro Hubの端子類

Satechi Type-C Pro Hubの端子

  • HDMI
  • USB-C(Thunderbolt 3)
  • USB-A x 2
  • USB-C(非Thunderbolt 3)
  • Micro SDカードリーダー
  • SDカードリーダー

 

マクリン
考えうるかぎりの必要な端子を、ほぼすべて網羅もうらしていますよ!
 
他のUSBハブにはなかなか無いHDMI端子も備えているので、プレゼンあるいは外部ディスプレイにつなぐ際も大変重宝します。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSatechi Type-C Pro Hubは映像出力端子のHDMIポートを搭載

 
また、micro SDとSD双方を備えることで、同時に認識させて、お互いにコピーし合うといった使い方も可能です。地味に便利。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットSatechi Type-C Pro Hubはmicro SDとSD双方を備えている

通常価格8,999円 6,299円(30%OFF)

セール期間は7/16(火)0:00〜23:55

Satechi Type-C Proハブレビューはこちら

【Satechi Type-C Pro Hubレビュー】MacBook Pro用におすすめのアルミニウム製USB-Cハブ  

Bluelounge Kickflip

MacBook Proユーザーなら、万人に無条件でおすすめできるアクセサリーがこちら。

Macに合ったミニマムなデザインも魅力、Bluelounge(ブルーラウンジ)「Kickflip」です。

ブルーラウンジのKickflip
 
底面に貼り付ける薄型スペーサーですが、折れてスタンドにもなるすぐれもの。

ブルーラウンジのKickflipは薄型スペーサー

接地面とパソコンの底面間に少しの空間を作り、その空間が熱を逃がして安定した動作を提供する役割があります。
 

マクリン
最近のMacBook Proは薄型化が図られ排熱構造が充分でないこともあり、スペーサーによる冷却効果は大きいですよ!
 
それだけではありません。

Kickflipはスタンドになったときの傾斜角度が絶妙で、どこの場所で作業しても最適な体勢でタイピングできるのです。

ブルーラウンジのKickflipは絶妙な角度でタイピングできる
 

マクリン
Kickflipを導入してから、作業効率がグンと上がりましたよ!

通常価格3,240円 2,578円(20%OFF)

Macと一緒に買うべきものはこちら

【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー8選【おすすめ】 【2019年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー10選【おすすめ】  

Eufy RoboVac 30C/11S

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac 30C」です。

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 30C
 

厚さはシリーズ最薄モデルのEufy RoboVac 11Sと同じ約7.2cmの超薄型設計となっています。

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 30Cはシリーズ最薄

通常価格17,800円 13,350円(25%OFF)

マクリン
家具の下にも入り込めるので助かりますね!
 
容量0.6Lのダストボックスはボタンを押して手前に引くだけで、ワンタッチで取り外すことができます。

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 30Cのダストボックスは取り外しやすい
 
パカッと開いてフィルターごと水洗いもできるため、清潔に保つことが可能です。

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 30Cのダストボックスは水洗いできる
 

Eufy RoboVac 30Cシリーズ初の無線LANを備えています。

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 30CはWi-Fi搭載

スマホアプリからWi-Fiを介して本体操作が可能です。
 

マクリン
リモコン操作ももちろんできますが、利便性を考えると、スマホアプリが圧倒的便利
 
アプリは、掃除の開始・一時停止・終了やスケジュール設定、モード変更をふくむ、全ての操作に対応しています。

マクリン
アプリは直感的で使いやすいレイアウトですよ!
 
また、薄型設計にもかかわらず、シリーズ最大の吸引力を有しています。

ダイソンでためしに、自分なりにくまなくキレイにしてから、Eufy RoboVac 30Cを動かしたところ、一回でこれだけのホコリが除去できました。さすがの吸引力。

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 30Cで取れたゴミの量

マクリン
手動の掃除機だと、取れるゴミの量に限界があるということなんですね。
 
パワフルなだけでなくBoostIQテクノロジーを搭載しており、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整することができます。

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 30CのBoostIQテクノロジー
 
もう一点素晴らしいと感じたのは動作音の静かさ

ロボット掃除機は一般的にうるさいモデルが多いですが、Eufy RoboVac 30Cは静音性にすぐれています(モノの多い部屋でスミマセンw)。


マクリン
動き自体はランダムですが、同じ箇所をしつこく、かつれなくきっちり掃除してましたよ!

境界線テープが付属しており、こちらを使うことで部屋の一部エリアの掃除を避けることも可能です。

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 30Cの境界線テープ
 

ルンバのバーチャルウォールに比べ、設置はやや面倒くさいですが、掃除エリアの調整が直感的にできます。


マクリン
Eufy RoboVac 30Cは機能満載の最上位モデルですが、使いやすくて価格も手頃なので、デビュー機にもおすすめですよ!
製品名Eufy RoboVac 30C
サイズ約325 x 325 x 72mm
ダスト容量0.6L
掃除時間最大100分
吸引力最大1500Pa
充電時間約300-360分
消費電力40W
価格34,800円

通常価格34,800円 24,360円(30%OFF)

Eufy RoboVac 30Cレビューはこちら

【Eufy RoboVac 30Cレビュー】Wi-Fi搭載でスマホから操作できる格安ロボット掃除機【Anker】  

Anker Nebula Capsule

Ankerのモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」です。


 
まず特筆すべきが圧倒的なコンパクトサイズ

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker Nebula Capsuleは350ml缶サイズ

マクリン
なんと350ml缶サイズ
 
小型にもかかわらず大容量バッテリーを備えており、4時間の連続使用が可能です。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker Nebula Capsule Proは連続再生4時間のロングバッテリー
 
Bluetoothスピーカーとしても優秀で、全方位がスピーカーにおおわれたデザインだけあり、そのサウンドは想像以上にパワフル。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker Nebula Capsuleは全方向性スピーカー

また360度スピーカーの恩恵で、どの場所にいても音の届き方にかたよりがないのも魅力です。
 

投影サイズは100インチ、解像度はWVGA(854 × 480)で、細かい文字はややボヤけますが、ビジネス仕様でも充分使えるスペックです(家庭用なら余裕)。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker Nebula Capsule Proのプロジェクターモード

明るさは100ANSIルーメンあり、明瞭めいりょうさとコンパクトサイズを高次元で両立しています。
 

Anker Nebula Capsule最大の特長は、本体にAndroid7.1のOSを内蔵していること。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker Nebula Capsule ProはAndroid OS搭載
 
リモコンでも操作できますが、スマホアプリを介したスワイプ操作のほうが感覚的で、抜群に使いやすいです。

Capsule Control

Capsule Control

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
実際こんな感じでヌルヌル動かせますw


 

アプリストアがサードパーティ製の「AptoideTV」であるため、ラインナップは豊富ではありませんが、Amazonプライム・ビデオやSpotifyなど、必要どころは押さえている印象です。

Amazonサイバーマンデーのおすすめ家電・ガジェットであるAnker Nebula Capsule Proの専用アプリ
 

マクリン
100インチの大画面で動画コンテンツを堪能できちゃいますよ!

 

Anker Nebula Capsuleはプロジェクターとしての基本性能が高いだけでなく、動画や音楽も楽しめるなど、エンタメ性も充実しています。

オールマイティに活用できる一台をお探しならば、全力でおすすめできる逸品です。

通常価格39,800円 27,800円(30%OFF)

【Anker Nebula Capsule Proレビュー】Android搭載モバイルプロジェクター【150ルーメン/バッテリー内蔵】  

TaoTronics TT-DL13

TT-DL13」は、TaoTronicsのLEDデスクライトです。


 
明瞭度めいりょうど410ルーメンと充分な明るさ。

TaoTronics TT-DL13は410ルーメン

マクリン
自然光が当たったときの色の再現性を重視した仕様なので、読書以外にデザインの仕事にもおすすめですよ!
 
台座のカラーは木目調で高級感があります。

TaoTronics TT-DL13の台座は木目調
 

他にはホワイトブラック2色のカラーがあります。



 

アームにはAUKEY LT-ST31と同じくアルミ素材を使用しており、本体が熱くならない上に軽くて丈夫です。

TaoTronics TT-DL13のアームはアルミニウム素材
 
本体を折りたたむことで、サイズを長さ42 x 幅18 x 厚さ5.5 cmに収めることが可能です。

TaoTronics TT-DL13のサイズ
 

アームと台座の接合部はAUKEY LT-ST31以上の135°も可動できます。


 
ヘッドも同じく135°動きます。

 

マクリン
ヘッドは左右に180°、つまり360°動きまっせ!


 

さらにAUKEY LT-ST31では動かせないアームの根元も90°回転でき、自由度はかなり高いです。


 
本体背面にスマホ充電用のUSB端子(5V/1A出力対応)を備えています。

TaoTronics TT-DL13は背面にスマホ充電用のUSB搭載
 
スマホ充電時の出力アンペア数は0.97Aと充分な電流値が出ていました。


 

TT-DL13はタッチコントロール式の操作ボタンです。

TaoTronics TT-DL13のコントロールパネル
 
操作はタッチ・スライドのいずれにも対応しており、7段階の明るさ調整が可能です。


 
またアイコン部分をタップすると、色温度を切り替えることができます。


 
色温度は5段階の調整ができます。

色温度のモード
  1. クールホワイト スタディモード・強
  2. スタディモード・弱
  3. 自然光 読書モード
  4. リラックスモード
  5. 暖かい黄色 スリープモード
 
軽くタップするだけで色温度が切り替わり、シーンに応じた使い分けができるのでかなり便利。


 
メモリー機能も備えており、次回の電源オン時には最後の設定が引き継がれるようになっています。


 

TT-DL13は木目調の高級感あるデザインで豊富な機能をもち、価格も控えめ。

LEDライトのデビュー機におすすめの1台です。

Point
  • LEDの明るさは410ルーメン
  • アーム接合部・ヘッドが上下左右に可動
  • スマホ充電用のUSBポート(5V/1A出力対応)搭載
  • 7段階調光&5段階の色温度調整が可能
  • メモリー機能搭載

通常価格4,599円 2,718円(32%OFF)

セール期間は7/16(火)0:00〜23:55

TaoTronics TT-DL13レビューはこちら

【TaoTronics TT-DL13レビュー】USB充電できる木目調の高級感あるLEDデスクライト  

Withings Body +

フランス生まれのスマート体重計「Withings Body +」です。

マクリン
体重はもちろんBMI・体脂肪・体水分率・骨量・筋密度も計測できて、スマホとも連携できるスマートデバイスですよ!

通常価格13,910円 8,890円(36%OFF)

 

TP-Link Archer A10

無線LANルーターのトップシェアメーカー、TP-LINKより「TP-Link Archer A10」です。

マクリン
2.4GHzと5.0GHz、2種類のWi-Fi電波を持つデュアルバンドルーターですよ!

通常価格8,989円 7,480円(17%OFF)

TP-Link Archer A10レビューはこちら

TP-Link Archer A10設置 【TP-Link Archer A10レビュー・設定】MU-MIMO対応の高速デュアルバンドWi-Fiルーター  

Apple iPad

なんと、Appleの「iPad (Wi-Fi, 32GB)」です。

マクリン
我が家でも大活躍のタブレット! 一台あれば万能のエンタメデバイスです!

通常価格40,824円 34,980円(14%OFF)

 

Surface Pro 6

2in1ノートPCの中でも特に人気の高い「Surface Pro 6」もプライムデーに登場します。

マクリン
どの2in1PCにすればいいのか迷ったら、とにかくSurfaceを買っておけば間違いありません!

通常価格159,840円 123,076円(23%OFF)

 

Panasonic 5.5合炊飯器 SR-SZ100

Panasonicパナソニックの5.5号炊飯器「SR-SZ100」です。

マクリン
ダイヤモンド竈釜でお米の芯まで熱を伝え、甘みと旨みを引き出して炊き上げてくれますよ!

通常価格35,425円 29,800円(16%OFF)

 

LG 55V型有機ELテレビ OLED55B8SJB

LGエレクトロニクスの55型4K対応有機ELテレビ「OLED55B8SJB」もAmazonプライムデーで出ちゃいます!

マクリン
55インチの4Kとしてはコスパ抜群モデルですが、さらにどの程度安くなるのか楽しみですね!

通常価格159,596円 129,800円(19%OFF)

 

Sponsored Links

 

Amazonプライムデー2019のおすすめ家電・ガジェットまとめ

本記事では、Amazonプライムデーでセールになる商品の中でも、おすすめの家電・ガジェット商品にしぼって紹介しました。

これらのアイテム以外にも魅力的な商品が次々と登場予定です(随時更新)。
 

マクリン
これは買い物欲が止まりませんな!
 
ヨメ
アンタ、どうせまた必要ないのに、めちゃめちゃ買うんでしょ?
 
マクリン
(ギクッ……!)

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

JOIN NOW

プライム会員限定の年一回ビッグセール!

7月15日(月)0時〜16日(火)23時59分まで

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ